趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

「創価大学について」という質問に触発されて、ここであらためてその関連で問いたい

[その他]

「創価大学について」という質問に触発されて、ここであらためてその関連で問いたいのですがよろしいでしょうか。
新興宗教団体を母体とする政党によって国政が左右されることに国民が疑問を抱かないなら、この日本という国は真の民主主義国家を築けなくなるばかりか近い将来には文字通りの「無政府状態」に陥る。
宗教心は己が個人の心ものであり、それが国を動かすことは言語道断と申したい。

愚生のこの憂いは間違いでしょうか?

適切でない投稿にあたるなら即削除願う。

(12月27日 23:49 追記:)
質問者:どんすけ
※ラジオボタンの選択違いで匿名になってしまいました。

(12月31日 17:33 追記:)
上記の質問は特定者以外の多くの国民の想うところであると私は考えています。
宗教政党関連のテーマに感情的になられる方もお出ででしょうが、この質問の根底には国民の社会生活がかかっている問題が含まれているようにおもわれます。
それを皆様の回答で見つけ出したく考えております。

この質問を冷静に読んで回答を頂きたいと期待をしているところであります。

その場合、回答として「間違い」とするならその理由も感情的にならないように書いてください。
「間違いではない」という方も反対意見に対して事実以上の書き込みは慎み、事実であるならその根拠を示してください。
不毛な論争は強くお断りいたします。

※私は中立を表明しているのではありませんが、出来る限り真摯な対応で回答をいただく所存です。

(1月2日 13:29 追記:)
質問者のどんすけです。
追記と質問の再掲をします。

信仰宗教団体を母体とする政治団体が国政を担い国策を論じるは言語道断。
現在においては創価学会という新興宗教団体の創立した政治団体の公明党が連立を組んでいるが、これが公明党と全く同じ条件の政党が現在の位置にあったとしでも同じ考えである。
この私の考えは間違っているものであるか、どうかという質問です。

なぜなら、国家と宗教の分離を大原則とした宗教政党がもし政権を担うようなことがあれば、その原則も機能しなくなる恐れが考えられる。
それによって国の統治権が信仰宗教団体の意によって工作されることも十分に予測されると私は考える。

一昔ほどではないが、あらゆる特定組織・団体の口利き(無言の圧力)による刑事被告人に対しての量刑の軽減、事業にかかわる資金調達(公金借入)など個人及び企業に有利な働きがけが今でも存在している。
また特定組織・団体による近隣国との間で国益にそぐわない折衝をもち続けているとも聞いている。
こらは今のところ、民間レベルの域をでていないのがほんの少し救われるが、しかしこれが宗教政党下での政府にあってしたならばどうであろう。
大きなところでひとつの例を出せば・・・政権を握った宗教政党の政府関連である宗教団体の重要人物の国会招集要請には「間違いなく応じない」であろうし、そのような召集要求も口に出せないような国会になってしまうだろう。
すなわちこれが政教分離の形は残ってもそのものの”論理破綻”になり、また宗教政党が政権を担うということは他宗教にとって見れば間接的な迫害によって支配されることを意味することである。
言うなれば、争いの耐えない国に落ちてしまうという懸念を誰しもがもち、その”疑念”が拭い切れなくなる。
つまり特定宗教団体を母体とした政党が政権を担うということは国体を根本から揺るがすものになりかねないと、少なくとも私はそう思う。
これ以上、いわずもがなである。

Q&Aを閲覧若しくは投稿している学会員の皆さんに申し上げます。
私のエルフ氏への発言で「私は創価学会を快くみていない」というようなことを書きました。
これは今でも全く変りませんが、誤解のないように申し上げますと・・・創価学会の一般会員(上層部以外)にはなんの偏見も持っていません。
それどころか一般会員の人たちに対しての私の見方は「真に人間らしい」人たちと見ています。
一般学会員の方々は素晴らしく心優しく、そして物事を大事に見ている人であり、だから家庭よりも宗教、宗教の中に家庭ありと優先順位を置いてしまっているものだと私は思います。ま、これにも相当の議論を要しますのでこれ以上は言いませんが、いずれにしても真直ぐな人たちに違いないと理解をしております。

(1月2日 13:34 追記:)
訂正
なぜなら、国家と宗教の分離を大原則とした宗教政党がもし政権を担うようなことがあれば

なぜなら、国家と宗教の分離を大原則とした”政教分離の旗印の下”でも宗教政党がもし政権を担うようなことがあれば

失礼しました。

(1月2日 14:04 追記:)
セイギさんの「創価大学について」という質問に触発されて、ここであらためてその関連で問いたいという表題 についてのご指摘。
>大学という教育に関連した話題のように見せかけて・・・

私のこの表題の真意は「創価」イコール現在の政党というイメージでつけたものであります。
ココまで反響が大きくなった今、これ以上の「弁解の余地」はございません。

誤解を与えた方に深くお詫び申し上げます。

閲覧数
3888
拍手数
0
回答数
21

回答する

回答受付は終了しました

回答 21件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

8歳の時兄が病死しました。両親は創価学会に入会し、毎日
お念仏を唱えていました。父はやがて<宗教団体>と<信心>の違いに気づき、退会しましたが、お題目は毎日あげていました。母は私を入信させようと必死でした。勧誘の方が毎晩家にみえ、私に<お話>をされました(小学生の頃)
その方がおっしゃった事「日蓮宗は国宗に必ずなる」でした
そうなったら今反対している私はどうするのかと聞かれ「外国へ行きます。人が悲しみのどん底にいるときに言葉巧みに勧誘するような宗教は許せません!」と。何千年の過去の世界の歴史上<宗教>が原因が殆どだと気づいてください
信心をする方は<広い心>がなくてはいけないと思います
他の宗教をけなすのは最低の信心ではありませんか
人それぞれ 考え方は違いますし 心のよりどころも違うはず それを認められないのは<信心>ではないと思います

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

となりのじぶん様>エルフと申します、

あなた様のコメントで学会に対して少々間違いがありますので訂正させていただきたくコメントいたしました。

まず、「両親は、毎日お念仏と唱えていました」

>これは⇒お題目といいます。

次に「日蓮宗は国宗になる」とコメントされていますが、

>今は分離しましたが、創価学会は元は日蓮正宗です、日蓮宗ではありません。

また「国宗になる」とありますが、

学会は国立戒壇(国宗)ということを一言も信仰の教義にありませんよ、

そう掲げている団体は、創価学会ではなく、日顕宗系の顕正会という団体ではないでしょうか?

なにか、支離滅裂なごちゃごちゃなコメントになっておりますね、

それが創価学会だったとは私は思えないというのが、私の意見です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

宗教一般に殆ど興味がありませんので、幼い頃の記憶もさだかではなかったかも知れませんね。
熱心に毎晩いらっしゃいました 親友にも創価学会員がいますが 別に親友は親友です
言いたいことを言い合い慰めあい何十年と経ちました。宗教を超えた付き合いです。大切に思っています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

貴方の言われている「真の民主主義」と言うのが、小生には判りません。アメリカでは、キリスト教各派が民主、共和の両党の支援者の中では大きなウエイトを占めていますし、その人々の意見を聞かない候補者は支援されません。又、ヨーロッパ各国では「キリスト教民主党」「キリスト教社会党」等と
宗派、宗教名を冠した政党が数多く存在しています。
「宗教を持たない政治家は信用出来ない」と言っている識者も数多くいます。ここでは、創価学会が対象になっていますが、浄土真宗ならこの様な問題が提起される事は無いように思います。宗教団体の信者の方々が、ある政党を推薦し、政治に参加出来ないと言う事になれば、日本の殆どの方が政治参加は出来ないと言う事になるのではないでしょうか。
ものの本には、日本人は1億2千万人位いますが、宗教各派の信者登録数は3億に近いと言う数字もあるそうです。
そもそも民主主義とは、又自由と言い換えても良いかも知れませんが、公序良俗、犯罪等に違反しない限り、誰からも何の制約、制限を受けないで生活して行けると言う事ではないでしょうか。
以前から思っていた事ですが、この「創価学会問題」とは、
創価学会アレルギーの方が提起している問題だと思います。上層部に不正やいい加減さがあれば、下部も腐って来るはずですが、私の知る限りその様な事は無いように思われます。「創価学会」バッシングが許されて行くなら、その他の宗教団体、様々な団体、政党等も、ともすれば、バッシングの対象となる可能性もあるのではないでしょうか。そうなれば、日本に限らず、社会は闇です。
私の知り合いに韓国の創価学会員の方がいますが、
日本大嫌いの韓国で、韓国の創価学会は公的機関や、
市とか郡で、表彰されたり、各種の公的イベントでも賞賛されていると聞きました。過去の様々な感情を一度リセットして
真摯に見てゆく事が大切なのかなとも思います。
少し、質問とは離れた事になりましたが、率直な感想を述べさせて頂きました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

一言申し上げます
 公明党は宗教法人創価学会がたちあげた政党であることをまず知っていただきたいと思います。
その創価学会は?
 平成3年11月までは日蓮正宗の信徒団体でありました。当然日蓮正宗総本山大石寺に御安置まします日蓮大聖人が顕された戒壇の大御本尊様に帰依し、日蓮正宗の教義を遵守する信徒で構成される宗教法人であったのです。
 平成2年11月16日 池田大作の大謗法発言(翌 11月17日雲仙普賢岳の大爆発)に始まった一連の学会幹部の背反がひどく、いくどにも及ぶ説得にも耳を貸さなかったためやむなく翌3年11月破門になった団体です。
 当然の事ながら池田大作の本尊を作ることが出来ず、創価学会が宗門から離反させた寺院に安置してあった江戸時代の猊下が書写された御本尊を持ち出し、それを勝手に印刷して会員に売りつけると言う暴挙に及んでおります。その翌七年1月16日神戸の会員から「お寺から下付された御本尊様」を集め消却することまでしました。(翌17日未明淡路・神戸大地震が起こる)
 今や創価学会は日蓮正宗の御本尊と教義を盗んだニセ宗教団体であります。従って日蓮正宗の信仰心のある会員、間違っている事に気がついた会員は日蓮正宗に再入信されております。そうさせないためにどれほどの事をやっていることか!聖教新聞の寸鉄最後ををご覧あれ!大新聞の書く文とは考えられません。
 ともあれ、釈迦仏法が仏教であり、釈迦の本意は”法華経”であります。法華経の中心は”如来寿量品第十六”でその根本は「南無妙法蓮華経」であります。決して妙法蓮華経観世音菩薩普門品ではありません。
 日蓮大聖人様はこの「南無妙法蓮華経」を御本尊と顕されたました。この御本尊様が戒壇の大御本尊様です。この御本尊様を信じて仰ぎ奉り、「南無妙法蓮華経」と唱える時、我が身そのまま”即身成仏”が叶う。
 この信仰を全くまねてすり替え会員を騙し選挙活動に動員して公明党を動かし日本の政治の権力を左右する政治団体になっております。自民党員の票にも食い込んで行っている現状はウイルスに似て空恐ろしいものがあると思うのは私だけでしょうか?また、いろんな処に中学・高校・大学で育てた(洗脳)池田親衛隊を送り込み、官庁・法曹界・マスコミ(金と権力で箝口令)まで思うがママに振る舞って、しかも世界平和を目指すと大豪語する・・・・
 決して許すことが出来ない宗教法人”オーム真理教”を見てきましたがあの団体はたった一万人くらいの団体でした。創価学会は八百万と言われております。背筋が寒くなります。
 
 もう一度言います。
 
 日蓮大聖人様が私達が幸せになるために残された御本尊様は総本山大石寺におわします”戒壇の大御本尊様”以外にはありません。その御本尊様から時の御法主上人猊下が書写・入仏されて私達信徒にお貸し下げ下されます。私達はその御本尊さまを透して戒壇の御本尊様に南無し奉り御報恩・御祈念申し上げております。


[ 拡大 ]

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフと申します、今頃になって質問とは関係のない
誹謗中傷とデマをコメントしているとはw さすが日顕宗の輩ですな

あなた様の
「一言申し上げます
 「公明党は宗教法人創価学会がたちあげた政党であることをまず知っていただきたいと思います。」
>何をいまさらコメントしてるのかw 今までのコメントのやり取りや、質問者の質問で誰しもが解ってることコメントしてるのでしょうか?そして前書きがくどいですねw

「平成2年11月16日 池田大作の大謗法発言(翌 11月17日雲仙普賢岳の大爆発)に始まった一連の学会幹部の背反がひどく、いくどにも及ぶ説得にも耳を貸さなかったためやむなく翌3年11月破門になった団体です。

>大謗法は当時の腐敗堕落に堕ちた宗門側である
歴史を振り返れば宗門は臆病の故に法儀を曲げ、戦時中の国家権力の圧力に屈して日興上人の謗法厳戒
の精神を踏みにじり、神札をうけたではないか、宗門の度重なる欲に満ちた悪僧が私利私欲のために
信者の金を欲したのが学会の分離作戦、いわゆるC作戦だったのだろう、しかし、学会は断じて揺るがず
日顕一派の思い通りにはならなかったのである。

「当然の事ながら池田大作の本尊を作ることが出来ず、創価学会が宗門から離反させた寺院に安置してあった江戸時代の猊下が書写された御本尊を持ち出し、それを勝手に印刷して会員に売りつけると言う暴挙に及んでおります。その翌七年1月16日神戸の会員から「お寺から下付された御本尊様」を集め消却することまでしました。(翌17日未明淡路・神戸大地震が起こる)

>そもそも御本尊は、末法の御本仏日蓮大聖人が民衆救済のために御図顕されたのである。
したがって、その御本尊の信徒への下付が、法主たる地位にある一人男の感情によって停止されるといったことがあってはならない、まして、それが謀略の故に行われたとすれば、その行為は日蓮大聖人の大慈大悲に逆らう極悪の所業だ、日興上人曰く【此の御筆の御本尊は是れ一閻浮提に未だ流布せず正像末に未だ弘通せざる本尊なり、然れば則ち日興門徒の所持の輩に於いては左右なく子孫にも護り弟子等にも付属すべからず、同一所に安置し奉り六人一同に守護し奉る可し】この御文によれば、御本尊を伝授することは当時の大石寺を代表する6人の弟子たちに委ねられていて、仏法上の本義からすれば、法主一人の為の御本物ではない、それを日顕宗は法主絶対主義を唱え、連祖聖人からの信心の血脈を無残にも切り捨てたのである。

>また「創価学会が宗門から離反させた寺院」とあるが逆である、宗門が学会を破門したC作戦後、
全国の信心ある僧侶が、【創価学会こそ仏意仏勅の和合僧団】であると、大石寺からの離脱を宣言されたのである。
下記に大石寺から離脱し、学会に二十六世日寛上人が御筆された御本尊を学会の御本尊として、広く
世界広宣流布の為に授与していただきたいとの申し出が学会側にあった。

【申出書】
私は、日顕が一方的に学会を破門するなどの一連の経過、とりわけ御本尊下付を停止した暴挙に強い
憤りを覚え、熟慮の末、平成四年十一月、淨圓寺として離脱をいたしました。
御本仏大聖人の御生涯は「広宣流布」に貫かれた御振舞いであられ、その御心は「民衆救済」の一言につきるといえます。大慈大悲の大聖人様が、民衆の求道の心を踏みにじり、広宣流布の流れを阻害するようなことをお知りになれば、これを絶対に許されるはずがなく、いかばかりか嘆かれ、お怒りであろうかと、
胸が張り裂ける思いでありました。
【日蓮が慈悲曠大ならば、南無妙法蓮華経は万年の他・未来までもながるべし】と仰せられた宗祖の
御聖意に背くことを何よりも恐れるのです。もとより、こうした御本尊下付停止という非道の処置にも
、学会員の皆様の信心はいささかも揺るがず、池田名誉会長を中心に尚一層、日本や世界の各地で力強く
「広宣流布」を進められている姿を目のあたりにして、私は深い感動を覚えました。
このように広宣流布への信心を貫いている創価学会の皆様こそ、真に一閻浮提総与の大御本尊を
拝する資格を持った正信と求道の方々であると確信するのであります。
私は、「広宣流布」を願う信心の上から、この健気な学会員の皆様に何とかお答えしたいと願う日々でありました。そこで私は、開祖六百九十年の古刹・当淨圓寺に御宝物として所蔵されています二十六世日寛上人御書写(享保五年)の由緒ある【御本尊】を学会員の皆様に御形木御本尊として授与して頂くことが、最良最善の道であり、大聖人様が最もお喜びになられると確信するに至ったしだいであります。
この旨、日蓮正宗改革同盟の同志にも諮り、全員賛同を得る事ができましたので、ここに貴会に対して
願い出るものであります。

>上記がその内容である。 続く・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフです続き・・

「今や創価学会は日蓮正宗の御本尊と教義を盗んだニセ宗教団体であります。従って日蓮正宗の信仰心のある会員、間違っている事に気がついた会員は日蓮正宗に再入信されております。」

>日蓮正宗の教義は仏意仏勅の和合僧団である創価学会が正しく信心の血脈を守っている!もはや日蓮正宗ではなく日顕宗は教義を曲げて地に落ちた大謗法の輩だ。

「そうさせないためにどれほどの事をやっていることか!聖教新聞の寸鉄最後ををご覧あれ!大新聞の書く文とは考えられません。」

>何を言うか!強盗 麻薬 脱税 盗聴 婦女暴行、売春、悪辣なビラ配り、事件事故を起こし、社会に多大な迷惑をかけている日顕宗が、その悪辣な行為を断固糾弾しているだけではないか!
先日も東京で違法なビラ配りを公明党が刑事告訴した、配ってた連中は日顕一派の妙観講の人間だった。知らない人も要るだろうが、司法の場で何度も日顕宗が断罪されていることは言い逃れできないではないか? HPの「フェイク」と検索すれば、日顕宗の衰退と事件事故の記事が書ききれないほど出ている、その事実をどう言い逃れするのか?自分で検索して読んでみるがいい。

「ともあれ、釈迦仏法が仏教であり、釈迦の本意は”法華経”であります。法華経の中心は”如来寿量品第十六”でその根本は「南無妙法蓮華経」であります。決して妙法蓮華経観世音菩薩普門品ではありません。」

>はぁ〜?「決して妙法蓮華経観世音菩薩普門品ではありません。」とは誰に向っての話か?日蓮宗ではあるまいし、そもそも教義を知ったかぶりしてコメントしないほうがいい。おおかたどこぞの日顕宗の資料でもあさってもってきたのでは?w

「日蓮大聖人様はこの「南無妙法蓮華経」を御本尊と顕されたました。この御本尊様が戒壇の大御本尊様です。この御本尊様を信じて仰ぎ奉り、「南無妙法蓮華経」と唱える時、我が身そのまま”即身成仏”が叶う。」

>【我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり〜妙法をよび奉れば我が身の仏性もみなよばれて必ず顕れ給う】
>口に妙法を呼び奉れば、我が身の仏性もよばれて必ずあらわれる。どんなに日顕がどう策謀しようとも、無垢の信心をもって唱題する仏子が成仏することを阻めない、題目を唱える者が即身成仏するという仏法の道理を示す文章は、御書の随所にあるではないか、

「この信仰を全くまねてすり替え会員を騙し選挙活動に動員して公明党を動かし日本の政治の権力を左右する政治団体になっております。自民党員の票にも食い込んで行っている現状はウイルスに似て空恐ろしいものがあると思うのは私だけでしょうか?また、いろんな処に中学・高校・大学で育てた(洗脳)池田親衛隊を送り込み、官庁・法曹界・マスコミ(金と権力で箝口令)まで思うがママに振る舞って、しかも世界平和を目指すと大豪語する・・・・」

>決して許せないのは、日顕宗である!デマビラを配り、刑事告訴されているような日顕宗こそ、決して
許してはならない。今日顕宗は衰退の一途を進んでおり、法華講を脱講する者は後を絶たないw
学会を誹謗中傷するしか、頭にない日顕宗、学会の心配するより、自分たちの末路を心配することだw

「決して許すことが出来ない宗教法人”オーム真理教”を見てきましたがあの団体はたった一万人くらいの団体でした。創価学会は八百万と言われております。背筋が寒くなります。」

>背筋が寒くなるくらいなら大人しくしっぽを巻いていればいい、犬の遠吠えだw
(極悪・非道・デマ・暴行・事件事故・法廷での断罪)=とは日顕宗だ
 
{もう一度言います。
日蓮大聖人様が私達が幸せになるために残された御本尊様は総本山大石寺におわします”戒壇の大御本尊様”以外にはありません。その御本尊様から時の御法主上人猊下が書写・入仏されて私達信徒にお貸し下げ下されます。私達はその御本尊さまを透して戒壇の御本尊様に南無し奉り御報恩・御祈念申し上げております。}

>懶楕懈怠の坊主が蔓延り、悪鬼がその身に入った法主を的にした日顕宗に仏意仏勅の血脈なんかありはしない、そんな法主の書写した御本尊になんの利益をもたらすのか?もたらしていたとすれば、学会分離作戦C作戦後十数年経った今、日顕宗は大発展どころか、衰退の一途ではないか?w

本来、こういうコミュニティーの掲示板でコメントすることは大変ためらったが、運営事務局が削除要請にも関わらず、削除されていないので、ここで反論させて頂きました。
いくら規約に触れないとはいえ、こういうコメントを断じて見過ごすわけにはいかず、反論した次第です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

もし、私とエルフさんですか、二人の話を読まれる人がいらっしゃたら、宗教の何かが分かりますよね!
 これ以上のことは申し上げるつもりはありません。読まれる皆さんがどう判断されるかです・・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフです
>なんだその回答は・・・私がここまでくそみそ言ってるにも関わらず、反論もせずに、申し上げることはないとは・・・反論もできずに教義の話をコメントするとは・・・大方、どこぞの学会批判の記事を転載しただけではないか?
宗教の何かがわかる?分かるのは日顕宗の悪辣さだけではないか。
まぁ〜すでにランキングからも削除されてるし、見る方はすくないでしょう、
コメントすればするほど、墓穴を掘ることになると、アドバイスしておきましょう

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

こういった内容が出ると創価学会の方は俄然と張り切って、持論というか、宗論というのかなりふり構わず発言をしています。
 お家の一大事なのでしょう、それともこういった抗議的な意見には必ず反論するような決まりがあるのでしょうか。
 所詮お互い水と油ということです。恨みっこなしでもっと話が進むと良いのですが、内容があっちこっちに飛んでしまい、え!何がテーマだった?というようなことになってしまいます。創価学会の方も反論するとき、学会員であることをきちんと最初に話して、論点を話すべきでしょう。一般論のようにいわれても何が何だか分かりません。
 少なくとも憲法20条には  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
 
 と有るのでこのあたりをきちんと守っていただければいいのですが、なら何故国政に参加してくるのかという疑問もあります。それもついでですから、建前でなく説明をしていただきたい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

回答にはならないが、感じたままを書かせて頂く。
不毛な論争はおしまいにして頂きたい。

楽しく人生を彩る目的で運営されているサイトと思い登録した。Q&Aとは本当に困っている事に回答が欲しい人の為にあるのではないか?

質問している人の意図が悪意に満ちている。
大学という教育に関連した話題のように見せかけていたずらに論争をあおって特定の団体のイメージダウンを計っている。
物事の判断のつかない中学生が携帯サイトで陰湿なイジメを繰り返す姿を思い出す。幼稚に自分の不満や不平のはけ口にしているにすぎないことを、見た人は見抜くべきだ。憶測やうわさで判断すべきことがらではないだろう。宗教や政治は。

子供社会の闇はこういう大人の姿が反映しているのではないか。ここは良識ある中高年の夢や希望にあふれる憩いの場所にしてほしい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>大学という教育に関連した話題のように見せかけていたずらに論争をあおって特定の団体のイメージダウンを計っている。
ご指摘ごもっともです。
テーマ名については反省しております。

しかし、私の質問の意図が悪意に満ちているとの書き込みがありますが、これについては心外で納得しかねます。
いろんなサイトで学会バッシングがあるそうですが、ここではそのようなバッシングを目的としているものでも、面白おかしく言葉によるお遊びをしているものではないということは質問を吟味して読んでいただければ理解できると思います。

創価学会だから、公明党だからではなく、現在の与党の一翼を担っている政党が宗教政党である公明党だから創価学会・公明党を出している、それだけのことです。
団体名を出す出さないという問題ではないと考えております。
それが解釈によって、または投稿内容によって”苛め”に繋がるような考えをお持ちなら創価学会はすぐにでも宗教政党を引っ込めて本来の宗教だけを信者にむければよいことです。(それが本当の信者のための幸せに繋がります)
以前にも書きましたが創価学会は社会進出を果たしている以上、リスクも受けなければなりません。そのリスクの原因を良く見て解決に当たるのも義務ではないですか?
一般の企業でもバッシングに近いことが起きれば、それを払拭するよう最善の努力はします。

「楽しく人生を彩る目的で運営されているサイトと思い登録した」とありますが私もそうです。
さらに付け加えるなら主義主張は誰にでもあるもので、それはそれで互いの主義を確かめて認めることが可能なら認め合ってこそ楽しいお付き合いが出来るのではありませんか。
もちろん認め合わなくてもよいのですよ、その場合適度の議論も良いではないですか。
馴れ合いだけのお付き合いって楽しいですか?・・・参加の動機が異なる以上押し付けになりますので「私」はそんなところです。

ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

自分が信じているもの、自分が正しいと思うことを素直に表現することは良いのではないでしょうか・・。例えば私が創価学会の人間で、それが正しくすばらしいと思っていたならば、その団体が作った政党を応援して、自分達の意思や意見を国政や地方政治に反映していってほしいと思うのは、至極当然であり、自然なことではないでしょうか・・。どの政党であっても、熱烈な支持者は、結構ゴリゴリやってますよ。ある意味で創価学会の人たちはどこよりも一生懸命なのではないでしょうか・・。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

自分が信じていることを社会の人たちと共有していこうという考えは非常に素晴らしく有意義なことと存じます。

しかしいざ国政ともなると
>例えば私が創価学会の人間で、それが正しくすばらしいと思っていたならば、その団体が作った政党を応援して、自分達の意思や意見を国政や地方政治に反映していってほしいと思うのは、至極当然であり、自然なことではないでしょうか

私はそのあたりを危惧しております。

ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も以前に学会活動してました。会合なんかもよく行ってましたが、何と無く無理があるので今は活動してません。無理と言うのは、まだ池田氏にも会った事が無いのに拍手しなければならないし、選挙では学会が決めた人に票を入れろ見たいな事を言われるし、今思えばオームとさほど変わらない様な気がします。
仏壇には手を合わせますが、池田大作には手を合わせません。体の不自由な人が可哀想ですよ!夫婦別れした人、借金した人なんかざらにいます。一人がそっぽ向けば皆がそっぽ向く団体で個人の考えなんて無いのはある意味怖いですよ。学会活動なんか辞めて良かったです。宗教はお坊さんに任せておけばいいんですよ。池田氏のブヨブヨな体見て信用なんかしますかね?外国にお金を配るから
頭を下げるだけなのに、それを皆で拍手するんですよ。異常です!

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>外国にお金を配るから頭を下げるだけなのに、それを皆で拍手するんですよ。異常です!

創価学会は外国でどのような”ODA”をしているのでしょうか?興味のあるところです。
ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かなり議論が激しくなったようですが、元学会員の浮雲さんの回答が最終の回答でしょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

武蔵宮本さん、まったく同感です。
浮雲さんの書き込みは、わたしには従来から聞いていた”創価学会とはこういうもの”の内容のような気がします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

浮雲様、エルフと申します、再三私のコメントだけ削除されてますね、
そんなに反論されるのが悔しいのでしょうか?また私のコメントだけ削除されるということは、
浮雲様はサイト運営事務局に関係があるかたでしょうか?
私の質問に何一つ反論できない・・・ まぁ〜相手にした私が悪かったのでしょうww

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も同じように考えています。創価学会は現代の
バラモンだと思う。釈迦時代にはびこっていたバラ
モン教徒は、すごかったようで、いつの時代にも、
同じようなことがおこるのだとおもいます。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

創価学会と中国共産党との関係が気になるところです。
公明党というフィールターを通して反映されてしまっては・・・・絶対に公明党に外交を任せてはならじ。

ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

創価大学内での教育の詳しい内容は知りませんが、
もし思想的な自由を認めているのならば、心配いらないのではないでしょうか?創価学会の考え方に共感を覚える人もいれば、そうでない人もいるでしょう。国内の伝統仏教系の大学では、反対意見を言うのは自由です。
また、最近は、創価学会員の人も2代目、3代目の人の中にはバランス感覚を持っている人も出てきており、上層部は思想統制をしたいところでしょうが、言うなりにならない人も多くなってきています。そのような人たちが、それなりに創価学会の中で発言したりする自由があり、居場所があるならば、創価学会もいい方向性を持っていくことができるかもしれません。もしそのような自由が組織内に無ければ、とても大人数を統制し続けることは無理で、分裂するしかないでしょう。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

組織が大きくなれば統制機能もおろそかになり、分裂しかねないということですね。
愚生の極論(学会にとっては暴論)を言うと早く株式化にしてはどうでしょうかといいたいところです。
失礼しました。

ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ごちゃごちゃと言い合っていますが、どうってことありゃしませんよ。
公明党、右翼、左翼、新興宗教、青二才知事、出過ぎ知事、世襲政治家、賢者もどき評論家、偉そうなマスコミ、常時安全地帯在住自衛隊幹部、税金不払い銀行、偽物工場が言いたい放題ですが「日本国民」が賢ければ
心配ない。
日本人は捨てたもんじゃないですよ、ちゃんと見据えていますよ。
まあ敗戦前後を経験している連中がいる間は大丈夫です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>「日本国民」が賢ければ心配ない。
日本人は捨てたもんじゃないですよ、ちゃんと見据えていますよ。

リスクを回避することばかり考えている政治家の多いこの日本が今しなければならないことはまさしく「敗戦後遺症」の治療です。

敗戦前後の経験者ではない世代(愚生も含めて)に先輩方の積極的なアドバイスを賜りたいと存じます。

ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「正鵠を射たり!」 雪柳さんのおっしゃるとおり。

一集団や団体を、諸悪の根源の如く批判するのは良くないと思います。
なんかシツコイんですよねぇ、もういい加減にしませんか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

このような項目は、禁止項目かと思ってましたが、そうではなさそうなので、私も一言申しあげたい。
 ここで宗教論を吹きかける気はさらさらありませんが、すきとか、嫌いとかは別として、事実を知ろうともせず、調べもせず発言する前に、調べてみては如何でしょうか。
昭和18年国家神道を掲げる政党、大政翼賛会が国政を動かし、「治安維持法」を作り上げ、民衆から信教の自由、発言の自由を奪った、そんな中あまた有る宗教団体、諸の団体の中で、最後まで信教の自由、発言の自由を叫び貫き、獄死したのは、創価教育学会(当時の名称)会長牧口常三郎唯一人です。
あなたは、創価学会を非難・中傷する情報しか、目にしてないのでしょうね。
 約30年前頃の話ですが、こういうことがありました。
《米国スタンフォード大学名誉教授のネル・ノディングは、日本の学者から、創価学会とは交流しないほうがいい、忠告された。
 理由を聞くと、創価学会は貧乏人と病人で出発した団体だからだ、という。
 ンディングは、「そうした庶民を救済するのが、まさに民衆運動の使命ではないでしょうか」とたずねた。学者の答えはこうだった。「しかし、今は政治的な力を持って、問題になっているのです」。
 社会的に力がなくても、あっても、どちらも問題なのだという。 要するに創価学会が気に食わない、というだけの話だ。
 あきれたのノディングは、「庶民を糾合した団体が、社会的に大きな影響力をもって、何が悪いのですか」と聞き返すと、学者は黙ってしまったという。》
何かの参考になればと思い紹介します。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

お怒りのほどは理解できます。(タブーを犯すなということですね)
がしかし、好き嫌いで質問をしているのではございません。
皆様の投稿、私の投稿をよく読んでください。

>要するに創価学会が気に食わない、というだけの話だ。
被害妄想も甚だしいと忠告いたします。

公明党の打ち出した法案になにか国民全体にとっての利益はございましたでしょうか?
あればご教示願います。

ご回答、ありがとうございました。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
補足

愚生は創価学会の印象操作を行っているのではございません。

>昭和18年国家神道を掲げる政党、大政翼賛会が国政を動かし、「治安維持法」を作り上げ、民衆から信教の自由、発言の自由を奪った、そんな中あまた有る宗教団体、諸の団体の中で、最後まで信教の自由、発言の自由を叫び貫き、獄死したのは、創価教育学会(当時の名称)会長牧口常三郎唯一人です。

私も信教の自由には大賛成です。
でも特定の宗教団体を母体とする宗教政党の国政参入には反対です。

”宗教心は己が個人の心のものであり、それが国を動かすことは言語道断と申したい”

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

別に私は怒ってなんかいません、創価学会のことが、タブーだなんて思ってもいません。
★私のコメント中の 要するに創価学会が・・・云々は、私の発言ではない、その時居会わせたジャーナリストの話である。
およそ政党の優劣を決定するものは、その信ずる思想理念の浅深、厚薄と、政治実践の巧拙にあるといってよい、これらの勝劣の比較検討が、自然と正当な回答をもたらすはずである。
 公明党は、日蓮大聖人の生命哲学思想を基調とした政党である、マルクス・レーニン主義や、欧米のキリスト教を基調とした政党がよくて、仏法を基調とした政党がなぜ悪いのですか。
 公明党の実績については、2000字では、とてもとても足りませんので、後日ゆっくりお話しましょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

文明が高度になったんでしょうか、科学技術だけが高度になったのではないでしょうか、精神風土は何も進歩してない。                      科学が進歩すればするほど、精神性、確固たる思想が欠かせないのではないでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

無用な言葉の遊びは、止めましょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は公明党すなわち創価学会には疑問を持っております。
公明党の人事はやはり創価学会の上層部あたりの指図が
かなりあると思われてなりません。
政経分離は出来ていると言うならば、何故選挙になると学会員が「誰それに」投票してほしいなど懇意ではない他人にお願いするなど、力を入れるのですか?
選挙の際は学会員はそれぞれ公明党の立候補者に割り振りされ投票する為、確実な票読みが出来るように聞いております。学会員に投票の自由はない様に思われる。
かって、私の部下に学会の活動に熱心な人が居りましたが、
非常に休むことが多く、その理由は「親戚の葬儀」ばかりで何人続けて親戚の不幸があるのか疑問を持ったことがあります。
聞くところによると、学会員が亡くなると、葬儀は学会員が
全て行い、葬儀費などは学会に入る様に聞いておりますが
本当であればそのような感覚が解らない。
創価学会の豪華な建物がどんどん建てられていますが、その資金源になっている様にも感じられ疑問を感じます。
良く電車内で学会新聞を読んでいるのを見かけますが、文面には「スローガン」が多く、何か中国か北朝鮮の新聞の様に見えるのも違和感を感じます。
有る時期、学会員がたびたび勧誘に来て「日本中が学会員になる!」と豪語しておりましたが、私共には先祖からの宗旨
が有るからと一貫して断ってきました。
自民党も公明党の協力を得ないと政権が維持できないため
連立を組んでいますが、政策面でかなり自民党にごり押しをしている様に感じております。
自民党も早く総選挙を実施し、野に下りやり直すことが必要ではないか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>自民党も早く総選挙を実施し、野に下りやり直すことが必要ではないか?
野に下ることが自民党にとって今の日本を見つめなおす良い機会と思います。
愚生、個人的には5年先の成長した安倍晋三氏の復活を願っています。

ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

CapsLockさん
そうですね!安部さんが体調を整え再度協力に改革(特に霞が関)を断行する事と、国防の充実、対外的戦略を遂行してくれるのを希望しますが、
中川昭一さんがどんな政治をするかも見てみたいと思います。
若手で言えば渡辺さんくらいしか我が国のリーダーとして期待する人はいない様に思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

創価学会、非常に疑問です。同感です。
彼らの資金源を知っていますか?
お布施です。そのお布施は葬式の香典で、遺族に断りもなく根こそぎ持って行っていました。事情通によると学会葬といって、家族の誰かが会員であれば、すぐに、地域の世話役が現れ、坊さん、会場を手配してしまいます。
こんな強奪的な資金をとって成立している母体の政党団体は非常に疑問ですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

Kitaさん
私は葬式のことに触れ疑問を呈しましたが、はっきりお布施と書かれたので
おっしゃる通りの様です、また、何度か寄付金の徴収が有るようですが、これらの集金方法は法律的に問題はないのでしょうか?おまけに宗教法人で税金免除、公明党にも政治資金がいろんな名目で渉っているかも知れません。
創価学会員には先祖からの宗旨がある筈ですが、先祖供養はしているのか不思議。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

武蔵宮本様
コメントありがとうございます。
武蔵さんとコメントの書き方がダブってしまいましたが、もって行き方が非常に強引なのが気になりまして、コメント差し上げました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も疑問ですが、あの創価学会という団体は営利追及団体であり、普通の宗教法人とは訳が違うと思うのですが・・・・墓地は何処にあるのでしょうか?僧侶はどなたなのでしょうか?単純な疑問が残ります。そして私腹を肥やす。定額給付金は、公明党が配布することとしてガンとして譲らないと自民党員である方から聞いた事があります。それも複数です。来年が学会が出来て何十周年か?知りませんが、この配布された給付金を学会員の方はお布施として集めると巷で話題になっていますよね。火の無い所に煙は立ちません。定額給付金を細かく配るよりは「明日の日本」の基盤を作るべき雇用対策や福祉対策にまわすべきと思います。そして宗教法人なんて辞めて普通の法人とすべきですよ。

此処もまた世襲制で次期会長が決まるようですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

必殺仕事人ダヨーさん
営利追求団体とは知りませんでしたが、それなら税金は納めているのでしょうか?
僧侶はどなたかとの質問ですが、池田大作では?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

武蔵宮本さん

私もよく選挙前に電話で投票をお願いされる方がいるので閉口して嫌な存在なのです。元は創価学会は「簿記」「経理」のシステムについて研究する団体であったと聞いています。

宗教法人と言ってもあれほど、大きな団体で、このような不景気のさなかに、職を解雇され、住居を追われ、食するにも困る人が大勢出ている中で、なぜ募金・炊き出しなどの救世軍のような慈善事業や社会福祉をしないのでしょう。

お金の無い人、信者ではない人は、創価学会という所は門前払いでしょうか?

各国の宗教法人は、自身の施設の身を削ってでも迷っておられる方を救っていますよ。元来、宗教というものはそういうものでしょう。そして人々の中から自然と信仰心が生まれたり、尊敬が発生するのではないかと、自分はそう思います。特にキリスト教のプロテスタントである自分は、そのように感じます。

違うでしょうか??「社会貢献」・「弱者救済」の姿勢が見えない所は宗教法人の皮を被った会社であると思うのですよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

上記の意見への追記です。
「創価学会」以外にも「立正佼成会」とか色々な宗教法人の名前を国から貰っている団体がありますね。

これらの存在も疑問です。自分はだからと言って宗教の自由を侵すものではありませんし、右翼でもなく、左翼でもありません。

前述しましたように、宗教の使命には弱者救済があると思います。そして人の生死の厳粛な儀式に立ち会う・・・・ある意味一つのコミュニテイの役割も担当しています。

よって教会を預かる司祭は聖職者と崇められるのでしょう。

創価学会についての質問欄でしたので身近な創価学会のことを記述しましたが、日本における本当の宗教法人と言うのは、やはり寺院仏閣を持っている組織であると思いますが??この辺の定義付けが判りません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

必殺仕事人ダヨーさん
良いお正月を迎えられましたか?
貴方のおっしゃる通り「社会貢献」「弱者救済」などの活動を一切目にしたことがありませんね。
おれだけ大きな組織?集団?になると昨年の大雨による大きな災害などには組織的に貢献ができると思うのですが、創価学会ないだけが良ければ良いのかも知れません。
まだ疑問点があります、中国の胡錦濤が来日した際、池田大作が胡錦濤と和やかに会談した報道がありましたが、中国は宗教を排斥する国ですが、
何か中国との関係もありそうな感じもします。
創価学会は日蓮上人の宗教そのものだと聞いた記憶がありますが、日蓮宗とは相入れない部分があるようです。さっぱり解らない。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフと申します、
武蔵宮本様、あなた様の「政経分離は出来ていると言うならば、何故選挙になると学会員が「誰それに」投票してほしいなど懇意ではない他人にお願いするなど、力を入れるのですか?」との疑問ですが、

なにも創価学会に限らず、選挙の時はいろいろな政党の支持者からの支援の電話がありますよ、何も創価学会の支持者だけが電話しているだけではありません、事実、私の家にも連合経由で民主党の選挙の支持願いの電話や、会社の上司が名前だけ書いてくれと言われて書いた、自民党の候補者の署名に署名したところ、やはり電話がかかってきて、支持をお願いされました。学会員に限定しての発言は極端だと感じます、まぁ〜コメントから政教分離に反対、創価学会に反対という立場でしょうから、悪いようにしかコメントできないと思いますが、学会だけという発言は、あなた様の思い込みではないでしょうか?またあなた様のコメントで

「聞くところによると、学会員が亡くなると、葬儀は学会員が
全て行い、葬儀費などは学会に入る様に聞いておりますが」

私も何度も学会の友人葬という形式の葬儀に参列いたしますが、あなた様の
発言で「葬儀費などは学会に入る」という発言は事実ではありません、
友人葬はあくまでも個人の親族の依頼で葬儀が行われ、私たち会員参列者は、学会本部指導にもありますが、葬儀とは個人を悼む真心です、なので基本的には(親しいい関係でない限りは)香典は払わず、参列のみです、本部指導でもそのように指導されておりますし、一切学会側への葬儀費の資金の流れはないと断固発言いたします。「葬式であなた様が言うお布施」はっきりかいてあった?上記に述べたとおり、葬式での学会への資金の流れはあり得ません、あなた様の発言は虚偽という言葉でしか私には解決できない問題です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

またkitaさまがコメントされている、「彼らの資金源を知っていますか?
お布施です。そのお布施は葬式の香典で、遺族に断りもなく根こそぎ持って行っていました。事情通によると学会葬といって、家族の誰かが会員であれば、すぐに、地域の世話役が現れ、坊さん、会場を手配してしまいます。
こんな強奪的な資金をとって成立している母体の政党団体は非常に疑問ですね。」
という発言はまったくもって、デタラメで、だいたい友人葬には坊さんなんていません!地域の学会員の方々が葬儀を行うのであって事実無根と申し上げたい。 この発言は自分の言葉に責任持っておりますか?大丈夫でしょうか?問題発言ですよ?日顕宗一派の方でしょうか?

ネットだからどんな発言も許されてるとお思いですか?自分の言葉に責任持って発言してくださいね、この発言は記録し、対応を検討するに値しますよ。

武蔵宮本様
あなた様は「創価学会員には先祖からの宗旨がある筈ですが、先祖供養はしているのか不思議。」
創価学会では勤行、唱題の後、ご祈念がありまして、最後に先祖への追善回向という先祖供養があります。「先祖からの宗旨」は私の先祖も日蓮宗系でも学会ではありませんが、朝晩きちんと追善回向しております。

必殺仕事人ダヨー!!様
あなた様がコメントで「お金の無い人、信者ではない人は、創価学会という所は門前払いでしょうか?」門前払いではありません、もちろん救いを求める方々が来た時には対応してますよ、ただそういう方は少ないと思いますし、
本来、そういう方は行政が助けるのが筋で、災害で被災された方で行政も対応が困難な時はもちろん学会も大きな支援をしております、例を話しますと、
阪神淡路大震災では被災された方たちを学会の会館に避難して頂き、24時間他県の方の学会の方の支援も受け学会本部にも災害対策本部を設置し、
救援活動、いわゆる人道支援をされ、被災者の方に大変感謝されました、
また近年の地震による被災された方も、学会からの物資の支援や日本赤十字を通じ、多くの見舞金が送られております。
今はネット社会ですから学会の社会貢献と検索されて学会がどういう社会貢献をしているのか?確認してから発言してはいかがでしょうか?あまりにも
無知で、勝手な思い込みで発言されている印象を感じます。もう少し知識を広げてから発言されたらいかがでしょうか?

武蔵宮本様、
あなた様がコメントしている、「社会貢献」「弱者救済」などの活動を一切目にしたことがありませんね。

あなた様もネットで検索でもして学会の活動などを具体的に御調べて頂いたらよいのではないでしょうか?

また「大きな組織?集団?になると昨年の大雨による大きな災害などには組織的に貢献ができると思うのですが、創価学会ないだけが良ければ良いのかも知れません。」
また「中国の胡錦濤が来日した際、池田大作が胡錦濤と和やかに会談した報道がありましたが、中国は宗教を排斥する国ですが、何か中国との関係もありそうな感じもします。
こちらも上記に述べた通りです、もっと御調べになってからコメント願います、
それが面倒なら無責任は発言は無用です。
また「創価学会は日蓮上人の宗教そのものだと聞いた記憶がありますが、日蓮宗とは相入れない部分があるようです。さっぱり解らない。」

また「日蓮宗とは相入れない部分」とは?具体的に説明願います。
あなたさまは最後に「さっぱり解らない」とコメントされてますが、
解らないことを無責任に発言されないことです。

皆様のコメントは創価学会の誹謗中傷ともとれる文章に値します、
事実と異なる身勝手なコメントなど十分に謹んでいただきたい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフさん
創価学会と公明党の関わりは日本の国民(学会員を除いて)政経分離に反していると言う感覚を持って見ていることについて明確にすべきでは有りませんか?「言葉だけではだめです」
また、社会貢献をしていると言うのが事実であれば、なぜ、他の新聞による報道がないのか?
我々が知る必要はないかも知れないが、部外者から見ると、どんどん大きな建築物が建ち、何処にそんなお金が入るの疑問に思っている人は多いと思います。
私は、特に学会に反対する宗教とは何のかかわりも無い人間ですが、不明なことが多く、会社また近所で「あの人は創価学会員らしい」と噂されているのは、そんな不明な点が多いからでしょう。
以後、この件について疑問点を提示しただけで議論する気はありません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

武蔵宮本様、

創価学会と公明党の関わりは日本の国民(学会員を除いて)政経分離に反していると言う感覚を持って見ていることについて明確にすべきでは有りませんか?「言葉だけではだめです」

明確にすべきも何も、
最初から法律で明確に認められてるじゃないですか?
貴方様のほうこそ「口先だけ」ではありませんか?

先にも述べましたが、発言するならそれなりに責任をもった発言をしてください、誰が言ってたとか言う発言は自分の言葉ではない発言ですよ、
またよくわからないことを、事実を知らないまま平気で感想を述べ、
意見するのは如何かと存じます。

どんすけ様に述べたコメントの一部を添付いたします

「そもそも宗教団体の政治活動は、憲法に保障された当然の権利で、何の問題もありません。内閣の「憲法の番人」というべき歴代の内閣法制局長官も、憲法の「政教分離」原則は「宗教団体の政治活動を制限するものではない」(1994年10月)と言ってます。さらに「(宗教団体の政治活動は)表現の自由の一環として尊重されるべきだ」(同)宗教団体が支援している政党が政権に参加しても、政教分離の原則に違反してない。(99年7月)等と明言されてます。」

あなた様は自分の言いたいことだけをコメントし、私の質問にもきちんと回答してくださらない、都合が悪い事は反論もせずに、一方的に議論をする気はないとおっしゃる。

「疑問点を提示しただけ」 とコメントしてますが、疑問と言うよりもあなたの一方的な感想ではないですか? 

議論という言葉も当てはまらない薄っぺらいコメントに感じますよ、議論というならもう少し勉強してからコメントすることをお勧めします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

kita様
前世紀の亡霊のような発言に一言。
香典を、家族に断りも無く・・・、と有りますが、貴方が実際に目にし、或いは、何時、何処で、誰がを確認した事がありますか、私も約40年くらい前に、そのような話を聞きました。
 忌々しき事だとだと考え、おせっかいにも何例か調べたものです、ところが何処まで行っても、あの人が言ってた、この人が言ってたで、誰一人げんばを、見た人は居りませんでした。
 時を経て、平成19年10月次のような挿話を目にしました。
『大宅壮一の後悔』として。
 1970年(昭和45年)10月下旬、大宅壮一は息苦しさを訴え、新宿区の東京女子医大に担ぎ込まれた。弊紙「潮」の編集者が病床を見舞った。
ベットの上で大宅は、封印していた過去を静かに振り返りはじめた。
「私は『潮』との付き合いを通して、創価学会を知った。今になって思えば、大変すまないことをしたと思うことがある」
 天井を見上げながら、苦い記憶を絞り出すように言葉を継いだ。
「昭和30年代半ばのことです。全日仏(全日本仏教会)の幹部が泣きついてきた。『最近、創価学会という宗教が勢いを増して、われわれの信徒がゴボウ抜きのように取られている。このままじゃ、たまったもんじゃない。創価学会はこんあ嫌らしい宗教だ、と言えるような話はないだろうか』と。そこで、うちの若い衆に聞いてみたのです」
 若い衆。大宅グループと呼ばれた「ノンフィクション・クラブ」の若手ジャーナリストたちである。
 「『創価学会は葬式で香典を持って行く』『位牌や仏壇を壊す』というのはどうか、となりましてね。根拠は何もなかったんだが・・・。これが全日仏を通して、一斉に全国に広がってしまったのです。言論人として、本当に申し訳なかった」
 大宅さん、今ごろ詫びても遅いじゃないか。編集者にはおもいあたることがあった。
 学会は池田第三代会長が就任し、破竹の勢いであった。やがてどこからともなく「香典泥棒」などのデマが流れてきた。長年、不思議でならなかったが、その謎が解けた。
 「火のない所に煙を立てる」大宅に傾倒した若手が、その煙の出どころだった。巧みなキャッチフレーズを駆使して、戦後ジャーナリズムを牽引してきた
大宅グループ。
 贖罪の告白を終えた大宅の顔には、無念さが重くのしかかっているように見えた。

この挿話の出どころは、潮出版社発行の『池田大作の軌跡』第2巻によるものです、私情は一切入ってません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私が一番恐れるのは創価学会がいつかこの思想を国教にしようということを半世紀ぶりに持ち出してこないかということです、(そんなバカなことはしないでしょうが)当時国が公明選挙と言っていたものを公明政治連盟という組織を作り国立戒壇を作るため公明党を作り国教にすると創価学会員幹部から聞いた覚えがあります。もともと日蓮正宗の信徒団体であった創価学会が日蓮正宗と喧嘩別れをした時点で宗教という崇高なものとは離れて一人の人の思想にもとずく政治団体になってしまったような気がしています、それぞれ信教の自由言論の自由はあって当たり前ですが心配です。
又そのようなことを全て解っていながら集票のために組している今の自民党の情けなさに自民支持者として非常に腹立たしい思いです

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>私が一番恐れるのは創価学会がいつかこの思想を国教にしようということを半世紀ぶりに持ち出してこないかということです、(そんなバカなことはしないでしょうが)

人間、微温湯に浸かり過ぎていると徐々に温度が上がり続いていても、それが自然な現象として妙な錯覚に陥ってしまいます。
気が付けば大火傷を負っています。
非常に危険ですね。

ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は公明党の支持者でもありませんし、学会の会員でもありません。どんすけさんが言いたかったことは公明党があまりにも学会と癒着しているように見えすぎるということではないでしょうか。政教分離とは次元の異なる問題だと思います。欧米の政党を見ればわかるように明らかに宗教を前面に出している政党も多々あります。
そういう意味において公明党は憲法で保障された政党なんです。学会が支持しているから、と言うのであれば公明党に票を入れなければそれでいいのです。
宗教をバックにした政党がおかしいというのであれば、共産党は宗教ではありませんが、主義をバックにした政党です。
私は公明党を支持することはありませんが、共産党は支持することはあります。どちらを選択しようとそれは有権者の問題です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

やっくんさん、なるほど全くの性善説に沿った回答として参考にいたします。
ではここで例を出させていただきます。
在日参政権という権利を付与しようという政党が政権を握ったとしましょう。
これをどう思われます?強行採決に走られたら止めようがありませんね。
もちろんやっくんさんがこの付与に賛成なら問題にはならないかもしれませんが、そのような権利を与えるということは日本国を売り渡すも同然の行為ではないか、と憂慮している人ならどう思うと考えますか?
もし公明党が創価学会委員の有益のための法案でも通してしまうようなことがあれば国家の一大事ですね。
当然有益な法案を通す手段としてあからさまなアクションはしないとは思いますが。
共産党ですか、いま人気があるようです。
ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

政党政治である以上、公明党に限らずその政党の主義主張を支持している人たちの利益を考えるのは必然でしょう。これがいいことと言っているのではありませんから誤解しないでください。今の政治は利益誘導型の政治になってしまっています。まず、これを止めさせなければなりません。そのためには政権交代、官僚政治の打破というのが、現在取り得るベターな方法ではありませんか。
お尋ねの在日の方に参政権を付与するということについては、在日だけでなく何らかの要件を満たせば全ての外国人に参政権を付与することは賛成です。そういう政党が出来ればそれでいいんじゃないですか。在日に限定すると他の国の方はどうするんだという議論が当然出ますから。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

どんすけさん、こんにちは!
一つ問題なのは、
創価学会(池田大作さん)には信者の皆さんに学会への定期的あるいは習慣的な寄付行為をさせることが出来ることです。

これと例の”定額給付金”が結びつくと、あなたの書き込みの中の
「・・・。もし公明党が創価学会委員の有益のための法案でも通してしまうようなことがあれば国家の一大事ですね。・・・。」
そのものではないですか?

創価学会の信者の全ての皆様に、選択の自由(本当の意味での自由)はあるのでしょうか?
・・・・・私には疑問です!

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
どんすけです。
pt29さん、こんにちわ。

>これと例の”定額給付金”が結びつくと、あなたの書き込みの中の
「・・・。もし公明党が創価学会委員の有益のための法案でも通してしまうようなことがあれば国家の一大事ですね。・・・。」
そのものではないですか?

私は他の皆さんもこれと同様な意見はお持ちだと察しています。
この趣味人倶楽部に学会員も参加している手前、それらを考慮して発言等を差し控えているのも存じ上げております。
だからといって”学会員=非社会的”の図式ではありません。
学科員は非常に無垢な人でまじめな方たちが多いと認識しています。
だから >創価学会の信者の全ての皆様に、選択の自由(本当の意味での自由)はあるのでしょうか?<の疑問もpt29さんだけではなく、学会員の中にも存在しています。
だからといってあからさまに反対する学会員がいるのかというと”存在しない”というのが実情でしょう。
その理由は先にも書いたように「学科員は非常に無垢な人でまじめな方たちが多い」で構成されているからです。

>定期的あるいは習慣的な寄付行為をさせることが出来ることです。
公布基金のことですね。
エルフさんが教えてくれたところ、学会員数は800万世帯だそうです。
基金額一口10000円として、もし一世帯あたりなら800億円が毎年学会に入ってくる計算ですね。
それに加えて聖教新聞の売上げなんかを入れると・・・
これらの財務を本当に世界平和のために活用しているのであれば、少なくとも学会員にだけは公明正大に収支報告ぐらいはしなければなりません。これお金を集める側の義務なんです。

・・・疑問を持つことは大切なことです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
やっくんさん、こんにちわ どんすけです。

在日参政権の付与は正直申しまして、厄介な権利ですよ。
反対賛成の段階に至るには長い時間をかけての議論も必要だし、なんといっても日本は実質民主主義国家構築においてはまだまだ幼いと思います。

>在日に限定すると他の国の方はどうするんだという議論が当然出ますから。
これすこし意味がわかりません。

投稿ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私はいつもこの質問コーナーを密かに楽しんでるものです。

創価学会ネタになるとどうしてあんなに回答が激しくなるんでしょうか?誹謗中傷は当たり前状態・・・・
初めは見ていて面白がっていたりもするんですが
だんだんエスカレートしてくるととても見苦しくて回答者の
性格や人生観がとても卑しく見えてきます。

創価学会側の回答者さんは反対に必死で答えて誠実に回答されてるように見えてきます。

もう、だれが見てもどちらが誠実で回答になっているのかは
一目瞭然なのはわかっていても、批判してるひとはまるで
『放火魔』のように火をつけて煽っています。

だいたいがこの手の質問には匿名で書かれていますね。
質問者のどんすけさんも手の込んだ方法を考えついたと
感心しております。

そういえばどんすけさんの回答者への意見はどうなったんでしょうか?
民主党の党員?か擁護者のようにも思われますが民主党の
政治団体への支援やみずからが宗教の信者だと暴露した
話へのどんすけさんの意見を聞きたいですね。

どんすけさんあなたの意見はどうなんですか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

ゆうこりんさんの意見と考え方はあなた自身のものです。
大事にしてください。

しかし、民主党云々ということについては質問に対する回答(論点)が若干ずれておりますが、エルフさんへの投稿をご参考ください。

ご意見ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

女性の洞察力は鋭いですね。僕もゆうこりんさんと同じ意見です。批判する側にはいつだってまったく誠実さを感じませんよね。批判するだけなら誰でも出来るんじゃないかなって思います。それに個人的には沢山のよい友達を作ろうというこの場でそういう質問を投げかけることじたいがナンセンスなように思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

聖徳太子以前の政(まつりごと)には、呪術師、陰陽師、など、政治を占いながらの政治だったとおもいます。
太古の時代から、宗教と政治には、何らかのつながりが
あった、今も、続いていると、これからも、続くとおもいます、全く、純粋に、宗教を切り離すことは、不可能とおもいます。 であるならば、バランスのとれた、宗教と、政治との関係は「いかに」となります。
宗教団体のトップのかたが、いわば、強制的に推し進める政党支持を、消滅させなければならないとおもいます。
そこをどうするかが、課題です。
その方法はあると思います、あります。
小生も、以前、政治に関わっておりました、その感想を申し述べさせていただくに、、、、、、、、、。
最大の原因は何かと、考察するに、それは、唯一つ、
多くの国民が、政治に対する「無関心」が、原因です。ならば、これを、どうするかですね、
滋密ではありますが、小さい一歩でありますが、この趣味人倶楽部のようなサイトに、多くの人が、自分の考えを述べ、人の意見も、聞き入れて、切磋琢磨をすることと、おもいます。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>この趣味人倶楽部のようなサイトに、多くの人が、自分の考えを述べ、人の意見も、聞き入れて、切磋琢磨をすることと、おもいます。

同感です。
質問に対する回答。
回答に対する更なる疑問。
この繰り返しで自分なりの答えを導き出したいものです。

Golgo13juniorさん、ありがとうございました。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。


>13年前にはなんと、社会党と連立をくみ、村山爺を総理大臣にたてて、あの忌わしい 「村山談話」 なるものを発表させ、その後それが国の基本方針となり、反日三兄弟国家のシナや朝鮮のユスリ、タカリをこれでもかこれでもかというくらい、受ける結果となり、それが今も延々と続いている。

アメリカ信奉論の成れの果てという人も少なくはございません。
ブッシュは世界的な破壊者であった。
しかし、日本一国にとってそれ以上都合の悪い大統領が誕生した。
・・・・オバマについて真剣に考える必要があります。

XT660Rさん、ご意見ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は、創価学会・公明党に関しては、
冷静に見続けている人間です。
誉めもすれば文句も言います。
今回の定額給付金や昔あった地域振興券。
景気の活性化と言いながら、一番お金を使う年齢層を
除外して、何が景気の活性化かと言いたい。
今回の定額給付金でも、一番お金を使うはずの年代が、
何故 1万2千円なのか?
それを実施するのに、その費用とは別に、莫大なる税金も
使わなくてはいけない。

このような不平・不満はあるものの、感情的な批判や
憶測・推測の類を流用しての批判はやめています。

質問者のどんすけさんは、創価学会・公明党擁護意見に
どうコメントするのかと思ったら、まだのようですね。
コメントを楽しみにしています。
ほったらかしにしていれば、片手落ちですよ。

>宗教心は己が個人の心ものであり、それが国を動かすことは言語道断と申したい

について一言申し上げます。
そもそも、宗教の「宗」とは“おおもと”“根本”という意味があります。
そして、「教」とは“教義”を意味します。
もっと平易に言うと“思想”。更にかみ砕いて言えば、“物事の考え方”になります。

世の中を良くしよう という“物事の考え方”を“根本”として国を動かすことの
どこに問題があるでしょうか?
疑問をぶつけられるのでしたら、もっと核心的な部分で質問された方が
よろしいかと思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>創価学会・公明党擁護意見に
どうコメントするのかと思ったら、まだのようですね。

とくにコメントはなし。

あとはエルフさんあての投稿をご参考ください。

ご意見ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

toroさん、質問者ではない私へのコメント、
ありがとうございます。
質問者に真摯な姿勢があるのであれば、エルフさんへの
返信内容で、他者に対してまでひとくくりしてしまう
ことはしないでしょうね。

>こんな馬鹿げた妄信を論ずる人は出て来なかったでしょう。

toroさんの仰る上記のような者は、いつの世にもどのような時にも
現れてくるものと思っています。
例えば、toroさんがグループを組んでボランティア活動を
展開していたとしましょう。
人数が増えてくれば来るほど、toroさんのやり方に不満を
持つ輩も出てくるようなものです。

>宗教の影響を全く受けない国家が無いと断言できる知識は持っていません

仰る通りです。宗教とは言葉を変えると思想ですから、
toroさんの仰る通りです。

>宗教は人間の弱みに巧みに入り込み、信者を集め大きな集団を作ろうとします。
>その多くは排他的な性格を持ちます

そのような宗教もあるようですが、再度申し上げますが、宗教は思想でもあります。
その ものの考え方が1人の人間にどのような影響を与えていくのか。
大切なのはこの一点です。
その思想がどのようなものなのかを知らなければ、オウムのような稚拙な教義なのに
それに陥って危険行為を行う結果になります。

創価学会もその危険がないとは断言する自信はありません。
創価学会に批判的質問をぶつけた時、特に青年部がどのような反応を示すか。
この点が特に重要と思います。

>創価学会も信者獲得にそんな活動をした時期がありましたが失敗

折角のお言葉ですが、失敗ではないように思われます。
ご存じのように学会の会員数を表す単位は“世帯”です。
人数にすると相当な数になります。

数が増えれば増えるほど、社会的影響力も増してくるのは当然です。
社会に不安を与えてはいけないということからのことのようです。
失敗ではありません。

>宗教団体ですから社会への危険が全く無くなるわけではありませんが

宗教団体=社会への危険 という見方はしていません。
確かに世間には怪しげな宗教団体もあります。

一つ一つ把握し出来れば、更に具体的にことの善し悪しを述べられるのでしょうが、
生憎と時間には制約があります。
故に、最大勢力の創価学会に注目し、公明党の動向に注目をしているわけです。
色眼鏡では見ていないだけです。

>修二さん こんな風に言えませんか?
>・宗教を片面から見るだけでは判断を誤るし、むなしい・・・と!

toroさんの仰るように、宗教を片面から見るのは危険です。
その結果がオウムなのです。
では何故、昭和5年に創立した創価学会(当時は創価教育学会)だけが
他の諸宗を尻目に現在に至っているのでしょ。
故に注目をしているわけです。

良いも悪いも含めて、私は様々な角度から宗教というものに対しては、
色眼鏡抜きで見つめています。

toroさんも真剣に見つめているのでしょうね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

toroさん、私は現実を直視しておりますので大丈夫ですよ。
私は残念ながら(笑)、学会員ではありませんが、いろいろなことは
学会員よりよく知っているかも知れません。

創価学会の信者獲得、所謂 折伏は、当時のタテ線(組織の形態の一つ)において、
成果を追い求めるあまり、行き過ぎた行為があったのも事実だったと思います。
また、他宗を “邪宗”と称し、猛烈な布教展開があったわけですね。
しかし、巨大化するにしたがって社会的影響力も出てきたのも事実。
また、ファシズム台頭と批判記事が横行したのも事実ですね。
巨大化した故に、社会への配慮と共に、草創期から安定期へと
移行していく上では、当然の通過点・転換期であると見ています。
その対応を、今までに対する失敗と見るか否かは人それぞれです。

それよりも、創価学会の今後の課題は、幹部が官僚化しないことでしょう。
「官僚化すれば学会は解散すべし」と池田氏は断言しています。
また、各地域の学会員は、今まで以上に自分自身を磨かなければ
いけないでしょう。
選挙の時だけ隣近所に笑顔をふりまくようではダメです。
地域の人を大切にしていくという姿勢が普通に出てくるようでなければ、
創価学会は衰退していくだけだと見ています。

宗教そのものを見渡してみると、確かに争いはありますね。
人間の醜い面が表面化したようにも見て取れますね。
この件だけでも1冊の本が出来るほどです。(笑)

教義を元にしての公の場での法論をするというのは、仏教では昔は
よく行われていたものです。
特に仏教は、釈迦の一経を用いないで仮の教えとして用いた経を利用し、
故に沢山の宗派になってしまったようですね。

日蓮正宗と創価学会に関しては、充分とは言いませんが
解っているつもりですよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

toroさん、誤解のないようにお願いしたいのですが、
私は質問者に対してコメントを入れているだけで、
私は質問者ではないのです。

また、質問者へコメントを入れた者同士が、あれこれと
やりとりするのもおかしなものです。
私はそのような趣旨でコメントを入れているわけでは
ありませんのでご理解下さい。

尚、私の近所にも知人や友人に創価学会員は沢山おります。
toroさんだけがよく見て観察しているわけではないですよ。

また、折角 私にご質問を頂きましたが、先にも述べましたように、
質問者に対してコメントを入れた者同士が、あれこれと
語り合うのも妙な話です。
更には、これは誠に失礼な表現になるかと思いますが、
興味本位なご質問や冷やかし的なご質問にはお答え出来かねます。
ご了承いただきたいと思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
修二さん、おはようございます。

どんすけです。

toroさんとのやり取りを見ていましたが、回答者同士の意見交換は特に不自然とは考えません。

さて私の質問の核は一点のみです。
人の思想・信条は自由ですが「新興宗教団体と接着関係(創価学会と公明党のような関係)にある政党が国策に参加することは非常に危険」だということなんです。

だから創価学会の在り方や公明党の存在そのものをを否定しているのではない。
反面 否定はしないが、創価学会を人の幸福のための宗教団体として、そして新興宗教団体が作った公明党が国益に叶う政党として容認(個人的に)もしていない。
はっきり申しましてこの二つの団体(元はひとつ)が社会で生き残ろうがオシャカになろうが知ったことではない。
しかし私も人の子である以上物事に対しての正義と悪は区別、批判もさせていただくが、悪戯な扇動を主義とはしていない。
もしかしたらあなたよりも私のほうが透明な眼鏡をかけているやもしませんね。

toroさんのいう
>宗教を片面から見るだけでは判断を誤るし、・・・
これは全くの正解です。
言い方を変えれば「創価学会にとって公明党の権力の掌握は正義であるが、他の宗教者にとっては悪になる」この現象は非常に重い社会を作り出してしまう。
宗教政党が一旦政権を握れば「支配」になる。
その理由は未来永劫、票は増えても減ることはない。・・・ということが十分予測ができる。

ある機関紙に「良い宗教による宗教政党が政権を担うなら国民も安心して・・・」という記事を読んだことがある。
馬鹿な発想だ。
そんな宗教があるなら日本国民の総人口が入信するだろう。

宗教者・宗教団体からの支持は大いに結構、しかし接着関係にある母体からの支持命令により動いている政党との連立またはそれの単独政権は言語道断。
創価学会信者が他党を支持または公明党が他宗教から支持を受けられるなら違った角度からの議論がまた必要になる。

それではまた勉強させてください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

どんすけさん、こんにちは。
おっと、匿名さんでしたね。

丁寧言葉で述べておりましたが、どうやら相当
図に乗っておられるようだ。

>もしかしたらあなたよりも私のほうが透明な眼鏡をかけているやもしませんね

笑止。増上慢という言葉がありますが、どうやら貴殿は
そうなのかも知れない。
自分の範疇、自分の物差しで考え、或いは伝聞を元に
述べられているようだ。
しかし、それらのことに対してお話しすることは控えよう。
創価学会員ではないけれど創価大学を出られた
ロックさんの言葉を引用させていただく。
*******************************************
ひょっとしたら・・こちらの掲示板はお年寄りの方が多いのかも知れません。
私の父もそうですが・・やたらと自分を正当化したがります。時代の進化。よりも自分の枠の仲でしか判断基準がありません。
その時はハイハイと分かったフリをしてごまかしますが^^
時代は刻々と変わり・世界は日に日に変化しています。
人の行動も思考も思想も同じだと思います。
*******************************************

>人の思想・信条は自由ですが「新興宗教団体と接着関係
>(創価学会と公明党のような関係)にある政党が
>国策に参加することは非常に危険」だということなんです

と、そこまで心配なのであれば、東京・信濃町の創価学会本部を訪ねて、
国を憂うる1人の人間として、談判をしに行かれてはいかがか。
そこまでの勇気はないのかな?
その行動を起こすことによって、創価学会が貴殿を門前払いするのか、
きちんと対応するところなのかも解るというもの。
この場にて、ああだこうだと論ずるよりは、手っ取り早くて明確だ。
これが私の解答です。
自ら動くことが大事。新年早々でもいいから いってらっしゃい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
修二さん、コメントに感謝申し上げます。

さて、何に対してご立腹なさっておいででしょうか?
「もしかしたらあなたよりも私のほうが透明な眼鏡をかけているやもしませんね」これでしょうか?であるなら撤回いたしましょう。
あなたのほうが冷静な判断ができるということですね。それならそれでよろしいではありませんか。

これでいいわけですね。


最後に貴殿に申し伝える。
論争を望むならそれなりのコミュニティを設けてそこで持論を展開しなさい。

ここは質問と回答の場だ。
>これが私の解答です。
質問に対しての回答になっていない。

創価学会批判に聞こえて怒りがこみ上げてくるなら書き込む必要は無い。

以上。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
toroさん、こんばんわ、どんすけです。

いくらインターネットの匿名投稿でも齢50の男子が態々好き好んで思いつきで書き込みませんよ。(^.^)

>尚しつこい様ですが民主主義の崩壊は論理の大飛躍だったとまだ思えませんか?

大飛躍かと問われればそうかもしれません。
しかし可能性でいうと「起こりうる可能性は大」と申しあげます。

今の民主主義という代物も怪しいものであり国益に叶わない”悪法”とわかっていても数の力で通すことに疑問を抱いております。

toroさんと信条は違うかもしれませんが、なにかかみ合うところがあれば意見交換等よろしくお願いします。

今年も残すところ後数時間、来年も厳しいと予想されていますがその中にでも希望を見つけられるよう新年をお迎えいたしましょう。

では良いお年を。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

どんすけさん こと 匿名さんへ

何も怒ってはいないですよ。
呆れて笑うしかなかっただけのことです。

小ずるく匿名で登場しておきながら、
一人前に生意気なことを言うのはよしなさい。

匿名で登場しているのは、何か後ろめたいから?
正々堂々と行こうよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

わざわざ、“どんすけ”という名前は、ニックネームとして
登録しているということを知らせる意味で、私の伝言板に
挨拶に来られたことによって理解はしました。
わざわざのご訪問、ありがとうです。
本来なら、即 再度のしきり直し(匿名でないように)をして
行うべきであったと申し上げたい。

さて貴殿は、私に対して、

「論争を望むならそれなりのコミュニティを設けてそこで持論を展開しなさい」

と説教されておりますが、既に、貴殿の質問内容の在り方が論争を生む形に
なっているのをご存じか?

質問には大枠で三つの形があります。
一つは、「○○の件で何も知らないので教えて下さい」
というような形のもの。
このケースの場合は、「ありがとうございました」で
済む。

二つ目は悩みに関しての質問。
これも、一つ目と同じような形で落ち着くことが多い。

三つ目が貴殿のようなケース。
質問という体を為しながら、既に自分なりの考え・意見を主張している。
所謂、問題提起なのである。
後は、くどくどと申さずとも、貴殿の知性であれば分かるものと思います。

論争を好まないのであれば、貴殿の意見に対して真逆の意見にも、
「ご意見をありがとう」で充分なのだと思う。
確かに、学会員の中には過剰に反応される方もおられるかも知れないが、
貴殿はご自身の主義・主張を述べる必要などない。

「不毛な論争は強くお断りいたします」

と述べている以上、それを誘発する貴殿の反論こそ問題と申し上げたい。
黙って耳を傾けるだけでいいのである。

****************************************************
新興宗教団体を母体とする政党によって国政が左右されることに
国民が疑問を抱かないなら、この日本という国は真の民主主義国家を
築けなくなるばかりか近い将来には文字通りの「無政府状態」に陥る。
宗教心は己が個人の心ものであり、それが国を動かすことは言語道断と申したい。
****************************************************

この文面に決めつけの部分もあるが、この貴殿の憂いは解らなくもない。
で、様々な人の意見を拝聴して、貴殿は何をしたいのだろう?

貴殿の気持ちの出発点は、「私は創価学会を快くみていない」にある。
それはそれでいいと思う。

しかし、本来ならば中立的立場を堅持して行うべきだろう。

「悪戯な扇動を主義とはしていない」

と貴殿は私に仰ったが、貴殿の出発点が“それ”なので、
貴殿の意志に反して、扇動の一翼を担っていると申し上げたい。


縷々述べたが、貴殿のこの“問題提起”は、
単にお騒がせというものでなければ、実に大切な件である。
創価学会員の方も多数おられるという中での、勇気ある
“問題提起”であったと思う。

敢えて、貴殿の“問題提起”以前の件に関して
述べさせていただいた。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

宗教団体が社会にかかわり、政治に意見していく事自体が、
まるで犯人扱いしてると言わんばかりですね、そもそも宗教団体の政治活動は、憲法に保障された当然の権利で、何の問題もありません。内閣の「憲法の番人」というべき歴代の内閣法制局長官も、憲法の「政教分離」原則は「宗教団体の政治活動を制限するものではない」(1994年10月)と言ってます。さらに「(宗教団体の政治活動は)表現の自由の一環として尊重されるべきだ」(同)宗教団体が支援している政党が政権に参加しても、政教分離の原則に違反してない。(99年7月)等と明言されてます。政治家やマスコミはこれを知らない訳がない、「問題ない」と知った上で騒ぎまくる。愚劣ですね、
そもそも政教一致とは、国家が特定の宗教を特権化したり、
全国民に強要したりすることを言うんです、簡単にいえば戦前の日本の国家神道のようなものです。貴方が言わんとする事は憲法解釈のない独断の偏見でしか聞けませんし、ただ単に学会批判がしたいだけの記事でしょう、自身で適切でない投稿なら削除願うと書いてあるとおり、こういう意見が自身で責任を持てない発言になるならば、最初から発言しなければ良いのでは?民主党だって立正佼成会からの支援を受けてますよ、また公明党を国会で追及する民主党の石井一参議院議員も教団名は「崇教真光」(岐阜県高山市)で、同教団の一大行事である「秋季大祭」において、2001年、2005年、2007年と過去に3回も出席し、祝辞まで述べていた。その祝辞の内容も相手を持ち上げるだけのもので、票狙いが目的かと思わせるものだ。宗教団体と政治家の関係を追及するのなら、まず自らの不可解な関係を明らかにすべきであろう。さらに宗教団体がなぜ政治にかかわってはいけないのか、国民の前で論理的に説明すべきだ。
 ちなみに同党の鳩山由紀夫幹事長はこの教団の「信者」として知られ、2006年の秋季大祭に参加した際の祝辞において、自分の家で妻や子どもの調子が悪くなると、自ら「手かざし」で治していることを明らかにしている。さらに昨年の大祭に、石井一は岡田克也副代表らと参加。岡田氏は祝辞のなかで、「先の参議院選挙では温かいご指導とご支援を頂き、心から御礼申し上げます」と述べていた。つまり、民主党は選挙の際に、同教団から「指導と支援」を受ける関係にあることを明らかにしていた。
 結局、彼らにとって、崇教真光と民主党との関係は許されるものの、創価学会と公明党との関係は許されないということらしい。その合理的根拠は、いったいどこにあるのだろうか。話がそれると困るでしょうから、貴方の嫌いな創価学会の話に戻しますが、ただ単に文句が言いたい、同調を煽るような事はしないほうがよいのではないでしょうか?
私は過去の創価学会の記事で同、サイト運営事務局に再三、記事の内容に抗議し、規約に違反がある場合は削除要請をしております。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

かなりヒートしたご意見のようですが、人夫々ものの考えも違えば尺度も異なります。
今回の質問は”接着関係にある団体”が国策を直接に左右する権力を持つことに憂いてそれを指しているのであって、立正佼成会その他団体等の離縁可能な単なる支援支持というレヴェルでの話題を持ち上げたのではありません。
従って宗教団体と政治家の関係を追及するものにも当たらないと愚生は考えますし、憲法解釈をもって質問しているものでも意見しているものでもございません。
また愚生は創価学会と公明党を悪く捉えて今問題を取り上げているものでもありません。
今質問に”創価学会と公明党”があげられていますが、それは”接着関係にある団体”であるからでして、決して”創価学会と公明党”そのものが悪とは言ってはおりません。

<補足>
エルフさん及び学会員の皆様に愚生の立場を伝えますが私は無宗教であります。
しかしながら単刀直入に申しますと創価学会という新興宗教団体については確かに「よい感情」は持っていません。
周りにいる学会員の「信教による家庭不和」をよく見てきているからです。
以上についての議論はお断り申し上げます。

今投稿最後にエルフさんにお尋ねいたします。
>サイト運営事務局に再三、記事の内容に抗議し、規約に違反がある場合は削除要請をしております。
なぜこのような話題になるたびに厳重抗議をなさるのでしょうか?
ルールに違反があればそれは運営者サイドで判断すると思いますよ。
あなたよりの判断をしなかったからといって感情的になるのは信教心を持つものとして如何なものでしょうか?

愚生が察するにこのサイトは民間の運営サイトと思いますが、エルフさんはどのように捉えておりますか?

ご意見ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

コメントありがとうございます、「サイト運営事務局に再三、記事の内容に抗議し、規約に違反がある場合は削除要請をしております。」と書いたのは、過去の削除された創価学会関連の記事では必ず、質問者以外に、回答者の中に誹謗中傷される方々が出てくるからであります、今回の質問には何ら抗議はしておりません。質問者様が言葉を選んでも回答者の中に誹謗中傷しているコメントが出てくれば、抗議しているという意味で書きました。

創価学会が悪と言ってないと解釈されるなら、宗教と政治の関係だけを議論すればよろしいのであって、創価学会の名前を出す必要はないのでは?名前を出してるから意図的と感じてしまうのもあなた様が誤解を与えてる発言になってるのではありませんか?(新興宗教団体を母体とする政党とも書いてますし)
では質問者様がいう、「新興宗教団体を母体とする政党によって国政が左右されることに国民が疑問を抱かないなら」とは何を言おうとしてるんですか?

具体的に書くと創価学会と公明党に繋がるのでは?

また「この日本という国は真の民主主義国家を築けなくなるばかりか近い将来には文字通りの「無政府状態」に陥る。」

こうあなた様が述べる根拠は一体どこにあるのか?

宗教心は己が個人の心ものであり、それが国を動かすことは言語道断と申したい。

では貴方が理想とする国家はどうあるべきか?

それと私は何一つ感情的になってはおりませんよ、人それぞれの受け止め方、あなた様の言う尺度のちがいでしょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

補足しておきます、当運営事務局は通報しないと削除の対象になりません、今までの例でも誹謗中傷のコメントはずっと掲載されたままで、何度か強く抗議した後にいずれも削除されています。こういう運営の方針についてもサイト運営事務局に、規約の改定を求めているところです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
どんすけです。
再度の投稿にお答えいたします。

>創価学会の名前を出す必要はないのでは?
必要の有無は質問者が決めます。
それに意図的という表現を使っておりますが、意図的も何も・・・事実(現実)ですね。

>「新興宗教団体を母体とする政党によって国政が左右されることに国民が疑問を抱かないなら」
もしもですよ、宗教政党が一本で与党を担うとしましょう。
ひとつの信教的精神が国家を運営した場合どうなります?
その信教的精神の価値感に異を唱える他の信教団体の心情が暴発せんとも限りません。
やがてそれが新たなテロリストを繁殖させる可能性は否定できません。
それはなぜか?
心の問題ですからです。
だから“宗教心は己が個人の心のものであり、それが国を動かすことは言語道断と申したい”おわかりですか?
あなたは一党独裁主義に疑問を抱きませんか?(^.^)

では本日は失礼します。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフさん、私の知りたいのは、公明党籍の議員で、学会員でない者はいるのか?というのですが。
どうでしょう?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

コメントありがとうございます。
創価学会の名前を出す必要はないのでは?との私の質問に
必要の有無は質問者が決めます。というあなた様の意見ですが、
「愚生は創価学会と公明党を悪く捉えて今問題を取り上げているものでもありません。」とあなた様がコメントしてるのですから、わざわざ創価学会の名前を出す必要があるのかと申したのです、それが私はあなた様がコメントしてることに矛盾してると感じているのです。

「もしもですよ、宗教政党が一本で与党を担うとしましょう。」
あくまでも仮定の話ですね・・・先に述べた通り、宗教団体が支援してる政党が政権に参加しても政教分離原則に違反してないという事と、誰しも何らかの宗教に関わりがある国民の中で創価学会は全国に800万世帯ともいわれる大きな団体です、その日本国民である800万世帯の意見が政治に反映されてなんの問題なのでしょうか?

「その信教的精神の価値感に異を唱える他の信教団体の心情が暴発せんとも限りません。
やがてそれが新たなテロリストを繁殖させる可能性は否定できません。」

国政は日本国威憲法のもとに定められた政治ですよ、それがどのように信教的精神の価値を国政に唱えることができますか?他の信教団体の心情が爆発云々・・・とありますが、それを言うなら、私が先にも述べましたが、民主党だって宗教団体から支援を受けているんです、他の信教団体だって少なからず政治に意見してるんですよ、テロリスト云々とありますが、話が極端すぎます。

「宗教心は己が個人の心のものであり」・・・あなた様は無宗教ですよね?
そもそも、「宗教とは個人の心のもの」と」それだけに限定されて考えてらっしゃるから、そういう考え方になるのでしょう、宗教は法律で同じ思想をもった者同士が団体で行動できることも憲法上認められてます。日本人の多くが何かしらの宗教に関わりがあり、そのひとりひとりの有権者の意思が政治に反映されてるじゃないですか?

「あなたは一党独裁主義に疑問を抱きませんか?(^.^)」とありますが、、
仮定の話を極端に捉え過ぎだと思います。共産主義ではあるまいし、
一党独裁というあなた様の思想とは大きな理念の違いを感じますね、
そこまで仮定の話が進むとついていけなくまります^^;

意見交換としては、大変勉強になります。ありがとうございます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ハンカチ親父さん>ご質問ですが、「公明党籍の議員で、学会員でない者はいるのか?」これはあくまでも私の意見ですが、公明党の議員はすべて学会員だと思いますが・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフさんが回答されいる
「公明党の議員は全て学会員」というのは?です。

前代表の神崎さんは、学会員ではないと聞いてました。わたくしは。
ものごと全てと言い切れることはあるのでしょうか…。
あったとしも、ごく僅かな気がします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かぁこさん様>そうですか、私はそういう情報を存じ上げていないので、あくまでも私の意見として学会人だと思いますと述べました。間違っておりましたら、訂正させていただきます。悪しからず。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
エルフさん、こんばんわ。
どんすけです。

矛盾を感じていらっしゃるようですから、もういちど言いますよ。
創価学会と公明党という団体は“接着関係”にあります。
そのような団体が国政に参加し国策を左右させるということに国民は疑問を唱えなければ、将来必ずや“機能なき政府”のもとで生きてゆかなければならない。
これが民主と立正佼成会が“接着関係”にあって与党の立場にいても同じことです。

“接着関係”という意味はおわかりですね?
そうです、現在の創価学会と公明党のような関係を指しているのです。
再度申し上げます、これが民主と立正佼成会が“接着関係”にあって与党の立場にいても同じことです。

自民党の古賀誠選対委員長が「公明党は切るべきだ」と発言したが、この発言の裏には自民党支持の宗教団体をつなぎとめるための工作的意味合いが含まれているようです。
これを見てもわかるように「つなぎとめる工作」を用いなければ宗教団体との関係は終わってしまいます。
民主とて同じこと。
つまり“接着関係”にないかぎり利益にかなわない政党には「すぐにでも見切りをつけますよ」という緊張感を植えつけられております。
それらに比べて公明党にたいする創価学会という新興宗教団体はどうなのか?
単なる支持という枠組みだけで語れるほど淡白な関係ではない。
私はこれに疑問を抱いているのです。
そしてエルフさんはじめ学会員の皆さんに改めて申し上げます。
今質問は「私の考え方・・・宗教政党が国策をじかに左右させても良いものなのかという疑問は間違っているのか」という質問です。
あなた方の創価学会擁護のための「抗議」をさせる質問ではございません。
質問に対する答えなら「それらしく」参加してください。

なにかといえば誹謗中傷、悪意に満ちた投稿等と騒ぎ立てておられるが、そもそも創価学会という新興宗教団体はしゃくふくという布教活動を堂々としているじゃないですか?
そのような活動は非難されるというリスクも背負っているのですよ。
もちろんこれは宗教に限らずどのような活動にも非難もあれば称賛もあります。
そのようなリスクにも耐えられなければ宗教による布教活動はもちろんのこと経済・事業等の活動は一切するべきではございません。
世の中の反対意見に一つ一つ目くじらを立てて監視による警戒又は不毛な反論はまったく生産性の見られない行為です。

創価学会委員はもっと堂々と胸を張ればいいのではないでしょうか?

この時間は以上にします。
将来に起こりうるテロという危険についてはまた後ほど。
ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

どんすけ様、コメントありがとうございます。
つまりあなた様の言いたいこと、問題視してることは、
「日本の政党は与野党の如何に関わらず、どの政党でも宗教団体の支援を受けて、国政を左右されることがあってはならないという疑問を感じる。」という意見かと存じます、・・・なんで最初からそう質問できないのか?と思いますよ^^;

「創価大学の話から触発をうけて云々・・また新興宗教団体が政治に云々という説明が、そもそもあなた様が誤解を与えるような発言をしてるのではないでしょうか?

抗議というよりあなた様の説明がここまでコメントしないと真意(簡潔に述べたい事が伝わらない)が伝わらないのでは?

そして「私の考え方・・・宗教政党が国策をじかに左右させても良いものなのかという疑問は間違っているのか」という質問です。」という疑問には私の考えは一貫して憲法上、政教分離の原則を破らない限り、みな日本国民であり、選挙権を与えられてますので、なんら問題がないと思います。国政を左右と言いますが、先進国のほとんどの国は宗教団体が政治に強く影響し国政を担ってるのは歴史上の事実でしょう。

何かというと誹謗中傷とありますが、投稿を騒ぎ立てるw 別に騒ぎ立ててるという感覚でコメントしていません、あなた様の投稿が悪意に満ちていたら、議論の余地はもちえませんし、悪意に満ちた書き込みなどは何を言っても、
理不尽な言い方でしか返せないですから。

警戒とか不毛な反論とか^^; まったくもってあなた様を私が苛めてるような、
なにか私がコメントすることで被害妄想にでも陥った様な言い方ですね、

私はいつだって胸を張っておりますし、友人に自身の信仰の体験も語ってますし、政治のことも語りあってます。真意が伝わらなければ、意見交換をし、お互いが共通の目線で話し合えるようになることを願っています、たとえ考え方が違って意見が対立しても、相手の方の真意がわかれば議論する価値がありますので。

あなた様の意見はわかりました、(あなた様の考え方には反対ですが)以後はあなた様が言う、私の考え方・・・宗教政党が国策をじかに左右させても良いものなのかという疑問は間違っているのか」について、皆様の意見を読ませていただきます。

将来に起こりうるテロという危険についてはまた後ほど。
この件については私の欄にコメントするのではなく、真意がうまく伝わってない可能性があるので、質問の欄の、追記で皆様にわかりやすく説明されてはいかがでしょうか? コメントありがとうございました♪

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
どんすけです。

>どの政党でも宗教団体の支援を受けて・・・
まだお分かりになりませんか?
外様からの支援という意味ではなく「接着関係にある<母体>」からという意味ですけど。

まあいずれにしても回答はいただきましたので参考にしたいと思います。

度重なる貴重なご意見ご回答に感謝申し上げます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

匿名希望のどんすけ様、ここまできてやっとあなたの質問の真意がわかってきましたよ。は〜・・・やっと・・・って感じです
なんで初めに質問するときに簡潔に書かなかったのですか?まったくも〜

>今質問は「私の考え方・・・宗教政党が国策をじかに左右させても良いものなのかという疑問は間違っているのか」という質問です。

つまりここを言いたかったわけですね?

間違っているのか?と聞かれれば民主主義の世の中どんな考え方であっても否定はしても間違ってるとは思いませんよ。それはあなたの考え方ですからね。
どんすけさんが杞憂するようにそういう考えを持っている方は大勢いると思いますよ。でもご安心ください、法律できちんと明文化されていますのでどうぞ勉強してみてくださいね。

つまりは『政教分離の原則』というやつですね。
ここにきちんと書かれていますし過去の何人かの大臣が国会で何度も答弁しているように『公明党が与党として国政を行うことに何の問題もありません』
と、あります。

ですから、どんすけさんの質問の真意である『公明党が与党になるのはおかしい』という質問には・・・・・まったく問題はない ということですね。

ちょっと気になったんですが
どんすけさんの最後の捨てセリフ・・・・
>将来に起こりうるテロという危険についてはまた後ほど。

またこんな書き方して人の心を惑わす悪い人ね〜
なんでもっとこう・・・・真正面から書かないんでしょうね?
将来どんなテロが起るの?あなたはそれを知っているの?
テロが起る危険なんて今でも・・・いや、ずっと前からあるわよ
それが今回の問題と何か関係あるの?
興味深々ですわ・・・まったくも〜

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

どんすけ様、意見交換ありがとうございました。
接着関係、ちゃんと理解してるつもりですよ、ただ私の受け止め方は、接着関係とは、いかなる宗教団体であろうとも、政党を支援し、その宗教団体の意見を反映、影響を及ぼす行為があるならば、例え政党の党員がその支持を集める宗教団体の信者でなくても、接着関係というあなた様が主張する捉え方が、なんら変りない理屈で同じだと思ったからです。

 回答は一番最初のコメントに書きました、憲法上の解釈の通りです。

議論しないとわからないことは多いですね、あなた様の考えのいきつく場所を楽しみにしております、他の方との議論も楽しみに読ませていただきます。
コメントありがとうございました♪

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
どんすけです。

時間がないので簡潔に。
>なんで初めに質問するときに簡潔に書かなかったのですか?まったくも〜
学会関係者の方は質問文に見えない贅肉をつけたがる傾向があるようです。

「新興宗教団体を母体とする政党によって国政が左右されることに国民が疑問を抱かないなら、この日本という国は真の民主主義国家を築けなくなるばかりか近い将来には文字通りの「無政府状態」に陥る。
宗教心は己が個人の心ものであり、それが国を動かすことは言語道断と申したい。

愚生のこの憂いは間違いでしょうか?」

こんなシンプルな書き方を何故素直に読まなかったのかが不思議です。

学会関係者以外の方は普通に投稿しております。

>捨てセリフ・・・・
何を気取ってこのような言葉を使うのかも理解できません。


>『政教分離の原則』
事実と事実の間に挟まれただけのアリバイに過ぎません。
もう少し社会を勉強してください。
この意味お分かりですか?(^.^)

せっかく頂いたコメントですが、不毛な議論を求めたいなら別な人にお願いしてください。

以上はゆうこりんさんへ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

本来、自民党と一線を画するはずの公明党=創価学会が、いまだ肩を組んでいる事が納得できません! 政教分離は元々手段
だったのでしょうが、「日本の政治」に宗教は????
 所詮は、選挙の時に電話攻勢の学会には閉口しています。
ソロソロ・・・・・

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
どんすけです、こんばんわ。

<別投稿欄からエルフさんの投稿引用>
エルフです、私の意見に問題があるなら私に意見してくれませんかw?
「宗教的にコントロールされた800万世帯もの票(通常信者の意思による多数決はない!)が“宗教政党の都合”だけで右にも左にも振られてしまっては国家国民の利益に属するという民主主義は成り立たなくなる。」

いくらなんでも考え方が極端すぎですよ、私が説明した事は学会の一端を捉えて説明しただけです・・学会員の中には公明党の政策に異議を唱え、賛同せず、投票しない会員もいるのも事実です、そうした多数決がない宗教政党の都合だけという考えがある以上、あなたの意見は言い切れなくなりますよ、極端すぎますね。私のコメントで意見したように、政教分離は憲法上認められてます。もし仮に、創価学会のみで公明党という政党を持たないなら、八百万世帯の組織票欲しさに、政党が学会の意見を聞き、国政に反映していくことがあれば同じことではないのですか?

<引用終了>



>エルフです、私の意見に問題があるなら私に意見してくれませんかw?
ひとつの例として引用させていただきました。
>投票しない会員もいるのも事実です
もちろんそれも承知してはいますが、割合としては全体の一握りもいないというお話らしいですね。
結局は「談合的な決着」と「尾を引くような決着」で解決とも聞いています。
がしかしおかしいですね。
信仰をひとつにしているあなた方が“民主主義的”な行動で動くなんて普通では考えられませんですね。
宗教という団結の素は、いうなれば戦前の帝国主義的要素があってしかるべきなのに・・・・おかしいですね。
それとも北朝鮮がそうであったように“秩序”に陰りを見せているのでしょうか・・・心配です。

>もし仮に、創価学会のみで公明党という政党を持たないなら、八百万世帯の組織票欲しさに、政党が学会の意見を聞き、国政に反映していくことがあれば同じことではないのですか?

質問は現在において接着関係にある宗教団体と政治団体を素にしています。
いくら“秩序”が緩んできているといっても公明党抜きの仮定はないのでは・・・・。
愚弄はさておきましても、回答に“仮に”をつければ問題が拡散します。
あくまでも今起きている現状を質そうとしているのです。
言葉を選んでくださいね、ピョンヤン放送のようにやり場のない言葉遊びにもなります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

コメントいただきました、「信仰してるあなた方が、民主主義的な行動で動くなんて普通では考えられません」
まったくもって考え方が違います、というより、あなた様の考え方が何度も言いますが、極端であり、そういう物事の捉え方が変らない以上、議論も発展しませんね。私たちの声を公明党はしっかり耳を傾けて、自分たちがどうしてほしいか要望した声を集約し、政治に意見してもらってるんですよ、学会の中央と公明党が決めた政策にたいして、会員はただ、それに従え、そういう組織ではないと私は思ってます。そういう組織だとあなた様が考え方をお持ちになってるから「帝国主義的要素だの」という考え方に発展してるんでしょう、

「いくら“秩序”が緩んできているといっても公明党抜きの仮定はないのでは・・・・。」

あなた様がそう私の意見に感じるように、私もあなた様の極端な仮定の話はまったくもってないのでは?と感じる次第です。

愚弄はさておきましても、回答に“仮に”をつければ問題が拡散します。
私の仮の話に、問題と思うのであれば、あなた様も自分の意見が私から言わせていただければ、その考え方が極端すぎる仮定の理屈に過ぎませんよ。

「言葉を選んでください」、そのままあなた様に返したい言葉です。

今までの議論の経過をみると、私のあなた様への質問は先にぼべた通りです、これから先、お互い議論をしても平行線をたどるだけでしょうから、
ここら辺で、今年は議論を終わりにしたいと存じます(年末年始で忙しいので)そのままコメントがあれば、年明け以降、時間ができたときにさせていただきます。

コメントありがとうぞざいました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

わかお様、コメントありがとうございます、
「本来、自民党と一線を画するはずの公明党=創価学会が、いまだ肩を組んでいる事が納得できません!」

どういう根拠で(本来、自民党と一線を画するはずの)と意見されてるのか?具体的に説明してくれませんか?

「政教分離は元々手段」憲法上、何ら問題ない事です、それを言うなら政教分離の憲法を見直せと発言すると分かりやすいですね。

「所詮は、選挙の時に電話攻勢の学会には閉口しています。」
私は知らない人に電話攻勢した事はありません、学会に限らず、私の家にも他党の支持者から選挙の時は電話がよくかかってきます、学会員だけがやってるわけではありませんよ、「閉口しています」・・・どうぞご勝手に。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
どんすけです。

エルフさん、そんなに敏感にならないでください。
>帝国主義的要素
これは火に油を注いでしまいましたね、いや申し訳ない。
統制があってしかるべきといいたかったんですよ。

>議論も発展しませんね。
宗教・・・ことさら新宗教、新新宗教の方たちとの議論はどこまで行こうとも平行線または”成立しない”のが常です。

少し話題を変えましょう。
愚生、実は創価学会という組織のことについて詳しくはないのです。
といのもあまりにもイタイ話が多すぎて学会が平和のために存在しなければならないという核心的な部分が全く見えてきてはこないのです。
信仰といわれてきておりますが、その信仰の対象(と表現すればいいのか?)はなんですか?
この機会に教えてください。
私はね、いくつもの既存宗教のお寺さんとか神社には時々お邪魔して住職さんのお話を積極的に聞くのです。
その住職さんたちのお話は、TVに出ていた細木和子とかわけのわからない(ファンの人にはごめんなさい)宗教者の胡散臭さとはちがい人間味のある”情”の話が印象に残るのです。
創価学会員の人たちの話もよく聞きますが、正直申しまして”何が言いたいのか”が伝わってこないのです。
わかりやすい例をいえば、既存宗教の住職さんたちは「信仰を篤くすれば病にも勝てる、しかし病気はお医者さんしか治せません」と屈託なくいいます。
でも創価学会の人たちは入信し信心することによって癌も治ると公言しています・・・・普通に考えればあり得ないことですよね?
おなじ宗教者なのにこの違いは一体なんでしょうか?
このようなことを平然と言っているから普通の人々は創価学会のことを特異に思っているのではないでしょうか?

この際だから一般の人たちにもわかるようにご説明願えませんか。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
あ、聞き忘れました。

「補足しておきます、当運営事務局は通報しないと削除の対象になりません、今までの例でも誹謗中傷のコメントはずっと掲載されたままで、何度か強く抗議した後にいずれも削除されています。こういう運営の方針についてもサイト運営事務局に、規約の改定を求めているところです。」のところの「当運営事務局」の部分についてですが、エルフさんはこのサイトの関係者なんですか?

ご回答ください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフです、時間ができましたのでコメントさせていただきます。
少し話題を変えましょうとのことですが、なぜ話題を変えるのでしょうか?

あなた様は私に先の質問で質問の内容に参加するなら、それらしく回答してくださいと言われましたよね?あなた様の質問は、本当は創価学会の話をしたくて今までの質問は前置きだったのでしょうか?

核心に触れた、一番議論したかった話なのではないかと感じます、
「組織のことをよく知らない」とありますが、知ってて議論してるのではないのですか? いままで話したことは今まで学会に対して浅い知識だけで、客観的な話しでしか議論ができなかったから組織のことを詳しく教えてほしいというのでしょうか?

あなた様の言う「イタイ話」具体的に教えていただけませんか?

また「信仰といわれてきておりますが、その信仰の対象(と表現すればいいのか?)はなんですか?この機会に教えてください。」

>あなた様は「創価学会員の人たちの話もよく聞きますが正直申しまして”何が言いたいのか”が伝わってこないのです。」

とありますが、何が言いたいのか{伝わらない}あなた様に何を話しても、時間の無駄ではないでしょうか?今はネット社会で学会の公式HPもありますので、どうぞご自分で検索してみてはいかがでしょうか?

私からもあなた様の発言で疑問に感じるのは、無宗教と発言してて、
「私はね、いくつもの既存宗教のお寺さんとか神社には時々お邪魔して住職さんのお話を積極的に聞くのです。」と発言されてたり、また学会員の人の話もよく聞くとありますが、無宗教と主張してるあなた様の言ってることと、
書いてる内容に違和感を(矛盾)を感じてしまうのです、なにか私の発言に
意見する為に場当たり的な発言をしてるのではないかと感じるのは私だけでしょうか?

「わかりやすい例をいえば、既存宗教の住職さんたちは「信仰を篤くすれば病にも勝てる、しかし病気はお医者さんしか治せません」と屈託なくいいます。
でも創価学会の人たちは入信し信心することによって癌も治ると公言しています・・・・普通に考えればあり得ないことですよね?」

この話はこのコメント欄で説明ができるほど簡潔なものではありませんので、HPで検索してください、「幸せ発信基地」と検索すれば学会員の方の信仰の体験談が多数記載されておりますので、ご自分で読んでみて、どう感じるかはあなた様次第ですが、もっともあなた様の場合、何が言いいたいのかわからないかもしれませんが・・・

「おなじ宗教者なのにこの違いは一体なんでしょうか?」

宗教も違えばその教義も違います、人それぞれ宗教観が違いますから、受け止め方はいろいろあってしかるべきではないでしょうか?

「この際だから一般の人たちにもわかるようにご説明願えませんか。」
あなた様とも意見のやり取りの中でも十分に分かりやすく説明してますよ、
どんなに説明しても、分かろうとしない、理解しようとしない、中には何が言いたいのかわからない人もいる様なので・・・まぁ〜先にも述べましたが、学会の公式HPを閲覧していただけたらよいと思います。

「当運営事務局」の部分についてですが、エルフさんはこのサイトの関係者なんですか?
いえいえ、すみません、当とはここのサイトを指しての発言でして、私はここの運営事務局に何ら関係はありませんので、悪しからず。

あなた様の追記を読み、先に言いますが、私は感情的になっておりません♪

{不毛な論争は強くお断りいたします。」とありますが、・・・
あなた様が私に不毛な論争を仕掛けているのではないか?と感じます。

私も、私なりに真摯な対応で回答をしていると思っております。

                            コメントありがとうございました。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
エルフさん、あけましておめでとうございます。
どんすけです。

>少し話題を変えましょうとのことですが、なぜ話題を変えるのでしょうか?
そんなに否定的になる事でもないように思いますが。
ま、話を変えると申しましても宗教政党の目指すところとの関連性として学会員である貴方から間違いの無い解説を頂きたかったんですよ。
それによって公明党が与党としてどんな国益を齎すのか主張していただきたかったんです。

私は無宗教ですよ。
神社仏閣を訪れていろんな話を伺うということは人生にとって本当に有意義なことなんです。
貴方は神社仏閣へは足を運びませんか?
以前の創価学会では禁止されていたようですが、今では比較的に自由と伺っていますが違うのですか。
もしも制限がなければ一度訪ねて行ってください。
心が落ち着いてゆっくりとした時間を味わうことができます。
歴史ある神社仏閣ならなおさらです。

>「組織のことをよく知らない」とありますが、知ってて議論してるのではないのですか? 
この件ですが、はて?おかしなことを仰いますね。
外から伺える範囲なら知識としてありますが、創価学会の本質的なところなんてものは一般の人には解らないのじゃないですか?
それをこの際に解説していただければ素直に勉強できると思ってそれを促しただけです。
例えば勝谷誠彦氏、島田裕巳氏などの著書など読んだからといって、それを鵜呑みにはできませんよね。
一般に学会批判している著名な方がも「批判」はしているけど学会の本質的なところまでは理解できてはいないと思いますよ。
だってね、この人たち学会の内側にいる人たちではないですからね。

だから私としては、このQ&Aのご縁でお知り合いになれた貴方様にひとつの会話として創価学会の内側からの教えを垣間見たいなと思った次第なんです。

確かにそれらを解説しようと思えば大変ですね。これは私のほうに失礼がありました。
早速、お示しいただいた場所を見てみます。

ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

エルフです
あなた様のお尋ねですが、

「組織のことをよく知らない」とありますが、知ってて議論してるのではないのですか?とのコメントに 

あなた様は、この件ですが、はて?おかしなことを仰いますね。
外から伺える範囲なら知識としてありますが、創価学会の本質的なところなんてものは一般の人には解らないのじゃないですか?

と答えて居りますが、先のコメントであなた様は、

「創価学会員の人たちの話もよく聞きますが」とコメントしてるから、知ってて議論してるのではないか?と申しあげたのです。

まぁ〜もっとも、「何が言いたいのか分からない」とその後のコメントにあるので、理解できない方に説明しても・・・と思った次第です。

先の質問であなた様の言う「あまりにもイタイ話」を具体的に聞きたいと伺いましたが、これには回答していただけないのでしょうか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

どんすけさん、エルフさんのご意見、見させていただき、なるほどだなと感じております。 公明党と創価学会はだめで、民主党と立正佼成会(宗教真光)よいとの印象。宗教団体は、政治活動ができるとの法律解釈。    けっして、結論がだせる論議となりませんですね。               ただ、小生が以前、政治活動、選挙活動をお手伝いをしていたとき感じたことは、 政治家になるためには、主に、二つの法律があります、
一つは、公職選挙法。二つは、政治資金規正法です。
今の、この法律のもとで、無所属で立候補し当選することは、きわめて困難であります。立候補はできますが、当選できる確立は「まれ」となります。   政党公認であれば、当選できる確立が増減いたします。
選挙で票をえるために、金銭の授受を行うと公職選挙法にふれます。
しかし、ここに、宗教団体への寄付には、制限がなく、寄付行為を行って、その宗教団体の応援を、受けているのが、多くの政治団体と宗教団体の関係です、いわば、法律の瑕疵をついた、合法てきな選挙活動となります。  道義的には、好ましくない活動とおもいます、しかし、法律には違反しません。 また、これを取り締まる法律を作ることは、不可能です。
ただ、創価学会の場合、公然として、政治団体をつくられ、活動されておられます。 法律的にはなんら、問題とは、ならないと解釈しています。
他の宗教団体(立正佼成会、宗教真光、等)は、政治団体を作ってまでも、積極たいに、政治活動を行っているとは、思いません。
これが、良いとか悪いとかの判断は出来ないとおもいます。
だだ、小生、創価学会に対し失望していることは、選挙投票日、前々日、各地区の代表のかたから、お布施をいくらか、学会におさめれば、学会の票いくらいくらをまわすと、電話でいただくということを、数人の立候補者から、聞いております。 残念です、この様な現実は、末端の会員には、ご存知でありません。   たしかに、どんすけさんの言われるとうり、末端の会員のかたは、純粋に池田教の教えを信じられておられます。
創価学会の基本理念は、日蓮宗の流れから、日蓮正宗からつづきます。
日蓮宗は、仏教経典「妙法蓮華経観世音菩薩普門品」からとりいれています。創価学会も、立正佼成会も、この法華経をベースにした、お釈迦さまの教えをもとに、経典が作られています。
     本来、政治家は、宗教団体を宛にせず、みずから、政治活動の
     ブレーンづくりに、精進すべきと、かんがえます。
また、国民も、ひとりひとり、生活と政治に関心をもつようになれば、自然と
この様な問題は、消滅するものと、解釈いたします。
      その第一歩は、ひとりひとりが、行政に対し、政治家に対し質問等の自体が、生じた場合、どしどしと、意見を述べるトレーニングをしないといけないとおもいます。
                                以上
                             2009年1月3日
                                  Golgo 13

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

Golgo13junior様>エルフです
コメントありがとうございます。

ですが、あなた様の発言で「末端の会員のかたは、純粋に池田教の教えを信じられておられます。」

私たち学会員は、創価学会の信仰を純粋に信じております、あなた様の言う
池田教という言い方は中傷的です、訂正していただきたい。

日蓮宗、日蓮正宗云々、そういうお話は信仰してる者には当り前で、少なくとも私自身はよく存じております。末端の会員云々とありますが、
私も地区の上の支部の幹部です、支援する候補者とも話はしております。
「票をお布施で買う」そういう事実があるのかどうか?その話は候補者側だけの話ですよね、学会側からの話でそういう話を私は聞いたことがありません。今後確認しておきましょう。

また「国民も、ひとりひとり、生活と政治に関心をもつようになれば、自然と
この様な問題は、消滅するものと、解釈いたします。
その第一歩は、ひとりひとりが、行政に対し、政治家に対し質問等の自体が、生じた場合、どしどしと、意見を述べるトレーニングをしないといけないとおもいます。」

私も上記のコメントは参考になります


コメントありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

taro様、エルフと申します、
確かにどんすけ様は巧妙な話し方をされる方です。

あなた様から見たら私は必死の対応ですか?w
私を創価学会の広報担当等とw いや、謙遜いたします、
私はただの会員です。 何が失われて、何が得られたか?
それは質問者様であるどんすけ様が感じていただけたのではないでしょうか?最終のコメントで「誤解を与えたコメントを陳謝してくださいました」
こういうネットの書き込みで、陳謝するという事は大変勇気のいることです。
私が質問に対して疑問に感じたことを陳謝してくださった。その一点です。
taro様が他のコメント欄でやり取りしてるコメントを読みましたが、あなた様がコメントし議論している、「何が失われて何が得られたか」という言葉当てはまりますか?結局はお互いの言いたい事はわかるが、見解の相違で建設的な議論にはなりえない様に感じます。

コメントありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

難しい問題ですね。

民主主義国家は、国民の選挙で選ばれています。

当選した人は国民の支持を得た訳ですから学会員と言えども日本国民なんです。

当選した議員さんは、宗教は関係なく日本国家の為に頑張って頂きたいですね。

私は、宗教関係の党に歩み寄って行った自民党の方が恥ずかしいと思っていますよ。

政権を維持する為なら何でも有りですからね(^ム^)

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

”身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ”と申します。

>私は、宗教関係の党に歩み寄って行った自民党の方が恥ずかしいと思っていますよ。

もはや舵取りのできない、いや舵をヒモ(公明党)に奪い取られた形にまで至ってしまった自民は「公明党を無視した独断」で”進むべき海路”を国民に示した後、一旦は野に下るべしと愚生はそう思います。

ご回答ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私には、かっての独逸国がベルサイユ条約による過酷な賠償請求の結果、経済政策を誤り 「天文学的」 なインフレという混乱の中で 「国家社会主義労働者党」 が政治の実権を握り フューラーの一言に国民全部が従う、従わざるを得なくなったファシズムのイメージが重なり合ってなりません。

いやしくも 「自由民主主義」 を標榜する政党は、当面する選挙や政策運営上の 「打算」 から連立を組む若しくは、組続けるよ言うのならかって、同国の 「社会民主党」 がどの様な破滅への帰趨をたどったか?それらの歴史的事実に学んで欲しく思われてなりません。ファシズムとは特別に存在するものではなく多くの場合 「民衆の味方」 という仮面を着用し、国民を欺いての国家的私物化は、近代史に明確である旨を私の意見と致します。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

>・・・「民衆の味方」 という仮面を着用し、国民を欺いての国家的私物化・・・

”ファシストは群集を軽視する”・・・これがいかに愚かなことなのかを「北朝鮮」に学んでいただきたいと思います。

ご意見ありがとうございました。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
訂正します。
”ファシストは群集を軽視する”を”ファシストは民衆を軽視する”

失礼しました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

特定の宗教が政治に口を出すと 「ろくなことはない」 と
私は思っています。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
質問者のどんすけです。

まったくもって「ろくなこと」がありません。
信者票を目当ての連立がかえって「敵」を増やしてしまっては本末転倒になりかねません。

ご回答ありがとうございました。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 1

この昆虫の名前を教えてください

一昨日我が家に迷い込んだ訪問者です 初めて見ましたご存知の方お教えください 添付しました写真の頭部から羽先まで50mm程度です

回答受付は終了しました
回答数 5

自治会が私病院のパンフを配布しても良いか

自治会について相談です。 本来自治会活動中、回覧は市町村からの連絡指示事項や自治会内での連絡などを回覧するものと思います。 ところが一病院の「健康フェスタ」開催のパンフを配れと指示されました。私企業である病院の宣伝を公的な組織を使い頒布するのは変ではないでしょうか...

回答受付は終了しました
回答数 7

妖精の存在を信じますか。

昨日朝のNHKTVで、安田成美さんが出演していて、子供の頃に変なおじさん30人ほどの妖精を見たという。 髪の毛が薄く、もじゃもじゃで、まん丸い目と、とがったあごだったという。  トイレに行くとき階段に妖精が並んでいて、可笑しくてトイレに入ってから笑っていたという。...

回答受付は終了しました
回答数 2

これは軽犯罪?ストーカー?

あるコミュニティでひと悶着があったようですがAさんが対立しているBさんのボランティア先に通報してやろうかと発言しています。 これはやり過ぎではないかと思いますが。 サイト内の事はサイト内の事。 リアルな場であるボランティア先にまで追いかける、通報する、というのは犯...

回答受付は終了しました
回答数 4

責任の取り方とは?

昨日既に大飯原発が稼働されてしまいましたが 稼働に当たっての政府のいい加減さはどう捉えれば良いのだろう 野田総理の私が全責任を取りますと言われても其の内容は何も示されず 厳に起こってしまった原発事故の処理も原因究明もなされていない 時期に単純に電力が足りない唯それ...

回答受付は終了しました
回答数 6

どうしてかな?

人生の 「負け犬」ってトビがあったけど なんで 「負け猫」って言わないのだろう?

お悩みQカテゴリ一覧