• HOME
  • ライフスタイル
  • 50代からの資格取得には何がある?

50代からの資格取得には何がある?

50代というと、今会社勤めをしているのであれば、定年という「仕事の終わり」が徐々に近づいてきていることを実感しているのではないでしょうか。

だからこそ、これから残りの人生を悔いなく過ごすために、より一層のステップアップや、あるいは働くフィールドをシフトさせたいと望んでいる方も多いはずです。

そしてそのステップアップに役立つのが「資格」です。50代になったからといって学びに対して拒否反応を起こしていては、これからの時代を乗り切れるか不安になります。

今こそ攻めの姿勢で、新しいチャレンジに取り組んでみるというのはいかがでしょうか。

50代で資格を取得するメリット

ではまず、50代で資格を取得するメリットについて見ていきましょう。

キャリアアップ

資格取得は、今の仕事のキャリアアップのために必要です。仮に今の仕事に直接関わりのない資格だったとしても、同じカテゴリーで分類されるような資格であれば、仕事のスキルアップに役に立つ知識を得られるはずです。

あるいは今後セカンドライフとして新しい仕事にチャレンジする可能性があるのなら、今からその準備を始めても早すぎるわけではありません。

転職に有利になる

50代からの転職というとかなり厳しいイメージがあるかもしれませんが、資格を取って専門職として転職を考えるのであれば可能性は十分ありえるでしょう。

人生100年時代といえる現在、その折り返しの50代で新しいチャレンジを始めるためにも、なんらかの資格を今から取っておくことがリスク回避としても価値ある行動です。

独立・起業できる

働き方改革の意識が広まっている現在、50代からの独立企業はもはや、珍しいものではありません。

独立となると今までの仕事の経験を活かした業種となるはずですが、仮にそうだとしてももし資格がある業種であれば、今のうちに資格を取得しておいてみてはいかがでしょうか。

資格を取るための勉強や受験が、独立のためのモチベーションを高めてくれるという効果も期待できます。

50代の男性におすすめの資格

では実際に50代の男性が取得するとしたら、どのような資格がおすすめとなるのでしょうか。

宅建士

「宅建士」とは正式には「宅地建物取引士」という資格で、これは国家資格となります。この宅建士は、宅地建物取引業者で働くために必要な資格で、宅地建物取引業者とは平たくいえば不動産取引の事業者のことです。

不動産取引はご存知のように、非常に高額な商品を取り扱うため、専門知識が求められる仕事ともいえます。

不当な契約を結ばないように、お客様に対して、その不動産に対してお客様が知っておくべき「重要事項」を説明するのが宅建士の仕事となります。

宅建士にしかできない業務というものは三つあり、一つは前述の契約締結前に行う重要事項の説明です。もう一つが、説明の際に使用する書面への記名押印となります。三つ目が契約内容を記した書面への記名押印となります。

このように宅建士は不動産業界で働くためには必須の資格ともいえ、そのほか住宅業や銀行、保険会社などでも役に立つ価値のある資格です。

しかし取得するためにはかなりの勉強が必要となりますので、真剣な学習への取り組みが必須となります。

第二種電気工事士

電気工事士とは各種の電気設備の工事、そして取り扱いの際に必要となる資格です。さらに、電気工事士は国家資格となります。

電気工事士の主な仕事は大きく分けると二つあり、それぞれ、

・建築電気工事

・鉄道電気工事

となります。

建築電気工事は文字通り一般的な住宅や事務所など、建物の屋内外に関係する電気設備の設計、施工を行う仕事です。

もう一方の鉄道電気工事は、鉄道に関わる電気設備の管理や点検、架線の張り替えなどを行います。

さらに電気工事士の資格には二つの種類があり、それぞれ「第二種電気工事士」「第一種電気工事士」となっています。

第二種電気工事士は一般住宅などの小規模な電気工事ができ、第一種電気工事士になればビルや工場など、大規模な建物での電気工事が可能となります。

第二種電気工事士の難易度は、合格率が70%程度となっていて、第一種と同時に受験することも可能です。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは略称「FP」と呼ばれる資格です。この名前を聞けばファイナンス、つまりお金に関わる仕事というイメージはわかりますが、具体的にどんな資格なのかが今ひとつイメージできないかもしれません。

ファイナンシャルプランナーの仕事は、

・ライフプランニング

・金融資産運用

・タックス(税金)プランニング

・リスク管理

・不動産

・相続

など、お金の問題で困っている人に、専門知識を使ってアドバイスするというものとなります。

まず資格の種類に関してですが、一般的にファイナンシャルプランナーの資格として認知されているのが、国家検定である「FP技能士」となります。FP技能士には3級、2級、1級の3段階があります。

国家資格のほかに日本FP協会が認定する「CFP資格」(上級資格)や「AFP資格」という資格もあります。

ファイナンシャルプランナーを名乗るためにはこれらの資格が必須というわけではありませんが、資格を持っていないとクライアントに対して説得力がないのも確かです。

行政書士

行政書士は官公庁に提出する書類や、権利義務に関する書類、事実証明関連の書類を作成し提出するために必要となる国家資格です。

このような業務は行政書士が独占する業務で、書類作成や提出時に必ず必要とされる資格となっています。

例えば土地利用に関する申告書や、自動車に関する申告書、法人設立に関する申請書、入館や国籍に関する申告書などが官公庁に提出する書類となり、これらの書類作成や手続きの代理などを行います。

そのほかにも遺産分割協議書や示談書などは権利義務に関する書類として、そして会計帳簿や貸借対照表などが事実証明に関する書類として、行政書士の業務の範疇となります。

基本的には個人開業し、行政書士法人に登録して仕事を請け負うという形が資格の活かし方となります。

行政書士の難易度は合格率が約10%程度ということで、決して簡単なものとはいい難いのが実情です。

50代の女性におすすめの資格

次に50代の女性におすすめの資格を紹介していきましょう。

登録販売者

登録販売者という資格は意外と耳慣れないものかもしれません。これは、薬売り場で一般に販売されている「市販薬」を販売できるという資格となっています。

薬剤師がいない店舗でも、この販売登録者の資格を持った人がいれば、一部の医薬品が販売できるようになるため、ドラッグストア以外のスーパーやホームセンターなどで医薬品を販売する際に必要となる資格です。

薬剤師が薬の調剤から販売までを扱う職種なのに対し、この登録販売者は市販薬を販売するだけの資格です。

ですから薬剤師が販売できる薬の種類よりも、この登録販売者が扱える種類は少なくなり、販売できるのは第2類医薬品と第3類医薬品のみとなります。

登録販売者として仕事をするためには、まず登録販売者試験に合格し、販売従事登録をしなければなりません。その後研修を経て、正規の登録販売者として店舗の管理者などになれます。

合格率は全国平均で40〜50%と決して狭き門ではありませんが、それなりにしっかり勉強してから受けるべきでしょう。

保育士

資格がいる仕事として何をするかと考えた場合、保育士という選択を思いつく方もいることでしょう。

保育士になるためには、大きく分けて二つの方法があります。まず一つ目は、厚生労働省が認定する養成学校を卒業すること。そしてもう一つ保育士試験に合格し、資格を取得する方法です。

保育士試験の受験資格には、「大学・短大・高等専門学校等を卒業」「高校または中等教育学校等を卒業し、児童福祉施設にて2年以上かつ2,880時間の実務経験を有する者」などの受験資格があります。

さらに平成27年から「地域限定保育士」という制度が制定され、この資格は実技試験は講習を受けることで免除されるので、「資格取得後3年間は資格を取得した自治体内のみで働く」という条件がありますが、より手軽に資格を得られるためこちらの資格を検討してみても良いでしょう。

日本語講師

日本語講師という仕事について話を聞いたことがある方もいらっしゃるでしょう。日本語講師は、教員免許のような国家資格は設けられていません。そのため資格なしで、日本語教師として働くことは可能です。

ただし法務省が告示する日本語学校では、日本語教師として働くためには一定の条件があります。

これは、三つの条件があり、

・「日本語教育能力検定試験」に合格する

・学士の学位を持ち「日本語教師養成講座(420時間)」を修了する

・大学または大学院で日本語教育に関する選考プログラムを修了する

といったものになっていて、この条件を満たすのはそれなりにハードルが高いといえるでしょう。

現実的には「大卒以上」という条件が設けられていることが多いようです。

調剤薬局事務

調剤薬局事務とはその名の通り調剤薬局での事務業務をする仕事で、国家資格はなく、無資格で働くことも可能です。

しかし調剤薬局での事務は幅広い内容を含むため、実質的にはそれなりの知識や経験が求められる仕事です。

大まかにその内容を見ていくと、店頭での患者の受付や電話対応、コンピュータへの入力、調剤報酬の請求、会計、薬剤師のサポート、医薬品の発注や点検など、調剤薬局におけるたくさんの業務に対応しなければなりません。

そのためもし未経験でこの仕事を始めようとするのであれば、民間で用意されている各種資格を取得しておいた方がより有利になるはずです。

例えば、

・調剤事務実務士

・医療保険調剤報酬事務士

・調剤事務管理士

・調剤報酬請求事務専門士

などといった資格が、それぞれの教会や学校で取ることができますので、このような資格を取得しておくと良いでしょう。

趣味人倶楽部で同世代のユーザーと情報交換できる

このように50代になってからも新たなチャレンジをするチャンスとなる資格は、たくさん用意されています。

そんなチャレンジに対しての情報交換を、趣味人倶楽部のコミュニティで他の同世代の人たちと積極的にしてみても良いでしょう。

まとめ

50代を超えての転職やスキルアップは、これまでの常識から行くと年齢的に厳しいイメージもありますが、人生100年時代といわれる今日、将来に備えるための投資として、誰にでも必要なことといっても間違いないはずです。

まずは自分が向いている業種や職種を改めてチェックして、資格取得でワンランク上のライフスタイルを目指してみてはいかがでしょうか。

趣味人倶楽部に無料登録する

無料会員登録