趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

閉経すると女性ホルモンは無くなるのですか?

[健康相談]

私は57歳。55歳で閉経しました。
仕事が忙しかった為か更年期障害はありませんでした。
この前子宮がんの検診に、婦人科へ行きました。
開業医で、お産はやっていません。
女の先生で、女性ホルモンの事を私が言ったら、「あなたに女性ホルモンなんて、もう有る訳が無いでしょう!ははは 。」看護婦さんに向かって「ねえ。ふふ。」って言われました。
女性ホルモンは閉経すると無くなってしまうのですか?
色々調べてみましたが調べ方が適切でないのか答えが出ません。
ご存知の方教えて下さい。
よろしくお願いします。

(1月28日 23:12 追記:)
お答えいただきありがとうございました。
私も閉経すると女性ホルモンが少なくなるとは、思っていましたが、全く無いように言われ、バカにしたような言い方をされ、凄くショックでした。
皆さんから回答をいただき、スッキリしました。今のところ体の不調は有りませんので、来年子宮がんの検診に行く時は他の婦人科へ行く様にします。
ありがとうございました。

閲覧数
902
拍手数
0
回答数
6

回答する

回答受付は終了しました

回答 6件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

会社で医療業務に従事している川瀬と申します。医師免許はありませんが、閉経とともにホルモンの分泌が減少する事は知られています。卵胞ホルモンと黄体ホルモンです。まあ医師の間ではエストロゲン・プロゲステロンと呼ばれています。エストロゲンの減少は乳がんの危険因子を高めることがわかっています。しかしエストロゲンの過剰投与は子宮ガンの危険因子を高めます。難儀な話ですがホルモン療法で発ガン率を低下させることができます。ただし、危険を伴いますので医師のインフォームド・コンセントを受けて下さい。また低容量ピル(経口避妊薬)が子宮内膜症発症率を低下させることが欧米で研究されていますが、我が国の厚生労働省は認可していません。参考意見です。婦人科の先生の指示を御守り下さい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
詳しく教えていただきありがとうございました。
今度は、何か有ったら、他の婦人科に行くようにします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

少なくなるようですが、なくなることはありませんよ。
先日の新聞に、大豆製品を定期的に食べると、女性ホルモンが少なくなっても、補うことができるそうです。
一度にたくさん食べずに、毎食に食べるのがいいそうです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
少なくなるのは何となく知っていましたが、全く無いような言い方をされて、その言い方がショックでした。
毎日納を食べるようにしています。
他に一杯薬を飲んでいるので、食品で補える物は、食品で摂らなくてはね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

平均値はいえても、一概には何歳とは言えない筈です。

個体差、妊娠出産回数、ストレス、喫煙等関係もあるでしょ

う。

また、その女医のところに行くのは、もうよした方がいいで

す。

内分泌専門医にかかりホルモン療法などをキチンと指導な

り、治療をして下さいね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

女性ホルモン様物質というのがあります。

タイのヤム芋、柘榴、大豆のイソフラボン等がそれにあたります。

毎日、豆乳一本で充分です。

漢方でもお手軽なツ〇ラの23番、24番、25番は保険がききます。

こういった情報を下さるのが町医の勤めだと思ういまよ・・・・

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
今は体調が良いので、ホルモン治療をすすめられたら、内分泌専門医に行くようにします。
私の行った婦人科はとても有名な先生です。
だからショックも大きかったです。
ただ子宮がんの検診に行っただけなのに。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

限りなく少なくはなりますが、無ではありません。

女性ホルモンの代わりをしてくれるのが、副腎皮質ホルモンです。

その変わり目がスムーズに行かない場合「更年期障害」がでます。

質問者さんは、とてもスムーズに行ったのですね(^^)

こういった事を説明する時間が無いのなら・・リーフレットのようなもの

を下さるのが親切な「お医者さん」です・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

余談になりますが、知識として知っておいて下さい。
ホルモン療法は長期間続けると、副作用で肝臓に障害が起こることがあります。 これはホルモン療法を始める時に医師からも説明があると思います。 (・o・)b
豆乳や漢方薬で症状が緩和するのであれば、その方が体への負担は少なくて済みます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

説明を受けえた上で、お願いするかは患者さんの考えだと思います。

殆どの薬といわれるものは、副作用があると説明されていますが、

クォリティー・オブ・ライフの見地では特別な体質は除いて、

日常の快適さを望むのが普通でしょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

人間、嫉妬すると嫌味の一つでも言いたくなるもんです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
お答えありがとうございます。
ちょっと意外な答えで、趣味人倶楽部ならではの答えでしょうか?
私は真剣に質問しました。
あなたの答えに拍手までした方がいらっしゃる
先生は、私に何を嫉妬したのでしょう。
嫌味を言われる要素が私にあるのでしょうか?
この先生は有名な方で、名誉も、地位も、美貌も全て私より勝っています。
いい加減な回答をしないで下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ホルモンと言うより更年期障害ですね。お大事になさってください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

鍼灸師の資格を取るのに生理学を少し勉強しましたが、閉経後女性ホルモンの分泌が減少するので、更年期障害(昔は血の道症と言った)とか骨粗鬆症といった問題が起こると習いましたが、女性ホルモンがまったく分泌されなくなるとは習いませんでしたよ。
それに、一緒に勉強していた方で50代後半の女性もいましたが、鍼の練習で自分の足の三陰交(ツボの名、さんいんこう)に鍼を毎日打っていたら、閉経していたのに生理がまた来るようになったと言っていましたよ。

画像は私の左足です。内くるぶしの上、指4本の場所に三陰交があります。
余談ですが、私は先端恐怖症のため鍼が嫌いなのでお灸を使います。
中には居るんです。鍼の嫌いな鍼灸師も・・・

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
若さ(?)と、健康を維持する為に、実践してみます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

はじめまして。
薬剤師で医科学修士で開業カウンセラーの洋子です。
閉経後、女性ホルモンは皆無になるのではなく、とても少なくなります。
下記サイトが参考になると思います。
http://konen.tavell.net/horumon.html

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありがとうございます。
凄い言い方をされてショックでした。
INも調べ方で知りたい事が分からない事が有ります。
良いサイトを教えていただきありがとうございました。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 3

眠りが浅くて 困ります

眠りが浅くて 寝付いても2時間ほどで目が覚めてしまいます。 携帯端末など 操作していると すぐ 寝てしまっています 映画を見ていてもすぐ眠くなります それが 2時間ほどで目が覚めてベットに入って起きるまでに 4回は目が覚めてしまいそのうち2回はトイレに行来ます 睡...

回答受付は終了しました
回答数 4

股関節痛を 直したいのですが

ダンスを長く続けていますが ある時から 踊った後 歩きにくいほど 左の股関節や腰の部分が痛みます。 また、踊っている最中に左足や左の太ももがこわばって 足が上がりにくい事がよくあります。 なにか 痛みを軽減する方法を教えて下さい。

回答受付は終了しました
回答数 4

眠気が取れない時はどうしてます

表題の通りです。 睡魔に襲われない為には・・・ 睡魔に襲われたら・・・ どうしてます?お知恵を下さい。

回答受付は終了しました
回答数 8

引きこもり

大人の引きこもりは病気ですか?

回答受付は終了しました
回答数 9

ボケ防止対策???

齢を重ねると身体の機能も徐々に低下するのは仕方ないと思いますが、できればボケだけは避けたい と 思っています。 Q&Aの華麗衆の皆さん(ボケている方、少しボケている方も歓迎)は  どのようなボケ防止対策をしてますか?   (試してないがお奨めも可)

回答受付は終了しました
回答数 1

肌断食の時期は

真冬に、肌断食をやってもよいのでしょうか?

お悩みQカテゴリ一覧