趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:瘋癲老仁妄句

『 罪人の心地抱きぬ冬薔薇 』瘋癲老仁妄詩090-02zrg3002

❤ ゚゚・。・゚♥゚・。・゚ ❤ 瘋癲老仁妄詩 ❤ ゚・。・゚♥゚・。・゚゚ ❤







❤ 瘋癲老仁妄詩090-02zrg3002

――♪♥♪―――――――――――――♪♥♪――

      罪人の心地抱きぬ冬薔薇

――♪♥♪―――――――――――――♪♥♪――





 あんまり自由すぎると、
 人から疎んじられることが多くなります。
 あんまり自在すぎるよ、
 人から憎まれることが多くなります。

 自由は不安だし、
 自在は恐怖でもあるんですね。


 老仁は自由自在ではありませんけれど、
 少しわがままで、
 少し常識外れで、
 少し無頓着で、

 何でもしようがないよ、ですませてしまうんんで、
 辟易されることも多くなってきます。


 本人は悪いことだとも思っていないで、 
 自分を変えようともしないので、
 ついには、人が遠ざかるんですね・・・



 そんなことが重なると、
 もう、人の前には出ない方がいいと思ってしまうんですよ。


 歳をとると開き直って、
 あるいは、鈍くなって、
 隠れることもしなくなりますけれど、

 若い頃は、
 鬱虫が這い出してきて、
 黙り込んでしまうのでした。




 今では、黙り込む前に、
 夢の世界へ大逃亡をDO IT !
 


 夢の世界で、ひとり遊びに耽るのです。
 ドーパミンドバドバで、
 老仁はすごくHAPPYなのですけれど、
 夢の世界の幸せが、
 時々、罪悪に感じられるようになってきました。


 人に迷惑かけていないひとり遊びのようだけれど、
 こんなにして、公表していることが、
 迷惑をかけることになったら、
 不快を与えているのではないかと思ってしまうのです。


 けれど、ひとり遊びの夢の世界を棄てることは難しいですよ。

 開き直って、
 罪人を生きるほかなし・・・しようがないですよね。




 冬薔薇も美しすぎて、
 妬まれたり、怨まれたり、
 賞賛の裏には、嫉妬や憎悪が潜んでいるものです。


 だから冬薔薇は、
 棘を研いで、
 近づいてくるものを拒むんですね・・・



 醜い老仁には、
 弱いまんまの老仁には、
 人を刺す棘なんてあるはずもなく、
 隠れて泣いてしまうしかないのでした・・・




 悲しみだって人生の味だと、
 それでも味わって生きていくのでした・・・





 罪人の心地抱きぬ冬薔薇   仁


 罪を補う心に拠りぬ










❤ ゚゚゚。・♥・。。。♣。。。 ❤ 青柳仁リンク ❤ 。。。♣。。。・♥・。゚゚゚ ❤





★★★ 余命の言葉あそび575rr2903『 死ぬるまで初心のままか吾亦紅 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ http://phrojin.blog.fc2.com/blog-entry-1.html 2016-09-01(00:05)



★★★ TAO575交心ytw0502『 風光る軽くあそぶも老の徳 』 へどうぞ!!! ★★★
♪♪♪ https://plaza.rakuten.co.jp/rakujin23/diary/202001290000/





❤ 。。。・♥・。゚゚ ❤ そのまんま575で交心 ❤ ゚゚。・♥・。。。 ❤

カテゴリ:アート・文化

コメント