趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

男女別姓法案について

[その他]

質問というより、アンケートに近いのですが、皆さんは男女別姓を許可する法案について、どう思っておられるのでしょうか。
この法案は、「男女は別姓とする」という法案ではありません。希望するものは、別姓であることを認める、子どもの姓はどちらでもよい、とするものです。

最初にわたしの意見を書きます。
わたしはこの法案が、自民党の男性国会議員の「日本の美風が壊れる」という反対理由で、もう長いこと棚晒しになっていることに腹を立てています。一体、日本の美風、ってその程度のことで壊れるほどもろいものなのですか?
現民法では「結婚後の姓は両性の合意による」とあります。合意、というからには、話し合いがもたれなければなりませんが、どれだけの夫婦が、「ねえ、結婚後、どっちの姓にしようか?」と話し合っているでしょうか。どちらも、男の姓になることを暗黙の了解にしているのではないでしょうか。これは、旧民法の「家制度」の名残ではないでしょうか。

閲覧数
371
拍手数
0
回答数
6

回答する

回答受付は終了しました

回答 6件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

男女別姓については基本的に賛成です。
そうすれば、長男長女の結婚も悩まなくて済むかもしれません。
しかし、家を相続した者の立場からすると「家」を過去の遺物と切り捨てることもできません。
「日本の美風」とも思えませんが、先祖を祭り、子孫に継承することが親から私そして子への義務なのです。
「えぇ・・」と異質な前時代的感覚とお笑いになるかもしれませんが、跡取り長男の意識です。
姓が自由に選べてハッピーとばかりも言えません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も日本人のDNAは「家制度」に支配されていると思います。
逆に言えば未だに新民法が浸透していません。
日本人の頭の中では、妻は○男の妻ではなく、●●家の嫁なのです。
したがって、我が家の嫁が実家の苗字を名乗る事に対する抵抗感があるのだと思われます。

しかしながら「姓を変えてもいいし変えなくてもいい」と選択の自由があるにも関わらず、「自由に選んではいけない」という主張は理解ができません。


今の世の中、男女に関わらず独立して商売をしている人もいます。
突然名前を変えてしまうと、その名前で信用を売ってきた人にとっては、不利益を被る可能性もあるでしょう。

また、会社の代表取締役でしたら、登記書類を書き換えないといけないでしょうし、医師・弁護士など登録されている職業の方もそうでしょう。

大人の頭で考えれば良い事なのに、妙な感情が先行している気がします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

夫婦別姓を引き合いに出して、女性差別を論じろというのは、質問者さんの意図がなんかズレて居るんじゃないかな。

まったく違う姓を創設することも自由なんですよ。

アメリカなんか、両方の姓を名乗ってる人なんかざらに居ますよ。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
>まったく違う姓を創設することも自由なんですよ。

え、知らなかった。手続きは?
まさか、婚姻届を、新しい姓で出すことはできないですよね?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

夫婦合意であれば新しい姓で「戸籍」が作れますよ。

本当はこれ、常識問題なんですけど。−−;

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
あ、結婚後に、ということですね。
いったんどちらかの姓にして、その後、二人で「新しい出発」をする、そんなのもいいかもしれないですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

結婚後にはできません。

結婚したときに、新しい戸籍を作るんです。−−;

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
あ、知らなかった(^^;)
ありがとうございます。

そういう例を聞いたことがなかったもので。

そんなふうに、結婚を機に、どちらの姓でもない新しい姓に変えているカップルって、結構いらっしゃるのですか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

余り居ないでしょうね。

どうしても両方の親のことを考えてしまうでしょうから。

まあ、新しいカップルには3個の選択肢があるわけです。

私なら、新しい名前で出発して欲しいですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

夫婦別姓になった場合の功罪がまだ理解できません。
戸籍や身分関係は仕事上日常的に取扱ますが、便利になるやら不便になるやらそれさえも実感として捉えられません。
一概に女性の社会参加がその根底にあるとは思えませんが、自分の名前さえ嫌だ私の思いが入ってないから変えたい!などというお客さんも居る時代ですからネ
マ!!何でもありの時代ですから社会の変化に自分の仕事を合わせて行くだけでしょう!

確かに現行法では「結婚後の姓は両性の合意による」とありますから当事者で良く話し合って合意すればいいのでしょうが!

その問題より前に、婚前交渉というか性の自由化というか、性風俗の乱れが気になります。

出来ちゃった婚はまだ幸せなゴール(離婚率は高いが)で、人生を台無しにしてしまう事件が後を絶ちません。

日本人(大和民族)であることを恥じる世相がはびこっている風潮も如何なもんでしょうか!

話が横道にそれましたが、確かROCでも中国でも夫婦は別姓ですが、お子さんは父の姓を用いているはずです。

シングルマザーで夫はいらないが子供だけ欲しい女性が急増しているとか、しかし戸籍が台帳ごとなくならない限り、私生児が社会的認知を受ける時代はなかなか形成されないと思います。

夫婦別姓を望む人はよほどの理由があるのでしょうね!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

結婚後の姓について、話しあいも合意もほとんどないのが現状ですね。
女性は相手の姓になるのがうれしい人もいますし、まあ人それぞれです。
ただ、変えるととても大変なのは事実です。
会社への手続き、銀行、保険、クレジットカード、パスポート・・
並の手間ではありません。
一度体験してほしいくらいです。

それに生まれた時からの姓を変えるのはやはり不本意です。
うちはじゃんけんで決めましたが、負けましたので仕方ありません、あきらめました。
墓を守る、家を守るとありますが、それは無理に姓を変えさせて維持できるというのは寂しい気もします。
姓を変える必要のなかった昔(確か昔はそうだったような)はどうしていたのでしょうね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

このことは私も長年考えてきましたが、法案を変えてまでも別姓にしなければいけない理由は有りません。

相続には、祭祀権と言うものが含まれます。
先祖を祭る義務が生じるわけです。
現在では、相続は公平にある訳ですから、名前を継ぐ継がないは、祭祀権と一緒くたにされているわけです。

実際、女の子しか居ない家庭で、跡取りは男と決めるのはおかしいわけです。
嫁に行っても、婿殿が合意すれば、そちらで先祖を祭ってもらっても良いわけです。

どっかの宗教家の、祟るとか云々は無視してよいです。

古来から、日本では養子と言う方法で家を守ってきました。
私の家では、先祖の祭祀をするということで、養子の姓を名乗ることを許しています。

自分の家の名前を押し付けるのは親のエゴですが、法律で決めなければどうにもならないと言うことはどこにもありません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

質問者さん

陰口するのは、回答者に失礼ですよ。

自分の主張は、正々堂々とここで発表すればどうですか。?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

日本の家長制度が、悪者のように言っていますが、それが女性差別の温床のように捕らえている方が居ますが、現在の政治の有り方に問題があるのであって、それが夫婦別姓にしたから解決できることではないことに気が付かないのでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

質問者さんは、「女性差別」を言ってらっしゃるのだそうです。−−;

一緒に論じること自体がおかしいですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

別の回答者さんに、コメント書いたら、いきなり消されてしまいました。ーー;

一生懸命書いたんですが。?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は、夫婦別姓でも構わないですけど、それはそれで色々な問題がでてくるでしょうね。

たとえば、子供はどちらを選ぶんだとか。
生まれた子供に選択権は無いわけですから。

家長制度の中で育った社会では、馴染むまでに名前が違うからといじめとかあるでしょうね。

だんだん時代を経ると、家系がどうなってるのかも不確かになってくる。
姓が違うからと、簡単に結婚というわけにはいかなくなるかもですね。
DNA鑑定して、証明書貰わないと結婚できないとかなるのかな。(笑)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

個人的な見解では姓は一緒の方(どちらの方でも良い)がいいと思っている。
中国や韓国など姓が違う国も有るが、ロシアなどでも不思議な名前(姓)の付け方で、変だな〜と感じた事が有った。
誰かも述べていたが、子供の姓はどっちにするんだろう!?
まさか、もし何人か兄弟が居て姓が皆違ったら変じゃない!?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

中国・韓国は儒教の影響で、別姓であっても血縁を大事にしていますよ。

日本は敗戦後、良い伝統でも男女が絡むと一緒くたに批判する人間が居るから困ります。

子供が20歳になったら、自由に姓を名乗りなさいとかなったら、親は困るでしょうね。^^;

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 1

復活

BMMは復活するのでしょうか?。

回答受付は終了しました
回答数 9

足の臭い対策???

この季節には、靴下も湿ると言うよりも濡れた状態になってしまいます。 Q&A華麗衆の皆様、いい方法があればご教授ください!

回答受付は終了しました
回答数 1

今に及んで アメリカ大統領に思う

近年 イスラム圏との確執 そして サブプライムローン問題の バースト から 波及した リーマンショック その後の 世界経済の 低迷 そして 欧州危機 こう眺めていると 率直に云って アメリカの世界に及ぼす影響は 何だかんだと云って 甚大だなと思います 過去...

回答受付は終了しました
回答数 3

仏壇のお花

今日、友人の家で仏壇の中に鉢植えを置いてありました。 これを見て、ふつうは花瓶に生けたお花を飾るものだと思い込んでましたが、これって間違ってる?それもありなんですかね。

回答受付は終了しました
回答数 2

教えてください

教えてください 最高裁判所に上告しました、昨年の10月26日付けの記録到着通知書を受け取りました、通知書には、「これから審理することになりますのでお知らせします」、と書いてありました、しかし、今月で8ケ月経過していますが何の連絡もありません、最高裁の事、分かる人教...

回答受付は終了しました
回答数 4

日本はそんなに危ないんでしょうか?

和子夫人はこう綴っている。 「かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています」 それはともかく、...

お悩みQカテゴリ一覧