趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

やばい〜 南シナ海の南沙諸島占拠と同じやり方じゃ〜

[ニュース・社会・政治]

中国報道によれば、今日から禁漁解禁で尖閣方面に、無数の中国漁船がやってくるらしい、それを保護するという目的で軍艦を改造した漁業監視船が随行して来る。 雲霞のごとく押し寄せた場合の対処は?        領海に入るなといっても 帰れといっても、聴く耳持たぬ犯罪集団 政府主導だから尚更たちが悪い 強制排除は人が死ぬかもしれない、                デモのスローガンに「殺光小日本」=「日本人皆殺し」とか「琉球諸島はすべて中国のもの」と物騒な言葉が飛び交うかの国は 今後、どんなシナリオが描がいているのか教えてだれか?

閲覧数
157
拍手数
1
回答数
2

回答する

回答受付は終了しました

回答 2件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

やばい?
想定外と言う事ですか。
このコミューでも 沈静化を謀る人もいますが 何も分かっていません だめなんです。
理由 
我々は アジアで唯一 民主主義が 成熟期に 入っている 国なのです。
かの国は 国も国民も 民主主義の 入り口にも 達していません。
国が国民の不満を 日本に向け ガス抜きを 謀るような国では
民主主義は成り立ちません。


日本を誹謗する 教育を 国家がしているいじょう 当然 国は 企業は 
今回のことを 想定内に 入れなかった こと自体 大いなる怠慢である。
漁船の件ですが
不測の事態は 避けられない

かの国によって 決断させられるのか
日本国が決断してしまうのか
決断させられると言う事は 自体を甘く見て すでに後手に
回ってしまって 引かざるをえない状態になり  
島は何千の かの国の人民で 埋め尽くされている 
状態を言うのである。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

う〜〜〜ん
確かにヤバイ。
シナリオは無い。
海軍増強、海域覇権の方針は間違いなさそう・・・・・・・。

政権維持の為に日本バッシングで注意を向けようとしていた。
バッシング用員は国内政権に対する不満を愛国無罪の名の下に日本国や日本人に対する怒りのように見せかけ暴徒化してしまった。

呉越同舟のような気がします。
いずれ、中国政権に矛先が向かうであろうと思います。
ジャスミン革命の始まりなんでしょうね。

それとは別に海益の派遣を拡張路線が進んでいる。

グニュグニュのワヤワヤで進んでいる。
もう何が起こっても不思議は無い。
早く中国を脱出をすべきですね。

ネット情報の発達により情報統制はやってもやっても利かなくなっているみたいですね。
五毛党なんぞは機能しなくなったみたい。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 6

日本学術会議

日本学術会議の会員任命の件で、 野党とマスコミが批判し大騒ぎしてますが、 拒否された学者は論文も書いてない、また論文を書いてても その論文の引用回数も限りなくゼロに近い学者達。 要は研究もしてないし、論文書いても誰も引用されない クズ学者。 拒否され...

回答受付は終了しました
回答数 4

アマゾンのジャングルの中の

孤立した部族の中の一人が、コロナで死んだって、どうしてわかったんだろう? まるで、オオカミ少女のフェイクみたいじゃないか?

回答受付は終了しました
回答数 8

国民投票について

 憲法、税金、年金、教育費、予算、その他重要な事は、国民投票が良いと、私と私の身内は、考えています。  方法は、ネット投票(パソコンとスマホ)+アナログ生活の人だけ、役所に投票に行く。   マイナンバーを有効に活用すれば、1台の通信機器で、在宅で数人の投票が可...

回答受付は終了しました
回答数 7

坂上忍が降板する?降板させられる?

今日、ネットニュースを見ていたら、「坂上忍が降板する。」と言う標題が目につき読んでいたら、ゲスト出演者に嫌われて断られるケースが増えているようですね。 お笑いの大御所と言われる「たけし」「さんま」「タモリ」にも嫌われているとのこと。 最近は視聴率も下降の一途だそ...

回答受付は終了しました
回答数 3

机上労働とAI

薬剤師の業務をAIがこなしているところもあるようで、AIの進出はすざましいものがあります。 現在リーマンの仕事で、机上労働でAIにとって代われない業種ってなんでしょうか?

回答受付は終了しました
回答数 3

安倍首相や自民党はウソつきの公約違反ですか?

今朝ニュースで、アメリカ議会がTPP交渉のためのTPA法案を可決し成立すると報じていました。 それに対して安倍首相は、官邸で記者団に、米議会上院が大統領に通商交渉の権限を一任する「貿易促進権限(TPA)法案」を賛成多数で可決したことについて 「大きな前進であり歓...

お悩みQカテゴリ一覧