趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「道」という感じには何故?首が入っているのか?

これは「サイのものがたり」の続きでもあります。(漢字シリーズ-2)
https://smcb.jp/diaries/8589451

まぁ、あまり気にせず使っていますが、その語源を知るとその漢字の持つ
意味深さに想いが約3,500年前へと遡る。

古代中国の殷では、霊に対する恐れと敬畏が人々にはあった。
そして、その霊が土地を守っていると信じられており、
侵略者たちはその霊に呪われることを大変恐れ、何とかしてその霊を祓い清めたいと考える。
まぁ、これは自然な発想ですな。

そして、侵略者たちはその土地の者の"首"を刎ねて、その"首"の持つ眼力の呪力に助けを求めた次第。
で、その"首"を持ち、邪霊を祓い清めながら侵入したのです。

その"首"と、進むこと全般を表す意味を持つ部首「しんにょう」によって
でき上がった字が"道"というわけです。
また、その祓い清めて進むことは導(みちびく)という漢字にもなっている。

怖いですね~~

また、「民」という漢字がありますが、これは奴隷の目を潰した形が元になっています。
殷では周辺国家の奴隷たちの目を潰して逃げられないようにした訳です。

怖いですね~~

以上が白川静先生の説ですが・・・・・・

「漢字は皇帝が作ったんじゃない! 地味な労働者が作ったんだ!」
というのが中国共産党の言い分なのでこれらの説は全て否定しております。

中国にはまともな漢字学者はおりません!
この話はまた後程・・・・・・

カテゴリ:語学・国際交流・社会貢献

コメント