趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

不揃いの生産物は、何故店頭に並べられないのか?

[生活相談]

生産者は、全く同じ手間を掛けても、出来るモノが全て同じモノは出来ず、不揃いのモノも出来てしまいます。

出荷する際の品質規格が高いので、当然それに漏れるモノも出てきます。売れないモノは廃棄処分になりますよね。

不揃いのモノでも店頭に並べられないモノなのでしょうか。
贈答品などに使用する場合は、高品質が要求されるかも知れませんが、各ご家庭で消費されるものであるならば、多少形が変わっていても、問題ないようにも考えます。

消費者もそう言ったものなら安く買えますし、生産者も廃棄するモノが減って、潤うとも思いますが、如何でしょうか。

先日、テレビを見ていましたら、漁から帰って来た漁船を丸ごと買い取り、取れた魚を全て店頭に並べた大手スーパーを放送していましたが、そう言った場を与えて貰えれば、生産者も消費者も良いことになるかも知れませんね。

今は、生産者と消費者の中に何社入っているから、つまらないことが起きてしまう。「人の褌で相撲を取っている輩が実に多い」そう言った輩は儲けることだけを考えて行動するから、両端の人たちが困惑するばかりだと私は思います。

そう言う場所も時々見かけますが、全国的に出来ないものでしょうか。

閲覧数
554
拍手数
0
回答数
16

回答する

回答受付は終了しました

回答 16件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は料理と焼酎を楽しむ会を定期的に開催して、料理を作っていますが、まず、食べる人がホントのグルメじゃないってこと。実質より形式主義が多いこと。要するに、何もわかってない人が多いいということです。料理を作る人もね・・・・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

まず消費者が賢くならなければなりません。

流通、販売は消費者のニーズによって流れてゆきますから。

大規模農家の方と直接話をする機会がありました。

彼ら農家は農薬使用を極力控えた自家消費分と、一匹の虫も付かないようたっぷりと使った出荷用作物とは別に作ると言っていました。

そうなんです。農薬の恐ろしさを彼らは熟知しているのです。

表現はきついですが、人間を殺すにも使われるくらいですからね。

人を表現するに『悪い虫のつかないように』ち言いますが、
こと野菜に関しては虫が付かないほうがよっぽど心配です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

不揃いの生産物は、何故店頭に並べられないのか?
この理由は、収穫しずらい、箱詰めがやりにくい、輸送するときにかさばる、店頭に並べにくい、客が買いにくい等様々あると思いますが私は最後のなぜ客が買いにくいかを私の実際の買い物行動で説明したいと思います。
野菜、果物を買うときにまず手に取って見るところは新鮮さをみるため切り口、つや、果物であれば内部状況をみるため生り口及びおいしさなどの判断におしりなどをみて気にいったものを選択します。
このなかに形状、大きさ等様々なものが混在した場合このような観察はむりで、この場合は新鮮さ、おいしさなどは店を信用して料理しやすい形状、大きさのものを選択せざるを得ず買いにくいものになると思います。
飛躍しますが結果、不揃いの生産物は売れ残りが多くなりかなりなコスト高になり商売が成り立たないと思います。
不揃い生産物を並べられるのは、小規模小売店で農家から直接仕入れその日のうちに店頭に並べ、親父さん、おかみさんと懇意になる昔の八百屋さん型になるかな?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

形よくサイズが揃ったものを「良い物」と判断する消費者が居る限り農薬の使用は変わらないでしょう、農家は好んで農薬を使っている訳ではないんです。
色、形、サイズを同じ様に揃えて土を洗って、袋に入れて見栄えを整えて出さないと、消費者が買わない限り、この問題は解決しないですね。
「有機無農薬」の言葉だけが一人歩きして、それが何を意味するのか、知らない人の何と多いこと!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

直接のお答えになるかどうか分りませんが参考までに

農家の皆さんが生産したものは業者が直接買い入れか市場のどちらかへ競りに出します

ただ市場としても業務用には形やサイズが安定し量的にも一定量供給されないと商売として成り立ちません

ある程度の形や量が確保される物は業務用として競の前に先取りで売買が成立します
一般的にはスーパーの大部分は競の前に買い上げていくと思います

ただ個人農家としては量的にもサイズ的にも不揃が多いので競に出します。その商品は市場も個人商店も平等に競り落とされます

競り落とされる物は大体価格的にお買い得品が多いと思います中には半額以下の場合も

お買い得品と呼ばれ格安で販売されるのがあると思いますが大体がこの競り落とし品の場合が多いと思います

一例としてトマトですが

各農家で選別出荷された物は市場でサイズ毎に競り落とされます。そのさい価格も当然違ってきます

市場では等級やサイズで価格が決定されますが
各ショップ店ではその等級やサイズで価格が異なる事はあまりありません

そこまで細かく区別して販売はしないと思います

ただ大きさで多少価格が違う程度ですね

仕入れの際はバラバラな価格の商品ですが店に並べると同じトマトとして混ぜてしまうと区別が難しく見分けるのは大きさしかありません

これである程度の価格調整が可能になります

競り落とした不揃だけの商品なら低価格で提供が可能となる筈ですけど

いろいろ書きましたがあくまで参考として下さい

厳密にはもっと様々な条件で価格が決ると思います

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

初めてコメントします。まったくマーさんの言う通りだと思います。たぶん日本人はまず見た目にこだわる傾向があるということと、パック詰めするときに規格外だとパック詰めしにくいという中間業者の問題があるのではと思います。それと穴あきつまり虫食いを不潔なものと嫌がる国民性があると思います。私から言わせれば虫食いが無いほど体に危険なものは無いと思います。これは虫も食えないほど農薬がたっぷりかかっていることだと思います、一説では農協が一定以上農薬を使っていない農産物は買い取らないようにしているみたいですよ。これは国民の健康を犠牲にして儲かろうとしている日本経済の表れではないでしょうか?
 トマトもあおいうちにもいで輸送中に赤くさせているためにぜんぜん甘くないですよね。うちの近所でトマトを作っている農家さんも結構いて、毎年真っ赤に熟してからもいで分けてくれますが、これを食べるとスーパーのトマトはとても食べれるようなものではありません。それとチラッと効いたのですが、大間のマグロはほとんどが築地に行くため大間ではあまり流通していないみたいですよ。ありえなくないですか?
 やはり昔見たく、全国から海産物や農産物を流通させるのではなく地産地消を心がけたいですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

どうも 需要の問題もあるようですが
流通コストの問題もあるようです
いかに 商品が傷まず、効率的に流通させるか・・
画一的な商品が優れているようです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

一つは購入側の消費者の意識が問題だと思います。家でも偶に自家菜園でキュウリを造りますが、肥料管理を怠ったりして先が細いのや曲がったのが出来ます。味は市販のものなど比べ様が無い程美味しいと思いますが、我が家の妻でさえ、これを使いません。本当にキュウリ本来の匂いがあり、甘味があるものなのに。結局、自分で浅漬け、サラダなどにして食べます。
キュウリの匂いが嫌だとか言う子供達、トマトも匂いが嫌だとかで匂いの無い品種になってます。
本来の野菜を食べない人、見た目で選ぶ人が増えた結果と思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私もこの問題関心があります。 見た目だけで物を判断し 虫食いなど一切受け付けなかった 消費者にも問題があると思います。娘の会社がこの前ガイヤの夜明けに出て そこの社長さんが残った野菜を丸ごと買い上げ 加工しているのがテレビに出ました。その後大きな反響がありメールが受け付けられない状態だったそうです。虫食いなど虫が安全だから食べるのであって 不ぞろいなど 食べるのには何の支障もありません。いずれ食糧難の時代が来ると予想されているのに なぜもっと食べることを考えないのでしょうか。 今有吉佐和子の複合汚染とゆう本を思い出します。あの本を読んでぞっとしたのを覚えています。本当に怖いのは添加物 消費者の考えを変えなければいけないと思いますがインターネット署名運動など出来ないのでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

飽食の時代に消費者が望まなかったからそのようになってしまったのではないでしょうか?。
この不況下になって見直され始めてきたという感じですね。
日本人は何かない時がつかない人種のようですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

悲しい国に住んでいるから・・・北欧では果物も野菜も虫食いが当たり前で販売されていますし・・・消費者もそれを当たり前と思っています。
日本では考えられない事ですよね・・・。北欧の人が日本に来たら・・どう思うだろうか?
虫さえ食べない美味しくない果物や野菜として映るのでは?

実は北欧と日本の食生活からして・・・全く違いがあります。
日本の食品には合成保存料、着色料などの食品添加物が1500種類くらい認可されているそうです・・・。添加物はいわゆる混ぜものであり・・・人間はもとより犬や猫だって好き好んで食べるものでは有りません。
日本人はこの食品添加物を少ない人でも年間4kg・・・多い人では8kgくらいは食べているそうです。
怖いですね・・・化学物質を食べている日本人ビタミンCでさえも石油から作られる現代・・・。
食品添加物をあまりにも簡単に認可してしまったために・・・
現在の日本は食べ物による病気が蔓延するようになってきた
政府の責任にされたのでは・・・自民党・公明党にとって大きな打撃だし責任を取る事は不可能だから・・・食育基本法なるものを作った。食べるもので病気になっても国民一人一人の責任ですよ・・・。食品を購入する時に添加物等は表記されているのですから、安全な食品を購入してくださいね・・・。
こんな法律なんですよ・・・人体に悪影響を及ぼす添加物を認可しておきながら、それによって病気になっても知りませんよ・・・。これが我が国なんですよ・・・。
北欧では食品添加物は一つだって認められていません。
世界一食の不安を抱えている国が日本なのです・・・。

不揃いの果物や野菜・・・それが規格外になったり・・・
ましてや虫食いなどは商品になりえない我が国・・・
陶器のように綺麗に揃った野菜こそ気味が悪いという社会になって来れば・・・病人の少ない社会になるんだろうなって思います。

残留農薬たっぷりの果物や野菜を敬遠して・・・
有機農法での野菜・・玄米・・果物・・・
オーガニックにこだわった食生活をしていけば
病人は半減してしまうのは目に見えております。

農薬や化学肥料によって日本の国土は不毛の土地と化してしまっているそうです。
今から一斉に化学肥料や農薬を使用禁止にしたとしても
元の健全な大地に戻るには30年の歳月が必要との事です。
不揃いの野菜や果物がオーガニック・・・有機農法の産物なんですよ・・・有機野菜のコーナーに不揃いのものがあったら
普通より割高でも売れますよ・・・・。

食育が注目されるようになって・・・デドックスも叫ばれるようになってまいりましたが・・・
身体の中の残留農薬や医薬品・・・添加物を体外に出してやるのがデドックス・・・ならば・・・出すだけでなく対内に入れない事を実行する事も必要です。

食品に関しては・・・北欧に倣え・・・・
間違った食生活を改善しなければ・・・

そして不揃いこそが・・・虫食いこそが
安心出来る野菜や果物の証し・・・そんな
日本になって欲しいものである。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「食品添加物をあまりにも簡単に認可してしまったために・・・
現在の日本は食べ物による病気が蔓延するようになってきた」との御認識ですが、私はそうは思いません。

 食品添加物は、無いに越したことはないと、私も思いますが、食品添加物により、どれだけ多くの食中毒が防がれており、それによる死者が少なくなったか、考えたことがありますか。まっとうな食品添加物の無かった、終戦直後の飢餓の時代、どれだけ多くの人が食中毒で亡くなったかを。

 また、今から一斉に化学肥料や農薬を使用禁止にして、1億2千万を食べさせる農業が成立すると、本当に思っておられるのですか。だかと言って、私も化学肥料や農薬をガンガン使えば良いと主張しているわけではありません。最近はやりの有機農法が万能にみたいな主張はおかしいと思っているだけです。

 日本は、世界に冠たる長寿国です。化学肥料や食品添加物が悪さをするのであれば、平均寿命は短くなるはずです。

 何かが起こると、これらを役所・政治家の責任に直ぐなすりつけてしまう、最近の論調は危険だと思います。事実を確実に押さえてから真犯人を探す努力を怠ることになるからです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

日本が世界に誇れる長寿国というのは・・・違いますよ・・・
長寿の本来の意味からすればですけどね・・・・。
長生きすれば長寿なのか・・・?
僕はとんでもない・・・と思います(^^♪

寝たっきり・・・ことぶきからはかけ離れていると思いませんか?
病人ばかりの国なんですよ・・・我が国は
化学肥料や食品添加物が悪さをしているからこそ
半病人ばかりの国になっているのですよ。

日本は安楽死とかは禁止されていますから
生ける屍のように・・・呼吸だけしている人が
異常に多いだけの国なんですよ・・・
皆さんが望んでいるのは寝たっきりで長生きする事ではありません。
ぴんぴんコロリを望んでいると思いますよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かずやさへの質問

 「生ける屍のように・・・呼吸だけしている人が異常に多いだけの国なんですよ・・・」と判断されたのは、どういうデータに基づくものでしょうか。

 また、食品添加物は一つだって認められていな北欧には、「生ける屍のように・・・呼吸だけしている人」は少ないということになりますが、これにつきましても、もしデータをお持ちなら教えて下されば幸いです(これは外国の話ですから入手が難しければかまいませんが)。

 「皆さんが望んでいるのは寝たっきりで長生きする事ではありません。ぴんぴんコロリを望んでいると思いますよ」の部分は、かずやさんの意見ですから、データは要りません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

データに頼ってきたIQ的ももの捉えかたは・・男性的な思考ですが・・・
知性の時代から感性の時代に変わってきています・・・。
EQの時代に突入ですね(^_-)-☆
医学がどんどん進化してきたにも係わらず病人は少なくなるどころか
逆に増え続けております・・・。
こんな事はいちいちデータを取り出すまでの事もなく・・・
ほとんどの人がうすうすは感じておられる事でしょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私が書き込みましたコメントが私の意志ではなく、削除されていますので、再掲します。

「食品添加物をあまりにも簡単に認可してしまったために・・・現在の日本は食べ物による病気が蔓延するようになってきた」との御認識ですが、私はそうは思いません。

 食品添加物は、無いに越したことはないと、私も思いますが、食品添加物により、どれだけ多くの食中毒が防がれており、それによる死者が少なくなったか、考えたことがありますか。まっとうな食品添加物の無かった、終戦直後の飢餓の時代、どれだけ多くの人が食中毒で亡くなったかを。

 また、今から一斉に化学肥料や農薬を使用禁止にして、1億2千万を食べさせる農業が成立すると、本当に思っておられるのですか。だからと言って、私も化学肥料や農薬をガンガン使えば良いと主張しているわけではありません。最近はやりの有機農法が万能にみたいな主張はおかしいと思っているだけです。

 日本は、世界に冠たる長寿国です。化学肥料や食品添加物が悪さをするのであれば、平均寿命は短くなるはずです。

 何かが起こると、これらを役所・政治家の責任に直ぐなすりつけてしまう、最近の論調は危険だと思います。事実を確実に押さえてから真犯人を探す努力を怠ることになるからです。
aky45さん 12月29日 10:52

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

北欧では何ら問題は出ておりません・・・農業協同組合(JA)という名ばかりの巨大営利企業に・・・農家の方たちがいいように飼いならされて日本の食糧事情があるわけですよ。農家のJA離れは随分進んできてはいますがね・・。

添加物のおかげで食中毒による死者が減ったかのように言ってますが・・・
戦時中の食糧難の時代では有りません・・・。腐ったものまでは食べないでしょう・・・。たまたまs食中毒で亡くなった方は運が悪いですよね・・・・。
でも残留農薬や食品添加物による被害は莫大なものです。
JAとか日本国政府のいいなりに、いいようにされたい方はどうぞご自由に。僕はオーガニックにこだわって健康を第一の財産と思って・・・最低家族や周囲の人たちを守っていきたいと思います。現在の野菜がどれほどの力を持っているのかご存じではないでしょう・・・。30年前の野菜の10分の1にも満たないビタミンやミネラル、アミノ酸類・・・化学肥料によって栄養価のない野菜ばかりになっております。だからといって30年前の10倍の野菜を食べますか?答えはNO・・・ですよね・・・。日本の国土がどれほど汚染されて深刻な状態になっているのか・・・無知な人ほど反論したがりますし・・データデータといわれる・・・そのデーターが一部の人の利益の為にねつ造されたデータであっても貴方たちにはわからない事ですからね・・・。我が国に実在するデータの中にどれほどの真実があるのかもわからずに・・・お金次第でどうにでもなるデータを最たるものと思っていられる方々は気の毒ですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「添加物のおかげで食中毒による死者が減ったかのように言ってますが・・・
戦時中の食糧難の時代では有りません・・・。腐ったものまでは食べないでしょう・・・。たまたまs食中毒で亡くなった方は運が悪いですよね・・・・。」といったことを’感性’でお話しされても、説得力はないでしょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

議論するつもりは全くございませんが、甚だ時代錯誤的な箇所が見受けられたのと、食中毒でなくなる人よりも食源病で亡くなる方の方が圧倒的に多い。
悪性腫瘍などは食品添加物のなせる技なんですよ・・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

削除などは・・一度もしておりませんが・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

削除ではなく・・・省略されているんですよ・・・。
全てを見るをクリックすれば省略なしで全てが見えますよ・・・・。
削除されるような方というのを訂正願えますか?名誉棄損に該当する言葉ですから・・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

いや、まったくごめんなさい。ここのページを開きますと、コメントの大半が見れないものですから、削除されたものだと勘違いしました。

 当方のミスから名誉毀損の言動を弄しまして、ほんとうに申し訳ありませんでした。深く陳謝します。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

いいえ・・・勘違いなどは誰にもある事ですからヽ(^o^)丿
僕もあれっっと思った一人ですからねヽ(^o^)丿

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

おやおや、規格外の生産品が大量に廃棄されているとは由々しき事態でありぞっとしない、しかしながらそれは消費者が工業製品と同じく規格外=不良品との認識を持っているからで、人間と同じく見た目だけで選ぶからでもあるとお答えしておく、2行にまとめられず申し訳ない。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

マーさん
回答になっているかどうかはわかりませんが、生産者の立場から申し上げます。
このような、味や品質にまったく問題がない、不細工な農産物が市場に出ないのは、もともと消費者のニーズなんです。
消費者が買わないから、小売店も仕入れないという負の連鎖ですね。
最近、報道などで取り上げられて、消費者よりも小売店や流通業者が別の流れで消費者に届けようとしていますが、結局、不細工なために良い金額でおろせなくなります。

そのため、生産者は通常の流通ルートに乗せずに、地元の消費者に流通ルートに乗せるよりも高い卸値で販売することになります。

もともと消費者のニーズだと言って、安くたたく中間流津業者に問題があると思われます。

今後も大手スーパーやデパ地下にそのような農産物が並ぶことは無いと思いますが、現在では良識ある生産者や流通業者が取り組んで、ネットなどでは買えるようになりましたが、野菜はやっぱりじかに選んでいただきたいというのが本音です。

かく言う私どもも、直接消費者さまにお分けしております。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お忘れですか、日本も昔は量り売りをしていた事を、同じ大きさ、同じ量、まっすぐな野菜を求め買ったのは我々消費者です。泥付き野菜を拒否したのも魚の大きさが違って値段が同じなのかと文句を言ったのも消費者です。
だから我々消費者がもう一度行動にでれば良いのではありませんか大型スーパーのアンケートに曲がった野菜でも安けりゃ買うとか量を決められるシステムが欲しいとかまず個人が要求すればやがて大きな声になって売れる物をスーパーなどは店頭に置くのではないでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

店側としては、曲った野菜や傷ついたものを置いて安く販売しても儲かりません。
やはり良いものを安く仕入れ、高く売らなければ儲かりません。
実例を示そう。
何百年も続いた店があった。
安いものを売っていた為いつもお客は満員だった。
片や高級な物、良い商品のみを置いて販売していた店は客は少なかった。
最近、片方がつぶれた。
安売りしていた店だ。
高い物を売っていた店は今繁盛している。
その店に行けば良い商品があるからだ。
結論から言えば、キズものや曲ったものは商品にはならないという事です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

と言う発想だから今があり、それを変えようと言うのが質問者の意見ではありませんか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

それが答えであって、商売としては成り立たないから自分で販売するしかないのです。
変えようはないのでは?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

いわゆる「大手」で、全国展開している様なチェーン店でも、店舗の一角にそういったコーナーを設けているのを見かけますけど、まだまだ浸透していない様ですね。
お店側としては、決まった棚に決まったサイズの品物を整然と並べることでスペースを効率よく利用する必要があると思います。
流通の点でも、ある程度形の揃った品物の方がキッチリ梱包出来て、荷積みが楽な方がコスト的に有利なのでしょうね。
それらは我々消費者が要求する市場価格に近づけようと努力しているという側面もあるのだと思います。
特に、農作物に於いてその要求レベルが高くなっている事は否めないと思います。
生産者が直接販売店と契約して、運送や棚への配置なんかを行うシステムも考えられなくはないですが、お店側が要求する物量をぬかりなく収める事は非常に難しいと思います。

時代の流れとでもいいましょうか、複数の小売店を歩いて買い物を済ませるよりも、大型量販店で一度に買い物を済ませる方が消費者にとっては効率的。
お店側は欠品しないように大量に仕入れ・・・

そういった価値観を払しょくして、規格外の商品に活躍の場を与えるのは、今すぐというのは難しいでしょうね。
販売者側も、消費者のニーズに合わせた店づくりを目指している事に違いはないでしょうから、我々消費者が、個々にマーさんのような考えを持って行動に移す事が必要なのだと思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
今は、季節をあまり感じないようにも思います。いつでも何でも手に入る。全てではないでしょうが。農産物には、旬と言うモノがあると思います。

何か行き過ぎたサービスのようにも感じますね。

店頭に並んでいるモノが全て旬では、ないようにも感じます。食べても本来の味がしないモノもありますからね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

マーさん、色々疑問のある世の中ですね。
不ぞろいの生産物が店頭に並ばないのは日本の特徴といっていいでしょう?
その原因はパック売りという方式に問題があるんだと思われます。
諸外国では目方売りが主流の為不ぞろいの生産物が店頭に並んでしますよ。
買う人は自分で必要な分だけ選んで、測ってもらって値段を決めています。
日本でも単身世帯が増えています、いつまでもパック売り(量的に使い切れない)では消費者が不便ですよね。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
疑問など山ほどありますよ。少しずつ質問していきましょう。

パックなら持ち帰る時に汚れませんからね。でも、モノにもよるでしょ。消費者は、スーパーで買うことになりますよね。大体は。そうしますと、その辺の問題がある訳ですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

明けましておめでとうございます、
パック売り(規格商品)の問題は、売り手側の理屈だと思います。
買い手側の利便性を考えれば、昔は日本にもあった(世界的標準の)量り売りを復活させれば良いのでは無いでしょうか?
売り手側の一段の勉強を期待します。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 5

殺鼠剤の散布について

自分の敷地内なら 何をどう撒いてもいいのでしょうか? 住宅街に住んでいるのですが お向かいのお宅での所作にちょっと疑問を持っています。 犬猫等の小動物がお嫌いのようです。 敷地内は殆どコンクリートで固められています。 毎年雪が無い季節になると敷地内・塀周りに得...

回答受付は終了しました
回答数 2

スープ作り器を買った人から使用後の感想をお聞きしたいです

近頃スーパーやデパートなどに電動スープ作り器が売っています。うたい文句では電力700ワットから500ワットで切った野菜等を入れると30分もすればスープやお粥が出来ると言うものです。価格はピンの方で24000円くらい、キリの方で9800円くらいの設定になっています。...

回答受付は終了しました
回答数 1

新生児

新生児のしゃっくりの止め方を教えてください。

回答受付は終了しました
回答数 1

「本当ですか?」言葉の使い方

本当ですか? やたらの若者が遣う「本当ですか?」との 返し言葉に少し違和感を思えています Aさん  実○○なんですよの説明に対しての会話で。。 Bさん  本当ですか? 「それって本当ですか?」って言えば疑うことですよね 「本当ですか?」という言葉そのも...

回答受付は終了しました
回答数 20

一ヶ月、10万円の生活は厳しいか???

”私のケース” 近い将来、年金だけで生活しなければならないことになった場合(働きたいが、働くところがない:夫婦二人:住む家有りの条件で)、どういう生活を実践したらいいのでしょうか?  例えば ?1日2食とする。 ?トイレは極力、スーパーなどでする。 ?風呂も2日...

回答受付は終了しました
回答数 8

温泉と銭湯の違い

銭湯や家風呂(入浴剤使用も含め)より、温泉の方がものすごくリラックスするのはどうしてなのだろう。 温泉と銭湯の違いって何なんだろうか。

お悩みQカテゴリ一覧