趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:ココロさん

死後の世界は存在すると思いますか?

[人生相談]

いろいろ考えて調べていますと 東京大学医学部 矢作教授が無数の臨死に立会い 死後の世界を確信したと書かれています。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35120

皆さんは この先生の見解をどう思われますか

閲覧数
1031
拍手数
5
回答数
25

回答する

回答受付は終了しました

回答 25件

ペンネーム:リンネさん

死後の世界は、個人的には正直ないと思います。
死後の世界と言うのは人間が宗教的な見解で作られた世界では
ないでしょうか、

それを考えるのは人間だけだと思います。
動物はと言っても人間も動物ですが、人間が家畜にしている
牛や豚あるいはニワトリ等が死後の世界とか考えるでしょうか
そのような動物にない想像力が人間にはありますので
死後の世界とか考えると思います。
それも生きているからこそ考える想像の世界だと思います。

死んだらその時点で終わりだと思います。
自分の身内が亡くなって悲しんだり怒りを露わにしたりするのは
人間も動物も一緒ですけど違うのは人間は祈ります。

宗教によって違いますがお経や賛美歌等を唱えるのも人間だけです
それは、天国に行くようにあるいは復活するように唱えていますが
あくまで生きている人の癒しの為だと思います。
つまり、これだけの事をやってあげたから天国に行けるだろうとか
また、どこかで生まれ変われるだろうとかと思う身内の想いが
儀式としてやっているだけで死人が聞いていているとは思えない。

私個人の考えとしては、死後の世界ではなく死んだらまず寝たように
なり目が覚めると別な人物になっているのではないかと思います。
それで、その脳が経験した事しか解らず自分が寝る前の事は一切
失って前世があったことすら解らない感じだと思います。

ペンネーム:ハナジさん

こんなんに集中治療部部長を任せているようじゃ東大病院もアブないと思いますた

ペンネーム:ホホホホさん

所詮、生きてる人間が考えてることで、死にゃあ分るんだろ?
それを、絶対とか物理学どうのこうのって、お目出度いよ。

ペンネーム:ヒコさん

学問的に述べるならば、何をもって「ある」とするかをまず定義しないといけないと思います。

物理的な観点から述べさせてもらえるならば、私は、「そのようなものは存在し得ない」と考えます。

理由は物理の法則に違反しているからです。

ペンネーム:タイヨウさん

このページの?しか見ていませんが
この医者には
  「疑問に思ってお気の毒」
としかいえません
分からない物が考えてはいけない領分
でもこの医者はたいしたものです
霊的に無知でも正解にたどり着いています
さすがは医者になるだけの事はあります。

私は旧家の長男なので霊的なものは昔から接しています
30年昔はレベルが低かったので
道端の酔っ払いのエネルギー体が
私を認識すると私に同化しようとしたり
教会の礼拝では聖餐会が始まると
部屋が暖かいピンクの部屋に包まれて
霊が参列者を端から抱きしめて
 子供が(イエス様が居た)
と騒いでいたり

日蓮宗の大法要では
裸電球の光のようなオレンジが大放出

(あくまで若い頃の事)


から言えば




ページ?は
>これといった基礎疾患のない人が、どうしてこんなにあっけなく逝ってしまう
  憑依です
あの世に居なければいけないが
この世に来るものは掟破りなので
ワルが多いです。

>奇跡的に回復
守護されたのでしょう
上からエネルギーを貰えば
魂はパワーアップするから
体が持てば当然の結果


>「身体がこんなひどい状態なのに、なぜ生きていられたのか」

助けられたのかは分かりませんが 魂が強かったから(魂は生命力そのもの&本質を知る)


    ・・・・後は見ていません。



※霊的に目覚めたものほど
討論(争い)を嫌うので、自分の探求に勤める傾向が強い
なので
分かっている人は沢山居るが
言っても争いになるので黙っている人は多いです。

ペンネーム:イマダケさん

命が尽き、焼かれて灰になって 今まで体,脳を構成していたものは単

なる元素に戻り散っていく。生きているときは死後の世界などと考える

が生命があってはじめてそんなこと考えるだけ。

特に死の直前は脳が消える前にもがく・・有り様が死後の世界を考えさ

せる。

人間だけじゃなく生物すべてそう。元素が死んだら直接結びつかなくな

ってそんな思考、世界も全てなくなる。

いつの日か地球自体がなくなる日も遠い遠い将来来よう、その時

すべての生命なんて一瞬の煙のごとし。自分が生きている時だけ都合

の良い様に脳が永遠に生きたい希望をから、死後を考えるだけの話

だ。くどくてすいません。

ペンネーム:エミさん

死んで見なければ死後の世界は分かりませんが、
魂は、オーブとなり、意識を持ち存在すると思います。

ある意味、神になるわけですが、悪いことをすると、ばちが当たると言いますが、そんな神になった人間には見えない存在が、
制裁をして、この世のバランスを保ち何とか住みやすくしていると思います。

昨日も、テレビで録画の「マトリックス」をみていましたが、
「とても良い魂だ」という言葉が記憶に残りましたが、
輪廻転生を繰り返して、最終的には悟りを開く、そんな機会を与えられているのが生き物ではないかと思います。

BSプレミアムで、以前、前世の暮らしなど50以上のことを覚えていて、前世での自分を探し出した。子供の話を母親が聞いたことを確かめてのようでしたが、この事実はやはり輪廻があることを意味しますね。

興味深くお話を読みましたが、何となく感覚的にそんな気がしています。

ペンネーム:ネムコさん

人間 死ねばすべておしまいと考えるか 死んでもまたいつか生まれ変わると考えるか。
何のために生まれてくるのか? などなどその考え方に寄って必然的に生き方が変わってくると思います。
もちろん 人の命は連綿と永遠に繋がっていくと考えたほうが より良き生き方をすることにも繋がると思います。
そして 私はそれが真実だと信じて生きてきましたしこれからもそう信じて生きていきます。
因果応報の法則はそう考えることで初めて意味を見出します。
今行うことが将来の原因になると考えれば 自ずと生き方を正していこうと考えるようになります。
短絡的にならずすべて積み重ね。

そう思って今日も生きたいと思います。

ペンネーム:ココロさん

相談者
同感です。そういう生き方したいものです。

ペンネーム:グータラさん

結果、何も無し・・・でしょう〜

何でその様な考えをお持ちなのでしょうか?それらは個人が自由に想像すればよい事で、死後の世界まで今を継続したら、その世界は煩くて仕方ないでしょうね??

その世界は「静かで綺麗で永遠の眠りですよ♪」

と私は考えております。

ペンネーム:ガイヤさん

天動説 地動説の時もそうでしたね

あ〜でもない こうでもないと・・自分だけが正しい

本当に年寄たちの意固地な意見は醜いものです

何か今、結論が必要なのでしようか・・?

世の中判らない事だらけです 人間は未だ進歩の

途中ではないでしょうか ? 

真理とは 私たちは確実に死ぬ そして親がいる事

余り決めつけた意見は言わぬ事が華ですよ〜〜〜

ペンネーム:ホックンさん

「生」のお終いが「死」なので、

「死」に対応する言葉は「誕生」です。

同じように「生」に対応する言葉は、「死後の世界」。

あることは確実で、あるなし程度は分かるのですが、

それがどんな世界なのかは、「生」の世界に居る私たちには、理解不能。

魚が鳥をイメージできないのと、同じです。

ごくまれに、鳥に取られた魚が、一瞬だけ、くちばしと鳥の食道の内側を感じる程度のものだと、推察できます。

「存在するものは、全て理解できる」という「傲慢」をもっている限り、感じることもできませんが。

ペンネーム:アキヅキさん

死後の世界はありません。

死後の世界をうんぬんするのは人間中心、自己中心に考えるからです。
宇宙を、自然を、身近な花や虫を・・・違うのは時間軸だけです
ただあるのは「変化」です。
人間もその変化の一瞬に今在るだけです。
だから貴重なのです.

ペンネーム:アキヒコさん

あるかないかと言えば、あると思います。ないと言っている人は旧来のアカデミズム信奉者で、浅学の域をでていないのでは。しかし、日本のアカデミズムのなかでも、福島大の飯田教授のような勇気ある発言もでてきました。
 あるかないかの議論は無意味で、アメリカ、ロシア、ドイツ、イスラエルの研究者たちの報告に耳を傾けるべきかと思います。

ペンネーム:トラさん

簡単明瞭に死後の世界てありません、だれも経験出来ないし、ただ灰になるだけ、昔は家で家族に看取られていったが、最近は病院の医師の研究品でただの物品しかありません、哲学的考えも現在的ではないと思います
灰になるだけ、

ペンネーム:ハピさん

来世は勿論あります。 来世など無いと書いている人も居ますが、まったく分かって居ない人ですね。

佛教でも輪廻転生と言う教えがありますのはご存じでしょう。
英語だとReincarnationと言います。
死んでまた、この世に生まれ変わって戻ってくるのです。
400年後か500年後と言われていましたが、近年そのスピードが早まって300年ぐらいだと言われます。

しかし、何らかの事情でわずか数年から10年ぐらいで転生した特殊な例もあります。早く戻って来た場合には前世の記憶が消せないので、自分の前世がどんな人生だったかを語ります。

インドでの例ですが、幼い女の子が「私は近くの町で育って数年前に死んだ。前の名前も覚えている」というので、それを調べたら確かにその名前の女の子が亡くなって居たことが判明しました。

輪廻転生を調べている学者が驚いてその女の子を亡くなる前に住んで居た町へ連れていき、母親に面会させました。
女の子は前の家で前世の母親に再会して「お母さん〜」と叫び、家の中に入って行きました。勿論家の中の構造も全部分かって居ます。

母親も数年前に確かに女の子が死亡した事を認めました。
感激の対面でした。

でも、こんな例はレアケースで大抵は数百年掛かりますのでその間に前世の記憶は失われるのです。

と言うわけで死後の世界もちゃんとあります。
清く正しく生きれば来世も悪くはならないでしょう。

なお、このような話は過去に沢山の文献がありますので、お調べになれば分かります。たとえば
「死後の世界の証明」 丹波哲郎著 廣済堂出版
「前世を記憶する子どもたち」イアン・スティヴンソン著 笠原敏雄訳 日本教文社
「霊もピチピチ生きている」 小山高男著 (株)リヨン社

ペンネーム:アルカモさん

「死後の世界や霊界など存在せず」との考え意見を
強固に主張されていた確かアメリカの医学博士が
担当していた患者が長い間の昏睡状態から目覚め
医師に
>病院の屋上に
赤い靴が片方だけ転がっているのが、ハッキリと見えたのです<
念の為,彼女が見たという辺りを調べて見ると、赤い靴が片方!
その女性は意識不明の状態で運ばれて来て以来,長い間そのまま
彼女が言うまで,屋上の赤い靴の事など知る者は無かったとか...
この地球上,
「我々に説明不可能な世界が存在するのかも...」と
それまで霊界や死後の世界など無いと主張していた考えが変化
数ヶ月前に見たテレビ番組からの内容を紹介させて頂きました。

ペンネーム:タイトさん

判りません。
セックスは肉体で感じるのか、霊魂で感じるのか?
三大欲望とか五大欲望とか言われますが、欲望は霊魂にもあるのか?霊魂が仮にあるのならば、現世の魂とはイコールには成らないい。欲望や価値観が違う筈です。
もしも死後の世界や霊魂があったとしたならば、まったくの別物であり、別物として生まれ変わるものなのでしょう。
死んだ女房には現れ出て欲しいと思うのだが、もう現世の価値観とは違うのだろうから、話は合わなくなっているのだろうし、セックスも出来ない。と、思う。

ペンネーム:ロウジンさん

お釈迦様が、お弟子さんからの質問で、答えなかった問題が14あったそうです。
それを、「無記」または「捨置記(しゃちき)」と言います。
つまり、捨て置いて返答しなかったのです。

この世は
1.常 (時間的に無限) であるか
2.無常 (時間的に有限) であるか
3.常にして無常であるか
4.常でも無常でもないか
5.有辺うへん (空間的に有限) であるか
6.無辺 (空間的に無限) であるか
7.有辺にして無辺であるか
8.有辺でも無辺でもないか
一切の生物は
9.死後に有であるか
10.無であるか
11.有にして無であるか
12.有でも無でもないか
13.霊魂と身体とは同一であるか
14.同一でないか

その14の捨置記の中に「死後の生存の有無」があります。
人は死後も存在するのか、死後の世界があるのか、の問題にお釈迦様は敢えて答えませんでした。
それはその問題は、答えが出ない問題だからです。
死後の世界の有無については、仏教は考えないのが基本的態度となっています。
死後の世界については 「考えるな!」 ということです。
「病気になったらどうしよう」「不安になったらどうしよう」などなど・・
いろんな不安には「考えるな!」ということです。
いろんな症状が出て、それについて思い悩んでも治りません。
治す方法は、考えないで(放っておいて)、症状を持ったまま、
ただひたすらに「今なすべきことをなす」これ以外に方法はありません。
若いうちならいざ知らず、人生の後半期に入った今では、完全に元へ戻ることなど不可能としか思えません。

無病息災ではなく、一病息災それとも多病息災で仲良く病と付き合いながら、穏やかな最後を迎えられたら良しとするべきでしょうね。
あの世のことは、私にもわかりません。
そんな事に思いを馳せるよりケセラセラなるようになる。
今この瞬間を楽しみましょうか。
これが所謂「あるがまま」です。
ただ、自分の正しい生き様は遺伝子の一部として永遠に後世に引き継いでいくことでしょう。
悪行を繰り返せば、あなたの子孫の一部に引き継がれていくかもしれません。
だからできる限り、正しい生き方をすべきでしょうね。
「ほな、さいなら」と言って、最後を迎えたいものです。

ペンネーム:ココロさん

相談者
このような 説法を聞いたことがあります。
切に生きなさい 矢がささったら 犯人探しするより まず矢を抜き
癒すべきでしょ というのが簡単な解釈だと 個人的見解です。
生きている間は 楽しむ 恨みつらみなく さよなら  いい考えですね。

詳細なことを教示いただき 感謝です。

ペンネーム:ケイトさん

あると考えています。

なければ世の中霊魂だらけになってしまいますよ。

もうひとつ。死後の世界(仮に霊界と呼びます)が無いとするなら、人間はそうゆうものを発想しないと思います。

信じない方はそれでもいいんじゃないでしょうか?目に見えないのだから証明もできません。お亡くなりになれば分かる事ですから。

ただし私は”生まれ変わり”はないと思ってます。人生は一度きりです。

ペンネーム:ユウレイさん

そんな世界は絶対ありません。
人間死んだらそれまでです。
しいて言えば夢を見ないで熟睡してるのと同じです。
その証拠に生まれる前のこと解りますか。
そんなことに思いふけるのは幸せなことです。

ペンネーム:ココロさん

相談者
無いと言う方は 勝手だと思います。しかし 現世でやりたい放題という
世の中の流れは どうでしょうか?

ペンネーム:ユウレイさん

「現世でやりたい放題という世の中の流れは どうでしょうか?」

意味が解らないのですが?

ペンネーム:イケイケさん

あなたが先に行って見てから、ここで感想を述べて下さい。

お待ちいたしております。

ペンネーム:ライセさん

死後の世界は有りますよ、彼方には先に逝った人達が大勢いらっしゃいます。
ですから死を恐れる事は有りません。
仏教の来世観を知ってそれを信じれば良いんです。

でも阿弥陀様や観音様がいらっしゃると言われても私知り合いやあー無いからなあー。
まあー彼方にっ行ってからお友達に鳴ればいいか?
と思う事にします。

ペンネーム:ウラメシさん

生前の世界があるのですから死後の世界もあるでしょう。

この先生の見解は特に詳しく調べたりなどの結果ではなく自分で見たもの感じた物を基準としており従って想像からくる結論だと思います。

この先生の見解がどうであれ死後の世界は詳しく調べた人達の文献によると死後の世界は存在するようです。
なので死後の世界は確実に存在すると確信しています。

ですから自分に出来る事は死後にあの世で自分を待っている人達の為に
精一杯生きる事だけを考えています。

ペンネーム:ココロさん

相談者
このようにしたいものです。なかなか凡人は 煩悩でできませんけど

コメントありがとうございました。

ペンネーム:リケンさん

<残念ながら現代の医学の観点からはまったくわかりませんでした。
〜、誰にも説明できません>

と矢作教授は言っているだけで、「わからない、説明できない」=死後の世界がある。 に何故なるんでしょうか?

 臨死は生還したのですから「死」ではありません、臨死を死として死後の世界の証明等というのは小保方氏の「STAP細胞」話しと同じようなレベルの証明です。

ペンネーム:サトリさん

また釣りですか?

どうせ
前回も碌に回答もせず 終了した同一人間でしょ。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 7

女性の方にお伺いします

恋人や配偶者に浮気されたら どうしますか? どうしましたか? 許しますか?

回答受付は終了しました
回答数 9

魂って何ですか。魂は記憶や思考ができますか。

最近のQ&Aにアクセスする人は100人程度で、sampleが少ないです。が教えてください。 皆さんは魂について考えた事が有りますか。 魂を定義するとすれば何ですか。魂は記憶や思考ができますか。 ウィキぺディアを見ても良く分かりません

回答受付は終了しました
回答数 25

70代の男性が60代の女性に求めるものは何でしょうか。

私は60代。70代になったばかりの男性と半年ほど付き合っています。男性はいずれ入籍もといっています。 今は元気でも70代といえば遅かれ早かれ介護がきます。 男性が私に求めているものは、妻でしょうか、それとも介護者でしょうか。 「そんなことわかるはずがない」とい...

回答受付は終了しました
回答数 12

接客業での言葉使いについて

接客業で「こちらで大丈夫ですか」とか…相槌に「はい」ではなく話しているうちにふんふんと言うのは不愉快になりますか?!

回答受付は終了しました
回答数 6

上階の方の猫の接し方に悩んでいます。

最近 引っ越してきたのですが マンションに野良猫が常駐しマンション入り口の臭いと不潔感に悩まされています。 手頃な値段と維持費の安さに魅力を感じ購入し1ヶ月弱前に引っ越してきました。 購入前 何回か下見をした時は 猫はいず全く気付きませんでした。 頭金を払い ...

回答受付は終了しました
回答数 11

日常のちょっとした事で。

子供達や若い人たちに教えたいことありませんか? 日本人がごく普通にしてきたようなこととか、心遣いとか。 もし、そんなことありましたら教えて下さい。 なぜ、こんな質問をしようと思ったかと言いますと、公共の場でのドアのことなのですが、ドアを開けて自分が通ったあとに、...

お悩みQカテゴリ一覧