趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

形だけの夫婦でも努力すべき?

[人生相談]

いくら夫婦でも、合わないとわかったら別れるべき と思っていた矢先、主人が事故に遭い身体障害者になりました

元気で働ける体なら、話合って別れることもできたでしょう。
でも、この場合人間として許されないことだと思うのです。
主人には、もう親もなく身内がいません。
私がいなかったら、生きていけません。
こうなったのも、夫婦になった運命と開きなおるしかありません。
ただ、このまま主人のお世話をしながら、年をとっていくのかと思うと、どうにもやり切れない思いが頭を離れません

まして、別れようと思ってた人です。
主人に対する感情は、身体が不自由になってかわいそうという憐みしかありません。

このもやもやとした気持ちを打ち消そうとすればするほど
よけい落ち込みます。
ストレス発散しようと、友人と遊んだりしますが、大変ね〜
と言われると、同情はまっぴらと思ってよけい落ち込みます。

こんなこと、相談すべきではないのかもしれない。
カウンセラーを受けた方が良いのかも・・・
色々、考えました。 でもこの趣味人に参加されてるみなさんのご意見を伺いたくて質問しました。

今の状況に早く慣れるべきでしょうか?
この気持ちにどうやって折り合いをつけていけば良いでしょうか?

(12月23日 20:42 追記:)
たくさんのご回答ありがとうございました。

実は以前、このQ&Aで 「誰にも言えない悩みについて」
で質問しました。

その時にも温かいコメントをたくさん頂きました。
その時から時間はかかりましたが、今回具体的に質問させて頂こうと思ったのです。

どなたの文を読みましても、温かい励ましの言葉が心に沁み入るようです。
ネット上とはいえ、こんな温かい世界があったんですね。
大変、感謝しています。ありがとうございました。

みなさんのご意見を参考に、私たち夫婦のことを
冷静になって考えていこうと思います。

閲覧数
1044
拍手数
0
回答数
13

回答する

回答受付は終了しました

回答 13件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

気持ちに折り合いをつける方法・・

私の場合、
最終的には、
「今行動する、或いはしないことで、後悔するか。」

どうかを、己に問う。

ことによって、決着します。
試されませんか?

自分は、憐れみだけで、夫を介護できるか?否。
では、夫を離れて己の幸福を追求して生きることに、後悔はないか?・・・・。

後悔するかどうか、を測って得られることが、即ちご自身の欲している、ご自身で出された答えです。

決着しますと、意外に迷いません。
必要なのは、ご自身で決めた道に、
しなやかに適応する努力だけです。

PS:まぁそれでも、・・後悔はしますが。
   頼りない回答で、お粗末・・。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
今の私を動かしているのは、何でしょう。
しなきゃいけないこと、考えなきゃいけないことがいっぱいで 混乱しています。
後々、私自身が後悔することのないように、できることは
精一杯するんだと言い聞かせて毎日を送っています。
どこかで、ムリをすることによって、どうにかなりそうな予感に怯えながら・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

もう合わないと思ったパートナーが身体障害者になってしまった。
辛いですね。自分ひとりで抱え込まずに
今は、介護保険以外に障害者にもディサービス以外にヘルパーサービスを受けることができます。
自宅近くなど信頼のおけそうなヘルパー事業所に相談に行かれたらいいでしょう。 ケアマネジャーに合ったプランを考えてもらえると思います。

落ち着くまでは、嫌でも旦那さんのお世話をするしかないでしょうね。
あなたしか頼りになるひとがいないのですから。

お金さえ都合がつけば、今後施設などあたるのもいいかもしれません。
貴方がこれからどうしたいかです。
旦那さんと別れて 別の人生を歩むのか。

今は、適当にストレス発散は必要です。
身体に気をつけてがんばってください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答ありがとうございます。
ヘルパーの利用は本人が嫌がるので駄目なんです。

ケアマネージャーにも相談して、現在はデイサービスに行っています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

長年夫婦生活をしておりますと皆さんそれぞれに悩みは多いものです
口には出さなくても、悶々として毎日を過ごしている
私は仕事柄、沢山の夫婦にお逢いして夫婦のお話を聞きましたが
「私達はとても幸せです」と言われる夫婦にめぐり合ったのは数人でした

ある大会社の社長の住んでおられる豪邸に仕事に行きました
庭だけで2400坪位の広さ、私達夫婦はそれを見てため息をつきました
妻が言いました「奥様が羨ましいわ」
私 「今度お前が生まれ変わったら、こういう良い男を選べよ」

さて、お昼の3時に、そこの奥様がお茶とお菓子を持って来られました

妻 「こんな豪邸に住まれてお幸せですね」
奥様 「そうでしょうか、私は夫の子供を3人生みました、3人の子供を大学卒業まで世話をし、それぞれに結婚しまして
今は夫と二人きりになりました、
夫は結婚してから今までのほとんどを海外出張と仕事に明け暮れまして
1年間に我が家に帰って来る日は1ヶ月にも満たなくて
旅館の女将さんみたいな人生でした、
気が付いたら私は、結婚して今日の日まで籠の中のカナリヤのような人生でした」

仕事が終わって私達夫婦は2400坪の庭と豪邸を見つめた
妻が言った
「ここの奥様は素敵なカナリア、私はスズメ、貴方もスズメ
豪邸も財産も何もないけど、二人で広い青空の中を自由に飛んで、本当は幸せだったのね」

私はそんな妻の久しぶりに輝く笑顔をまぶしく見つめて嬉しかった
私は妻にお世辞は苦手だし、貴方のご主人は浮気はしないと聞きます
結婚して妻だけを愛し、浮気しない夫は100人に一人もいないと思います
私も浮気はしませんが、毎日夫婦喧嘩をして生活してます
そして、お互いに自分の主張を張り合ってます

貴方は、毎日夫と「夫婦喧嘩」されてますか
「喧嘩するほど仲が良い」と、言うじゃありませんか。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
20、30代の頃は、よくケンカしました。
若かった時は許せる言葉も、今はさらっと流せないんですよね。 なぜかわかりませんが・・・
別れようと思った矢先の事故です。
結局、最後まで夫婦として添い遂げるようになる運命だったのかも。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>20、30代の頃は、よくケンカしました。<

そうでしたか、私達夫婦は20、30代のときは仲良しでして
夫婦喧嘩は最近なんですよ
お互いに口先では悪態をついてますが、顔で笑ってます
私達夫婦のほうがよほど危険かも知れませんね

>結局、最後まで夫婦として添い遂げるようになる運命だったのかも。<

自分が望まない人生を色んな人様の意見で決めてしまうのは寂しい事です

まるで、操り人形のような悲劇のドラマの人生を選ぶ事になります
これは、本当に辛い、残された自分の人生のすべてを無駄にしてしまいます

>別れようとした矢先の事故です<

ここに大きな貴方の悩みがあると思われます
つまり、事故さえなければ、あなたは離婚をしたかも知れない

それなのに夫が事故をしたばかりに、道徳を重んじられ、悩んでおられる
そのように理解させて頂いて宜しいでしょうか

沢山の知識ある皆様の回答を得られているあなたに
私の回答など何のお役にも立たないとは思います

ただ
人は、周りの人々に左右される目的のために生れたのではないと思うのです
この世の中にたった一人だけの私であり、そしてあなたの命
あなたが決意した生き方を裁ける人はだれも居ないのです
例えそれが、大切な夫や子供たちにしても

あなたの幸せな未来を心よりお祈り致します。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

自分が この 状況に 置かれたらを 考えると
深く 悩みますね
でも 縁あって 夫婦に なられた ふたり
やはり 見捨てることなど できませんよ
あなたが ストレスを 他に 発散する スベを 上手く 身に着けるのが よいでしょうね
その 方法に 良き理解を 示して 理解してくれる ひとを
見つけてください

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答ありがとうございます。
私までつぶれてしまったら 大変です。
上手にストレス発散させることが大事ですよね。

理解者、見つかるかしら?
友人、知人など、うちが今のような状況になると、自然に
足が遠のきます。 
反対の立場で考えると、暗い陰気な話題は、誰しも聞きたくないし、重たい気持ちになりますものね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

とてもつらい状況ですね。
私なら〜やはり貴女と同じだと思います。
不自由な人を捨ててはおけない、でもこれでいいのか〜
これから先ずっとこの人を介護するのか〜。

別れることを決めた途端、他人に思えてしまうんですよね
これが一番だなんて言えないけれど〜
話を聞いてもらえる……うなずいて一緒に涙してくれる人が
そばにいたら〜いいのにね。
同じ痛みを理解することは出来ないけれど
聞くことなら出来ます、多分コメントを残している
みなさんも同じだと思います。
 
弱音を吐いたり〜怒りを出したり、
逃げ道作って、結論はずっと先でいいんじゃないでしょうか?
まずは、美味しいもの食べて〜元気だして。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
人に話してこんな陰気な話を誰が喜ぶでしょう。
関わりたくないって思われるのでは?

今まで、人に話して相手の表情からそう思ってるんだろうということが読み取れます。
よけい惨めになります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

寂しく・悲しく・辛い境涯ですね!

でも回答者の誰も貴方の立場を替ってあげることはできません。

貴方の決めた選択肢のどれをとっても非難や陰口を言える者などいません。

今はタダタダ貴方が明日・来週・何か月・何年と自分の人生が、ご主人の人生を背負わなければならない重圧感に押しつぶされそうな状況だということは、文面から読み取れます。

解決方法ではありませんが、貴方が冷静に今後を考える時間に手を貸すことが出来るとしたら!

デイサービスを利用できるということは、介護度が出ている事とおもいます。

貴方の居住する地域に「小規模多機能型居宅サービス事業所」はありませんか?

それは、デイサービスもあり、ヘルパーの派遣も有り、居宅介護を中心とした施設ですが、具体的な、貴方の介護能力にあった介護マネッジメントをしてくれるはずです。

まずは介護で押しつぶされそうな貴方の心の健康を取り戻さなければいけません。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答ありがとうございます。
ヘルパーさんに来ていただくことも考えましたが、本人が
どうしてもいやだと言うので、利用できません。
施設入所も、今の段階だと無理です。
頭はしっかりしているので、本人の希望しないことはできません。

デイサービスは、入浴できるので本人も納得して行っています。 でも、長時間お年寄りと一緒にいるのは嫌だと言って昼食も摂らず、帰ってきます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

世間にはピッタリ合った夫婦は少ないと思いますよ。合わせているのです。何年も夫婦をしていて別れる決断ができなかった性格を自覚しましょう。事故でその思いが増幅したのだと思います。今離婚すると、貴女への風当たりが強いです。物事には、タイミングがあります。羽をのばし、遊びなが面倒を看る。短時間でも面倒を看る人をさがす。あからさまに嫌な態度を取ると、思わぬ事態にもなります。貴女の天下です。ストレスを貯めないようにして下さいませ。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
今はなにもかも手探りなので、どうしたら良いかわからない状態です。

そうですね。ストレスを溜めないように、頑張っていきます

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

世間体で別れられないのか?それとも、何らかの感情があるのか?それが分かれ目のような気がします。

世間体であれば、別れて、別の土地に行ってしまえば、誰も貴方の過去を知りんせんし、誰も非難なんて言いません。
しかし、何らかの感情があるのであれば、もし別れれば、いくら別の土地に行っても、悔いが残る様な気がします。

リハビリを兼ねて、少しづつ覚えるように、自分でできる事をさせる。ある程度できるようになって、考えるしかないですね。そこで、自分の生きがいは何か?

それが現状が反していれば、やはり別れて、お主人は施設に入ってもらう。当然、障害者年金しかないのですから、生活保護などの何らかの手を打たなければなりませんが、それは、市の職員と相談する。

実際乳飲み子を施設に預けて、会いにいかない人もいるぐらいですから、それよりは、良いと思います。

見つけるのは、何のために生きるかだと思います。人がなんと言おうが、結局はそれが自分が納得できる結論です。
何となく、自分がいなけりゃという気持ちが、生きがいになるのか、それとも違う何かを見つけるのが生きがいなのか、それは自分で決めるしかありません。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
世間体もあるでしょう。
でもどこへ行っても、私自身からは逃げられません。
あんな身体になった人を捨てたんだっていう罪悪感からは、どこまでいっても追ってきそうです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

正直、このような事は、経験してみなければ解かりません。

しかし結論を焦らず、自分なりにじっくり時間を掛けて考えて見て下さい。
時が経てば、また何か変わるかも解かりません。
そして、自分で考えついた事が、一番ベストだと自信を持ってください。

所詮他人には、同じ経験は出来ませんし、聞いただけではどうしても正論だけを述べてしまします。
これは仕方が無い事だと思います。

とにかく、たくさん悩んで今有る現実に目を向け自分成りの考えを纏めて下さい。

あなたなら、必ずそれが出来ます。

どちらに転んだとしても、あなたが選んだ道があなたにとって一番ベストな選択だと思います。
後悔しようがしまいが、それなりに納得が行くと思いますよ。

生意気云って申し訳ないとは思いますが、個人的な一発言させて頂きました。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
これが、現実なんですよね。
悩む間もなく否応にも毎日はやってきます。

もう少し、時間をかけないと結論は出ないかもしれません
もしかすると、ずっと出ないかも。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

それでも良いと思いますよ。
何事にも完璧など有りません。
ベストに近づければそれで良いと思います。
様はどれほど悩み苦しみ考え抜いたかだと思います。
色々手を尽くせば、自ずと気持ちは安らぎますし、自分なりに納得が出切ると思います。
私は他人に生意気にも意見を云える歳でも有りませんが、ある時期からとにかく納得出切るまでやってみる事にしています。
自分なりにやってみて、ダメならそれはそれで納得出来ますからね。
それが今在る自分の姿であり、実力でありでベストだったと思います。
人生に、もしもなど無いとよく云いますし。

ばしっとした解決策を云えずに、ごめんなさい。
とにかく、前向きに前向き考えて見て下さい。
そして時折、自分の時間も大切にして下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

難しい問題です。

答えは出ないかと思いますが
自分に一番合った道を選ぶ事をお勧めします。

過去と他人は変えられないけど
未来と自分は変えられる。

僕の好きな言葉を贈ります。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
私自身が変われればいいのでしょうけど、今はどうしよう
どうなるんだろうという思いが先に立ちます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

まずは心を穏やかにしましょう^^

そして、自分が思うがままに進むことです。

それが正解かどうかは、誰にもわかりません。

自分が信じる道を歩みましょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

別れようと思われていた程ですから、何らかの原因がご主人
にもあったのだとは思いますが、今となっては思い止まり、
私が看なければ誰もいないと思われたのでしたら、過去は
水に流してください。
相手を許す事で貴方も救われるのです。
この先厭々介護するより、気持よくした方が、良いに決まっています。そのうち貴方に手を合わせて感謝されるご主人になられるような気がします。どうぞ縁あって夫婦になられたのですから、頑張ってゴール目指して頑張ってください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
主人は、仕事が趣味の人で女遊びするわけじゃなく、
借金は嫌いで無駄使いしない 表面上は、問題はないんだけど、ただ合わないんです。
仕事だけが趣味の人が、その仕事ができないとやっかいなんです。  わがままで、自分はこんな体なんだ もっと
労わってもいいじゃないか みたいな態度をとります。

green118さんのお答のように思えるまで、ずいぶん時間がかかりそうです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「ただ、合わないんです。」
ここが問題なんでしょうか・・・・・仕事が趣味で女遊びもしない、借金もない・・・何が問題なんだろう? 
好きな仕事で家族も養い・・・・どこに問題があるんでしょう?
夫として申し分なさそうですけど・・・・面白みがないってこと?
そういう人だと知って結婚したんじゃないのかしら? 
段々と合わなくなってしまったのでしょうか?
なぜそう思うようになったんでしょうね〜?
お酒を飲み、あるいは暴力をふるうような人もいると聞きますが・・・・ご自分の幸せにとってつまらない、役に立たない、なんか面白くない、ってことですか?
そういうこともあるでしょうね・・・・
私も主人に、ちょっとそんな風に面白みがないな〜と思ったことありますが・・・・

でも、今の現実をみると、旦那さまの無念はどれほどでしょう?
私も仕事が好きなほうですから、好きな仕事ができないってことは生きていても仕方ないほどに思うのではないでしょうか。生きがいだったんじゃないですか?
今、奥様しか甘えるところがない旦那さまにしてみたら、望みもしない障害を負い、受け入れるわけもなく、わめき散らしたくなるでしょうね。
何でこの俺がこんなにならなきゃならないんだ〜と、そう思っていることでしょう。
一生懸命働いていた人ならなおさら思うことでしょうね。
こんなに一生懸命働いて、結果これかよ〜〜!!って怒り狂いたいところじゃないでしょうか。
怒り狂っても身体も思うように動けず・・・・苦しい思いをしているんじゃないでしょうか。
私は、そちらのほうが気になりました。

旦那様が障害を受け入れ、前向きに生きていこうとするまでサポートしてほしいと思いますね。
そこまで行けたら、仕事一筋でやってこれたのは奥さまのお陰だったこと、事故にあい障害を負ってもなお前向きに生きていこうと思えたのは奥さまのお陰だったことに気づき、きっと奥さまに感謝することでしょう。
一緒に歩めた人生を幸せだったと思って、人生を終えることができるんじゃないでしょうか。
理想のようなことを言っているのかも知れませんが、最期を迎える時、誰かに感謝できることは本当の幸せだな〜と思います。
そういう人生を望むためには、降りかかった事態を真正面から受け入れ、背負って行ききる覚悟が必要なんじゃないかと思うのですが・・・・・

現実を知らないから言える甘い考えでしょうか?
勝手なことを言いすぎですか?
人生の何に価値を抱くかにかかる問題ですね。誰が生きるでなく、自分が生きるのですから、自分の人生としてどう生きたいかということで、道が決まってくるのでしょうね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

貴女とご主人の年齢が分かりません。
又、ご主人の障害の状態も、、、、。

まだ、別れ話は出てなかったのですね。
あなたの胸の内にあっただけなんですね?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
主人は50才前半。私も同じくらいです。
事故の後遺症で、脊髄を傷めて歩行器がないと歩けません。なんとか、トイレには行ける程度です。
その日の体調によっては、歩けないこともあります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

あなたがご友人と遊びに行っている間はどうされているんですか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
家を空ける時は、デイサービスに行っている時です。
絶対一人にはできないので、精神的にもまいってしまいそう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護は肩に力を入れたり、責任や義務では長続きしませんよ。
細く長く続けるつもりで・・・50歳代なら介護保険の対象者じゃないですし
障害者自立支援法に置いて、たいていの各市町村に障害者の相談支援事業所が設置されています。
そこに訪ねてきてください・・障害者の方を支援するだけで無く、ご家族のお話も伺いきっとあなたにアドバイスしてくれますよ。
もし、お住まいの市町村に相談支援事業所がなければ役所の福祉課にお問い合わせください。
使えるサービスは利用し、自分一人で抱え込まないでください。
誰しも自分が障害を持ったときに、「明日起きたら治ってるんじゃないか」と思う時期があり次に「なんで自分が」という気持ちになり自暴自棄になり
家族に辛い思いをさせるときがあります。
そのころが一番しんどいです。
そして次に「明日を見て生きていこう」という気持ちになれます。
つまり、障害を受容するまで時間がかかります。
これから、一緒に生きていくのなら、自分一人で悩まないで
専門家と一緒に介護していくぐらいの気持ちを持ってください・・
「絶対に一人に出来ない」と書いているのは、自分で抱え込んでいるから
まずは声を出してくださいね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

もし私だったら、介護はボランテイアだと割り切って、好きな音楽をボリューム高くして世話すると思います。

もうすぐクリスマスです。お近くの教会でクリスマス礼拝に行かれてみてはいかがでしょう!!

ヘンデルやバッハの曲を聴くだけで、癒されますよ。

別れたいと思っていても別れられない。でも、一緒に暮らさなくちゃいけない。よ〜く分かります。たくさんいますね、きっと。嫌いな旦那の親の面倒を看なければいけない人も多いでしょう!

自分の解消できるものを探しながら、ボランテイアしてみてください。

毎日のイライラを日記に書くだけでも仲間がコメントして励ましてくれることでしょう。

コメントが少なかったら、ここにコメントしてくれたすばらしい方たちを申請してお友達に加えちゃいましょうか!!

他に好きな人、理解者が現れるかもしれないし、前向きに前向きに生きていきましょう!!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

人生には乗り越えられない問題は無いと言いますので、
ご主人様の症状が解りませんが、この人を快復させたい・・・快復させると思うと知恵が湧いてきたり、人の縁で快復させることもあります。問題に向き合う意識が重要と思います。逃げれば苦しくなります。 私も幾多の試練の連続でしたが、乗り越えたら、
どんな名医よりも知識者よりも知恵が湧き、娘の難病も克服しました。誠心誠意頑張ったならば多くの人に希望を与えます。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答ありがとうございます。
そうですね。 逃げてばかりだと駄目ですよね。
乗り越える力を分けて下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「逃げる」ことをとても嫌っているようですが、何でも全力ですれば結果が良くなる、皆が褒めてくれる、とは限りません。
 竹やりで戦車に向かうのは止めましょう。良いじゃないですか、後ろ指差されたって、聖人君子なんて、どれだけいるでしょうか。
 やって出来ない事もあるんです。あきらめる事、ゴメンという選択肢だってあるはずです。何がしたいか、その時の気持ちのままに進むのも手だと思います。道徳の授業を受けているのではありません。自分の道です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は娘が難病に成るまで働き蜂でした。娘の転げまわる痛みを見てハタット動きを止めました。それから娘に付き添い、背中をさすり、あらゆる治療法に付き合いました。もちろん・・もう駄目かなと>>と何度も思いました。 親戚、友人との付き合いもシャッアウトするまで苦しみました。この間の娘とのコミケーションは親子の絆を深めると共に娘と同じ資質を持っていることに気付きました。
お互いの成長のために、お互いを必要としていたのです。お陰様で外でがむしゃらに働いていた時より沢山の学習をさせて頂きました。
もし・・お役に立てることがあれば聞いてください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます・・・

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 2

養子の件

佐藤ご夫妻がいます。 夫は一人息子なので養子にはでられません。 今、栗栖川さんという方が、できれば佐藤ご夫妻を夫婦共に養子に迎えたいと思っているのですが、先の事情で夫さんは無理なので、妻の佐藤さんのみを養子に迎え、入籍することは可能でしょうか? 推測や所感等...

回答受付は終了しました
回答数 8

30歳を迎えた時、贈ったり贈られて、印象に残った言葉や品物を教えて下さい。

お世話になります。どうぞ宜しくお願いします。 未亡人となり、慌しく年月が過ぎ、もう直ぐ、1人息子が遠い地で、30歳を迎えます。 慣れない仕事をしたり、重い介護度の親を看ていたりで、この様な相談ができる 知人が周囲におらず、皆様のご経験やご助言を頂きたく、相談させ...

回答受付は終了しました
回答数 4

母にどの程度まで世話ができるか?

90歳になる母は、気持ちはまだ若く、今でもタクシーに乗ってパチンコに出掛けたり買い物によく行きます。 しかし、家に居る時はほとんど、ベッドの上で本を読んでいるかテレビを見ています。 3年前から手術を3回もやって歩くのが厳しそうです。 父は15年前に他界して、それか...

回答受付は終了しました
回答数 10

結婚後の友人との付き合い方

主婦一年目です。高校時代より仲良くしている親友(独身)と今後どういう付き合い方をしていけばよいか悩んでいます。皆様のお力をお借りできれば幸いです。よろしくお願いします。 彼女は長い間、お付き合いされている方もいない状態で、共通の友人の結婚にも批判的な状態でしたの...

回答受付は終了しました
回答数 14

自分以外の人の死を・・・。

あなたは、自分以外の人の死を望んだことが有りますか? 誰にですか?どんな時ですか?要因はなんですか? こんな事、人として思ってはいけないことは重々承知してます。 説教じみたコメントはご遠慮下さい。 僕は地球上で唯一、本能と理性を共有する人間として生かされていま...

回答受付は終了しました
回答数 7

こういうタイプの人間、どう思いますか?

自分に気づいてない人、あなたの周りにいますか?わたしの周りに多くはないけどいます。こういう人をあなたから見てどう思いますか?

お悩みQカテゴリ一覧