趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

何故、円高

[その他]

今、日本は最大の危機にあると言っても過言ではないとおもいます、質問ですが、なぜ、日本は円高になってるんですか?それと、中国もですね、逆に韓国は安くなってます、ヨーロッパもそうでもないですね、この、質問に正確に答えれる方宜しくお願いします。

閲覧数
247
拍手数
0
回答数
7

回答する

回答受付は終了しました

回答 7件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

趣味で株や為替の取引をやっているものです。私なりに理解していることを書いてみます。

1、日本の長期に亘る低金利と無秩序な米国証券化商品の崩壊
バブル崩壊後日本は長期に亘り世界に類を見ないほどの超低金利(ほぼ金利0%)を続け何とかデフレ経済からの脱却を続ける努力を続けてきた。その結果、世界一安いコスト(金利)で調達できる円を借りて高金利通貨(欧米や資源国通貨)の株、債券、証券などで運用する流れが拡大した。また国内投資家も利息を生まない円から高金利通貨に個人も法人もこぞって投資するようになった。いわば日本の低金利政策が世界に過剰流動性を結果的にばら撒いたということになる。
他方、米国中心とする欧米金融機関が「債券の証券化」という新たなビジネスモデルを構築し、あらゆる担保債券を細切れにして組み合わせそれを全く違った商品に仕立て上げ販売するようになった。サブプライムローン債券はその典型商品である。ヘッジファンドは世界の投資家にそれらの商品を集めた資本の数百倍のレバレッジを効かし販売してきた。米国の無茶な不動産ローン貸付競争の問題点が表面化するとこの無秩序な膨張したビジネスモデルは一挙に崩壊し、信用を失い、金融機関が巨額の損失を被り、ヘッジファンドは投資家から一斉に解約をされるに至って、世界中から投資資金が引き上げられた。その資金は元々円で借り入れものが多く返済により巻き戻しで極端な円高に見舞われている。

2、最近の日・米・欧の金利差縮小
為替変動の大きな要因の一つは各国の金利差である。これまで比較的金利の高い欧米各国が経済危機に対応して大幅に金利を下げ、その格差がほぼ無くなった。円で資金を調達する意味も無くなった。逆に今後の円高を見越して海外から円を買う動きが出て大幅な買い越しでこれが円高に拍車をかけている。

3、今後の為替予測
現在の円高は日本が経済的に強い国、魅力ある国だからという積極的な理由からではなく、長年の低金利による過剰流動性の反動という消極的な理由が主とするならばそう長く続くとは限らない。最も米国も今回の不況のダメージは相当深く、中国が米国国債を必死で買い支えないと更なる下落もありうる。日本を代表する国際優良企業がかって円高を技術と知恵で克服したように今回も1ドル/90円、1ユーロ/120円位で立派な利益が出るような企業群になると信じている。それが出来ないと日本は大きく衰退し、超円安になる代わりにスーパーインフレになることになる。そうすると国民生活はとんでもなく惨めなものになってしまう。円高はインフレを抑えることが出来る、日本の労働力が高く評価されるなどのメリットもあるのである。今の為替水準で日本が如何に生き延びるか政治も国民ももっと危機感をもって対処しないと本当に大変なことに成ると憂慮している。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

確かに、サブプライムローン問題に端を発して、CDSの問題、金融機関の信用収縮、あらゆる金融の危機に瀕しております。

しかも世界中でそれが起こっているという、非常事態といえます。

それが、実体経済にまで及んで、企業の業績も危ういと、再びデフレの様相を帯びてまいりましたよね、あらゆる商品市場も、かっての高値が見る影も無く、下落に転じてまいりました。

その中での円高ということで、なぜ?とお思いなんでしょう。

決して国力が増し、円のこれからの魅力から買われているのではなく、他の通貨が弱いがゆえに円が買われる、消去法から買われていると考えるます。
円に比べ、アメリカドルも、ユーロもポンドも魅力的ではない。
これから来るべき実経済が被るマイナスを予想し売り込まれて、安くなっていると考えます。

しかし、実質米国はかつての日本のように、出来る手は打ってきていて、ゼロ金利に近い利下げをし、日本も実質ゼロ金利という政策を採ることによって(2〜3日前利下げした)日米の金利差が無くなり、円高も膠着状態に突入、これ以上の円高ドル安に進むのも、逆にモット円高も考えられなくて、将に円高に歯止めが掛かったというか、膠着の様相を呈しています。

逆に韓国のウオンですが、円に対して最安値を示現しまして、それは、アジア通貨危機のときIMFが介入した当時に匹敵する、経済危機を韓国は迎えているといえます。外貨準備が枯渇の危機で、この間の3国首脳間で、韓国を守り立てようじゃないか、協力するぞ、という話し合いがもたれた結果、円に対して多少強含んだということかと考えます。
ですが、危機は依然として有り、予断は許さない状態であるのは確かです。

中国の人民元は、かつてのドルに対して切り上げ圧力にさらされておりましたが、人民元もかつての強さというより、相対的に独歩高ではありえなくなってきています。
やはり、成長力の鈍化(しかし、5パーセント台確保、他の国は数パーセントいかない、マイナス成長に陥る所も)はぬぐいようも無い事実として市場が折り込んできつつあると思いますが。

対円での私見ですが、いかがでしょうか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

何故円高かいろいろの理由いろいろな要素があります。
これだというものを特定できません。伝統的な理由若しくは要素として固定化されたイメージが大きく2つあります。
一つはノーベル化学賞や物理学賞の受賞によるイメージ的な高い技術力地道な研究等の潜在的な科学力を持っていると評価されていること。もう一つは投資(投機)を好まず貯蓄に励む国民性や高い貯蓄率であるとのイメージによるものでしょう。
現象的な理由及び要素として一つは未曾有の金融バブル不動産バブルを経験し対処の経験があり経済安全度及び信頼度が消去法での選択をするとまだましな方ということになります。
不完全ではあるが年金制度及び健保制度があり国民皆保険ということでまた、確定拠出年金にしてもまだ進んでいないことと、選択されていても元本確保型が多く選択されていることなどが上げられます(アメリカの401kは投資型の選択がほとんどのようです)。
日本の金融機関はサブプライムローン等を組み込んだ証券化商品の損失が他の諸国の金融機関等より被害が相対的に少ないと見られていること。
ゼネストなど激しい労働争議がないこと、政権交代が国会の中だけで行われていることなど政情が安定している。
外貨準備高は、国民一人当たりで言えば中国の10倍に相当するリッチな国と思われていることなどに依ると考えられます。
まだまだ理由若しくは要素はあると思いますが私の考えられる理由の大部分をお話しました。
なお余談ですが、円キャリー取引のことはすっかり忘れられています、まだ半年ぐらい前のことだけど。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

今回の円高になった最大の原因は、アメリカ経済がサブプライムローン問題で破綻した事によるものです。
当分回復が見込めないため、ドルが売られ、比較的健全な円買いが一気に生じた為です。

円の価値が上がる事は良い事もあり、例えば輸入製品や、海外旅行等では得をします。
しかし、一方では、自動車や電化製品、精密機械等の輸出
企業にとっては、受け取る金額が減るので、損をします。

そして、海外の景気が悪くなれば、ますます、製品も売れなくなり、輸出企業も存続の危機となります。

尚、トータルで見ますと、日本は輸出で成り立っている国ですから、円高は国の経済にとってはマイナスと云う事になります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

元々物価から比較すると1ドル80円くらい1ユーロ100円くらいであるとの経済学者から評価されています。オールトラリアや南アフリカなどの資源国は資源安により、ドルやユーロよりも安くなっています。
経済の状態によって通貨は変化するものです。
通貨価値の変化に耐えられるよう企業も努力していますが、今回のアメリカの経済危機により、耐えられなくなってきています。
みんなでがんばって乗り切りましょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は 素人ですが FXをやっていて 得た情報です。

日本は過去ずっとゼロ金利を続けていたために、外国人が金利の安い日本でお金を借りて、そのお金を高金利の通貨に換えました。日本人も高金利通貨に預金しました。

すると高金利通貨はどんどん値上がりし、円は値下がりしました。それは高金利通貨を持っているだけで 為替差益と金利の両方で儲かったからです。

しかし 金融不安が起こって 高金利通貨の国の銀行が信用できなくなりました。潰れたらお金が戻ってくる保証が無いからです。

それで慌てて 高金利通貨を売って円を買い 借りていた円を返しました。

ドルは企業の支払い通過なので ドルは他の通貨に対してはドル高になり、円はドルに対しても金利差があったので、最も高い通貨になってしまいました。

今はドルがゼロ金利に近くなったのとアメリカの先行き不安で ドル売りが他の通貨に対して起こっています。

それでドルの価値がどんどん下がるので、ますます円高になったようです。ドルの下落は始まったばかりなので、まだ続くというのが FX仲間の意見です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

自分の意見も書きたくなりました。
昨日 日銀は 政策金利を0.1%にしましたが、為替は0.5円しか動きませんでした。
よその国は通貨安で困るのに なぜ日本だけ通貨高で困るのか?
輸出企業ばかり大事にして、国民の貯金の金利を取り上げて 円安にしていました。それで儲けた輸出企業の恩恵を労働者が豊かに受けたでしょうか?
もしそうなら内需は拡大していて、円高でもこんなに株価が落ちたりしないはず。
これは政治の責任なのに まるでアメリカのサブプライムローンのせいにばかりしています。それだって 円キャリーが引き金としたら 日本の責任もあるじゃないですか。
アメリカに気兼ねしてまたまたゼロ金利。
それでも円高は止まらないです。
いっそ金利を上げて 国民の貯金に戻してくれたら、内需拡大になります。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
コメント有難う御座いました、金利上げるのはだめですね、日本の崩壊を早めるだけです、なぜなら、借金の利息倍増になりますから。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

それは少し違うような気がします。
借り入れ利息と 預金利息は (ぜんぜん分かってない 素人ですが 数字の記憶力だけは自信があります)数十年前 住宅金融公庫 借り入れ5.5%
郵便貯金定額7%で迷わず借りました。

今 住宅ローン固定十年3.85% スーパー定期十年0.61%です。
預金金利と 借金の金利 
どうしてこんなに違うのか 私には理解不能です。

そして その預金者に有利な金利差があった時代、日本は高度成長期でした。

預金金利を上げないのは銀行の利益を守るためで、決して借り入れている人を守るためではないという気がします。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
正直私も詳しくありませんですが、当然harukaさんの言ってるとうりですね、私が言ってるのは、日本の国債の事ですが、発行して、国民とか、銀行とか、その他、から借金してます、当然利息つけてですが、これ、公定歩合上げれると、当然利息も高く返済しなければいけません、今でも一秒に100万円の利息つくといわれてます、郵政の民営化も金融と別に考えてましたですね、これは、郵政からも国は借りてます、200兆円だと聞いてますが・・・・この利息もかなり、高いせいで、国はやったみたいですね?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

なるほど そうですね。国の財政の健全化とか言って 小泉さん、いろいろやって、ぜんぜん良くなっていませんからね。
天下りとかで 税金を垂れ流ししていては健全化は無理ですね。
借金の金利は私たちは決められませんから、理不尽でも取られていますよね。国も借金するなら利息は分かりきったこと。
そうやって借金して使い方を失敗して、今の状況ですね。
なぜ小泉さんが人気があるのか分かりませんが・・・

ユーロ圏は ゼロ金利政策は非常に問題があると言って 利率は少しでも景気が持ち直したらすぐ上げると言っています。
アメリカはゼロ金利の泥沼から 抜け出せるか 誰にも分からないと (私には意味不明) 恐怖の予想というコメントもどこかで見ました。
何でだか 日本と若干事情が違うとか・・・

とりあえず円高、統計的には かなり異常値になっているので反発予想もあるようです。どこまで上がるでしょうか。
なぜだか為替には心理的節目とか 達成感などという言葉がしばしば使われます。
だから今の87.10円は 中途半端の気がしますね。
10/24 の前回安値 90.82 は 90円台で 節目っぽかったから もう底値だと思われていましたけど。
次はやっぱり85円でしょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

サブプライム問題で日本のダメージが一番少なかったからです。諸外国に比べ銀行の損失も少ない方で取り付け騒ぎも起きないでしょうから、金融危機といってもいまのところ株主のダメージが目立つくらいです。
それと欧米諸国に比べ国民一人当たりの貯蓄額が高く、まだ購買余力があると思われているのではないでしょうか。

しかし日本だけでなく世界が最大の危機に陥っているので、輸出企業大手は今存亡の瀬戸際に立たされています。
借金にあえぐアメリカが物を買ってくれなくなったら、1年や2年と言わずーっと不況が続くのです。

しかし円の金利を極限まで下げたので、円を持っていても値打ちが無いと思った人は売るでしょうから、少しまた円安になると思いますよ。

私の知識ではこれくらいです。
もっと優れた回答を期待してます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

政府、自民党関係者および経済界のサブプライムローン問題発生時の発言が、円高基調を作ってしまった。
とりわけ、町村幹事長(当時)の『日本の金融は健全であり、実体経済への影響は少ない』発言は致命的。その後中川昭一、麻生、それに与謝野まで追認の発言が続いた。その後、よせばよいのに、御手洗経団連会長、経済学者、評論家、日銀総裁まで。
残念なことであるが、日本トップの資質および勉強不足による見通しの甘さが原因と考えられる。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 3

飛行機好きに質問

下の映像ですが、何が珍しいのでしょうか? 既に、無人爆撃機がありますよね。 http://videotopics.yahoo.co.jp/videolist/official/others/p68e9fba58ff5ef0f7abd3004b4025918?...

回答受付は終了しました
回答数 4

増税法案 雲行きが怪しくなってきたのでは

首相が命を賭けてもと、なりふり構わず来た、増税路線にかげりが見えてきた、、、、安住財務相は 「消費増税法案がダメになれば日本は世界から指弾される 日本の財政への信頼が揺らぐ大変な事態になりかねない」 ・・・                 本当にそうでしょうか、世...

回答受付は終了しました
回答数 5

増税論議がほぼ決着した今後、消費者マインドは悪化するか、今より改善すると考えますか?

世論を二分しての増税論議のあと、ほぼ増税はスケジュール化されようとしています。 このあと、1年8か月後、3年2か月後、消費税は8%、10%にそれぞれアップします。 今後、経済の成長に影響する消費者マインドがどうなるかは、大きく経済の先行きに影響すると思うのです...

回答受付は終了しました
回答数 4

北のミサイル 打ち上げ真近か?

東京でも 迎撃ミサイルを配備されたという、北のミサイルは、そんなに精度が悪いのですか? 弾道通過予定から 2000KMも離れているのに? また、迎撃したら 北の反応は? (4月8日 8:52 追記:) 2000KMは 石垣島上空から東京までの距離です。

お悩みQカテゴリ一覧