趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

紫の垂れ幕のごと藤の花



 一斉に菖蒲そよぎて雨兆す  小野喬樹

 風呼んで菖蒲の万花ほぐれけり  平賀扶人

 菖蒲池漫ろ歩めば薄ら日よ  アロマ

 八橋の風はむらさき菖蒲園  伊藤純子

 菖蒲田へ竹の手摺の橋渡る  海村禮子

 菖蒲田の花みな美しき名をもてる  木村茂登子

 藤房の日ごと色濃き雑木林  杉本艸舟

 揺れてゐる藤房のはや暮れそむる  植田のぼる

 色散らすとき藤房に風去来  稲畑汀子

 藤房に風の奏でを聞く思ひ  南敦子

 紫の煙棚引く藤の花 アロマ

 紫の垂れ幕のごと藤の花  アロマ

 藤房の羽音をはらふひと揺らぎ  岡部玄治

 藤房のこのしなやかさわれに欲し  鷹羽狩行

 藤房の揺れにこぼるる日のかけら  荻野嘉代子

 藤房を自在にくぐる風のあり  小城綾子

 藤房の香りてけふはしづかなる  大場ひろみ

 余震なほ藤房といふ震度計  高木嘉久

 藤房の総揺れ風は紫に  中島知恵子

 思はざり鉢の藤房地をなづる  小川玉泉

 藤房や忘れ上手で恙無し  河村啓花

 藤房を日照雨の叩く峠道  安斎久英

 藤房の香りも風に揺れにけり  宮本加津代

 夕茜藤房我に染めて見せ  アロマ

 藤の花お薄頂く寺の縁  アロマ

 藤房に頬撫でられて嬉しかり  永田万年青  六花

 藤房の影うすく揺れ夕ごころ  堀田順子

 藤房を浸すごとくに暮色きて  鷹羽狩行

 藤房のゆれて香の満つ夕べかな  椎橋雅子

 藤房の揺るる李朝の白き肌  菅原末野


 初音かなふと慕はしきひとのごと  熊岡俊子

 初音きく山のコンビニ店の前  安齋正蔵

 初音聞く我より聡き夫の耳  鈴木石花

 掃除終へ初音聞ゆとラジオより  平田きみ

 鶯の初音を今日の宝とす  柴田靖子

 鶯のつたな囀り雨催い  アロマ

 初音きく大観覧車回り出し  河井富美子

 朝靄にとぎれとぎれの初音かな  内藤順子

 初音聞く事に都心の朝ぼらけ  稲畑廣太郎

 初音聞く佳きことあるや散歩道  茂木とみ

 鎌倉や初音の中に母とゐて  中村洋子

 校庭にうすき日のある初音かな  丸山分水

 きりぎしに日の斑の跳ねて初音かな  伊藤葉

 初音きく水音絶えぬ峠茶屋  佐々木ひさこ

 鶯の初音のあとの朝餉かな  名取すみ子

 厨にて初音聞きつつ調理する  アロマ

 初音して森に明るさ甦る  綿谷美那

 ふるさとの地縁血縁夕初音  柴崎富子

 初音聞く山ふところに風の無き  家塚洋子

 初音聴く今日は佳き日になりさうな  千加田寿子

 ゆうるりと回す石臼初音かな  奥田茶々

 お茶を淹れゆるり鶯初音聞く アロマ

 吊橋の谷の深さに初音かな  八木岡博江

 硝子戸の引くをためらふ初音かな  林いづみ

 空音でも初音としたき日のこぼれ  豊田都峰

 薄ら日の山路鶯の初音かな  工藤美和子

 初音きく珈琲タイムの奈良ホテル  栗山恵子

 雲水の走る廊下に初音聞く  三浦澄江

 渓谷に透きとほりくる初音かな  川井専蔵

 朝の厨幼き初音に耳をかす  西川春子

 鶯の初音幼く夕までも  アロマ
 

カテゴリ:旅行・お出かけ

コメント