趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「日本人は」「自分の祖先は」いつ何処から渡来したのか①

近年のDNA研究には目覚ましい進歩があり、迷宮入りした数十年前の事件の犯人が特定されたりする。自分のDNA鑑定を依頼すると数万年の旅を続け、祖先がどのようなコースで現在地へ辿り着いたかもおおよそ解るということで、欧米ではDNA鑑定依頼者が多いそうです。これで浮気相手の子供だったことがばれトラブルになるケースも聞かれるので、身に覚えのある方は慎重に!

祖先を辿る場合、母の母の母という母系を遡ると現世人類はすべてアフリカに住む一人のイブに辿り着くという。同じように父の父・・・と遡ると一人のアダムに辿り着く。

自分のDNA鑑定でそのグループを特定すると、いつアフリカを出発し、どのようなコースでいつ頃日本へ渡来したかがおおよそ解るようです。

専門用語を交え説明すると、
現生人類ホモサピエンスのDNAで祖先を遡ると、誰もが約20万年前のアフリカの一人の女性「ミトコンドリアイブ」と一人の男性「ミトコンドリアアダム」に辿り着く。そのホモサピエンスがアフリカを出て中東で3方向に分岐したのが約7万年前で、先住民のネアンデルタール人、デニソワ人と交配しながらホモサピエンスは世界へ拡散した。

世界の母系グループの割合は添付図は2です。

日本人の母系グループの割合円グラフは添付図1です。
■母系ミトコンドリアDNA(mtDNA)ハプログループ

1.D(D4、D5、D6)4割弱。南回り中国中部で3万5000年以上前誕生。東南アジア最大グループ、中国東北から朝鮮半島、日本までほぼ同率。

2.B(B4、B5)約4万年前中国南部で誕生。東アジア、南太平洋(約6000年前)、南米(1万5000年以上前)に多く見られる。

3.M7(M7a、M7b、M7c)はスンダランドで4万年以上前に誕生。日本のM7aは沖縄が高く北へ行くほど低い、中央アジアや北東アジアではほとんど存在しない。

4.Aは約3万年前バイカル湖周辺誕生と推測。旧石器時代のマンモスハンターと推測、中央アジアから北東アジアに分布、北東シベリアや北アメリカ先住民では過半数。

5.G(G1、G2、G3、G4)シベリア高原で約3万年前最終氷河期の最寒期に誕生と推定。北方に分布、南方では見られない。

6.Fは4万年以上前東南アジアで誕生、東南アジア最大グループ。Bと似ているが環太平洋と北方への進出なし。

7.N9(N9a、N9b、Y)N9a中国南部と台湾先住民に多い。N9bは国内では北へ行くほど高く北から渡来と推測。Yは北東シベリア沿海州に多く、アイヌ民族に見られることから、5世紀末から10世紀の間オホーツク文化をもたらしたアムール川流域の漁労民だったと推測。

8.M8aは中国北部で誕生と推測。中国各地の漢民族集団に一定割合で存在する。

9.Cは3万年前に中央アジア草原で誕生と推測。中央アジアからアメリカ大陸まで分布、日本では少ない。元などのなどの勢力拡大の影響と推測。

10.Zの起源は東アジアまたは中央アジアと考えられ、フィンランド先住民やヨーロッパ、ロシア極北、カムチャッカ、朝鮮半島や日本まで分布。

11.M10は中国北部で誕生、日本とアジア全体でも少数派、チベットでは8%と最も多い。

12.HVはヨーロッパ系のグループで近代以降の国際化で流入と推測、今後このような傾向が増えると予想される。

■私の母系は弥生人で父系は縄文後期の北方ルートの渡来人では?と推測して、母系を調べたら違っていました。謎解きをするようで面白いです。

参考:
https://ja.wikipedia.org/wiki/ミトコンドリアDNAハプログループ
https://first-genetic-testing.com/gene/haplo.html
https://dena.com/jp/article/3157

カテゴリ:アート・文化

コメント