趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

最後にオマケ観光(ウィルソン株模型、牛床詣所)して、鹿児島空港乗り継ぎで羽田空港へ (屋久島ツアー3日目②) 2022年1月16日

屋久島ー鹿児島空港運航便「鸛TAJIMA号」特別塗装機 オマケの観光(ウィルソン株模型、牛床詣所)~鹿児島空港オマケの色々 (屋久島ツアー3日目③) 2022年1月16日

JAL・JAC共同運航便 (ART42-600)

但馬/伊丹線の維持を目的とした機材で、所有者の但馬空港ターミナルが但馬地域を全国に親しんでもらえるオリジナル塗装を施した機体です。但馬空港の愛称「コウノトリ但馬空港」と同じく、豊岡市で野生に復帰し、空を飛ぶ様子も見ることができる「コウノトリ」が描かれています。

漢字「鸛」は、多くの人に興味、関心を惹き立たせる狙いから記されています。デザイン制作は日本エアコミューター(JAC)が協力、但馬空港推進協議会、地元市町、県、但馬空港ターミナルが作成しました。

兵庫県は但馬地域の高速交通の空白地域を解消するため、日本初の「コミューター空港」として但馬空港を設置。大都市との航空路維持のため、以前のサーブ機に補助していました。JACの機材更新にあわせ、兵庫県が航空機購入の資金を拠出。機材の保有は但馬空港ターミナルで、リースでJACが運航しています。


予定コース早く終了して、屋久島空港へ行く前に余裕が出来たので、特別に?地元の名所2ヶ所案内してもらった。

予定通り鹿児島空港乗り継ぎで、無事羽田空港到着したが、搭乗飛行機を撮影することが出来ていい記念になった。

屋久島で昼食食べる気分にならなくて、鹿児島空港で麺類といっても、ラーメンはパスして、野菜多目の堅焼きそばにした。

コメント