趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

セックスレスって?(2)と、うつ病について

[人生相談]

先日、セックスレスって?のレスをたてさせて頂いた主です。
皆様方の暖かいご意見のお陰で主人に思い切って話しが出来ました。

私の考え、意見のすべてを取り込んで貰えるなんて思ってないのですが、主人の考えやその後の行動を見ていると複雑なのです。

・私に触れなくなった原因
主人「お前前に拒否したやろ・・・・」
この拒否と言うのは1・2ヶ月前の事でしかも休日の昼間、子供は別の部屋に居りましたが、いつこちらの部屋へ来るか解らない状態と出掛ける支度の最中だった為にでした。
しかも触れなくなったのはもっともっと以前から。

他にも仕事の事(小さいながら会社経営)
3ヶ月程前から新しい部署が増えて大変な時期なので主人も色々と考える事が多いとの事。
しかし、それも3ヶ月前からです。

私はちゃんと聞いておこうと思って、『浮気してる?認める人は居ないけど信じたいから聞いておく』と聞きました。
主人からはやはり「してない」でした。

その後1度夫婦生活があり、寝る時はうで枕をしてくれてます。
とても嬉しいし安心して寝れます。
なのに、この年末は忘年会と言い飲みに出る回数が今までよりも増え…
こんな世の中不景気なのに…
何だかんだと理由を付けては出かけます。

私自身数年前からの、うつのせいなのか寝る時に傍に居ないと不安感が恐ろしいぐらいにあり寝付けなくなっているので、今は頭の中がちゃんと整理できないので、つい主人の携帯を鳴らのです。
コールしますが出てくれません・・・
その後かけても電源気ってしまってました・・・。

確かに浮気かも?って思うところもあるかもしれませんが、ただただ不安感だけを取り除きたい一身だっただけなのに、こんな形にされると不安が増してしまい、自分を失いそうになります。
うつの治療で病院に行っても「薬付けになるだけよ!」と、周りに言われ全く何もしないまま4年・・・5年が経つのです。
しかも、今は手術の合併症があり以前以上に気持ちがガタガタになっているのが解り、それでもその事がちゃんと理解してもらえていない状況。

何故こんな風になってしまったのか・・・
どうしたら治るのか・・・
いつになったら昔の様に活発で明るく心から笑えるのか・・・

来年も同じぐらい、今以上に重くのしかかってくるかもと思うと全く人生が楽しいと思えなくなりそうで怖いです。

せっかく作り上げた家族を壊したくないので、また良きアドバイスあれば嬉しく思います。

閲覧数
1284
拍手数
0
回答数
10

回答する

回答受付は終了しました

回答 10件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

はじめまして。二つのスレを拝見しました。

拝見して思ったことはあなたのその鬱状態は旦那様とのセックスレスに原因があるのではなく、4年前の子宮頸癌による子宮摘出にあるのではないのかなということでした。まだお若いけれど恐らく更年期のような症状なのではないでしょうか?

他の方もおっしゃるようにまずは鬱に対処すべきだと思います。「薬漬けになるだけ」などと非常に無責任なアドバイスを受け、何年も放置してきた間に鬱が進み強迫観念に駆られるようになっているのではと想像します。

更年期を迎え、いよいよ生理のなくなった女性は二つに分かれるようです。女でなくなってしまった、と落ち込む人と、ああ面倒なことがなくなって清々した、と思える人と。前者は鬱の発端になりやすい方あるいは鬱がそのように思わせるのでしょう。あなたは今、旦那様から女として見られなくなってしまったのではないかという不安から前者の状態に近いのではありませんか?

更年期は時をかければ通り過ぎるものでもあるようですが、あなたの場合は放っておくうちに旦那様との関係がますます離れて行き、今度はそれが次の原因になって本当の鬱になってしまったりしたら大変です。まさかと思うでしょうけど婦人科へ行ってみてください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
かあこさん有難う御座います。
確かに子宮頸癌での子宮摘出で気持ちの変化は気がついています。
しかしながら、卵巣はそのままあるので更年期は無いと医者からも聞いています。
なので毎月排卵はしています。ただ生理は無いです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

匿名さん、そうでしたか。
それではまた少し視点を変えてみますね。

あなたは結婚11年、手術を受けたのが4年前でその頃から旦那様との性生活に変化が起きてきた、ということですよね。4年前というと結婚7年。たまたま手術という切っ掛けがあったからその前後の関係と比べてしまうのでしょうが、だいたいその頃ってどんな夫婦でも結婚前の恋愛感情の恋の部分が落ち着いて愛に変化する頃なんだと思います。

旦那様は術後のあなたへの労わりから最初は遠慮がちだった、しかもあなたからも特別要求がないということでやはりガマンしなくてはと思ったのではないでしょうか?そうこうしているうちに、年齢も進み職場環境も変化しと、体力的にも精神的にも旦那様自身が自然と変わられたのでしょう。以前と同じ愛情表現や性生活を求めるのは少し酷な気がしますし、あなた自身も幸せを見失う結果になってしまうように思います。

でもあなたは旦那様から愛されたい、愛されている実感が欲しいのですよね。だとしたらなおのことその鬱を治療することが先決です。今のままでは旦那様も気が重くなるばかりで気持ちも離れていってしまうかもしれません。それこそ負のスパイラルですね。

大丈夫!
奥様でしょ。あなたは愛されています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

うつ病の方に回答します。
多くの方が回答しているように、専門医に相談されることを
強くお勧めします。鬱病を含む精神病ほど世間の誤解を受けて
いる病気はありません。貴女がご自分をうつ病と言われていますが
もし、それを医師から言われたのなら、それは病気なのです。病気
なら専門医に治してもらわないと治りません。それを判ってください。

ただ誰でも医師に診て貰うのは怖いものです。どの医師が信頼出来
るか判らないのも世の常です。貴女にお勧めしたいのは、専門医の
講話を聞くことです。どこに行けばそういうものが開催されているか、
これが難しいのです。私はボランテイアで神奈川県の医療通訳を
していますので、神奈川県や横浜市の例で説明しますね。

今、病院は患者で溢れかえっています。ですから病院側は、患者が
来ないように、つまり病人が増えないように必死になっています。
その一環として病気に関する講話を各地で開いています。そして
この姿勢は、各地の保健所でも同じです。貴女のお住まいの大手の
病院(大学付属病院は、役所から啓蒙活動するように指導されて
いますから、必ず講演会をしている筈です)とか保健所には、この
種の講話・講演会のパンフレットが置いてあります。それらが
情報源になります。市役所のロビー等もこの種のパンフレットを
置いています。是非探し出して、聞いてみてください。

この種の講話は、ガン、脳疾患、心臓疾患に関するものが圧倒的に
多いのですが、鬱病、精神病に関するものもかなり多く開催されて
います。それだけ患者が多いと言うことでしょう。きっと貴女の役に
立つと思います。信頼できる先生に遭遇するかもしれません。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
Aruiさん有難う御座います。
貴重な情報を有難う御座います。
年明けに市役所(保健所)に行ってみようと思います。
この事を主人にも話してみます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

本当に「うつ」なのですか?私の姉が数年前に「うつ」になったのですが、そのときは家事もこなせなかったですし、電話にすら出る意欲もなかったんですが・・・人によって症状に強弱があるのかも知れませんが、きちんと文章も書かれていますし、よくなりたいって言う意思も感じられるので、自分で病気だと思い込まれている部分も強いのではないかとも感じます。
「病は気から」とも言いますし、エステでも行って、思いっきりおしゃれして、ご主人を誘われて外でデートでもされてみてはいかがでしょうか?外で会うって新鮮味ありますよ。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ジョアンヌさん有難う御座います。
うつかどうかも医者にも行ってないので解りません。
ただ、お姉さん同様に家事も出来なかったりスーパーへ買い物に行くのも辛く人ごみはとんでもないです・・・。
数年前には友人からの電話・メールも返信しなくなり、今はもう古い友人との関係は切れてしまいました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

はじめまして。

まず、セックスレス以前にあなたが緊急に対処しなければいけないことは、「鬱」の状態を治すことです。

何故なのか・・・もちろんこれは憶測ですが、ご主人はあなたが決して嫌いではないんだけれど(嫌いだったら二度とセックスなんてしないでしょうね)、不安に駆られてグラグラしているあなたをちょっとばかり疎ましく思っていらっしゃるのではないのでしょうか?

家庭生活に退屈していらっしゃるのかもしれませんね。

それで、あなたがしなければいけないことに戻りますね。
周りの方が「薬漬けになるだけだよ」との無責任な発言を鵜呑みにして5年も治療せずに放置してきたことは、間違いだったと思うのです。
精神科医も千差万別で、患者の話をろくすっぽ聞きもせずに薬を処方しまくる人から、患者の様子を子細にとらえて、慎重に処方する人までいろんなタイプの方がいらっしゃいます。
セックスレスの件も含めまして(セックスレスと鬱は強い相関関係があると推察しております)、あなたの思いの丈をお医者さんに話されるべきです。

治るまでには若干時間がかかるとは思います。でも、徐々に回復するにつれて、あなたの心が晴れていき、元のような溌剌としたあなたに戻られたならば、必ずやご主人はあなたの元に戻っていらっしゃるはずです。
そんな気がするのです。

年明け早々にも受診されることを強くお勧めします。

焦らずじっくりと対処していきましょうね^^

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ふみくんさん有難う御座います。

>精神科医も千差万別で、患者の話をろくすっぽ聞きもせずに薬を処方しまくる人から、患者の様子を子細にとらえて、慎重に処方する人までいろんなタイプの方がいらっしゃいます。

これが私を足止めさせてしまっているようです。

もしも薬に頼らなくては駄目な人生に変わってしまったら・・・
今以上に後遺症などで悩む事になってしまったらなど・・・。

本当に厄介です・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

質問者さんへ

躊躇されるお気持ち、ちゃんと理解しております。

決してあなたを不安に陥れようとしている訳ではありませんが・・・

まず、薬に依存した生活を送らなければいけないのかは、おそらく数年にくらいになると思いますが、通院してみて経過を見てみなければわからないと思います。
あなたの症状が軽度なのか中程度なのか(重度ということは恐らくないと思います)にもよりますが、軽度だったら1年くらいで治ると思いますよ。
それよりも、医者にかからず放置しておくほうがよほど危険です。

他の慢性疾患にかかっていらっしゃる方の中には、一生病気と薬に付き合って毎日を送っていらっしゃるんですよ?それでも皆さんは、苦労しながらも毎日明るく生活していらっしゃると思うのです。

何もせずに不安に怯えながら辛い毎日を生きてゆくのか、服薬と通院は続けながらもいつか治ると信じて毎日を生きてゆくのか・・・これは個々人の人生観にも関わることですので、これ以上の事は言いませんけれど・・・でも、やっぱり言わせていただきますね。

あなたの納得のいくまで何回もお医者さんは代えてもいいから、是非お医者さんの診断を仰いでいただきたいと思います。
いつかは一条の明るい日差しがあなたの人生にさしてくると思うのです。

そして、ご主人もあなたのほうを向いてくださると思うのです。

勇気をだしてくださいね、それに苦しんでいるのはあなただけではないことをお忘れなく・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

SEX・LESSじゃないとおもう。
お互い変わって行くからオナジ事しても
愛されてる!と思えないだけよ。
昔は昔!今からだとよ
なんでこんな風に・・・。って思うことはきっと違う発散するとこみつけな!!
毎日思ってると(身内に言えないんなら)
ホントに鬱&ノイローゼになっちゃうよ。。。(TT)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

鬱を治すのは時間がかかります。

病院行くか自分で治すかは、自分の状況と相談しましょう。

病院行って薬を貰うのは治療に為ですから薬の合う合わない(効く効かない等)をちゃんと医者と話していれば、薬漬けにはならないでしょう。

ただ、病院選びは大変ですよ。

医者にもカウンセラーにも自分と合う人がいる所を必ず選んでくださいね。

そうじゃないと医者不振になりますよ。

家族に理解が無いなら病院行く方がいいかも?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

少し 緊張感が強くなられている気がします。
思い・こだわりの肩の力を抜かれると
心身ともに解放されるでしょう。
男と女である限り
寄り添い合うのは自然なこと
精神的に
女性として 男性であるご主人を 暖かく包んであげると
ご主人は 自ら 貴女のことが愛しくなって 抱きたくなられることでしょう。 年齢に関係ないのが 男女 夫婦の和合なのです。 心身両面で考えてください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ウツは、病院に行った方がいいと思います。
医師にカウンセリングをしてもらい、今まで心にたまっているものをぶつけた方がいいと思います。
うさ晴らしではありません。
カウンセリングの先生に聞いてもらうことで、自分自身の心の中を整理して、客観的に自分を見ることが出来るようになると思いますよ。
そして薬ですが自分にマッチしない薬ですと確かに「ただ薬づけ。」になるような気がしますが、医師と話しながら、色々ためし自分に合った薬を見つけ、それを飲んでいると心穏やかになってきます。
私もウツなので経験的にそうでした。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

正直に書きます。
あなたのお悩みや苦しみは・・私は本当によく解ります。

私の友人達には・・抗鬱剤を飲んでいる女性が何人かいますが・・性的に御主人から求められなくなったことへの・・内屈した苦しみを訴える女性は多いです。

質問があります・・

おしゃれはなさっていますか?ご主人の気持ちを引く・・何か性的なアピール技術を持っておられますか?
恥ずかしいし・・屈辱的かもしれませんが・・・少し・・工夫をして見ましょう。お化粧も・・少し・・努力してみましょう。
御主人様以外の男性からも・・『おや!』と・・ふりかえられるように・・・外観を磨いてみたらどうでしょうか。

しゅみーとの某コミュでは・・真剣に美容の話題でもちきりです・・すごい執念で・・若さと美を保とうとしています。

それもこれも・・・深層心理的にいえば・・男性の発情を促し、
男性からのアプローチを求め、得ようとしての・・努力・・と思う。
若いときは・・何もしなくても性的な魅力に溢れていて・・御主人からのしつこい?アプローチにむしろ辟易となさっていたかも・・
加齢とともに・・・男性の発情を促す自然な力は衰えてきます。ここからが・・頑張りです。

女性の月刊誌や週刊誌は・・おしゃれを維持する情報に溢れています・・それ程に・・女性には・・自分が男性から女性として意識され・・もとめられること・・が大事なのです。

努力しましょう。魅力のある、若々しく・・かわいい女性になる工夫をしましょう。夜がさみしい・・と・・正直に訴えましょう。
御主人様の身体に自分からタッチしてゆきましょう。

頑張ってください。多くの女性の・・正直な、素直な願望であり・・まじめで誠実な女性であればこその・・深い苦悩と悩みなのだ・・と・・御自分を理解してください。
御主人様だけをもとめている・・・その・・真摯さとけなげさは、必ず・・御主人の心に届くと思うのです。結婚は・・素晴らしい制度です。頑張ってください。多くの無数の・・抑圧された・・自分の欲望を意識の表面出だすことさえ・歪めてしまう・多くの女性達のためにも・・成熟した女には・・それにふさわしい性が必要なのだ・・それが得られなければ心を病むのだ・・と・・素直に考え・・それを・・得てください。多くの女性達が・・あなたの悩みを理解し・・応援しています。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
eruzaさんご回答有難う御座います。
質問の件ですが、見た目は年齢よりかなり若く見られています。
化粧は毎日では無いですがしています。
洋服が好きなのでお洒落は人以上に気を使っている方です。
ただ、下の子が男の子で活発な為、スカートは無理ですが・・・。
ネイルなどもしています。

どうしても気持ちが落ち込んでる日は何も出来ないですが。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

まずは、あなたの鬱を治すことから考えてみてはいかがでしょう?
それには、やはり専門家に診せることをお勧めします。

素人の意見ではどうにもならないことを、この4年間、あなたは実感されていると思います。

あなたの心身が晴れやかになったところで、あらためてご主人と向かい合うと、違った答え、展開が見えてくると思うのですが。。。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ハルさん有難う御座います。
確かに身近な人からの情報や意見では解決は難しい様です。

同じ様な経験者なら別なのですが・・・
悪い言い方だったら『人事』なのかもしれません。
心身が晴れやかになりたいです。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 5

毎日笑顔でいるにはどうしますか?

鶴瓶さんはいつも笑顔に見えます 個性でしょうが得な顔立ちと思います いつも笑顔でいたいのですが 挨拶したり買い物など笑顔をと思うと 作り笑顔です 不自然な笑顔 気持ちは笑顔でも表情にだすのが難しい 面白い話や楽しい時は笑います よく笑うほうです 常に笑...

回答受付は終了しました
回答数 4

譲渡所得税について

アドバイスください 生存しているA氏、いろいろな事情で手放した全不動産の譲渡所得税を支払う能力がない場合どうなるのでしょうか。

回答受付は終了しました
回答数 13

誕生日は何時だと思いますか

  誕生日に疑問を持って調べました。 >誕生日(たんじょうび)は、人の生まれた日、あるいは、毎年迎える誕生の記念日のこと。 これを素直に信じていいですか・ もっと違う角度で見ることは無いですか。

回答受付は終了しました
回答数 2

夫婦って?

結婚記念日 お互いにプレゼントを用意して交換? 用意していなくても、パートナーから貰ったら、貴方はどうしますか?

回答受付は終了しました
回答数 15

どうしてなのかなあ・・・(^_^;)

仕事をしているときは楽しくていきいきと過ごしているのですが、家に帰って家族の顔をみたとたんにがっかりして気持ちが暗くなってしまうのはやはりおかしいですか? (11月2日 18:06 追記:) 皆様趣味人倶楽部ならではの、大変貴重なご意見を、沢山ありがとうございま...

お悩みQカテゴリ一覧