趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

江戸火消しの謎

[テレビ番組・映画作品]

小さいころ時代劇の映画をよく見たものでした。中でも江戸時代でしょうか、火消し纏(まとい)が屋根に上がってまといをさかんに回して何かをアピールしている場面を見たのですが、あれが何のためなのかわからずにこの日まで来ました。中には喧嘩まといなんてタイトルがついたものもあった気がするのですが、まるで踊りのようにも見えたものでした。

閲覧数
241
拍手数
0
回答数
4

回答する

回答受付は終了しました

回答 4件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

消防博物館 www.bousaihaku.com/
の「消防の歴史」
や「江戸火消文化論 」の中の・・・講演録「江戸火消文化」・・・
あたりが結構、面白いです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
細かいところまでよくご存知でした。調べものってやはりこうあるべきですよね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

纏の仕様意味ですよね。
まず纏を何故屋根の上に上げたかというのは、風向きなどを参考に予測をたて、延焼を止めるために破壊する家を決め、燃えている家からみて、破壊する一軒先の家に纏を立て(火口)、「この家を壊せ」という目印にしていたそうです。屋根の上で纏を振ったのは、飛んでくる火の粉を払うためで、火の勢いが風などで強まると、一気に延焼し、破壊が間に合わず、纏を掲げてた纏持ちが家と纏とともに焼け落ち、命を落とすことが多々あるので、町火消しは、特に纏持ちは組の纏を命をかけて掲げていたわけですから、かなりの名誉職であり、実力、判断力、統率力、決断力、そしてなにより精神力があり、江戸の町ではかなりの人気者だったそうです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

昔の消防は 水で消すことができませでした。ポンプ無いですから。水も沢山ないです。そこで、火事の延焼を止めるために、火事現場の近くの家を壊したのです。 そこで、火消しの纏を持って、俺の組は此処までで火を止めるとアピールしたのです。 それが纏いふりです。意地でも まといの所までに火を消さなければ 笑い物になります。たぶん纏い持ちは焼け死ぬでしょう。 無謀で意気のある姿ですよね。 彼らは、命がけで大勢の見物野次馬の処で、張合った と思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

江戸っ子は粋ですね。
火消しの纏を持って無謀ですが、江戸の町を命がけで守ったのですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

そうです。昔は娯楽も無かったことですしね。纏いのところで、火が止まれば 拍手喝采。かわら版にも のったことでしょう。 家を壊すから 纏い持ちの 判断は難しのですよね。馬鹿年寄り、妻子持ちはできない 仕事です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

そうです。昔は娯楽も無かったことですしね。纏いのところで、火が止まれば 拍手喝采。かわら版にも のったことでしょう。 家を壊すから 纏い持ちの 判断は難しのですよね。馬鹿年寄り、妻子持ちはできない 仕事です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
こういうことをご存知だなんて驚きです。延焼防止の役目を果たしたということはきいたことがありましたがピンと来ませんでした。又、テレビでとりあげられたことはありましたが、まといの上部の形についての由来の説明をするに留まったように記憶しています。助かりました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

江戸時代の火消しは火の延焼をくい止めるために火の周囲の建物を取り除いておくのがメイン。その指揮官が取り壊す屋根の上で纏を振り回して合図を送っているんです。

カテゴリーで邦画となっていましたが、たぶん撮影時点でかなり演出が入っていると思われます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

物を燃やすためには、火源(燃焼できる着火エネルギー)・可燃物(木造住宅のような燃えるもの)・酸素(燃焼を継続するための空気中の酸素)が必要ですよね。
したがって、その1つの要因である可燃物の建物を取り除いて、延焼をくい止めたのですね。
江戸時代には、この方法しかなかったのでしょうね。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
いやあよくご存知で驚きです。印象ってある一部だけがめだって記憶に残っているものですから、まといを振り回す姿しか憶えていないわけです。取り壊しの場面もあったわけですね。助かりました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

江戸時代さすが !

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も聞いた話ですが、江戸では町火消しといって町人が何人かで火消しの組を作って消火活動をしていた。

まといはその組の印で、火事にいちばん早く到着し消火活動をしているのは、なんとか組だぞって、みんなにアピールする役目があった。
勇気ある火消しの組の印。

後から来た組のまといといざこざが起きたり、町でどっちが勇気があるか張り合ったりして喧嘩になったりしたのを誇張して、映画などになってんでしょう。

いまでも、東京や加賀に火消しの組があります。
 正月の出初式などにはしご乗りなどやってますね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

江戸では火事が多く発生し、江戸町奉行の「大岡越前」 が町火消しの消防体制を確立し、土壁などにより土蔵などの防火建築物の普及を図ったそうですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ミッキーさんのお話、聞いたことあります。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
歌でも「め組のひと」などがはやったことがありますね。又、現代の東京のひとの中にもべらんめえ口調が残っていたりしていて江戸時代もそう昔の話ではない気がしてきました。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 10

24時間テレビ 愛は地球を救う に感動。

「24時間テレビ 愛は地球を救う」 が放送されています。 多くの寄付が集まり施設などに配られるそうで、私も寄付受付場所に出向き寄付をした事があります。 多くの方が受付場所でボランティアで活動されていました。 さて、このテレビ番組には実にたくさんの芸能関係...

回答受付は終了しました
回答数 10

おじさん同士は映画見に行かないのですか?

映画館において若い男の子同士やおばさん同士という組み合わせはよく見かけますが、おじさん同士という組み合わせはあまりみません。大抵、奥さんと一緒か一人というケースが多いです。 おじさん同士で映画は見に行かないのでしょうか? バードウォッチングとかだったらおじさん同...

回答受付は終了しました
回答数 1

太王四神紀のラストを理解できた方いますか?

北魏と高句麗の戦いが 広開土王39歳のおりに起こり、 のちに広開土王碑が彫られたところで、戦死されたと、 そういう史実があったと? そういう理解でいいのでしょうか? それとも、北魏との戦いで傭兵部隊隊長のホゲさんを倒したあとも、 広開土王は、何年か生きて、39...

回答受付は終了しました
回答数 3

どなたか映画(洋画)の題名をご存じでしょうか?

”映画”と書きましたが、ひょっとすれば映画(=劇場公開用)ではなく、テレビ放映用のドラマだったのかもしれません。 観たのはもう二十年前か二十五年前か、とにかくかなり以前のことになります。 内容は”幻想的なホラー”といえそうです。出演者の寡黙でありながら巧みな演技...

回答受付は終了しました
回答数 9

テレビ番組について

今の時代だけではないのでしょうが、テレビを見ていてすごく気になることがあります。女性芸能人さんが、食に関する番組で感想を述べる時、[うまい]、[めちゃうまい]と男性言葉を使われます。昔は[おいしい]、[おいしいです]と女性らしいことば使いをされていたと思うのですが...

回答受付は終了しました
回答数 2

「芸能人格付け」番組で使用された曲を探しています

昨日、1月1日にテレビ朝日にて「芸能人の格付け」番組が放映されたのですが、その時に使われた曲のタイトルと作曲者を探しています。 曲は、質問を出題する際に使われた、いかにも宮廷音楽らしい豪華なバロック調の音楽でした。 ネットで調べたのですが「シャルパンティエ作曲のト...

お悩みQカテゴリ一覧