趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

昔の漫才、今の漫才。

[その他]

ここ趣味人倶楽部の方々は比較的年代が高く、いわゆる漫才ブーム以前の漫才を覚えていらっしゃる傾向がおありのことと思いますが、ここ何年かの間に「笑い」は「お笑い」になり、漫才も様変わりしたように感じます。昔の「獅子てんや瀬戸わんや」、そしてぎりぎり「阪神巨人」・・ 私としては許容範囲はその辺りまでです。皆さまはいかがでしょうか。
昔の漫才、今の漫才に関するお気持ちを聞かせていただきたく、質問します。

(12月21日 21:07 追記:)
皆さまのお返事、ひとつひとつ大変楽しみながら読ませて頂いています。どうもありがとうございます。

閲覧数
283
拍手数
0
回答数
9

回答する

回答受付は終了しました

回答 9件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

先ほどまでKIグランプリー見てました 、優勝のオドリー、一昔前のB&Bを思い出しました、久しぶりにテレビの前でげらげら笑いました、本物ですよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

テレビの所謂、お笑い番組は、持ち時間が少ないので、そこで笑わせるとなると、ギャグや見た目になり話芸は減ります。
また、観客が若い女性中心。箸が転げてもオカシイ世代がほとんどです。
NGKなどは、高齢の客も多いので、テレビのままでは受けないのが実情です。
また、落語ブームとも言われ、街の落語会も盛況ですが、古典についていけないお年寄りも多いのも事実です。
テレビで勘違いした芸人は消えていきますし、若い芸人でも、本格芸に取り組んでいるものも多いですよ。
若手は長い目で見てやる必要もありますよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

笑いの質が変わってきていることは確か。
でも今、よくやってるのはTV向け。ブラウン管(古っ! 液晶ですね)を通したギャグばかり。心に迫るものがありません。笑いは庶民の味方でなきゃ。昔の芸人さんの多くがストリップの合間に客を笑わせるという過程を通って来ました。女性の裸を見に来ている客ばかりですから、つまらないと猛烈な罵詈雑言、ヤジが飛んで来たのです。庶民と共にある芸・・・きみまろさん!!!!!!!
最高です!!
今回は真面目に書きました。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
個人的には、綾小路きみまろさんの語りは哀切を感じさせ、好感が持てます。よくよく拝顔すると、なかなかの苦労人だろう、と想像します。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

昔の「お笑い」は話術で行っていましたが、漫才ブームはギャグで笑わせる。だから、ギャグがなんらかの理由で受けて客に受け入れられると、全くおもしろくない漫才でもギャグをやれば笑いがとれる。それが飽きるとテレビから消える。これが今で言う「一発屋」なんでしょうね。
ちなみにギャグであまり笑ったことがありませんね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

笑いも時代の流れに変化します^^
模索している芸人さんを楽しく見ています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お笑い芸人ブームですね。
「お笑い」を業界へのステップにしてるだけです。
ちょいと人気がでて「クイズ番組」なんぞに出てるのを見ると哀れですね。芸人気質よりも「稼げる時に稼ぐ」というのがミエミエです。
全てTV局と下請けのプロダクションの低能化です。
バカ、それもホントのバカを売物にしてるのはあきれ果てます。儲けりゃいいんだ、そうだそうだ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

僕は48歳ですが、子供の頃は親も子も、一緒に笑える漫才だったと思います。
今の若手の人達は、若い人だけ対象にしているような気がするんですが・・・
あまり面白いとも思わないからTVでも見てません。
いつか「ヤスキヨ」のDVDを手に入れようと思ってます♪^^

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かつて,人を笑わせる芸といえば,「落語」と「漫才」が代表的なものでした。今の「お笑い」と大きく違うのは,同じネタ(内容)を何回でも出して,聞く方も同じ話なのに聞いておもしろく,笑ったものでした。
 「落語」が少し変わったと私が感じたのは,あの林家三平あたりからでした。これって落語? 多分,あなたがこの質問で感じている違和感と同じような印象をもったものでした。その時は,まあ,これは落語じゃないんだ,コントの一種なんだと思うことにしていました。
 漫才も,コント55号(萩本欽一・坂上二郎)あたりで,従前の漫才とは違うものになってきたように思います。こちらはコンビ名に「コント」といっていますから,多分,自分たちも漫才ではない,という意識をもっていたのかもしれません。
 今のいわゆる「お笑い芸人」たちの大きな特色の一つは,話のネタを固定化していないことだと思います。つまり,出るたびに,新しいネタで話をするという点です。時代や世相の風刺ですから,どんどん新しいネタを採り入れないと風刺になりません。それはそれで,ものすごい苦労だと思います。私なんかは,1週間の間隔で新しいネタを考えるのはきついだろうなあと感心しています。
 要は,今ブームの「お笑い」は,かつての漫才や落語とは別の「笑わせる芸」と考えて,それはそれでおもしろいと受け入れることができれば,それでよいのではないでしょうか。
 ただ,最近のこの「お笑い」にも変化が出てきているように感じます。あの「間違いない!!」の長井(永井でしたか?)秀和や,だいたひかる,いつの間にか消えてしまった自虐ネタのヒロシなど,ネタに工夫が感じられた風刺・皮肉のお笑いから,小島よしおに代表される,話としては何のおもしろさもない,動作やアクションだけで笑いをとる芸が主流になってきています。年のせいもあるでしょうが,このような芸には残念ながら何もおもしろさは感じません。まあ,時間の問題で,さて次にはどのような類いの「お笑い芸」が出てくるのか,それはそれで楽しみでもあります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私がよく例えに出すのが昔の漫才が「フーテンの寅さん」なら今の漫才が「一番星・トラック野郎」かな。
やっぱり昔の漫才や落語にはリズムが有り言葉や台詞が綺麗したよね。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 5

自治会が私病院のパンフを配布しても良いか

自治会について相談です。 本来自治会活動中、回覧は市町村からの連絡指示事項や自治会内での連絡などを回覧するものと思います。 ところが一病院の「健康フェスタ」開催のパンフを配れと指示されました。私企業である病院の宣伝を公的な組織を使い頒布するのは変ではないでしょうか...

回答受付は終了しました
回答数 4

郵政3社の 株式上場について

郵政3社の 株式上場について あなたは、購入申し込めしますか ?

回答受付は終了しました
回答数 4

暑い国の料理について質問です。

暑い日が続くと 食事は冷たくのど越しの良い ザルそば、冷や奴、サラダなど サッパリしたメニューが好まれます。 ところが1年中暑い国の食事はどうでしょう。 このようなアッサリした献立がほとんど見当たりません。 スペインのガスパチョが例外的です。 ほとんどがスパイ...

回答受付は終了しました
回答数 4

フィボナッチ数の応用例は?

フィボナッチ数や黄金比を実生活でどのように利用していますか?応用例を教えてください。

回答受付は終了しました
回答数 1

日本亀は、今いずこに?

うちの前に、小川にいつの間にか、緑亀(ミシシッピー耳赤亀)が繁殖し(目算で50匹位)、 庭に入って産卵してます、             四国に帰省したときも、日本亀は駆逐され、この亀が繁殖してました。  我家でも、孵化したばかりの亀を飼ってますが、小川に返すのも...

回答受付は終了しました
回答数 7

隠蔽体質

ちょっと古いですがJR西日本・尼崎脱線事故に於けるJRの会社体質、 それから最近では大津の中学生の自殺に於ける大津市教育委員会や中学校の体質、身近では近所の電鉄会社に於ける事故の非公開等・・皆、隠蔽してしまい、その場しのぎで終わることがとても多く、悲しいと思います...

お悩みQカテゴリ一覧