趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

物忘れ?

[健康相談]

最近・・・物忘れが激しくて・・・。しかも、仕事に悪影響が出始めて、やる気もおきなくなってきた。まだ?もう?40代でこれじゃ先が思いやられるんですけど・・・汗。何かいい解決法なんてありますか?

(10月14日 18:58 追記:)
皆さん、アドバイスありがとうございます。自分も薄々診療が必要か?・・・と考えておりましたが・・・。

・メモを取る→実行しておりますが、三日と経たず書いたことを忘れてしまいます。しかも、自分から部下に言ったこと(指示したこと)をメモしているのですが、言ったことすら忘れてしまいます。
また、メモを読み返しても書いたかどうかも怪しくて、よく字を見ると自分の字なので書いた事をそこで確認する始末です。
1週間経ったメモは丸きり覚えていません。
ただ、仕事が忙しいのは確かなので、キャパオーバーかな?とも感じております。

・集中力の低下→これもアドバイス頂いて(゚◇゚ ; )ハッ!!!としました・・・汗。低下してると自覚しております。

・うつ病→これが一番可能性が高いかな?と自分では思っております。

やはり、医者に行くべきですかね?

(10月20日 20:55 追記:)
いろいろアドバイスありがとうございます。
とりあえず仕事の都合がありましたが、調整し水曜日に心療内科の予約をとりまして、診察を受けることに致しました。
掲載期間までに何か結果が出たら、また追記させて頂きます。
アドバイスいただいた方、この場をお借りしてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

(10月23日 1:00 追記:)
心療内科に行ってきました。
結果は「うつとは言い切れないが、クスリで様子を見ましょう」との事でした。
14日間処方されました。
これで様子を見ることにしました。
アドバイスいただいた方、読んで頂いた方ありがとうございました。

閲覧数
1278
拍手数
0
回答数
17

回答する

回答受付は終了しました

回答 17件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

質問内容見る限り、深刻な状況だと思われます、心配と分っていていろいろ試したいのは解りますが、ご自分で余計な事考えたり、人に相談する前にまず第一に病院に行く事です。
早く行った方が良いですよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も経験しました。
倦怠期というか鬱病と言うか・・・
PCで「やる気」で検索したら
前頭葉の中のアドレナリンだったと思います。
イメージトレのCDを使ったり、
アルファー波の機械を使ったり・・・
「アルファベスト」を飲んだり・・・
瞑想をしたり・・・
そして図書館で「集中力」の本を借りて読んだり・・・
また、やりたくないことはしないに徹しました。
少し時間はかかりましたが
今は元のように人一倍やる気で生きられるようになりました。
勿論、医者には行かないで自分で治してしまいました。
「その気」になれば直るはずですよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

物忘れ、記憶力の低下は、加齢とともにある程度は誰にでも起こりえることかと思います。が三日と経たず書いたことを忘れるとなると、ちょっと変かな?とも思います。
若年性認知症なども最近話題になっています。私だったら
念のため、専門病院で検査をうけます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

しゃきしゃきとした茗荷が物忘れには良いそうです。
病的な物忘れでなければ、試して見る価値が
ありそうです。キャベツと一緒に、漬物にするのも
美味しいです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

余りにヒドイ!とお思いなら、取りあえず 脳ドックへGO!!

気持ちが落ち着けば、頭もスッキリしますよ

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私なんか 自慢じゃないが 
若い時から物忘れのチャンピオ 

物忘れしないようメモしても そのメモを忘れる始末

それから うん十年 いまだ呆けていませんよ
あれー そう思うのが すでに呆けてるのかなー (笑)

俳優さんの名前の出て来ない事など しょっちゅうですよ
そんな事で気にしたことなんてありませんよ

まぁー僕を見習うことですね

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

はじめまして。

認知症やうつを疑っていらっしゃる方が多いですよね。

もの忘れなんて誰にもあることです。
問題は程度ですよ。

具体的にどの程度のもの忘れなのか、それとあなたが一番気にされていることはどんなことなのか、要するに物忘れに関わる不安の中身について詳細に、再度投稿されることを強くお勧めします。

一般的にいえば、40で物忘れなんて普通ですよ。

問題は程度です。
アドバイスをされるほかの皆さんのためにも、是非詳細をお知らせください。

病的なものかどうかは、それが詳らかになって初めて推論できるものだと思うのです。

今の時点で僕が言えることは・・・
物忘れがひどいことをあまりに気にされると、物忘れがさらに悪化する・・・これだけは確実に言えますね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

詳細な内容を記していただきまして、ありがとうございました。

>自分から部下に言ったこと(指示したこと)をメモしているのですが、言ったことすら忘れてしまいます。
>ただ、仕事が忙しいのは確かなので、キャパオーバーかな?とも感じております。
ご自分でキャパオーバーかな?と自覚していらっしゃるので、認知症ではないと思います。
でも、部下へ指示をだした事実を忘れてしまうのは、かなりまずいですね。

あなたも気づいていらっしゃるように、軽度のうつだと思います。重度だったら、もうとっくに仕事も全然できない状況に陥っているはずでして、周りがすでに行動に移しているはずです。

すぐに神経科か心療内科の受診を強くお勧めします。
たぶんしばらく休養するように勧められると思います。
なかなか難しいかと思いますが、ここは医師の指示に身を委ねて、のんびりとお過ごしになられるとよろしいかと思っています。
焦りは禁物ですよ。

お大事になさってくださいね。

失礼いたします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「物忘れ・認知症・ボケなど」の非常に言葉は良く似てますが、内容的にはま全く違います。
以前にもテレビでも放送をやってましたが認知症・ボケの決定的な最大の症状は、「自分・家族の名前を忘れる」とか仕事場・自宅までの「通勤経路や帰宅の行き方を忘れる」「家の中でも場所の名前を忘れる」などの症状が出て来れば、それは相当に深刻でスグに病院へ行くべきでしょう。
それ以外の物忘れは、ごく普通と言っても良いものですが、どうしてもご心配なら心療内科で相談されるのも方法だと思います。
訳が分からずに自分勝手に思い悩むことは一番危険で大変に危ういですから、決して考え込まない様にしてお大事にしてください。
私などは朝に何を食べたかも既にもおう忘れてますけど…(笑)
ではまた宜しく!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

極端な例を言うと
例えば、「散歩の途中、誰かに出会った?」と問われ
「うん 会ったよ、えぇと ほらあの角に住んでるおばさん・・・
 う〜ん 名前何だっけ・・」というのは 老化現象。
実際は人に会ったのに「いいえ、誰にも会わなかったわ」というのが認知症。
軽度のうつ症は前者に近い反応だそうです。
つまり 固有名刺や 内容の一部を忘れるのが老化現象、
事柄全てをそっくり覚えられないのが認知症です。
一度 振りかえってみられて、いずれにせよ
カウンセラーか医師にお会い下さい。
今や そんなに特別なことではないですから・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

匿名希望さんは現在忘れない方法をとっているのかは、文面からは解りませんが、私の方法は前述のakioさんとほぼにかよっています。
 胸のポケットに入るくらいのメモ用紙とボ-ルペンをいつも持っています。
 私位の歳になりますと仲間と集まっても、解らないと「あれ、それ」で通じてしまいますが、いっでもそれではいけないと、後で解った時はメモしておきます。
メモしてしまうと、忘れてもよいと頭は思います。
仕事においても、たましか使わないオペレ-ションはメモに書き、忘れてしまった時はそれを見るようにしてます。
 その時は、覚えていても、一晩寝たら忘れてしまう事
は、おうおうにしてあることではなでしょうか。
ようするに、私は、書いてしまったら忘れても大丈夫と、いつも思っています。そうしなければ、頭がパンクしてしまいます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

精神科を受診したら 如何ですか 40才代
で このような 状態は 異常?かと 思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

僕も最近 物忘れがヒドクテ・・・仕事にも影響してる事が有るんです。
現在52歳の僕はいつもメモしてます。
職場にメモ帳を持って行き 責任者から言われる事を
メモしてます。

病院なども良いけど 先ず簡単な方法からヤッテみては・・・?

実はネ・・・メモ帳を職場に持って行く事を忘れる時も有るんです。
なんのアドバイスにもならないかもネ・・・(^u^)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ボクも先日コピー用紙を買いにスーパーへ出かけて、家に帰りついたら、代わりにサンマをぶら下げていた。頭の回路が、何処でどう変わったのか分かりませんが、友人も同じだと言うので安心した。40代はチョッと早いかもしれないが・・・・余り几帳面すぎるのは良くないみたい・・・・ボクは今でも手抜きする事ばかり考えている・・・・どうしたらもっと楽にできるかと。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

物忘れだけではなく集中力の低下や考えがまとまらない、決断できないなどの症状はありませんか?
うつ病の初期症状と若年性痴呆症は
症状が似ていて間違えて診断されることが多いらしいです。
いずれにしても病院に行くべきだと思います

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も40代中、質問者と同じような症状で神経科に行き検査を受けましたら鬱病の診断。
まだ軽症でしたので、半年の通院、投薬で快方に向かいました。
しかし、薬は1年以上飲み続けました。

早急に検査をお受けになる事をおすすめいたします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

物忘れ⇒仕事に影響⇒やる気低下
悪循環ですねぇ。大事な事は、メモに書いて目に付く所に貼って置く。あるいは、持っている事が一番だと思います。私も、50歳を過ぎていますが、結構物忘れがあります。それはある程度、自分で自分を自己認識しないといけないと思います。ただ、給料を貰って仕事をしている以上、約束した事は守らないといけないのではないでしょうか?プライベートでもそれは同じだと思いますが・・・。
それと、『自分は、この事は絶対忘れない』と自己暗示を掛けるのもいいかもしれません。
私は、明日○○、明日○○って、自分に言い聞かせたりもしています。(それでも忘れちゃう時があるのですが・・・)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>物忘れが激しくて・
>仕事に悪影響が出始めて、やる気もおきなくなってきた。
>40代

これだけではなんともいえませんが、軽症のうつの可能性があります。

うつ症はうつ病への一里塚とも言われています。
もしうつ症であれば、年齢的にもそのままほっておかれるとうつ病になることもあります。

早急に心療内科等で一度検査を受けてみられたらいかがでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

メモ魔、になることかな。
仕事であれば、起こったこと、これから起きることを意識してメモ帳に記入するようにしています。
また、とっさに出てこなかった人名とか固有名詞とか、その他諸々、あとで思い出したらそれをメモっておき、コーヒーブレークの時なんかに読み返す。そういうクセを付けていくと、割とカバーできることが多いようです(あくまで自分の経験上ですが)。

物忘れって、要は「使わないでいると忘れていく」という期間が徐々に短くなっていくということのようなので、めんどくさがらずに、しょっちゅうメモを取る。
それも単語とかだけではなくて文章として書いていくと、読み返したときに、その時どんなことを考えたかを思い出せるので有効かと思います。また、そういう行為が脳を活性化するような気もしています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

メモを取り、休憩時などにまめに読む・・これだとおもいます。akioさんに・・拍手!

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 4

手が震えます、何か病気でしょうか?

最近、緊張して細かい作業をしていると手が震えます 食事していても、細かい箸使いで震えます 年のせいなのか?何か病気なのか? ゴルフ、車の運転で緊張しても震えません。

回答受付は終了しました
回答数 1

血液検査をしましたが、血小板数がやや高いと出ました。

血液検査をしましたが、血小板数がやや高いと出ました。 先生に聞いても、大丈夫だ とだけで何のことか教えてくれません。 どなたか、教えていただけませんか? 60代後半の男です。

回答受付は終了しました
回答数 2

もう少し太りたいです。

最近体重が減る一方 計るのが怖い ! ー昨年10月の健康診断にも異常なし、食欲旺盛 間食嫌い 夜はグッスリ寝れたと思っても二時間位で目覚め、又寝れ2~3時間でという間隔 (一昨年の夏位から) 2日も続けば安定剤のお世話になっています。 変形性膝関節症(...

回答受付は終了しました
回答数 2

加齢臭防止の為に、私はこれを、お薦め、実践しています。を教えて

サービス業のアルバイトをし、 多くの人と接しています。  中には、 話すのもいやだと、 口臭体臭つまり加齢臭のきつい方が。  おまえも同じ、 発生現象の説明、 これをご覧なさい等の回答はご遠慮ください。  単純に、 口臭対策に、 食後歯磨き、 入れ歯洗浄薬はこれを...

回答受付は終了しました
回答数 1

カットモデル 横須賀

横須賀の美容室でカットモデル(無料)を募集しているところをご存知の方教えていだだけますか。

回答受付は終了しました
回答数 2

血小板数減少について。

今月の検診で、血小板数7.5万3ヶ月前は11万でした、肝機能に関係するとも指摘されました、何かアドバイスありましたら、よろしくお願い致します。

お悩みQカテゴリ一覧