趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「冬の訪れ」の日記一覧

会員以外にも公開
No user image 003
ニックネーム

人生の冬の訪れ、経済格差の原因は努力の差

努力してこなかった人にとって、定年後は、冬の時代の訪れかもしれない。自助、公助、共助と言われるが、自助を強調すると、自助だけでできるものではないという。しかし公助も共助も当てにできなければ、自助しかない。 若いファイナンシャルプランナーが動画で言っていたのは、日本人の勉強時間が世界的に見ても少ないということだ。一日平均6分だそうだ。平均というのは、ものすごく勉強をやっている人が平均値を引き上げ…

会員以外にも公開
No user image 001
toki

電気炬燵を出そうと思った時です。

昨年は使わなかった。 ホット・カーペットで過ごした。 今年、ホット・カーペットの通電したら、温かくない。 どこか、内部のコイル?が切れている? コントローラーが駄目? でも、パイロットランプは点灯し、温度調整、面積変更、タイマーなどの案内表示は良い。 電源コードに異常はない。 本体の内部電線の切断なら、手許のサーキット・テスターでは、突き止めれない。 で、昔の電気炬燵に戻るのです。

会員以外にも公開
アロマ
アロマ

ほっくりと鍋に南瓜を煮含めて

 身を乗せて冬至南瓜を切る夕べ  三村武子  冬至かぼちや割り一燈をかがやかす  後藤房枝 『蕗童子』  カナダにて赤い南瓜を見た記憶  アロマ  本送る底荷の冬至南瓜かな  黒田杏子  友の家かぼちや仲良く煮る冬至  前川みか  炉辺に食む冬至の南瓜木曾に来し  羽部洞然  見栄えいまひとつの冬至南瓜かな  鷹羽狩行  切火まづ大南瓜より冬至寺  赤坂邦子  誕生日冬至南瓜…

会員以外にも公開
No user image 001
toki

庭の落ち葉です。

猫の額くらいですが、掃除すると、時間はかかる。 平面ではなく、仕切りの煉瓦とか、ブロックとかあるし、 狭いので密集して植えているので。 竹箒ではなく、小さい庭帚。 これでないと、植木鉢の隙間に、箒の先が入らない。

会員以外にも公開
No user image 003
ニックネーム

冬のボーナスはいくら貰えるのか、MMT(現代貨幣理論)によれば、一人当たり貯蓄900万円ない人は、要領が悪いのか

政府の借金は、1100兆円あります。これを国民一人当たり、900万円の借金と言うこともあります。しかしこれは政府の借金であって、国民の借金ではありません。 一方、MMT(現代貨幣理論)では、政府の借金がこれだけあっても、政府の支出が足りなかったから、日本はこの数十年、経済成長しなかったと言います。緊縮財政が行われたから、経済成長しなかったと言います。これだけ借金を重ねても、緊縮財政だそうです。…

会員以外にも公開
夢路
夢路

ひとひらの雪

  昔のこと…この季節になると思い出す。 故郷青森に雪の華が舞う頃を。 通り過ぎてきた時間は儚くて、てのひらに 載せるとすぐに溶けてしまう淡雪のような ものかもしれない。  だが私は、淡雪がてのひらに載った時の その冷たくて気持ちのいい感触だけは終生 忘れない。  今年の青森の初雪は昨年よりも6日早くて 11月8日だったそうだ。  深夜、カサカサと微かな音が聞こえる。 カーテンをそっと開く…

会員以外にも公開
アロマ
アロマ

カイト舞う冬の青空楽し気に

 カナリヤの籠の目すべて冬青空  中拓夫  冬の空青く展けて異国船  柳瀬重子  冬の空蒼さくっきり凍りそう  アロマ  崖の上の冬青空は壁なせり  水原秋櫻子  鎌倉の切通ゆく冬青空  大橋敦子  硝子越し冬の青空を見ている アロマ  カイト舞う冬の青空楽し気に アロマ  散るものを誘ふ碧さの冬の空  後藤比奈夫 初心  滝落ちて冬青空をひきしぼる  石嶌岳  ホカホカの…

会員以外にも公開
No user image 001
toki

風情は無いが、灯油の移動販売ですね。

11月の下旬になると、ガソリンスタンドの移動販売車が、住宅地にやってくる。 18Lで1440円だ。 スタンドまで、買いに行くには、車が必要だ。 その手間が無い人、手段が無い人には、必要な巡回だ。、 実家に車で帰ったとき、母に頼まれてスタンドまで灯油を買いに行ったことがある。 あれから15年。 自分も、いつまで運転できるか、不安である。

会員以外にも公開
よういち
よういち

自分の空間がある人 ない人

妄想爺やの喜怒哀楽65 冬になると、寺の行事に、火渡りなるものがある 地に細い道のように、煙が燻る炭を敷きしめた上を、裸足で歩く儀式だ 災いを払い、心願成就を祈願するものだ 天狗のような出で立ちの修験道の山伏が、執り行い、一般人も参加できたりもする 火渡りの前に、燃えさかる薪や護摩木の前で、山伏が祈祷する 山伏が座して祈祷する場が結界だ 地に立てた4本の木の四隅を一周りするよう…

会員以外にも公開
ニイニイゼミ
ニイニイゼミ

はれいしよんず写真展開催のおしらせ

開催期間 2020年12月3日~12月30日 ネットウェブにおいて開催します。 8名の少人数の写真クラブですが構図の切り方が参考になると思います。 ぜひ下記のコードからお入りください。 お帰りの際はご面倒でもアンケートをお願いできればと思います。 はれいしよんずホームページ はれいしよんず写真展 アドレス https://hareishiyonzu.satuei.net

会員以外にも公開
アロマ
アロマ

上海の路上に霰ぱらぱらと 

 オカリナの少年雪の夜の地下街  石寒太 翔  みどり児の知恵ふかめいる雪の夜  穴井太 原郷樹林  雪の夜のひそかな想い幼き日  アロマ  宇治川や雪の夜明の下り舟  正岡子規 雪  河豚ちりの白子とけゆく雪の夜  橘棟九郎  掌に崩す葛粉のくくと雪の夜  佐藤喜代子 『水の綺羅』  雪の夜の夢見るものに海鼠かな  高橋睦郎 稽古  稚児舞に雪夜チチチチ絵蝋燭  野澤節子 八…

会員以外にも公開
No user image 003
ニックネーム

コロナの恩恵

前にコロナのせいで経済がスリム化したと書いた。経済格差とか、貧困を強調する論調が多いが、夜の街はにぎわっている。貧困があるなら、そこに絞って論じればいいが、一般的な論じ方しかしない。一般的な意味なら、本当に貧困など存在するのかというくらい、コロナでも町はにぎわっている。 そうは言っても、飲み屋は客が減り大変だろう。これで経済が停滞するようなら、いままで経済は、飲み代にお金を使う余裕があるほど、…

会員以外にも公開
よういち
よういち

コロナが怖い人 怖くない人

妄想爺やの喜怒哀楽64 まさに、難問中の難問だ あっちを立てればこっちが立たず 冬場になり、コロナウイルス感染拡大に拍車がかかり、ますます問題解決の難易度が高くなりゆくようだ マスクをつけるのか、つけないのか 外食、外出を控えるのか、控えないのか 営業時間を短縮するのか、しないのか 一見、二者択一問題に思えるが、解答する者により答えが違う問題なのだ つまり、絶対的な正解がない…

会員以外にも公開
ごま
ごま

自然に勝るものはなし!

この季節、あちこちに電飾された クリスマスツリーを見かけます。 イルミネーションや、街の夜景も 宝石のようにキラキラ輝いています。 しかし、どんなに頑張っても 自然の美しさには、 勝てませんね。(^^)d 今日は、天気も良く暖かかったので 宮ケ瀬湖に行ってきました。(^o^)/ 雲も空も山々の風景も、 流れる初冬の冷たい風にも 太陽の陽射しが降り注ぎ 嘘のように美しく輝いていました。 今…

会員以外にも公開
アロマ
アロマ

冬の雷森は黒々浮き立って

 もの書くもはかなごとにて寒の雷  鍵和田釉子  寒雷のやみし頭上に梁太し  西村公鳳  寒雷のやみし後ただ密やかに アロマ  寒雷の後の日の出に海荒し  水原秋櫻子 殉教  椿壺にひらき寒雷浄らなる  渡邊水巴 富士  酒舟の緊め木利きをり寒の雷  梅原黄鶴子  焼たがねさます頭上に寒雷す  石橋林石 『石工日日』  寒雷や肋骨のごと障子ある  臼田亞浪  寒雷や一匹の魚天…

会員以外にも公開
松島芭蕉
松島芭蕉

冬の訪れ・「明日から師走・・・・」

久方ぶりで、松島湾内の寒風沢島を訪ねた・・・。 東日本大震災で被災した島は、家々が移転し、道路の整備が続く未だに復興10目にして、戻っていない。 東京に結社を置く俳句会から、嶋の案内を依頼された。 この島は仙台藩最初の様式軍艦を幕末に製造した島である。 仙台藩の公証遊郭が、塩竈と石巻におかれたがその二つの湊を結ぶ基地が寒風沢だったので、多くの遊女を抱えた色町でもあった。 島の「しばり地蔵」とは…

会員に公開
QpidAmi
QpidAmi

*男子御飯*

会員以外にも公開
No user image 003
ニックネーム

冬のコートをバザールで買う

大分前の話であるが、東神田岩本町のバザールでコートを買ったことがある。岩本町は、繊維問屋が多いので、毎年バザーを行っている。コロナ下ではあるが、今年も行われる。 私が買ったコートは、直後に、ネットで見ると、9万8千円で売られていた。しかし品切れだという。ドン小西というデザイナーのコートであるが、さすがにこの値段で売れるのかと思ったが、バザーで売っていた値段は、3800円であった。デザインも気に…

会員以外にも公開
よういち
よういち

ダンナの2度目の不倫を許す金子恵美さん

妄想爺やの喜怒哀楽61 またまた、宮崎謙介氏への文春不倫スキャンダル砲が出た🥈 まさに、冬の稲妻だ 週刊文春のお得意様の不倫スキャンダルだ 妻の金子恵美氏が先月、『 許すチカラ 』という著書を発刊をした矢先だ 夫の宮崎謙介氏の初回の不倫騒動後の家族、夫をいかに再生したかを執筆したようなのだが、今回のダンナの2度目の不倫スキャンダルが、冷水を浴びせた 初回のダンナの不倫スキャンダル後…