趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

後期医療制度に付いて。

[その他]

「後期高齢者医療制度に開始に抗議する」

これから言うのは、後期医療制度に対するメッセージです。

(人は誰でも必ず歳をとる。つまり私達自信の問題でもある)

これは「未来の自分」の話だと思う。

高齢者は、お荷物なのか。

長生きしてはいけないのだろうか。

---------------------いや、そうではない。

この制度こそ「長生き」させてはいけない。

年齢で医療を差別する制度は世界中にどこにもない。

「後期高齢者医療制度」は中止・撤回を!!

「後期高齢者医療制度」は、すべての人の(痛み)

になります。だから知ろう。そして声をあげよう。

正に現代の姥捨て山ですね。僕が入院している病院は、

(全日本民医連)に加盟をしている、「医療生協」 「生協さえき病院」です。

広島にも数箇所有ります。話が自分の経験上の話です。

僕は怪我をして県院「広島県立病院」に搬送をされて、

県院では検査だけをして、「怪我した時間帯」は午前10時

頃でした。そしてヘリコプターで(中国労災病院)まで、

搬送をされて手術が始まったのが、PM16時でした、それで手術が、

終わったのがPM23時頃でした。その間現場を預かる監督さんや、

僕の家族が晩御飯も食べずに、ずーっと待っていました。

労災病院には約半年お世話に成って、次にお世話に成っていた病院が、

医療生協さえき病院でした。此処にも約半年お世話に成りました。

さえき病院には、今でも僕の妻が勤めていたのが、介護福祉士を育てる、

専門学校の教え子が、今でも6人勤めています。その縁で此方の病院には

約半年お世話に成りました。それで介護福祉士の人達に随分に、お世話に

成りました。その後行ったのが、大分県の国立別府重度障害者センター

でした。此方には3月に入所をして、その年の4月と10月に制度が変わり、

今までどんなに収入が多い人でも、3万円もあればお釣りが有る位

でしたが、制度が変わって約8万円位に成りました。僕の怪我は労災

だったので、厚生労働省が全面的に、バックアップをして繰れるので、

良かったのですが、自己責任の怪我には、何の保障も有りません。

行き付く所が生活保護でした。たまたま同じ部屋の方が、生活保護の

人でした。それで気の毒に毎日の、お昼ご飯を止めていました。

何となく嫌な雰囲気でした。正に現代の姥捨て山です。

先生もし良かったら、御回答をお願いします。 山田 収

閲覧数
207
拍手数
0
回答数
3

回答する

回答受付は終了しました

回答 3件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

世間で騒がれている後期高齢者医療制度の問題についてはあなたの言うとおり基本的には同感です。
 
 まず呼称の問題。事務的に処理する便宜上、高齢者を二分する必要から考案した…と厚生労働省の担当者は言い訳をする。だが、その必要があるのであれば、高齢者AとBでもよかったと思う。世間でこれだけ騒がれる根本の原因は、政府・官僚の老人に対する配慮(気配り、思いやり)のなさ、無神経さにあるといいたい。
“姨捨山”か…などと反論されるのは当然のことだ。

 制度そのものについては議論が尽くされないまま実施されようとしていること自体が大問題だ。
 高齢者の医療費の多額なことと財源の問題の解決策は、これまでに徹底した議論がなされていないし、対策の名案が出尽くしたとも到底いえない。わが国の社会保障制度のあり方を展望しヴィジョンと基本方針を確定した上、年金問題と合わせて、財源問題や国民負担の問題とも絡め総合的に見直す観点から、今後も引き続き取り組んでいくべきだと思う。

 ついでの話、歳入歳出の問題に関し、歳入については突っ込んだ議論がなされていないようなことが、ある新聞では言われている。歳出面の検討が十分になされているように聞こえるがとんでもない話だ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

正直に言います・・・。
私は、この制度に関しては、まず、反対か賛成かという前にもっと、見直さなければならない問題があるのではないかと思います。
簡単に言えば、年金問題。  今の若い人たちは、年金を払っても、自分がもらえる保証は無いのだから、その分、自分でためたほうがいい!  という人が多く、現にはらわないひとが多いいですよね。  市役所とかにいって免除の申請をするとか・・・。
そう思うこと自体が間違いではないかと思います。
消費税は皆さん必ず払いますよね?
自分のためではなく、義務として考えられていないこと、
これがまず悲しいことです。
後期高齢者医療制度を強制的に執行されるのであれば
その前に、今、現に、働ける、収入がある人間からの税をとる方法を考えるべきではなかったのかな?と思います。
この制度が始まり、悪くなった人たちばかり取り上げられますが、現実には、楽になっていらっしゃる人もたくさんいらっしゃいます。  この制度がどうこうよりも、政治に関する人たちが、もっと弱いものではなく、難しいものに一歩踏み出していただきたかったな・・・。と私は思います。
よく分からない人間が偉そうなことを言ってしまい申し訳ありませんでした。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私はまだ対象外ですが、この制度に賛成を唱える方はいないでしょう。
財源がないからといつもの答弁!
このような状況を見抜けず安穏としていた政府の馬鹿どもの責任はそっちのけで、弱者にその付けを回していかにも素晴らしい制度のように発言している。
何とも自分たちには関係ない制度だから無神経にしていられるのかな!
全てに於いて財源が・・・・!今の政府、官庁達のザルに水を注ぐがごとくの予算立て!
これまで日本の高度成長に寄与してきた高齢者に対する仕打ちは絶対に許せる物ではありませんね。
やはり選挙でじっくりと人となりを見極め選ぶことでしか今のところ僅かな望みかな?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「後期高齢者医療制度」とは何か、その概要と特徴。
(「研究センター」関係資料から)
「後期高齢者医療制度(以下、新制度)」(名称が「長寿医療制度」に変更となる模様)は、平成20年(2008年)4月からスタートした、新しい医療制度です。
この制度は、75歳以上の高齢者を「後期高齢者」と呼称し、一定の対象層として独立させて、新しい保険システムのもとに組み入れるものです(ちなみに65歳〜75歳未満の高齢者は「前期高齢者」に分類されています)。ただし、65歳以上75歳未満でも、「寝たきり等の一定の障害がある」と広域連合から認定された方は、原則としてこの新制度に含まれます(「障害認定の申請の撤回」を申し出て、認められた場合を除く)。
「新制度」の発足により、「後期高齢者」は、国民健康保険やサラリーマンの健康保険などの医療制度に入りながらも、老人保健制度からもダブルで医療を受けられるという、いわば共同運営的な現行の保険システムから脱退して、新たに「新制度」に加入することになります。
国民健康保険の場合は、脱退の手続きは不要で、この新制度に自動的に移行となります。なお健康保険の場合も自動移行ですが、前制度の脱退手続きについては、念のために保険者(健康保険組合など)に問い合わせてみるとよいでしょう。平成20年(2008年)4月以降に、満75歳となる方については、「75歳の誕生日から」新制度の対象となりますが、同様に特に手続きなどの必要はありません。

「後期高齢者」は平成20年(2008年)4月から、これまでの老人保健医療受給者証や被保険者証は使えなくなってしまいます。新制度では、「後期高齢者」一人一人が被保険者となって、75歳以上の高齢者も、今後は市町村から支給される自分自身の被保険者証を一枚、持つことになります(ただし、「生活保護受給者」は被保険者からは除かれることになっています)。ということはその保険料も、これら後期高齢者の方が、「自分で」納めることになるわけです。原則として、平成20年(2008年)4月の年金支給分から年金の支払期ごとに、該当分の保険料が自動天引きされて、年金の手取額が減ることになります。

さて、なぜ、このような医療制度ができたのでしょうか。そして今後、この制度によって、我々の家計にはどのような影響が見込まれるのでしょうか。
これらの背景には、みなさんもご存知の通り、日本の国家財政がひっ迫するなかでの「国民医療費の大幅な増加」があります。平成18年度推計での国民医療費は、およそ34兆円。そのうち高齢者の医療費は推定11兆円で、全体のおよそ3分の1を占めています。なかでも「後期高齢者」層の一人当たり医療費は、現役世代のおよそ5倍はかかっていると言われます。それにも関わらず、健康保険や国保などそれぞれの保険制度のなかに「後期高齢者」層が含まれていたことから、現役世代と「後期高齢者」との負担関係がわかりにくくなっていて、国としても膨張する医療費の抑制がやりにくい構造が、これまでずっと続いていました。
また、高齢化社会が今後とも急ピッチで進む見通しに変わりがない以上、安定的で持続化が可能な医療保険制度をつくらない限り、現在のシステムの部分的な手直しだけでは早晩限界がくる、との声が、
大勢を占めるようになりました。このような背景を受けて、国の医療制度改革の柱のひとつとして、この"後期高齢者だけを対象層として独立させ、医療給付を集中管理する"という、世界的にもほとんど類を見ない新制度が、いよいよスタートすることになったわけです。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 1

ころすぞ とまで言われて

いつの間にかミャンマー人一家が隣に越してきました。 家の窓と窓とは80センチあるかないかの至近距離です。 朝から庭でなにやら作っているのか物をトンカチでごんごんたたく音に「静かにしてくれ」と申し出たところ、夫婦そろって鬼のような形相で「何言ってんだ バカ野郎」とカ...

回答受付は終了しました
回答数 1

ばかな人間ばかだから

なぜ消費税を10パーセントにするの。 税金をムダに使うやつおおいんじゃないの!?

回答受付は終了しました
回答数 3

商品のキャンセルについて

ネットで照明器具(9720円、配達時にお金を支払いました。)を買いましたが、まわりに菊模様のガラスがついていて、写真では それがよく見えず、現物が届いたらそれが好きではありませんでした。 昨日の事ですが、届いてすぐ、メールで、クーリングオフ制度を利用して 「返品し...

回答受付は終了しました
回答数 3

医療過誤に付いて、お伺い致します。

簡易裁判所の調停では、納得行かない結論が出ました。 その場合・何十万も懸けて、弁護士を使って 裁判に持ち込む方法しか 無い物でしょうか? ◎法テラスの制度は有りますが、こちらに お願いしても何れは払う様   なので。

回答受付は終了しました
回答数 4

金星が通過中ですが、見えてますか?

今、太陽の前を金星が通過しているはずですが、見えますか? 私はさっき(AM11;00頃)、眩しくて裸眼ではとても無理でしたので、友人に金環食を見た時の黒っぽいメガネを借りて見たのですが、太陽が小さく見えるだけで、その中にあるはずの金星はよくわかりません(見えませ...

回答受付は終了しました
回答数 3

3世代の旅行先

今年の10月末~11月の初めにかけて小学校2年生の孫の学校が秋休みに入りますます。そこで、私達夫婦と娘夫婦、小2と2才の孫の6人で、何処か旅行に行きたいと考えています。 行き先は国内か8時間以内のフライトで行かれる海外・・・と思っておりますが、皆様、おススメの場所...

お悩みQカテゴリ一覧