• HOME
  • ライフスタイル
  • ソロキャンプに最適な車の選び方|車中泊を快適にするカスタムとは

ソロキャンプに最適な車の選び方|車中泊を快適にするカスタムとは

自然の中でゆったりとした時間を過ごしたい!という方に人気のソロキャンプ。全国あらゆる場所でキャンプを楽しむために、キャンプにピッタリの車が欲しくなりますよね。

キャンプ向きの車選びは、一般的な車選びとは異なる視点が必要です。今回は快適なソロキャンプ時間を過ごせる車選びのコツについてご紹介します。

テント泊と車中泊はどっちがいい?

ソロキャンプは日帰りも楽しいですが、泊まりを前提とした夜の時間も魅力的。宿泊の方法と快適さについて見てみましょう。

車中泊は設営が簡単

お手軽な宿泊がお望みの方には車中泊がオススメです。問題なく車を停められる場所さえ確保できれば、設営作業はほぼ不要。防犯性も高く、雨風に晒されるリスクもほとんどありません。

ただし、就寝中もエアコンを動かすために、エンジンをかけっぱなしにするのは厳禁です。万が一排気ガスが外に排出できない状態になってしまうと、一酸化炭素中毒を引き起こす危険があります。車中泊を計画するときには、夏場は暑さ、冬場は寒さ対策を十分に行いましょう。

テント泊は気温が快適

自然環境を楽しみたい方にオススメしたいのがテント泊です。大自然の中にテントを張り夜を過ごすテント泊は、季節ごとの気温や天候をダイレクトに味わえるので、キャンプの醍醐味ともいえる自然との一体感を楽しめるでしょう。

ただし、テントの内側と自然の間には1~2枚の布しかないため、天候の影響をダイレクトに受けます。雨が降れば濡れ、風が吹けばテントが飛ばされることもあるでしょう。そうした自然環境の変化を無理なく楽しめるよう、飛ばないテント設営や防寒対策など、準備はしっかりと行いましょう。

ソロキャンプに最適な車の選び方

ソロキャンプのパートナーとなる車選びは、キャンプに必要な機能・条件を満たすことが重要です。キャンプ向けの車選びのポイントを知り、条件にあった車を選びましょう。

車の用途・利用シーン

キャンプをメインに考えるなら、極端に大きな車よりも機動性重視の小型車がオススメです。車の購入・維持コストを考えるなら、本体価格が安く燃費もいい軽自動車がよいでしょう。近年ではボックスタイプの車種が豊富で、荷物運びに困ることはありません。

一方で、遠出を多くするなら乗り心地も無視できません。軽自動車はお手軽な反面、乗り心地に高級感はあまりないでしょう。長距離移動時の乗り心地や安定性を求めるなら、小型乗用車も選択肢に入ります。

室内空間の広さ

ソロキャンプでは、移動や宿泊などキャンプにかかる時間の大半を車中で過ごします。そのため快適に過ごせるだけの空間確保は非常に重要。ぜひとも荷物を積んだまま余裕を持って寝転がれるスペースがある車を選びたいものです。

特に後部座席を倒してフラットにできる車なら、車中泊も快適。とても快適なキャンプ時間を楽しめるでしょう。

街乗りと併用できるクロスオーバーがおすすめ

キャンプを楽しみたい。でも街乗りももっと楽しみたい!という方は、クロスオーバータイプの車がオススメです。クロスオーバーとは、街乗り重視のSUV車のこと。スポーティさを感じさせるデザインや快適な乗り心地に加え、未舗装路も走破するパワフルさを兼ね備えます。

少々価格は高めですが、その分乗り心地や機能面など、車が持つ楽しみの幅は抜群です。ソロキャンプに限らず、あらゆるカーライフを楽しみたい欲張りな方にぴったりの一台といえるでしょう。

キャンプを快適にする車のカスタム

キャンプにぴったりの車種を購入したものの、今ひとつ物足りないという方もいるかもしれません。快適で充実したキャンプライフを実現するために、車のカスタムに挑戦してみましょう。

寝心地のいい「ベッドキット」

キャンプにおける車中泊は、天候の影響も心配不要の安心空間です。しかし後部座席をフラットに倒せるものの、寝台が固くて寝心地がよくないと不満を抱える方もいるでしょう。

ベッドキットは、後部座席のフラットな空間にベッド台を取り付けるアイテムです。シートを倒したときに残る凸凹は、ベッドキットなら完全フラットに。クッション付きのベッドキットなら、固い床で目覚めることもなくなるでしょう。

座席を起こせるような作りのキットもありますので、シートを起こして大人数で乗りたいときにも安心。ベッドキットで後部空間が二段になることで、収納スペースを増やせるといったメリットもあります。

積載量を増やす「ルーフラック」

車内の空間は狭いけれど、キャンプ用品をたくさん積みたい……。そんな方にオススメしたいのがルーフラックです。

ルーフラックは、車の屋根に設置する荷物置き。普段使わない空間である屋根上を有効活用できるアイテムです。箱状のルーフボックスに比べ、積める荷物の形に制限がないのがメリット。ただしあくまで置ける場所を追加するだけですので、荷物が動いたり落ちたりしないよう、紐やネットで固定するのは忘れずに。

サイズが豊富で丈夫なカーゴネットと組み合わせれば、あらゆるサイズ・形の荷物を積めるでしょう。ソロキャンプに限らず、家族全員で楽しむキャンプ用品も漏れなく持ち運べるうれしいアイテムです。

暗室を作る「遮光パッド・カーテン」

「車の中でひとり静かに眠る時間が好き」というソロキャンパーの方も多いのではないでしょうか。車中泊だからこそ味わえる一人きりの贅沢な時間。しかし窓の外からは中が丸見えのため、不安に感じることもあるでしょう。

車の窓・ガラスに設置できる遮光パッドは、外からの視界を完全にシャットアウト。外部から覗かれる心配が無くなります。また朝日のような強烈な光も入ってこないため、心置きなくゆっくりとした睡眠をとれるでしょう。

ワンボックスのように広い車なら、遮光カーテンを着けておくのもオススメです。キャンプ時以外でもカーテンを閉めておけば、車内の荷物を覗かれる心配なし。普段使いにも役立つアイテムとして、ぜひ車に積みたい一品です。

趣味人倶楽部でキャンプ仲間とつながろう

「ソロキャンプで撮影した写真を見てもらいたい」「ソロキャンプに役立つ情報を交換したい」という方は、ぜひ趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)にご参加ください。

趣味人倶楽部は、趣味の時間を楽しむ大人が集まるSNS。インドア・アウトドアを問わず、あらゆる趣味を愛好する人たちが集まり、交流を楽しんでいます。

ソロキャンプをこよなく愛する人たちも、サークル内で和気藹々と交流中。オススメのスポット情報の交換やキャンプ報告、便利なアイテムの自慢など、キャンプの現場以外でもソロキャンプを楽しめるでしょう。

ベテランだけでなく、もちろん初心者も大歓迎です。ソロキャンプをより広く、そして深く楽しみたいと思うなら、ぜひ趣味人倶楽部をご利用ください。

まとめ:キャンパーなら車にもこだわりを

かつては家族やサークルなど、複数人で楽しむ傾向が強かったキャンプ。近年では一人で楽しむソロキャンプも活発となり、あらゆる楽しみ方ができるようになりました。

自然の中での不便さを楽しむだけでなく、優雅でゆとりのある時間を優先するのも現代的なキャンプの楽しみ方。移動や宿泊の時間も存分に楽しめるよう、ぜひ車もこだわりの一台を選びましょう。

趣味人倶楽部に無料登録する

無料会員登録