• HOME
  • 新着記事
  • 登山の格好はどうすればいい?正しい服装やウェアの選び方を解説

登山の格好はどうすればいい?正しい服装やウェアの選び方を解説

大自然の中を闊歩し、日常にはない時間を楽しめる登山。老若男女、さまざまな年代や性別の方が趣味として登山を楽しんでいます。特別なスキルが求められず、気軽にチャレンジできると思われる登山ですが、相手は人の手が入っていない大自然。街中では想像もできないような天候気候の変化など、山ならではのトラブルも待ち構えています。

今回はそんな登山にチャレンジするために用意したい服装についてご紹介します。安全で快適な登山を楽しむためにも、ぜひ適切な服装をチョイスしましょう。

登山の格好はどうすべきか

山の天気は変わりやすいといわれており、街中と同じ服装では快適に過ごせません。登山専用のウェアが発売されているほど、登山の服装は奥深いもの。どのような点に注意した服装選びをすればよいか見てみましょう。

3層のレイヤー(重ね着)が基本

山は天候が変わりやすく、標高が低い山であっても、僅かな時間であっという間に違う表情を見せます。激しい気温や天気の変化に対応できるよう、登山の服装は重ね着が基本とされています。

一般的には、登山の服装は3つの層(レイヤー)を意識するのが基本です。

肌に触れる「インナー」は、いわゆる肌着の役割。吸った汗をすぐに乾かしてくれる吸汗速乾性の素材がオススメです。登山用、スポーツ用の化繊素材のインナーは、汗をかいても冷える前に乾かしてくれるため、着替え分も含めて複数枚用意しておくとよいでしょう。綿は肌触りは良好ですが、速乾性の点で難があるため登山時には避けた方が無難です。

インナーの上に着る「トップス」は、保温性の高さを基準に選ぶとよいでしょう。軽くて保湿力が高いフリースが定番です。また登山者がよく着ているイメージのあるチェックのネルシャツは、手軽で取り回しがしやすく、保温保湿に優れた定番アイテムとしてこちらも人気です。トップスはインナーの上に1枚だけ羽織るだけでなく、複数枚を重ね着するケースも多いため、さまざまなバリエーションのインナーを用意するとよいでしょう。ダウンのベストも重ね着用の一着として人気があります。

一番外側に着る「アウター」は、防風・防水性に優れる素材がベストです。高価なゴアテックス性のアウターは防風・防水性だけでなく、さらに湿気を逃がす機能もあるため、非常に使い勝手がいいアウターとなってくれるでしょう。後述するレインウェアと兼用する人も多くいますが、レインウェアでは暑すぎる場合に備え、薄手のウインドブレーカーを用意しておくと、対応できる天候の幅が広がるでしょう。

登山靴・トレッキングシューズ

多くのメーカーから登山専用の靴が発売されるほど、登山にとって靴は重要な役割をもっています。防水性が高くつま先が固い登山靴やトレッキングシューズは、水たまりや岩地などの悪路が多い山道を安全に歩くために必須の装備です。

登山靴・トレッキングシューズは足首周りの高さによって「ローカット」「ミドルカット」「ハイカット」の3種に分類されます。

ローカットはスニーカーのようにくるぶしの下までを覆う靴です。足首を固定する力は弱めですが、他のモデルに比べて軽いのが特徴です。

ミドルカットはくるぶしを覆う程度に足首周りが高い靴です。重さとホールド感のバランスがよく、足回りをしっかりサポートしてくれます。初心者が靴選びに迷ったなら、まずミドルカットを購入しておけば間違いないでしょう。

ハイカットはくるぶしよりもやや高めまでカバーする靴です。登山靴特有の硬さがあり、足首の自由はほとんどありません。一方で不安定な場所に乗っても足首をくじかないよう守ってくれますので、整地されていない山に登る際には非常に頼りになる登山靴といえるでしょう。スニーカーのようにかかとから付くのではなく、足の裏を地面に平行に着地させるような歩き方を心がけましょう。

雨具・レインウェアは必携

山の天気は初心者が想像しているよりもはるかに変わりやすく、5分10分の間に大きく変化します。今は快晴でもいつ雨が降るかわかりませんので、雨具の準備は欠かせません。

傘は風で飛ばされやすく、また手が塞がってしまうためオススメできません。登山時の雨具はレインウェアがベスト。特に上下セパレートになっているタイプがオススメです。アウターとして使えるレインウェアも多く、防水性と除湿性の両方を兼ね備えているものも多く発売されています。一般的に使われる雨ガッパは内側から湿気を排出できないため、登山用のレインウェアとしてはNGです。

登山の服装選びのポイント

案外と用意する服や道具が覆い登山。せっかく揃えるなら、長く使えるいいものを揃えたいですよね。登山用品は必ずしも高ければよいというものではありません。安くても使い勝手がいい服装を選べるよう、ポイントをしっかりと押さえておきましょう。

ポリエステルなどの化学繊維素材を選ぶ

インナー、トップスには化学繊維素材の服を選ぶのがオススメです。特にポリエステルは肌触りがよく匂いの吸着も少ないため人気。インナー・トップス共に多くの製品にポリエステルが使われています。

吸汗速乾性の高さは登山ウェアの命といっても過言でないほど重要な要素ですので、服選びに迷ったらポリエステルなどの化学繊維素材であることを基準に選ぶとよいでしょう。

ストレッチ性のあるパンツ

登山に使うパンツに重要な要素は伸縮性、ストレッチ性です。登山は平坦に整備された道だけでなく、高低差のある斜面も登る機会が多くあります。日常生活ではなかなか行わないほど大きく足を動かしますので、ストレッチ性に優れた素材を選ぶと、より楽に登山を楽しめるでしょう。

また山によっては岩場が多かったり、草木が生い茂っていたりと未舗装の道を歩くことが少なくありません。そのため耐久性があり、多少引っかけても破れない丈夫なパンツが好ましいです。

さらにインナー同様に吸汗速乾性に優れた素材なら、汗をかいてもすぐに乾かしてくれるため、不快感を減らせます。普段使いのジャージや綿のパンツでは機能面で不安が残りますので、登山用として作られたパンツを選びましょう。

厚手の靴下

靴下の選び方によって、登山の難易度は大きく変わります。長時間歩くと足に大きな負荷をかけますので、靴擦れしにくく足下を冷やさない、厚手のものを選ぶとよいでしょう。

オススメの素材はウール製です。吸汗速乾性が高いうえに透湿性もあり、防臭性も優秀。長時間の歩行でも足が疲れにくいため、非常に優秀な登山時の靴下といえます。

紫外線対策の帽子

登山における必須アイテムのひとつが帽子です。山は平地に比べ太陽との距離が近く、紫外線の影響を受けやすくなります。日差しを遮れるよう、つばのある帽子を選ぶとよいでしょう。前方にのみつばがあるキャップタイプも人気ですが、アウターのフードなどで首元への日差しを守れないようなら、全方位につばがあるハットタイプを選ぶのがオススメです。

また山は急な風に見舞われることも多いため、風で飛ばされないようにヒモ付きの帽子を選ぶとよいでしょう。

リュック・ザック

荷物を運ぶためにはリュック・ザックといったカバンの用意が必須です。両手を空けておけるように、必ず背負うタイプのリュック・ザックを選びましょう。肩掛けカバン、手提げカバンは転倒時にバランスを大きく崩す恐れがあります。

自分の体に適切なサイズのリュック・ザックを選ぶのも重要なポイント。大きすぎると上手く荷物の重さを分散してくれませんので、きつすぎず緩すぎない、ジャストフィットのカバンを選びましょう。腰で荷物を支えられるよう、ウェストベルトの位置も確認しておきたいポイントです。

グローブ

見落とされがちなのがグローブの用意です。山は天候が変わるだけでなく、気温も大きく変化するものです。急な冷え込みで指先がかじかみ、岩場や鎖場でケガをしてしまわないよう、登山用のグローブも忘れずに用意しましょう。

登山用のグローブにはさまざまな種類があり、それぞれ機能が異なります。夏場に低い山に登るなら防風グローブやフィンガーレスグローブなど、比較的ライトなグローブで十分です。一方秋冬の登山には防水性・保湿性の高い中綿入りのインサレーショングローブが最適。またシチュエーションに応じてインナーグローブと防水グローブの併用をするなど、登る山が増えるほどグローブの使い分けは十分に注意しましょう。

なお、軍手は入手しやすく便利なアイテムではありますが、防水性・保湿性に難があるため、登山用のグローブには向きません。

趣味人倶楽部なら登山仲間ができる

趣味で登山を楽しんでみたい。でも一人ではさみしい……という方は、ぜひ「趣味人倶楽部」で仲間を探してみませんか?

趣味人倶楽部は、趣味を楽しむ大人が集まる会員制のSNSサービスです。スポーツやゲーム、地域でのイベントなど、充実した大人の時間を楽しみたい人々が集まり、日々交流を楽しんでいます。

登山を楽しむコミュニティも多数。地域や登山のレベルに応じて、老若男女さまざまな方が集まっています。まずは情報収集のためにコミュニティでお話をするもよし。慣れてきたらイベントに参加し、ゆくゆくは自分でコミュニティを立ち上げるもよし。楽しみ方は自由自在。自分のスタイルにあった取り組み方で、大人の時間を過ごしましょう。

まとめ:山のレベルに応じて服装を変えよう

登山は誰でもチャレンジできる手軽な趣味である一方、安全に楽しむにはさまざまな準備が必要。特に服装は快適さと安全性に大きく影響するため、しっかりとした準備と対策が求められます。

登山に適した服装は、登りたい山のレベルや季節によって異なります。自分が登りたい山のレベルに合わせた服装を選び、楽しく安全な山登りを楽しみましょう。

趣味人倶楽部に無料登録する

無料会員登録