趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

妻の料理に不満を持った時の対処

[生活相談]

奥様の料理が口に合わなかった時とか、料理方法に不満を持った時等、どういう対処をされているのか教えてくださいませんか。

 私は結婚して30年になる妻の料理に関して不満があり、小言をいうとどうしても波風をたてることになり、結局は我慢した方が利口だと思った経験を度々してきました。本心は、料理の勉強をしてもらって改善してもらいたいとは思っていますが不可能であることも判っています。
 
 我が家の状況を説明させて頂きます。
妻は日々一生懸命に料理を作ってくれるのですが、どちらかというと栄養バランスが欠けており、料理の腕も今一という状況です。
 お互い生まれ育った生活環境の違いがあり、妻はおおらかな家庭環境に育って、細かいことは気にしない性格で、30年間、料理は栄養等より美味しく食べることが大事だというスタンスでやってきました。
 私の方が味にはうるさく、拘りを持つ性格から、妻がここをちょっと工夫してくれれば(肉の揚げ方とか)美味しくできる筈なのにと思うと、ついつい不満が湧き出てお世辞にも「美味しい」と言えず黙って食べてしまいます。妻は「何か文句あるの」と2-3日は口もききません。妻には妻の意地があることもわかってはいます。かばってやらないといけないと思う心が負けてしまう時があります。
 妻は今のスタンスをかえるつもりはありません。

(1月11日 17:33 追記:)
まりもさんはじめ皆さんのご回答、じっくり拝見しました。
 私のようなご意見の方もみえるのかなとも思っていましたが、皆さん異口同音のコメントに、頭をガツーンと打たれた思いをしています。
 今、毎日の食事の用意がどんなに大変であるかを思い知らされました。また、妻には辛い思いをさせたことに反省の念で一杯です。
 今晩から皆さんのお言葉を忘れずに箸を持つことにします。
本当にありがとうございました。

閲覧数
2672
拍手数
0
回答数
14

回答する

回答受付は終了しました

回答 14件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

よく30年も我慢しましたね。

奥様と味覚が合わないのか、奥様が味オンチなのか明確ではありませんが、食事は基本的なことなので、耐えるほうも大変です。

自分で包丁を握り納得いく味で料理しましょう。

奥様も食事の支度から時には解放されるので、喜ばれることでしょう。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
アドバイス有難うございました。
私は料理にはうるさい方なので、美味しい料理を妻に食べさせてやる日を楽しみに頑張ってみます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

そのような思いでしたら、一度キッチンに立たれてみては?
料理は面白いですよ〜♪

ワタシも自ら作ることなど100%考えたことなかったけど、旨い魚を食べたくなってから始めるようになりました。
この際、奥さんの邪魔をしない程度にひと品作ってみたら如何でしょう?
それも好みの味で。。。。。
結構、ハマりますよ。
奥さんは不思議に思うでしょうけど、そこから料理についての話しが広がれば儲けモンじゃないですか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
いいアドアバイス有難うござました。
挑戦する方向で考えてみます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

熟年離婚という言葉は、
頭に浮かびませんか。
丁度そんな年頃でしょ。

あなたが100%我慢すれば、
家内安全、家庭円満なんでしょ。

だったら、あと29年位我慢すれば。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ご意見有難うございました。
我慢・・・大事ですね。
また、色々皆さんからもアドバイスを頂き、道が開けてきました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

一言だけ言わせて・・・・。


貴方の気持ちは 痛いほど解る・・・。


でも、一番に嫌われるタイプですな〜。
「文句は言うが・・何もしない」

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

追記。

皆さんのコメント(反論)を読んで・・・質問者さんが可哀相に成って来ました。

本人も、反省してると思いますので、この辺で許して上げて下さいませ。

本人に同情する意見も差し上げて下さいませ。

質問者さん、気を落とさずに、頑張ってね・・・(涙)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

回答することに迷いつつ・・  妻は料理(和洋中)、和裁・洋裁、洗濯、掃除、書など・・と完璧な主婦業をしており、夫は文字通り「男子たるものは・・」という昔気質の夫婦。・・そんな両親を見て来ました。妻の料理の腕は、夫次第です。つまり不味いものには言葉なし、美味しいものは美味しいとはっきり告げる・・。すると妻は今日より明日とがんばります。質問者様の場合、初めの数年の対応が尾を引いたような気がします。厳しい言葉、注意される言葉を聞くとすぐに「じゃあ自分でやれば!」というのでは、進歩しません。

余談ですが、独身のころ父親に「〇〇子の作る料理は、野戦料理だな」と言われショックでした。でも本当に神経こまやかな料理を作らないと、作ったことにはならないのだな、と以来一生懸命にそれをしました。痛いことを言われることは大切。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

月檸さんは とても優しい方ですね。

「痛いことを言われることは大切・・」

質問者さんに伝われば言いのですが・・・・。

沢山の回答(コメント)が有りますが、質問者さんからは反応が有りませんね。

もしかして、フィッシングかもね?

月檸さん、未だ若いのに隠居生活なの?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

おじんさんさん
 詳細は今度、お邪魔させていただいた折に・・。
 このご質問はご当人の本音からだと思っています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

月檸さん、了解です。

当人からの反応を待ちましょう。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
皆さんご意見有難うございました。
多くのかたからアドバイスを頂き、そのコメント、お礼を追記にしてしまいました。よく考えてみますと、夫々の回答者にコメントすべきだと思い直し、先ほどから順にコメントをさせて頂いております。遅れてばせながら申し訳ありません。
反省がないとお叱り・・・。皆さんへコメントさせて頂きました。反省で一杯です。顔が見えないと、いかに文章が大事であるということも今回知らされました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

質問者さん

丁寧なコメントを有難う御座います。

私が貴方に送ったコメントは、実は私自身に宛てた言葉なんですよ。

・・・だから、貴方の胸の内が理解出来るんです。

お互いに、反省しましょ。

私の夫婦間は崩壊してしまいましたが、貴方の場合は修復が出来ますから、頑張って下さいね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

心温まるやりとりを読ませていただきました。ありがとうございます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は定年を機会に近くの料理教室に7ヶ月通い勉強をして、昼食と夕食を作っていますが、献立に苦労しています
して見ますと大変ですよ、対策として1年ばかり毎日の料理をノートに記録して見ていますが、内容が片寄り気味に感じていますので、もうひと工夫がいるかなと思いますが

いまさらながら妻の苦労には頭が下がります
参考になりましたでしょうか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ああそうですか。実体験をどうもありがとうございました。
考えを改め直します。
コメント遅れてました。申し訳ありませんでした。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

不満があるならば自分でするしかないでしょう。

それが嫌なら我慢のみです。

ちなみに私は自分の口に合う料理をしています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

貴方と同じく結婚30年を超えていますが、小生が味覚音痴か?味に不満を持ったことはないので(もっとも、少し辛いな・甘いなと思う時は有りますが、あれ?自分の体調が悪いのかな、それとも連れ添いの体調が悪いのかな?と思ってます)、何といえません。
献立については、一切まかせっきりですので、(聞かれて提案してもほとんど実現しません・・・どうしても食べたければ、自分で作ればいいのですから・・・もっとも作りませんが)
答えになってるのかな?
正直 365日3度 作るの大変だと思う 連れ添いにただ感謝のみ

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ご意見有難うございました。
コメント遅れて申し訳ありません。
我慢と感謝・・・。そのとおりかもしれません。
お二人のご意見心に刻みます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

匿名の、詰まらない質問に真面目に回答するのは、最も詰まらないです。では、、。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私もずーーと苦手でした。

でも、これを克服しようと テレビを見て学んだり

本を読んだりとーーー。

でも、元気でいるのは、食べる事だと認識しました。

そして、おだしは、きちんととるようにしました。

そして初めてなものは、一度試してから

働く家族や、義理母がボケないようにと

考えたりーーして  料理をしていきますと

自然に  美味しい と言ってくれる言葉が増えました

そして 義理母が お店より 美味しい  と

夫も 外 より 家の ご飯が美味しいと

自分が病気になり 食べる事が即ち 生きる

源は、食べる 事だと 深く 思いました。

ほんの少し 手間をかけたらーーーいいんです。

30年かけ気がつきました。 すいません

お料理に手をかけると

自分も若くなりますよ。

そして料理以外の事を沢山  夫が してくれるように

なりました。

相手に求めても仕方ありません。

相手を好きにならないとです。

愛ですよ。

病気したらお金も苦しみも人生も変わります。

 今は、男女参画社会です。

 優しい心を向けたらきっと変わります。

 料理は女性がしなくても誰でも良いのです。

 美味しくない時は、そういえば

  何か、機嫌が悪いです。

 今は、頑張り 毎日 機嫌が良いです。

  夫が我侭と考えていた自分を反省しています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は、30年間まずい、まずいと言われていました。
旨いものは、匂いがいいと言いなんでも匂いをかぎ、まずそうな匂いがしてるというと食べません。
喧嘩の半分は、料理の事でした。
はしも付けず、他のよこせ、何か作れ、誰がこんなもの作れと言った、と言われ毎日が苦痛でした。
夫は、好き嫌いが、激しく刺身は欠かせません。
質問者さんは、がまんして食べるなんて、やさしいですね。
回答ひとつずつに、コメントしているのでも、感じられます。
奥さん羨ましいです。
共稼ぎですが、ひとつ食べている間に次のをつくります。
近所の居酒屋の女将さんでさえ、だんなさんは難しいと言うほどです。
みなさん、奥さん側の意見ですが、けんかを回避している質問者さんの努力も大変だと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私が奥さんなら じゃあ あなたが料理の手本みせてよ 。一年間 というだろうね。 何なら 一緒に台所に入って 分担制にすれば? 美味しくない表情で 食べてるのみたら 一層 料理に工夫章と言う気持がなくなってしまうよ。 食は人間性が現れます。 修行は男女同権の時代になってますねえ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

匿名さんは相当に我慢されてこられたのでしょう。
長きにわたる我慢を一度、はかりにかけてみたいと思われて
質問をしたところ、とんでもない地雷を踏んでしまった方に見えて
お気の毒です。このような質問をされる前に女性の感覚をもっと知るべきです。かつてあった「私作るひと、あなた食べるひと」なんていうCMに世間の女性たちは敏感に反応したじゃないですか。
根はマジメな方のようですし。
料理のへたな人、作ることに関心のない人は確かにいますが、
料理屋でもするんでなかったら、皆そこそこではないんですか。
僕なんか一人暮らしも貧乏も充分してきたんで、
料理を作ってもらえることに感謝してます、というより
食べられる事自体に感謝し、不平を言ったことはまずありません。
料理ごときで仲違いするより、どうせするなら、もっと実のあることで喧嘩しましょうよ。そんなんでは病気になりますよ、ホントに。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

週一でもご自分で料理にチャレンジしてみてはどうですか?私は結婚10年になりますが週1.2回は晩御飯作ってますよ!奥さん喜ぶよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

総じて奥さんの側に立った意見の多いのに驚きです。家庭の味は奥さんの腕とご主人の舌からできるものと思っていました。

専門料理人と比べるのは少し無理ですが、料理は愛情が基本。主人に喜んでもらうつもりで作ってもまずいときはあります。

それは男性側に一工夫必要でしょうか。我慢して黙って食べると改善は期待できませんし、まずものを美味しいと食べるのは無理が生じます。

いのま主婦は買ってきたものを並べるだけも増えていますし、外で多く食べる家庭も多いと聞きます。

主婦のレベルの低下は間違いありません。それをどうして上手くするか。「少し辛いかな」「少し甘いかな」あたりから二人で話し合える仲を作れないでしょうか。

私は外食が嫌いです。家内の調理でないと口に合いません。一流店は別です。

時に、一流のコックの料理を食べさせ目のもよいかもしれません。毎日作る奥さんは褒めて良いのですが、我慢できない味御地では困りますが、それはないと思います。

男性を攻める意見が多いのは現代風で、それが戦後の主婦をだめにしています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

もともと生まれも育ちも違う人間が、同じように感じると思うのが間違いだと思います。

私の持論は夫婦はすべからく国際結婚だから、結婚前と結婚後の時間が一緒になれば、まあ似てくるかもということです。
我が家でいえばあと5年と3ヶ月です。

その辺でなんとかなれば良いし、ならなくてもそれはそれ。
私も料理にはうるさく、よく文句をいいました。
もっとも、ある日を境にそれは止めました。
以後、自分の飯は自分で作るで二十数年です。

最近は、妻の食事も食べるようになりました。
たまには意外な発見もあります。

日本の東と西、食事も含めて流儀が違います。
妻のことをいえば、料理の先生をしているくらいだから標準以上だと思いますが、やはり慣れません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も、長い間、勤めていて、料理は、へたです。
で、いま、テレビの、朝の、番組で、はなまるマーケットとか、いろいろな、番組で、すぐに、おいしい、料理の、できる、番組が、あるのです。
よくわかんないので、50インチを、かい、しかもdvdつきのを、みて、つくって、います。
それでも、夫は、おいしい、といって、くれることは、まれです。
でも、一生、勉強だし、課題の、あることが、たいせつと、
がんばっています。
退職したら、二人で、おままごとみたいに、夫と、おしゃべりしながら、料理を、作ろうと、話しているところです。
でも、いつも、料理は、勉強だし、面白いと、思います。
かい、自分で、なんかいも、みて、学習しています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

一番簡単なのは、奥様においしいものを食べにお連れすることですが。

あなたが楽しみ(遊び)として料理をやってみられたら如何でしょうか。

作家には料理上手の方が多いようです。
その経験を「本」にして、小説以外でも売ることができる能力があるからだと思いますが。

「料理の四面体」(玉村豊男)など面白く読みました。

男性が料理をするようになると、奥様の味付けも変わってくるのではないでしょうか。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
有難うございました。
そうするように頑張ります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

奥様が今のスタンスをかえるつもりがないのなら、ご自分で作って食べればいいだけのこと
食べ物は人それぞれ 嗜好が 異なります
日々一生懸命に料理を作ってくれるのですから それを感謝して頂くことが大事なことのように 思えます
感謝の心が 伝われば 奥様の考えも 変化するかもしれませんよ

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私の妻も煮物が下手くそでした。私は調理師25年目、楽しく一緒に作ったり、子供らと家族で作ったりしてます。妻も今では、私が作るより上達しました。休日は外食せず、必ず我が家でゆっくり(テレビを消)笑いながら食べます。  奥さんと一緒に食事作ってみては、、、、

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ご回答有難うございました。
 感謝の心・・・。今まで妻の当然の仕事としか考えていませんでした。ひめさんのアドバイスで、自分は大事なところを失っていたんだと思いしらされました。
 一緒に作る・・・。邪魔だあと言われるのが心配ですが、ご意見にあった一人になった時を考えて教えてくれとたのんでみます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ありがとうございます
感謝の気持ちは人の心をほぐします
どうぞ感謝の気持ちを奥様に・・・
きっといままでと違う未来がありますよ
ひめなら 必ず その気持ちに 応えますよ
それが 愛というものですよ

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

皆さん本人がやればいいといわれますが、大きい目的もあるのですよ。
自分の身体は中年以上となれば、健康管理食にならざるを得ない。
うまいものは食べられないことを自覚です。
男は論理的ですから、数値管理です.カロりー計算、材料を見ただけでカロリーと栄養がわかるようにする。
となれば、「自分の健康は自分で管理する以外ない」。料理の選定、レシピの収集、買出し、料理のすべてを把握する必要があるのです。
味、おいしさなどいえなくなりますよ。ケンコウでも「糖尿病のメニユーから乳製品、卵、砂糖製品などを省いてこらんなさい。餌に近い味ですョ。(病院食通い例です)
「おひとりさまの老後荷ならないように、料理をしてください。

選択、食べ物のりみさん

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

皆さん本人がやればいいといわれますが、大きい目的もあるのですよ。
自分の身体は中年以上となれば、健康管理食にならざるを得ない。
うまいものは食べられないことを自覚です。
男は論理的ですから、数値管理です.カロりー計算、材料を見ただけでカロリーと栄養がわかるようにする。
となれば、「自分の健康は自分で管理する以外ない」。料理の選定、レシピの収集、買出し、料理のすべてを把握する必要があるのです。
味、おいしさなどいえなくなりますよ。ケンコウでも「糖尿病のメニユーから乳製品、卵、砂糖製品などを省いてこらんなさい。餌に近い味ですョ。(病院食通い例です)
「おひとりさまの老後荷ならないように、料理をしてください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

美味しい時には「美味しい!」と言うけれど、美味しくないときは「黙って食べる」(黙々と?)という旦那様って世の中に多いのかもしれませんね。
でも妻は(というか私は)美味しくないときも美味しくなさ加減について話がしたかったりもして、黙って食べられると辛いです。

美味しくなく作ろうなんて思っていないのに、時々は変なものが出来てしまうこともあって、ごめんなさいです。

30年も不満を持ち続けてこられたなんで、もし私が奥さんだったらショックです。
味覚が違うとしたら、それは美味しくないのではなく感覚の違いだから、こうしてみてって伝えるしかないでしょうね。
それが伝わらないとしたら、我慢するかご自分で作るしかないではないですか。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ご回答有難うございました。
妻の気持ちよくわかりました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

おいしいものをいっぱい作ってあげてご主人を成人病にさせてしまった
友人二人知ってます。料理の大家の先生の下で学び、毎日が懐石料理やフルコースのようでした。痛風、高脂、高血圧・・・美味しいものは得てして体に毒なことも・・・よかったですね。粗食も体にはよかったかも。舌の満足より、まず健康ですものね。考え方として・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

料理という聖域?を夫に奪われた専業主婦です。
といっても、結婚当初、共稼ぎで、料理に失敗して以来、
夫がお酒を飲みながらずっと作ってきました。
でも、私の得意な料理では私が腕をふるいます。

あなたも、ご不満があるのでしたら、奥さんの料理を奪って
ご自分で作ってみてはどうでしょう?

料理って、けっこう頭も体も使うから楽しいですよ。
それに、男性の創意工夫にはいつも驚かせられます。
こういう風にしてもらいたかったという気持ちがあれば、
ぜひチャレンジしてみてください。

男子厨房に入らずというのは、昔のことです。

厨房とは、楽しいところ、ぜひ、奥さんの場所に入り込んで
ください。

夫はかつて、某メーカーのアイデア料理大賞の最終選考に
残りました。
やればやるだけ、のめりこめますよ。

ちなみに、夫は、一人では作りません。料理は人に食べさせ
喜んでもらえるというのが生きがいみたいだと思います。

奥さんも、食べてもらってうれしいという感覚、忘れてしまった
のでしょうか、残念ですね。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ご回答有難うございました。
料理を作る生きがい、同感です。
ご意見充分参考になりました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

僕は大阪、船場育ち、女房は奈良の出身で味付け一つでも異なりました、女房も一生懸命に作って居るとは思いますが「美味しくない」と思えばその場で指摘します、そして美味しいと思う店に連れて行き味を覚えさせる、僕は馴染の割烹や料理屋で懇意にして居る板前に一寸だけヒントを女房に教えて貰う様に頼んだ事が有ります、又僕が作る料理を食べさせます、こうして20年経つ頃からかなり上達して女房が自分の母親や姉妹から誉められるまでになりました、女性が自分の家で覚えた味付けを変えさせるのにはかなり時日を要しました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ご一緒に台所に立ち、お二人で料理を楽しみましょう。
(どんな事も、口先はいけませんね)

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
挑戦してみようと思います。
ご意見有難うございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

結論から申しますと、妻の料理の仕事を奪ってみてはいかがですか。つまりそちらが料理人になるのです。

一般的にいって、男の人は料理の上手な人が多いですね。一流のコックさんなどはどの国も男性が多いですよね。男性はやりだすと何でも凝ってしますタイプが多いので料理でもそうだと思います。

反面、女性は料理だけでなく他の家事仕事などもあるので料理だけに専念できないというのがあります。

それに女性にとっては料理にあまり興味がなく、料理センスがない人もいます。これは一つの才能もありますので、是非、貴方が代わりに料理人になる事をお勧めします。そうする事によって、料理のできに文句を言う事もなくなるし、夫婦が円満にいく事になるかもしれませんね。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
今までの自分を反省しています。拝見してよーくわかりました。
皆さんの暖かいお言葉に、感謝しています。
有難うございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

口にあわない料理は残してもいいと思います。残しませんとまずい事伝わりません。思い切って残しましょう。しかし、おいしい物にかんしてはおいしいおいしいとオーバーに表現しましょう。そうすればもう飯はつくらーん!といった怒りもおきません。
こうしたらいいと思う料理についてはご自身で作ってさしあげて、奥様の料理との違いをご本人に気づいていただき、実はこういう工夫をしたんだ、という事を食べながら独り言のようにいってみるのはいかがでしょうか。

努力を強要されると抵抗がありますが、共同でするのであればうけいれやすいとおもいます。

おやくにたてなかったらごめんなさい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
具体的にありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

料理は妻がするものだ、という固いお考えなのでは?と見受けられます。
奥様の料理に不満がおありなのでしたら、
いちどご自分が、料理されてみては、いかがですか。味にも人によって好みもあると思いますので、
ご自分が納得いく味にしたいと思われるなら、ご自分が作るのが最良の策だと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

まりもさんのご意見に賛成です。

>料理の勉強をしてもらって改善してもらいたいとは
あなたが料理の勉強をして、自分で作ればいいだけの話です。
あなたがスタンスをかえればすぐに解決する事柄ですよ。

そういう不満をお持ちの方は多いとは思いますが、普通はそんなことをこういう場では出さないと思います。

相当な時代錯誤的なお考えをお持ちのようで、びっくりしました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

まりもさんの意見に1票を入れます。

奥様が専業主婦かどうかでも、少し気持ちの対応も違うかなと思います。
もし彼女がお仕事を持っておられるのなら、なおさら貴方が一度お料理を
作ってお手本を示したらいいと思います。
(ついでながら)女が365日、食事の支度をするということは、簡単なようで
大変なことです。一度体験してみることも、奥様の苦労が分かり良いと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私もまりもさんの意見に1票です。

女性だから誰しも料理が好き、上手なのではありません。やる気とセンスと、各々の味覚によっても、出来た物がおいしいかどうかは分かれます。
私事ですが、嫌々作るとおいしくないんですよ。煮物ははっきり味に違いが出ます。

ご自分の好みに合うものを作って欲しかったら、おいしいレストランに連れていく、自分で作って食べさせるなど、具体的に感じてもらいうのはいかがでしょうか?

月に1度くらいは夫が料理をして妻に振る舞うのも喜ばれると思いますし、買い物から後片づけまで自分でやれば、妻の料理が出来るまでどれだけの作業があるのか判っていただけると思います。 
15分で食べて消えるものに、合計2時間くらい掛かると思ったことはありますか?毎日の事なので意外と頭を悩ます事なんです。

ぜひ一度料理して、体験してください。
貴方にとっても「新鮮な面白いこと」になるかもしれません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

まりもさんに一票。
最初は週一回。
からスタートすればどうでしょうか?

徐々に回数を増やして、あなた様の腕をふるってください。
健闘をお祈りいたします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

贅沢な考えであきれます。今は奥様が健康で良いですがもしご病気になられたらあなたが食事を作らないと.どうするんですか?..又たまには奥様に生き抜きを...その愛情が全く欠けてます。毎日の献立を作るのがどれだけ大変さがやってないから解らない。まずくても嘘でも褒め方も工夫したまには褒めてやらないとやっておられませんよ。私の日記の主夫家事奮戦記でも読んでください。(家事の実感体験より)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ご自分で料理という手も有りですが、時々は美味しいものを食べに連れて行きませんか?
そして、お2人で感想を話し合ってみましょう。
そうする事で少しずつ貴方の好みを奥様に覚えてもらいましょうよ?
本当は旦那さんが料理をする様に成ると奥様に喜ばれるんだけどなあー!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私もまりもさんの意見に賛成!
だいたい、何もやらない人が文句をいうんですよね。
手作りでないと食べないというのも何もやらない人!

私はフルタイムで通勤時間往復3時間かかり、メニューを考えて、買い物をして、あわただしく食事の支度、片付け・・・ヘトヘトですよ(食費は私もち)。
それなのに、「愛情がないからいつになっても上達しない」なんて言われたら、切れますね。
結局別居して、今は私は楽チンな食生活(全て手作り)。あちらは今まで何もしなかったから超大変みたいですよ。

質問者の方は「かばってやらないといけないと思う心が負けてしまう時があります。」というやさしい気持ちがあるようですから、その気持ちを、気持だけではなく表現してみたらいかがでしょうか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
皆さんのご意見有難うございます。
私の理解が足りなかったと反省しています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

35年主婦をしています。その間兼業主婦の時代もありました。慌しくお料理をしてしまった時期も・・・また市販の惣菜で賄った日もあります。しかし主婦業は料理だけではありません。その上私達年代の夫はどちらかと言うと「男子厨房に入らず・・・」が未だ残っています。その癖・・・一応亭主関白を気取って味に五月蝿い。「つべこべ言う前にお前さんが作りなさいよ!」って言いたくなるのをじっと我慢して・・・35年。今操縦法を間違えたと娘に言われます。
絆です・・・絆を大切に思うなら 時々の美味にうーんとご褒美の誉め言葉を羅列してください。それがどれ程嬉しく妻の心に響くか・・・
妻もです。お昼寝している背中にちょっと掛けてくれる毛布の一枚・・・その心に「ありがとう!」の投げキッスでも・・・・して見ましょう。
体制は随分変わりますよ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

もう締め切り後ですが。
料理というのは不思議なもので 同じレシピを見て作っても、仕上がりは驚くほどに違う場合があります。
「料理は心」とは 使い古された言葉のようですが、まさにその通りなのです。
私の尊敬するRさんは 青年相談員をされています。
子どもの素行に悩む親御さんが毎日大勢相談にみえます。
彼女はまず親御さん(主におかあさん)に
「お弁当は作っていますか?」と尋ねるそうです。
「はい。」と答えるかたには 心配ない、自信を持ってください。と言うそうです。
今は、迷っているけれど、子どもの心は絶対に折れない。
そう言って励まされるそうです。そして、それはたいてい間違っていない。
それは長年の結論だそうですよ。

30年ものあいだ、料理が不満。
これはもうすでに 料理の問題ではないのではないかと感じました。
30年間、あなたに美味しいものを作れない奥様の心。
何故、少しずつでも変わっていかれなかったのか、、、。
それは あなたにしかわからないことではないでしょうか。

料理というのは不思議で、楽しいものです。
レシピは紙に書かれたガイドにすぎません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「料理は妻がするものだ、という固いお考えなのでは?と見受けられます。
奥様の料理に不満がおありなのでしたら、
 いちどご自分が、料理されてみては、いかがですか……」
 の意見に半分賛成です。
 奥様が、専業主婦なのでしたら、家族の意見も取り入れるべきでは。おおらかと、大雑把は違います。
 会社員も、家事もも立派なお仕事。
 これが仕事だったら、違う意見だと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

おいしくないものをおいしくないといわないのは問題です。

ただ言い方は建設的でなければなりません。
つまりその料理のどこをどうすればどうおいしくなるのか。
そして次回はそれを楽しみにしていることも伝える。
次回はそれができていればほめる
しかし、もっとこうするともっと良くなると伝える。
この繰り返しです。

私は自分の妻だけでなく人のうちでも言いました。
ただし今後も付き合いが続くであろう家では。

そして妻にも、その家でも
いま私が述べている考え方を述べます。

つまり付き合うたびに喜びが深まる関係になりたい。
と。

二度と来ないはずの家では何も言いません。
場合によってはまずくてもうまいといったかもしれません。

自分が作って見せるのも方法です。
初めて作っても、
たまにしか作らなくても
妻のよりうまければ、
工夫の余地があることを知ります。

そして外に出た時は
その料理では、一番うまいところに連れて行きます。
それは国内外を問わずです。
それぞれの土地でなければ味わえない味というものがあります。
その味を二人で覚えて、家庭ではそれに磨きをかけます。

さらに、家にはしょっちゅう人を呼びます。
すると、ほとんどの人がうまいうまいといって食べます。
妻は有頂天です。
私ひとりが問題点を指摘します。
もちろん本当にうまい時はそう言います。

次はもっと工夫します。

そうなると
通常の外食なんかとてもする気はしませんよ。

結婚当初、全く味音痴でしたが、
最後にはどこの家庭に行ってもすぐ厨房に入って、
妻どおしにぎやかにやっていました。
そこでまた料理の品数が増えるのです。

関連するお悩みはこちら

回答受付中
回答数 12

飼い犬に手を噛まれる

飼い犬に手を噛まれる という諺がありますが、自分が飼っている犬に手を噛まれたという人はいるんでしょうか? この諺は自分が飼っている犬に噛まれるという意味なのか、他人が飼っている犬に手を噛まれたという意味なのか、どちらなんでしょうね? 自分が飼っている猫に手を...

回答受付は終了しました
回答数 2

ローンで買う理由は何?

この場合、住宅ローン、学資ローンは、省きます。  この質問の対象は 買っても買わなくても、生活に支障が無い商品です。  例えば、 テレビがちゃんと映るのに、ローンで新型に買い換える  車が壊れていないのに、ローンで買い換える。  スーツがあるのに、着物を...

回答受付は終了しました
回答数 17

家の片付けが下手で困っています。

家の片付けができません。 綺麗に掃除して、上品に飾って生活したいのに、物が多くて散らかって片付きません。 仕事や洗濯・食事作り、毎日の3個の弁当作り、と頑張っていますが、家事は最小限、特に片付けが下手で困ります。 片付けが下手だったけど、克服した方がおられたらご...

回答受付は終了しました
回答数 3

分かって 全く わかりません

血液をサラサラにする、よく聴くフレーズですか、これって何を 持って濃いのか!サラサラなのか!測定器があるのですか?

回答受付は終了しました
回答数 21

食材宅配はどうですか

62歳の男性です。籍を入れないまま10年間一緒に暮らした女性と近く別れる決心をしました。理由は彼女の経済観念のなさや、あまりの自分勝手な言動に2~3年前から迷いに迷った末、やっとひとりで暮らす決心をしました。彼女には相応の手切れ金を渡して出て行ってもらうつもりです...

回答受付は終了しました
回答数 7

太っているより痩せた方がいいよね?って

そんな実例を教えて下さい。 今、ダイエット中ですけどあと少しのところで停滞中です。 ダイエット成功者の方、太っている時より今の方が 断然〇〇が良くなったとか、こんないい事があったとか教えて下さい。 太ってた時では分からなかった良さなど。 また、いつもスリムをキー...

お悩みQカテゴリ一覧