趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:妄想爺やの春夏秋冬4

トンネルも鉄橋もゆく墓参り 急行で行く故郷の墓参り

祖父母の代からのお墓は、神戸の六甲山の麓にある

神戸は南側が海に面し、北側には六甲山がそびえる

比較的、近距離に山と海が面しているために、陸地に谷風、山風が吹く

あのプロ野球チームの阪神タイガースの応援歌にある六甲おろしはその山風だ

三宮界隈は、デパートや商業施設があり、お洒落な飲食店、衣料品店も多い

神戸港もあることから、街並みは異国情緒がある

神戸人はプライドが高いとされる

大阪人を野暮ったく見ている人が割といるようだ

関西人に、大阪人、神戸人、京都人という気質があるように言われる

まあ、お互いがそう見られていると思ってはいるが、実際はお互いに、それほどそう見てはいなくて、やや誇張、偏見があるようにも思う

ただ、一般的に神戸人は、センスの良さ、品の良さを自負しているようにも感じる

毎年、神戸では人気のモデルによるファッションショーが開催されるのだが、それも神戸は流行のファッションの発信地であるとの自負のひとつなのかもしれない

かく言う僕は、神戸生まれの大阪育ち、現在奈良在住の身です

拙句一句

トンネルも
鉄橋もゆく
墓参り

墓地のある場所は、神戸の中心街である三宮から緩やかな斜面を上り、北に六甲山の険しい斜面を背にした閑静な地だ

晴れた日に、南側を見下ろせば、海が見え、淡路島の北端も見える風光明媚な墓地である

まさに、お墓のある場所にふさわしい

墓参りで、墓石に手を合わせる

心静かになるひと時だ

※ 写真は奈良興福寺の国宝阿修羅像です

一番好きな仏像です

カテゴリ:アート・文化

コメント