趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

連載:けんけんぱっ 春夏秋冬1

梅雨明けの猛暑日に、流行るかき氷屋さん

子供の頃、かき氷と言えば、イチゴやメロンのシロップをかけた、今から見れば質素なモノが普通であった

宇治金時、ミルク金時になると高級感があった

ところが近年、かき氷はどんどん変化、進化している

行列ができるかき氷屋さんまで、できている

氷を細かくする機械の性能が進化していて、綿菓子のような柔らかいかき氷ができるらしい

トッピングにも色々なフルーツをたくさん載せたり、かけるシロップも嗜好が凝らされている

奈良公園界隈にあるかき氷屋さんに、そのようなかき氷を提供する店がある

テレビなどで、幾度か紹介されている『宝石箱』という店だ

夏場のように行列はできないが、冬場でも食べに来る人がいる

いまだに、その店に入ったことはない

かき氷に1000円近くの料金を出すのに、少なからずためらいがあるからだ


今の歳ならば、スーパーでカップ入りのかき氷を買って食べるので満足できる

歯に冷たさがしみる年齢ではある

熱いコーヒーを飲みながら、歯にしみるのを和らげながらかき氷を食べるのもおつなもの

※ 写真は行列ができる人気のかき氷屋さん『宝石箱』です

カテゴリ:グルメ・料理

コメント