趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

医療費控除の確定申告できるでしょうか

[マネー・投資]

この年末に家族が高額医療を行いました。
約20万円は既に支払済みです。
健保は適用外ですが、生保からは還付されるとのことでこれから(年明けに)手続きをしようと思っています。
来年の確定申告(対象医療とのことです)で、この支払済みの20万円全額(その他1〜12月医療費も申告しますが)を申告できるかどうかご教示ください。
尚、申告時期までには生保還付は確定・完了しているかと思いますが。
よろしくお願いいたします。

閲覧数
333
拍手数
0
回答数
3

回答する

回答受付は終了しました

回答 3件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

原則として、高額療養費支給金や保険金などで補てんされる金額は、支払った医療費から控除します。生保からの補てん額がいくらかは分かりませんが、それを差し引いても10万円以上、または合計所得金額(給与所得のみでしたら給与所得控除後の金額になります)が200万円以下でしたらその5%以上あれば申告可能です。

税金還付の計算は、合計所得金額が200万円の場合、補てん金を差し引いた金額が仮に12万円だとしたら、そこから10万円を差し引いた残り2万円が医療費控除額となります。

実際に申告してどのくらい還付されるかと言うと、所得200万円で基礎控除以外、所得から控除される金額がないと仮定して計算すると所得税は81,000円になります。そこに医療費控除2万円を加えて計算し直すと80,000円になります。差し引き千円の還付となります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

領収書を合計して10万円を越えていれば申請出来ます、病院までの交通費も合わせて申請出来ます。
生保からの還付手続きはお医者さんの診断書を添付する必要があると思います、大きな病院では日数が掛かるからお早めに、還付金は1週間以内には振り込まれるはずです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
aky45さん、アロイさん、kanchanさん
早速の回答ありがとうございました。

質問の仕方が悪くてすいません。
課税期間は1月1日から12月31日とすると(それでいいかどうか?)
 ・年内の医療費支払いは20万円のみで、
 ・生保からの還付は翌年1月以降となるので
平成20年の医療費控除は
?支払った医療費(20万円)のみ申請すればいいのでしょうか
?生保からの還付金を見込んで、(あるいは確定してから)相殺額を申請しなければならないのでしょうか。
この場合についてご教示いただければ助かります。
よろしくお願いいたします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

最寄りの税務署に確認されるのが一番確実です。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

?1月1日から12月31日までに支払った領収書の金額と交通費の総額を申告すればOKです。領収書はキチンと揃えておいてください。
?確定申告の締め切りは3月ですからそれまでに生保からの還付金は分かりますから、申告書の欄に還付金の記入欄がありますからそこに金額を入れてください、生保からもはがきで通知が来るはずです、これも添付してください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

次のサイトをご覧ください。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/01_01.html

 このサイトの説明のなかには次の説明があります。

○支払った医療費から保険金などを差し引いた額が、一定額以上の方は還付申告ができます。
※一定額とは10万円又は所得金額の5%のいずれか少ない金額です。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 1

養老保険の満期時の節税

あと4年で養老保険が満期になります。掛け金総額835万円で満期時2000万円です。 計算すると(2000−835−控除額50)÷2=課税標準額557 課税標準額に20%の一時所得課税で納税額111.4万円となります。 が、裏ワザを調べた所、満期時直前に払い戻し解...

回答受付は終了しました
回答数 4

株主総会に行きますか?

株主総会の季節になり、総会の案内がきておりますが、皆さんは出席されますか? 私は、甘い考えである会社の株主総会に出席しました。その会社は好業績企業で配当も年間1株65円とまあまあです。会場も椿山荘なので軽食 くらいはでるものと軽い気持ちで出席しました。 所が、期待...

回答受付は終了しました
回答数 3

60歳からの賃金設計

高年齢者雇用継続給付金と在職老齢年金の併給をフルに活用した60歳からの給与 昭和24年2月生まれで現在61歳の女性です。 昨年満60歳になりましたが給与(26.6万円/月=標準報酬月額26万円)の変動なく、引き続き同じ会社で一般社員として仕事をしています。 小さ...

回答受付は終了しました
回答数 2

何で銀行なの?

銀行を銀行と 名ずけた理由を 教えてください。   信用金庫も同様に教えて ください。 宜しくお願いします。

回答受付は終了しました
回答数 3

リスクを取りやすくなるということは?

ネットで為替相場を検索すると「米国株が大幅に反発したことで投資家がリスクを取りやすくなるとの見方が広がった・・・」というような解説が述べられているのを見ることがありますが、「投資家がリスクを取りやすくなる」というのはどういうことなのか教えていただけませんでしょうか。

回答受付は終了しました
回答数 5

投資信託

平成20年4月に『しんきんインデックスフアンド225』を始めたのですがその後不況が来まして株価が下がりましたので平成21年1月で中止しました。 取得金額9万円、保管口数117,722で評価損益−18,272です。 今後の株価の動向について教えていただきたいと思います。

お悩みQカテゴリ一覧