趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:シオンさん

どう生きたらいいのか

[人生相談]

昨年 娘を自死でなくしました。
あれから 一年以上 なんとか生きてまいりましたが
最近 ふっと 死にたくなる時があります。
他の子たちの為にも生きなくてはならないのは分かっているのです。
亡き子の菩提を弔うのは母親である私の務めである事も分かっています。
医者に行け というお叱りもあろうかと思います。
宗教にすがったり 巡礼をしたりしても  心は欠けたままです。
心が満たされる事は二度とないのは分かっていますが
欠けた心のまま 時々死にたくなりながら 毎夜号泣しながら
それでも 生きていくには どうしたら良いのでしょう。。

(4月29日 20:17 追記:)
ご回答くださいました皆様 ありがとうございます。
実は このような質問に 不愉快だ との回答があるのではないかと 恐々拝見いたしましたが
そんな心配もなんのその。。
暖かいお言葉の数々に 涙があまりにも出すぎて 返答ができかねております。

少し 心が落ち着きましたら ご回答くださいました方々に お礼かたがた ご返礼させてくださいませ。
すみません。。 
そして ありがとうございます。

(5月4日 23:15 追記:)
書き込みいただいた皆様
ありがとうございます。
苦しい胸の内を語り 私に置き換えてくださいました方々
ありがとうございます。
これこそが わが事のように とご心配くださった証と存じます。
子を亡くした 見ず知らずの母の悩みに対して、
真摯にお答えくださり ありがとうございました。



皆様の書き込みで そんな言葉を思い浮かべました。

今の私にない物が 「標」です。
行くべき道を指す 道標
おのれをささげる 澪標

標とは 人そのもの 人生そのもの 指し示す道を知る人の心 そのものです。

自分の「標」を探りつつ 
より良い生をまっとうできた時
もしかしたら 自分を 許せるのかもしれません。

今はまだ 亡き子に会いたい気持ちばかりです。
ですが  会いたいけれど 思い通りにはいかないのも事実、 
きっと この先も 気持ちは揺れ動くでしょう、
ですが ここで 皆様からいただいた暖かいお言葉 励ましのお言葉をわたくしの宝として
きっと 再生いたします。。
短い間でございましたが 皆様のお言葉を胸に深く刻み
明日のわたくしを 生きます きっと 生きてまいります。


大切な宝物をくださり ありがとうございます。

閲覧数
3908
拍手数
32
回答数
28

回答する

回答受付は終了しました

回答 28件

ペンネーム:ビーンズさん

辛い地獄のような日々でございましょう
よく頑張っておられますね。ご立派です。

私の姉は事故で長女(34歳)を失いましたが
次女三女が、そばで慰めてもダメでした。
もちろん、その子達のその気持ちは嬉しいんですよ。
その時ばかりは姉は笑顔にもなりますが
やはり一人になるとダメでした
実の姉妹の私たちには心を閉ざしてさえいました。

お嬢様も今のお母様の姿を知っていたら
けしてそんなことはしなかったと思うのです。
きっとその時はご自身の心にとらわれて
苦しくて苦しくて選んでしまった道なのでしょう。
そうなのです
お嬢様も、相談者様も、何も悪くないのです。
その時が苦しくて辛くて、、、
間が悪かったとしか言い様がないと思います。

どうぞ、お母様は
残ったお子様に倍の苦しみを与えない
その強い決意だけでいい。頑張ってくださいませ。

神様はけして意地悪ではありません。
一年、二年と辛い日々は続くでしょうが
一生、今のままということはないと思います

時間という、素晴らしいお薬があります
即効性はありませんし、けして完治はいたしません。
お嬢様の笑顔の思い出だけを抱いて
心穏やかに暮らせる日がいずれ来ると信じて
お辛いでしょうが、頑張って日々を積み重ねてくださいませ。

お嬢様が今、心穏やかにいらっしゃられることを、心より願っております。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ビーンズさん

暖かいお書き込み ありがとうございます。
どのお言葉も 今の私には 特効薬のような効き目です。
涙があふれてしまい 思っている事がちゃんと書けません事をお許しくださいませ。

子供を失う事がこんなにつらいとは 思いもしない一年でした。
主人は私に「万一の事があるかもしれないから 覚悟しておけ」と申してましたが
その時は その万一が このような筆舌に尽くし難いものだとは想像すらできませんでした。
思い出すのは あの子の可愛い笑顔 笑える話 友達との会話 彼との楽しい話 などなど・・
本来なら もっと楽しい青春を送る筈だったのに 送れるはずだったのに
あの子は 自分の命を閉じてしまいました。
せめて あの子が見せた弾けるような生き生きした笑顔を残したくて
小さな頃から亡くなる直前までの笑顔の写真を集めて アルバムを作ってもらいました。
そんな事をしても 亡くなった子は戻りませんが あの子が生きた足跡をどうしても残したい一心でした。

>残ったお子様に倍の苦しみを与えない
>その強い決意だけでいい。頑張ってくださいませ。

あの子が亡くなった時 強くそう思いました、自分は決してこんな哀しみを人には与えたりしない と。

時が経つにつれ その気持ちは段々と薄れ あの子と同じような人生の終わらせ方を探る自分でした。
自分を終わらせたいと思った時は ビーンズさんのこの書き込みを再読して 思いとどまります。
これからの日々も今まで同様、簡単にはいかない事と想像できますが
この お励ましを心にとどめ 決して自死する事がない自分になれるよう 過ごしてまいります。

心を救ってくださる書き込みを ありがとうございます。
深く 深く 感謝いたします。

ペンネーム:ビーンズさん

頑張ってくださるとのこと、何より嬉しいです。

私は学がありませんので、確かなことは言えませんが
きっともう少し頑張れば(時間をかければ)
すべてを受け入れて、前に進むことができると信じております。

お嬢様の選んだ道を怒っていいんです。
辛くて、お嬢様に寄り添いたいと願うのも自然です。

でも、お辛い今のその先には、
きっと残ったお子様たちの明るい未来があるのです。
お嬢様を想う悲しい気持ち以上に
相談者様の暮らしを、明るく照らしてくださると思うのです。

ご主人様、お子様たちと共に、あと少しです。乗り越えてくださいませ。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ビーンズ様

暖かいお言葉をありがとうございます。。
浮き沈みしながらでも いつか 少し浮いていられる自分になれますよう
毎日 精進しながら過ごしてまいります。

あなた様の書き込みは どれも 私にとって 宝物です。
決して忘れる事がないよう 大切にさせていただきます。
こんな素敵な宝物を見ず知らずのわたくしにくださり、
本当に 本当に ありがとうございます。

ペンネーム:タイムさん

自死で子供を亡くすとは本当にお辛い事でしたね。
行って抱きしめてあげたい思いに駆られています。
ご主人様や他のご家族は、慰めて下さるのでしょうか。
家族や関係者の誰もが同じ苦しみを背負っていますね。
苦しいのは当たり前ですが、ご主人やその子の姉妹も
その思いの強さは測れない程悲しい苦しい思いでしょうね。
貴方が辛い事も有りますが、貴方の落ち込む姿は他の
家族の苦しみの上にかぶさっています、一人だけが苦しい
のではなくご家族みんなが苦しんでいます。
考え方を少し自分が生かされている事、今いる家族の為に
生きる事が結局自分の為になる事を考えて下さい。

ペンネーム:シオンさん

相談者
タイム様

お書き込み ありがとうございます。

>行って抱きしめてあげたい思いに駆られています。

嬉しいです、そのお言葉で どんなに慰められる事か・・

私だけが悲しいと思っていてはいけないですよね。
愛すべき子供を亡くした夫と私、
 お互いが悲しい思いを抱いた同志と思っております が・・・
企業戦士のせいか なかなか相手は手厳しく 決してブレないのですが
ふと 俺だって 空元気だよ 俺がブレたら 生活していけないだろう と・・・
主人も 哀しくて 哀しくて きっと 私のようにさめざめと泣きたいのを堪えているのかも知れません。
明日は海を見に行きたい とつぶやいていた夫に従いGWの家族サービス いたします。
海には 幸せだった頃の家族の思い出が たくさん たくさんあるから
きっと 行きたくなったのでしょう。。
そんな夫の心に 寄り添いたくなりました。

ありがとうございます。

ペンネーム:イノリさん

ふっと、死にたくなりますよね。

いつかは、きっちりと死ねるのだから、とりあえず、ふっと死ぬのは、やめにしておこう。

私は、呪文のようにそう、唱えることにしておりました。

いづれ、ときくすりも、少しづつですが効いてきます。

欠けた心は、そっと抱えてください、

あちらで、待っていてくれる人と再会できた時にこそ、
埋まる欠片、大事な証です。

生きてみたかったであろう人の分まで。
命を、生きてみよう。

そう思える日が来ますように。

ペンネーム:シオンさん

相談者
イノリ様

ありがとうございます。
そうなんです ふっと 何でもない事にこだわって もう死んでもいいかな なんて 命を軽視しすぎる自分です。
こんな私の子供だったから 軽率に死を選んだのかも知れない我が子。。
替われるものなら 私が死ねばよかった そう思う日々でしたが・・
過去はもう取り戻せないのも事実です。
欠けた心のジグゾーは 
いつかあの子に会った時に きっちりと返してもらいます。
そして ハグして 離さない、そう 決意いたします。

ペンネーム:ホックンさん

心ってどこにありますか?

そんなものありませんよ。

無いものなのに、「心は欠けたままです」って思うのは妄想です。

そんな、妄想を思う人はたくさんいるんですが。

妄想なので、それに基づいての考えは、破滅的で支離滅裂に成るのは、当たり前のことです。

「心は欠けたままです」っていうのは、

他人の同情を得るためのテクニックですし、

怠惰な生活をしていることの言い訳です。

多くの人は使いますが、使う事で得られるのは、多少の同情と、怠惰な生活の言い訳だけです。

そんな生活していれば、死にたくなるのも当然です。

言い訳してないで、なすべきことをひとつづつやっていきましょう。

ゴミを出すとか、掃除をするとか、ご飯を作るとか、洗濯するとか、当たり前の事を、妄想なんかしてないで、少しずつやっていきましょう。

ペンネーム:ハナコさん

私は、もう3年になります。
第一発見者なので、フラッシュバックに襲われることも度々です。

後追いもしましたが、未遂で終わりました。

人間は、時が来なければ死ねないものですね。

娘達は、その時が来たのでしょう。
それが、たまたま自死であっただけです。

貴女だけではありません。
同じ苦しみを抱えて生きている人間がここにも
います。

辛い気持ちを、どんどん吐き出してください。

共に歩みましょう。

ペンネーム:シオンさん

相談者
私は・・・
娘の亡きがらには 会う事すらできませんでした・・
警察で 身元確認を と言われましたが 
どうして どうして そんな事が出来ると言うの できる筈がないじゃない  と 警察官に向かって 号泣しておりました。。
今思うと なんと 不甲斐ない母親だった事でしょう。
ハナコ様のフラッシュバック、
どうか どうか 少しでも和らげてあげて欲しいと 神様に祈りたいです。。

私も こうして 皆様の苦しい胸のうちを拝読させていただき
暖かいお言葉をいただく中
生かされている自分を感じます。
時が来ないと死んではならない と ごく当たり前の事を忘れてはならないと 想い知らされされます。
同じ哀しみを抱きつつ ともに 歩ませてください、
前に進むことは難しいですが 歩みます。

ありがとうございます。

ペンネーム:ココロさん

身内で娘さんを亡くされた人がいます。

それから10年たって、笑えるようになっていました。

受け売りですけど・・人って肉体の死で死ぬのではなく、周りの人に
忘れられてしまったときに、本当に死ぬと。

たくさん、泣いて、泣いて、思い出してあげてください。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ココロ様

ありがとうございます。
沢山 泣きます まだまだ泣きます 
泣いていないように見えても 見えない涙がずっと溢れているのです。

10年経って 少しでも 笑えたら ちょっとだけ ほめてくださいね^^

ペンネーム:ブブブコさん

私も実兄を自死で亡くしました

32歳でした

母は3年悲しんでいました

でも娘(姉)の家族の問題続出で悲しんでる間も無く母も姉も精神的に追い遣られ悲惨でした

私事で何ですが、、ウチの不幸な問題の影響がなければ
良しとせねば、、有難いと思ってポジチブに生きて下さい

とは言うものの、、私も亡姉の事では毎日慙愧の念に堪えない日々を送っています。。老醜の事も有り早くお迎えが来てほしいものです。。(*_*)
長生きしたい人の気が知れませんわ(>_<)

ペンネーム:シオンさん

相談者
ブブブコ さん

お母様のお悲しみは お恐らく3年どころではないのかも知れません。
お母様の御心中を思うと どうお慰めしたら良いのか・・・
母の悲しみは 時と共に自分の中に沈み込んで やがて自分と同化していくのだろうと 推察いたします。
子供の死が根底にずっとある そんな人生なのだろうと思うのですが それは まだ そこまでに至らない私の想像でしかありませんが
哀しみは きっとどこまでも 親と一緒にあるのではないかと・・
お姉さまが亡くなられ 慙愧の念がおありとの事、
私も長生きはしとうはございませんが 
さりとて自ら死するのは家族への裏切り 悲しみの連鎖となりかねませんので
お互い より良く生きて 天寿をまっとういたしましょうね。。
お辛いのに お書き込み ありがとうございます。

ペンネーム:ケイケンさん

そんなに毎日泣いていると娘さんが心配して
天国に行けないですよ
後ろ髪引かれるて言う言葉ですよ
娘さんを成仏させて上げてください。

ペンネーム:タロウさん

愛する家族を失うのは辛いです。

私の場合は祖母でした。

物心ついてから私の事を影になり、日向になり精神的に支えてくれました。

生きている間はその存在の大きさがわかりませんでしたが、失ってみていかに大切な人だったのか・・・身にしみてわかりました。

あれから早いもので18年経ちましたが、愛する祖母は現在も私の心の中で生き続けています。

亡くなって何年間はやりきれない想いで祖母を偲んでいましたが、18年経った現在は「おばあちゃんの孫で良かった」と心の底から思っています。

長くなりましたが、辛い気持ちを切り替えるのは個人差があってこればかりは多分時間がかかると思います。

が、いつの日か立ち直られる事を心からお祈りしています。

ペンネーム:シオンさん

相談者
タロウ様

ありがとうございます。
おばあ様は あなた様を心から愛しておられたのですね、
だからこそ 何年経っても あなた様は おばあ様を亡くされた事を悼み
そして いつしか 感謝のお気持ちと変化していかれたのでしょう。
私は・・・
亡くなった子に いつか ママの娘でありがとう と言える時が来るのか それは分かりません。
あなたのママが私でごめんなさい としか思えない今、
きっと 時が 解決するのかな と 漠然とですが そう 思わせていただきました。
いつか ずっと将来 そんな日が来ます事を念じます。

ペンネーム:サクラさん

本当に苦しい、辛い毎日であるとお察しいたします。
経験したことがない人間には、本当の心の底の痛みはわからないのだと思いますが・・。
私の娘は死んではいませんが・・・
私には、他に子供もいないし、実の親からは捨てられ施設で過ごし見知らぬ家の養女になりましたが、実子が生まれ、苦の人生でした。
3人の子供を亡くし、やっと授かったたった一人の我が子にも捨てられました。

ある日突然家出し、それっきり、もう9年になります。
一切連絡はありません。私はもう死んだもの?!と思っています。
その時に、私も、毎日毎日泣き暮らしました。絶望し、自殺を決め海のそばまで行ったこともあります。
生きている時間は、生きている屍でしかありませんでした。
毎日毎日死ぬことを考えていました。
この空白、この穴を埋めるものは、何もありませんでした。

アルバムを見ては泣き、娘が使い慣れた物を見ては泣き、置いてあった服を見ては泣き、家の中で、ここで娘が小さい頃笑っていたな。
布団の中で私を求めて泣いていたな。
色んなことをふと想い出しては、泣いて泣いて泣いて過ごしました。
泣きたいと思ってはいないのに自分の意志ではないのに涙が突然でてきて、慟哭の涙を何度流したことでしょう?!

決して忘れるということはできませんが・・時間、時というものがいつの間にか涙を乾かしてくれました。

だからあなたにあえて言います。死んでどうなりますか?
世の中どうにもならないことがあるということを受け入れることしか、その苦しみを生きる力に変えることはできません。
どうせ人間いつかは死にます。死なない人間はいない。
それが明日か、あさってか10年後か・・わかりませんが・・。
その時、あの世で娘さんに会える日を楽しみに、とにかく、今日、一日生きてください。そうやって一日一日生きることが積み重なって、時が涙を乾かしてくれます。
宗教など何の役にも立ちません。
立ち直るのは自分しかない。
今の姿を娘さんは喜んでいると思いますか?
きっと娘さんは後悔しているでしょう。そして多分あなたのそばにいて、いつもあなたが泣いていることで、お母さん、ごめんなさい。ごめんなさいと涙を流していることでしょう。
笑顔を見せてあげてください!空からきっと見ていてくれます。
娘さんはお母さんの素敵な笑顔が好きだったと思います。お母さんの笑顔を見たら、安心します。お母さん、私の分まで頑張って生きて!と言っていますよ。
しばらくは時間がかかると思いますが・・。そうなって初めて娘さんは成仏できるでしょう?!あなたが笑顔で見送ってあげてください。
いつか、きっとそっちに行くからね。また会おうね。それまで、命がある限り頑張るね。そうつぶやきながら、生きてください!!
生きていることに罪悪感を感じないんでください!
娘さんはそう言ってますよ。きっと!!!
どうかお身体御自愛ください。

ペンネーム:シオンさん

相談者
サクラさん
ありがとうございます。
なんてお辛いご経験をなさった事か、、
私には その哀しみに自分の心を寄り添う事しかできませんが
きっとお嬢様はあなた様を捨てたわけではない と思います。
あの子が私とは別の道を歩んでいったのと同じように
お嬢様はお母様であるあなた様とは別の道を歩んでいらっしゃるのだと思うのです。
 
あなた様と同じく 何度と死をこの手にしようとした私は 
きっと 死ぬ事はない 今は そう言えます。
あなた様のご経験を拝読し こんなつらいお母様もいらっしゃったのかと 涙があふれて仕方がありませんでした。。
きっと お苦しい日々を送られた事でしょう、
それでも 雄々しく過ごしてこられ 私には計り知れない悲しみに なんとお慰めしたら良いのか・・
あなた様おっしゃる通り、生きている事への罪悪感も 少しずつ なくなっていける とそう信じたいです。
 あなたさまの書き込みで そう思っていいのだと ・・・
私は生きてていいのですよね・・
辛いご経験をされた方からのお言葉ほど慰められるものはございません。。
ありがとうございます、

思えば あの子は私とあまりにも似すぎていて 
ちょっとしたしぐさ ちょっとした言い回しが 本当に 私自身を映した鏡のような子でした。
私に似てしまった事が あの子の不幸だったのかも知れませんが まさか自死してしまうとは。。
今 思うのです。
あの子のそうした根源を培ったのは私自身だったのかも知れない、と。
今更 そう思った所で あの子はもう帰ってはきませんが、
残された家族には けっして けっして そのような事が起こって欲しくないので
笑顔で この苦しい時を なんとかやり過ごしていこう と そう決めました。
ですが・・・・幸か不幸か、主人がとても厳しいので 時々ぶつかる事もありますものですから。。
今日 もう少し 優しくなって欲しい旨を伝えました。
あなた自身も辛いだろうけれど 私もまだまだ辛いから 少しその厳しさを緩めて欲しい、と。
そうやって 少しずつ 今の辛さを 辛くない未来にできていけたら
いつか 自分をほめてあげようと思います。
心から案じてくださいまして 本当にありがとうございます。

ペンネーム:マコトさん

最愛の娘さんを失った悲しみの心はご本人しか解りえないと思います.
私は天国などを信じませんがそれでも父や愛犬が亡くなって
時々星空を見つめては涙することが有ります.

娘さんはきっとお母さんの泣いて死にたいと思って嘆いてるのを
空の上から見て悲しんでると思います.
泣きたい時は誰はばからず泣きましょう.泣いて.泣いて.泣き疲れても
死ぬことはありません.

そして星空見上げたらそこには笑顔の娘さんが居ます.
私の分まで長生きしてねと

ペンネーム:シオンさん

相談者
マコト様
書き込み ありがとうございます。

私も数日前 あの子をお星さまに例えたら どの星なのかしら・・と 考えたのです、
そうしたら こんな素敵な書き込みが。
あの子は星になった そう思う事ができるよう 
心が もう少しだけ 健やかになれるよう
時間はかかるかもしれませんが
いつか そう思って夜空を見上げる自分に なりたいです。
ありがとうございます。

ペンネーム:マケグミさん

学生時代に四コマ漫画で面白いのが有りました。
くたびれたサラリーマンが屋台で酒を飲んでいる。二人は若者の世相に対し憤っている。
「なに!失恋して自殺した?就職に失敗して自殺した?」

「そんな柔な根性では人生渡っていけんぞ〜」
もう一人が「そうだ!そうだ!」と相槌を打つ。

「ここに大学受験で失敗して3流大学に入り、就職も3流会社へ。そこでも出世に見放されて万年ヒラ社員。ブス女と結婚して、おまけに子供の出来が悪い。それでもこうして平然と酒を飲んでいられるじゃないか!な〜おい?」と同意を求める。
相手方は「う、う〜ん」と小声で同意する。

こんな漫画を同級生達で大声で笑って見ていました。

さて、それから33年経って今は???
個人情報なので開示出来ません〜

ペンネーム:ウララさん

辛いですね。
私も悩み抱えていますが、何をやっても、心の穴は開いたままです。「心が欠けている」気持ち、分かります。
でも、生きて下さい。
娘さんの弔いしましょう。辛いでしょうが、一緒に頑張りましょう、私も一緒にね 。 (*^^*)

ペンネーム:シオンさん

相談者
ウララ様

ありがとうございます。
ほっこりと温まります。。
なんだか とっても温まる書き込みです。。
ありがとうございます。

ペンネーム:ウララさん

私は人にも相談できず、悩んでいます。
でも、趣味人のお陰で、こうして沢山の人が悩んだり、辛い思いをしてることを知りました。
人の辛さが少しわかります。自分も辛いからね。だから、一緒に頑張っていきましょう。ひとりじゃないよ(*^-^*)

ペンネーム:シオンさん

相談者
ウララ様
ありがとうございます。
一人では とても耐えられません。。
一人じゃないよ と言っていただく事が こんなに心強いとは・・
ありがとう・・

ペンネーム:サクラさん

同じ思いです。
苦しみ悲しみ悔いの毎日は月日が流れても変わりません。
私は4年目ですがトラウマがあります。
何をを見ても何処に行っても
娘を思い出します。
涙は枯れる事はありません。
もうすぐ母の日ですが思うのは娘の事です。
母の日に想う娘の事
いつも手紙をくれた娘でした。
1年2年と悲しいとか言っても許されますが4年経つと泣き言も許されません!
もう・・・いい加減に諦めたら?
亡くなった子供の分も生きて供養をして・・・!
皆さんそんな風に言いますから口に出す事も出来ず写真に語り掛け涙を流し最後は頑張るから見守ってよ!
会える日まで頑張るから・・・です。
私は今でも後悔と反省の日々ですが私に与えられた試練だと思い悲しみに耐えて孤独に耐え生きてます。
何処かに同じように苦しみ悩んで居る人達が悲しみの中で今日も生きてる事を改めて感じました。
自分の中で頑張っていても人から頑張ってと言われるのは嫌いです。
皆一生懸命に生きてるんだから・・・。
私は仕事が救いでした。貴女も何か一時でも忘れられる事があれば良いですねー。

ペンネーム:シオンさん

相談者
サクラ様

書き込み ありがとうございます。
同じ 自死遺族でいらっしゃるのですね。。
3年 4年となっても 母の悲しみはあの時のまま と推察いたします。
ひの気持ちは 経験した者でないと計り知れない事です。。
周囲の方々と私たちとの時間のズレは、心にとどめさせていただきました。

孤独ですね。。時間が経てば経つほど 孤独感は増すのですね。。
でも 私たち きっと 生きてまいりましょう。
辛くても 死ぬ事ができない以上 より良く生きてまいりましょう。
幸い 私には 長く親しんだ楽器演奏という道がございます。
自己満足の世界ではありますが 
それをよすがに 粛々と毎日を過ごしていけるのは ある意味 幸せな事なのかもしれません。。
それができる幸せ と言うのは 今まで考えたくもありませんでしたが
やはり 私は その点だけは 恵まれているのだと 実感いたしました。
あなた様の救いとなったお仕事、ぜひご活躍くださいませ。。
きっと 良く生きてまいりましょう
ありがとうございます。

ペンネーム:ナキムシさん

いっぱい泣けばいい。
大きな声で泣けばいい。
大丈夫だよ。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ナキムシさん

短いけど 今 一番 欲しい言葉です・・
ありがとう  泣きます、沢山 今も 泣いてます・・

ペンネーム:ナキムシさん

俺もいっぱい泣きました。
今も時々だけど。。。

ペンネーム:ハイホーさん

突然主人が倒れて二年が過ぎました。

「良くても重度の障害者か植物状態。
このまま手術せず安らかに逝かせてあげる事も考えて」
と医師に言われました。

もちろん手術をお願いし命はとりとめましたが、
話す事も歩く事もできず、脳障害も酷いです。

そんな主人の変わり果てた姿に一日中涙を流す日々でした。
欝にもなりました。
自殺も考えました。
趣味人でお気楽に書いていた日記が辛い介護日記に変わりました。

主人は重度障害者ながらも生きていますし、
お嬢さんを亡くされてしまった悲しみには比べようもないかも知れません。
主人が倒れただけでこんなに悲しむ家族がいるんだから、
私が死んだら悲しむ人を作ってしまう・・・

その気持ちだけで死なずにここまで来ました。

主人ではなくなった様な主人を見ながら寄り添う日々はとても辛いです。

でも頑張っています。
二年が過ぎて「あ、今日は一度も泣いてない」という日が有ります。

少しづつ・・・

絶対お元気でいてくださいね。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ハイホー様

>絶対お元気でいてくださいね。

はい ありがとうございます。
元気をくださいました、皆様の書き込みのおかげです。
ここに書き込ませていただき 皆様からお励ましのお言葉をいただき
死する事のない自分を 少しだけですが 見出す事ができました。
生きる道とは 心のありようとは 人それぞれですね。
本当に そう思いました。

ご主人様をお助けなさるお忙しい毎日を送られていらっしゃるのに 
お書き込み ありがとうございます
きっと 生きます ・・

ペンネーム:ヨウコさん

遺された他の子、自殺されたきょうだいの立場の者です。
母は所詮先に死にますから墓は私が護るために主人(長男)には婿にきて頂きました。
母に望むことはありませんが、さすがに後追いされると年間法事回数が早くに増えて面倒なので、できれば長生きして欲しいですね。
元気にやっていると「よく平気ね」的な陰口をたたく人もいますが、家族としては時間を無駄に延々と暗く落ち込まれているとしんどいだけなので勝手にしてて欲しいです。
とはいえ、落ち込んでいようが後追いしようが最終的にはどうでもいいですけどね。それも自由だと思っています。
こちらはこちらできょうだいに自殺された者として何かと大変なので親とはいえ構っている暇はない感じです。
私は、できるだけ幸せになって、死んだきょうだいの法要をやりきります。

ペンネーム:イッシンさん

「なんじ死することなかれ」 あなたは、ご自分がこの世で、一番不幸な人間だと思ってませんか? 私は、最愛の次男坊(高三)を 17年前交通事故で亡くしました   悪いことは続くものです、娘もそのころ、大学受験に失敗して 自殺未遂 現在は精神疾患で 入・退院を繰り返しています。 家内は、7年前脳梗塞で倒れ、寝たっきり、施設でお世話になっています。 息子のお墓は、徒歩5分ほど、 5年間、雨の日も風の日も 墓前で涙を流しました、 最近、涙もろくて 甥や姪の結婚式でも息子のことが思い出されて涙が止まりません、 きっとこれは、精神的なストレスを流してくれてると思ってます。  これから娘の将来を考えたら死ぬにも 死に切れません 古希になり、不幸を乗り切る生きる力を持たなくてはと思う毎日です。

ペンネーム:シオンさん

相談者
お辛いご経験をお書きいただき ありがとうございます。
もちろん 自分が一番不幸だとは微塵も思ってはおりません。
世の中には 様々な苦難を強いられておられる方々が多いのも重々承知しております。
ただ どうしても どうしてあの子だったのだろう 私ではなく なぜわが子が・・との気持ちはぬぐえないのです。
そう思うと 生きていくのが苦しくなります。
でも イッシンさんの頑張りを拝読させていただき しっかりしなければな と頭の中の霧が少し晴れました。
イッシンさんのお嬢様、奥様を大切になさっていらっしゃるお気持ちを
私にも少し見習わせていただきたいです。
お辛い御心中をお書きいただき ありがとうございます。

ペンネーム:イッシンさん

良かった、  あなたが 気を取り直して元気になっていただければこれ以上の喜びはありません まだまだ長い人生です、 お嬢さんは、母のこと きっと天国から守ってくださっているに違いありませんよ、私も亡くなった息子がいつもそばにいて 励ましてくれてるような気がします。 もう、あと長くても20年くらいで 私も人生を卒業することでしょう、 天国に行ったら真っ先に息子に会ってハグしてやりたい (変わり果てた父親の顔がわかるかな?)、 天国って余程、居心地がいいらしい 息子は、行ったきり帰ってこないのです。    シオンさん 健康で充実した毎日をお送りください。      天国からの、お迎えが来るまで 私も、目いっぱい生きてゆきたいと思います。

ペンネーム:シオンさん

相談者
良かった とお書きくださり 涙があふれてまいりました。
見ず知らずのわたくしに 救いの書き込みをくださり ありがとうございます。
天国なんてない 神様なんて いない お釈迦様もいるものか
そんなありがたいものがいたら どうしてこんな運命が娘に降りかかるのだろう、
そう号泣してきた一年でした。
そう言いながら写経する自分て 矛盾・・・と 苦笑もいたしました。

私も早く あの子に 会いたいです。
いつかお迎えがきて もしもあの子に会えたら
絶対に あの手を離さずに 愛し続けます。
もしも生まれ変わって 再びあの子に巡りあえても きっと  そっと ずっと 愛します。。
私がどれほど愛していたか を 伝えたいです。
あの子は きっと そう言って欲しい、 
とってもさびしがり屋の かまってちゃんだったから・・・

ペンネーム:アマミヤさん

まずは、自分の心のケアをすること。美しい自然を観たり、文学に、逃避したり、好きなことをやる。やる元気がなかったら、散歩をして、あとは、過酷な運命を生き抜いた人の、ノンフィクションを読む。

次の段階として、心が元気になったら、できる範囲でボランティアや、心理学の勉強をしてみる。

小さな親切から、初めて見る。重い人生の課題を受け止めて、それを糧にして、よりよく、明るく生きることが、一番の供養になると、思います。

一年間の自殺者、ヤク2万8千人ぐらいです。周りの人が、幸せそうにみえてしまうかもしれませんが、飢餓で苦しんでいる人もいる。

そのぐらい、達観できるような、仏教でいう正観できるように、の境地を目指したらどうでしょう。すぐには、難しいと思いますが。

私は、生きているだけで、周りの人に、明るく挨拶するだけで、十分に価値があると思っています。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ありがとうございます。

あの子が亡くなって 写経を始め、字に興味を持ち、
書道教室に通うようになりました。
自分にとっては大進歩と言える前進でした。
ずっと続けている楽器演奏を、
お友達のサロンコンサートやオーケストラでの演奏を控え練習再開できるまでにもなりました。
自分の好きな事をしていても 心が100%満たされる事は きっとないですが
半分でも満たされれば それでもいいのかな と思えるようになったのは 
今 ここで 皆様の書き込みを拝読してて感じました。
今すぐに 明るく生きる事はできませんが
少しでも自分をそういう立ち位置に置く事で 平常心を取り戻したいと念じております。

>生きているだけで、周りの人に、明るく挨拶するだけで、十分に価値があると思っています

そうですね 娘にもよくそう言ってました。
言っていた私が すっかり忘れていた言葉です。
思い出させてくださり ありがとうございます。

ペンネーム:アカルクさん

人間はどのような悲しいことが起きても
結局は、それを乗り越えてやがて明るく
前向きな日常に、自身の健康と周りの配偶者や
子たちの幸せのためにも
つとめて明るくふだんの生活を送っていかなければ
ならないのです。

私もこの10年間に身内を自死と障害者の子を施設で
事故で亡くしました。
その後の葛藤はもう筆舌に尽くせぬ悲哀と裁判など
大変な日々を3年間すごしたせいか、私自身が大病を
発生して半年間の入院で死期をさまよいました。

結果なんとか生還したときに家内と話し合って、もう
体力の限界なので裁判もやめて過ぎたことは忘れて
明るく健康てきな思考へと切り替えてからやっと今の
元気で働けて周囲を支えられる姿にもどれました。

過ぎた悲しいことはもういくら考えても元にはもどりません
なので家内も私以上に深い悲しみを持たないように
いままでよりお互いにいたわる心がましました。
先週その子のお墓参りにも家族そろって日帰り旅行
のようにしていって来ました。
貴女のお心もやがて時間が、すこしずつ
癒しの風を送ってくださる事でしょう
貴女自身やご子息ご兄弟が、いつまでも悲しいお顔
ですと健康的によくありません
あえて忘れて明るい笑顔でお過ごしのほうが
なくなられた娘さんも影ながらご安心なされる事
でしょう。
命あるたいせつな人の道、元気をだして
お迎えが来るまで明るく生き抜いていきましょう。

ペンネーム:シオンさん

相談者
>貴女のお心もやがて時間が、すこしずつ
>癒しの風を送ってくださる事でしょう

胸にしみる暖かいお言葉を ありがとうございます。

近頃は 笑いもするし 冗談も言えますが
まだまだ 心から笑ったり 心から何かを美味しい とは 感じません。
いつの日か 心が穏やかになれるような過ごし方をしてまいりたいと存じます。

ペンネーム:コロスケさん

すいません 助言ではないのですが・・

>この世で娘さんの一番の理解者、一番愛した貴女が死に、思い出さずにいたら娘さんの事は一体誰が思い出すというのですか?

こちらの コメント
私も 心励まされました

いろいろな投稿を拝見し
それに対する 悪意に満ちたコメントが多い中 (悲)

なんという
人の心を理解された 
そして 思いやりあふれ
説得力のあるコメント。。。。

人として 素晴らしいです
敬服いたしました!!

ペンネーム:シオンさん

相談者
コロスケさん

しっかりしなきゃな と 思わせていただくコメントをいただいて
あなた様同様 私も とても感銘を受けました。

ペンネーム:トトロさん

家族を自死で亡くされた人達の家族会があります。
そういう所に参加されるのもいいと思います。

どう生きるか?
今日生きたように、明日も生き、寿命をまっとうする。
あなたが死んでも、娘さんは生き返らないですよ。

生まれたら、必ず死ぬんです。
長いか短いかは、それぞれですけれどね。
まだ、亡くなって一年でしょ?
何にも感じない人の方が、鈍感でおかしいです。
言わないだけで、皆多くの人が、そうやって生きているんです。
涙が出るなら、感情を素直に出せていると思います。
私は母を病気で亡くしましたが、5年以上かかりました。

事件や事故、様々な震災を含め、紛争・戦争で、
家族を一度に亡くし、孤児になってしまった子どもだっているんです。

近年、家族を亡くしていない人でも、
心が満たされている人は少ないと思います。
生まれから死ぬまで、満たされないこともあります。

今まで、あなたは幸せだったのでしょうね。

ペンネーム:シオンさん

相談者
>まだ、亡くなって一年でしょ?
>何にも感じない人の方が、鈍感でおかしいです。
>言わないだけで、皆多くの人が、そうやって生きているんです。
>涙が出るなら、感情を素直に出せていると思います。

ありがとうございます。
そうですよね 自死遺族との交流では そんな事 微塵も見せないママ達ですが
亡き子への愛情は とても深く 感銘を受けた覚えがあり
その交流は大切にしていたいと思ってます。

>今まで、あなたは幸せだったのでしょうね。

あの子を亡くして 今まで自分たちがどんなに幸せだったのかを思い知らされました。
ですが 私一人が不幸 とは思えません。
世の中の様々な不幸な出来事 すべてに寄り添う事は無理ですが
いつか 自分も 何かのお役に立てれば と そう思うようになりました。
ありがとうございました。

ペンネーム:ハハオヤさん

宗教や他のものにすがっても、掛けた心は戻らなと思います。
それは自分の心から目をそらしたいという気持ちの表れでしかないと思うのです。

なぜ心が掛けたままじゃいけないのでしょうか。

大事な子供がなくなればだれでも同じですよ。

まして自死でしたら、いろいろと考え込んでしまいます。

考えてあげたらいいじゃないですか。
いつまでも思い出に浸っていいのですよ。
いやになるほど考え、思い出してあげてください。

きっと心が平静になれるときが来ます。

ペンネーム:シオンさん

相談者
>考えてあげたらいいじゃないですか。
>いつまでも思い出に浸っていいのですよ。
>いやになるほど考え、思い出してあげてください。

はい ありがとうございます。
決して 忘れる事はありませんよね、
心の欠けてしまった その欠けらは 
あの子が持って行ったもの と思います、 
いつか あの子に会えたら そっと元に戻します。

ペンネーム:ツミビトさん

時が解決します。
辛いでしょうけど時が解決します。
どんなに辛くても解決します。そう思います。
俺は妻に死なれました。妻が遠くに逝ってしまったのは俺の責任です。俺も死にたく成りました。
俺と女房の間に、離婚して孫を抱え苦労している娘がいます。この子をみることを贖罪と考えました。孫の面倒がこんなにも大変だとは思いませんでした。そして、その孫たちも小学校の高学年に成りました。今は死のうと思いません。
今では妻が近くに居る様に感じています。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ツミビトさん

お辛いご経験を書き込んでいただき ありがとうございます。

時は お薬 そう信じて過ごしてきましたが
まだまだ この時と言う薬は私には必要なようです。
一年やそこらでは 当たり前と言えば 当たり前ですね。
いつか あなた様のように 死を考えなくなりたいです。

ペンネーム:シンクンさん

お子様を亡くされた心痛はお察しします。しかし、
自死で亡くしても、病気で亡くしても、事故で亡くしても、子供を亡くした人は、多々居られると思います。多少の差はあっても、ほとんど同じ様な気持ちだったと思います。本来人間の生き方を諭したものが、宗教ですが、今の世、正しく仏教で導いてくれる人が少ないので、難しいですが。愛別離苦、愛する者と別れる苦しみです。これは、避けられない苦しみです。この世は諸行無常なのです。自分の思うようにはならないのです。だから苦しむのです。お釈迦様は、同じ様な母親に、子を亡くした人は貴方だけでないことを悟らせて、今日 明日を生きる力を与えました(本当はもっと深い説明が必要ですが、紙面上省略)
過去は戻りません、今のままでは何も変わりません。残ったお子さんの将来と未だ母親の役目を卒業していない今、他のお子さんに、もっと心を預けて、これから起きる良いことを願って生きられることを望みます。
そして、無くしたお子さんの菩提を弔ってあげてください。これが仏心です。この心は、象でも持っている心です。やることは一ぱいありますよ。

ペンネーム:シオンさん

相談者
ありがとうございます。
>諸行無常

本当にその通りですね。
子を亡くした母が私だけではないのは重々理解しており、
また 同じ境遇の母親同士 交流を持つ機会にも恵まれ
お互いをいたわり合いながら 日々を過ごしております。
皆さん 驚くほどに 明るく 驚くほど 亡くした子への愛が深い方々です。

たくさんのやるべき事 
少しずつ いたしたいと存じます。

ペンネーム:モモハさん

私も娘を自死で亡くしました。
昨年13回忌。
娘を亡くす3年前に息子が結婚。
翌年初孫(男)誕生。
2年後2人目の孫(女)誕生。
5年後3人目の孫(女)誕生。
翌年次女が結婚。
3年後孫(女)誕生。
2年後孫(男)誕生。
2年後息子に4人目の孫(男)誕生。

娘の自死には落ち込み深い悲しみで立ち直れないと・・・・・
でも、息子の結婚からは悲しみに浸っていられないほど家族が増え
何かと忙しい日々で・・・・・
新しい家族が増える喜びのほうが多い12年間でした。

亡くなった娘を悼み、深い悲しみを感じつつ、新しい命を迎え
その成長を見守りながら、なき娘を偲ぶ今日この頃です。

昨日主人と娘を埋葬するため息子が建ててくれた墓に行き。
次女の子供の小学校入学と幼稚園入園の報告をしてきました。

亡き人を悼み、偲びながら、新しい命の成長を見守ることが
亡き人々に対する感謝できると思いつつ・・・・・

過去を振り返ることはあっても埋没せず、生きていることへの
感謝を持って、若い孫達の成長を願って生きています。

ペンネーム:シオンさん

相談者
お辛い事があったのに 頑張ってこられたのですね、

私も いつかそのような感謝の念を持って 過ごせる日が来ることを 願っております。

お辛いご経験をお書きくださり ありがとうございました。

ペンネーム:ココロさん

娘さんの自死、貴女の苦しい心中は私などには解ろうにも伺い知れないほどの葛藤・苦悩でこの一年を過ごされたのだと思うとお掛けする言葉も見つけられません。

 ただ生意気な事を言えば自死で母上や肉親の苦しむ姿は娘さんが一番自死に臨んで苦悩された事柄の一つではないでしょうか。
 死を持って苦悶から逃れた娘さんを弔うとすれば母上が残された家族の要として「娘さんの果たせなかった天寿を全うする」ことこそ、亡くなった娘さんへの最大の供養ではないでしょうか、娘さんも天国からそう願っているはずです。 いつまでも娘さんの事を思い出しながら生きて下さい、亡くなった方は御家族が忘れない限りはその胸の内に生きているのです。
 この世で娘さんの一番の理解者、一番愛した貴女が死に、思い出さずにいたら娘さんの事は一体誰が思い出すというのですか?
 貴女が天寿を全うした時、また笑顔の娘さんに必ず会えますよ。その日まで貴女が元気に生きることが娘さんの残された望みだと思って下さい。

ペンネーム:シオンさん

相談者
>いつまでも娘さんの事を思い出しながら生きて下さい、
>亡くなった方は御家族が忘れない限りはその胸の内に生きているのです

胸を打つ暖かいお言葉 ありがとうございます。

あの子を愛し 亡くなっても尚 あの子の幸せを願っている気持ちを 私の生のある限り 胸に抱き 
天寿をまっとうできるその日まで あの子と共に そして 家族と共に 過ごしてまいりたいと思いました。
元気をくださいまして ありがとうございます。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 7

結局、この大宇宙は、何なのでしょうか?

回答受付は終了しました
回答数 8

身よりはないけど財産がある悩み

私には身寄りがありません。 不動産を数件所有しています。 貸しているアパートもあります。 おそらく自分が死んだら遺産は国有になると思います。 でも私にも考えがあります。 遺言を残す方法です。 特定の人に財産を譲りたいと思っています。 その相手に知らせれば私から去っ...

回答受付は終了しました
回答数 10

色んな愛の形に付いてお聞きします。

今から書く、私の「愛」の形に対して、皆さんの考えをお聞かせ下さい。 色んな愛の形が有ると思います、「情熱的な愛」 「献身的な愛」 「奥ゆかしい愛」 「虐待的な愛」  私は今73歳です、縁あって72歳の彼との再出発をスタートさせました。 その時に、徹底的に話し...

回答受付は終了しました
回答数 32

飛行機が怖いんです!

お恥ずかしい話ですが1985年の日航機墜落事故の報道をきっかけに飛行機に乗るのが怖くなりました。 その結果、仕事での北海道出張などやむを得ない場合だけ数回乗り、人生を通して飛行機に乗った回数はまだ一桁です。 沖縄やパラオなど関心のある旅行先は多いのですが、いまは新...

回答受付は終了しました
回答数 1

外国に住んでいる人と結婚した

昭和50年代中ごろから60年頃に聞いた 「外国に住んでいる人と結婚する」 または「した」と その時は聞き流しましたが 1、外国はどこだろう 2、外国に住んでいる人とはどの様な人 3、その後、幸せな生活をしているのかしら どなたか数有る中の一つでも御存じでしたら教...

回答受付は終了しました
回答数 7

夫婦ってなんなんのでしょうか・・・

結婚当初から、お互いに愛情があって周りからも祝福を受け結婚した状況ではありませんでした(不倫や奪略愛ではありません) いわゆるデキ婚で、経済的にも結婚当初は夫の実家の事業が破たんし、 夫も無職でした・・・そんな状況での選択でしたが、夫を信じ、家庭を持つ事を2人で選...

お悩みQカテゴリ一覧