趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

法事って、必要なの

[その他]

これから叔母の一回忌ですが。日曜の一日つぶして坊主のくだらん話をきくのがばかばかしいです。行かなければ良いといわれそうですが、年寄りの運転手ですから、しょうがありません。
家族葬や散骨されている方はどうされているのでしょう。
私は一切行わないように、遺言します。

(2月8日 15:23 追記:)
皆様ありがとうございます。無事帰ってきましたが、別の問題が気になりました、法事のあとの宴席で、子供が走り回る、学生服の兄ちゃんが、横になってる、親は注意もしない。身内の恥を見に行ったような物でした。
やっぱり坊主はろくな話はしなかった。

(2月8日 15:52 追記:)
宗教論はタブーでした。因果応報などといわれておりますし。世間とのかかわりを絶ちたいものとしては、良い機会なので今後は参加しません。
貴重なごいけんありがとうございます。

閲覧数
2211
拍手数
0
回答数
11

回答する

回答受付は終了しました

回答 11件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お寺さんや親戚、隣近所の人はみな黙って法事をしなさいと言うでしょう。こんな機会がなければお経を聞くことや親せきとの邂逅もないと思います。貴方が宗教心もなく人との軋轢を好まないなら周りの言う通りになさればと思います。時間は勝手に流れていくのですから。その間心の内で何を考えていても人にはわかりません。これから先はあなたが勇気のある誠実なお方なら参考になさってください。あるお坊さんから聞きしたことですが。
 檀家制度というのは江戸時代キリシタン信徒を見つけるために作られた日本独特の制度だそうだす。お寺は隠れキリシタンを監視することによって檀家から生活費は勿論、家屋敷や家庭内のいろいろな行事に必要なお金を出してもらえるのです。そこから葬式仏教と言われる本来のブッダの教えとかけ離れた本当でない仏教になり下がってしまったのです。仏陀は財の後継者ではなく仏法の後継者となりなさいと教えられたのですが、今のほとんどのお寺さんはおかねへの執着の強い金庫番みたいな方が多いようですね。お布施にしましてもお経をあげてもらうからとか、法話をしてもらったから差し出すのではなく、お袈裟を着られた尊敬できる方に心から受け取ってくださるようにお願いしてお渡しするものだそうです。単にお経を読んだり法話をするのなら大学教授にお願いした方が分かりやすいですものね。また法話で欲や怒りや愚かさから離れた立派なお話をさもお寺さんがご自身そうであるようにお話しされますが。その実、酒は飲む、美食家だけでなく女性にまで欲望の矛先を向け悶々とされているのならかえって聞く人の耳を汚すことになるといえます。この国では人と違った考えを押し通すには勇気が要ります。孤独を覚悟なさるなら遺言でお寺さんとは一切かかわりを持たないと書かれてもよいでしょう。その心構えがなければ無理です。私はその宗派の本山にお参りをすることも一考だと思いますが。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

こんにちは
私の家族は法事に誘われることもなく、開くことすら忘れているようです

私がはじめて、親族の中で喪主を23歳で行わせていただきました。
もちろん年長者の方がほとんどで平均30歳は離れた上の方をお相手
しましたよ

法事にいったことのない、私がはじめて喪主をするにあたってはかなり
知識から学び周りの御理解を得ながら、通夜、告別式、から入り若者
が生意気だ!などの暴言も受けました
受けていても、法事を行います私のためじゃないんですから
法事に参加していただいている方は全てに故人様の対応に対して対応
した方々ですので故人が集まってくれと言っている気持ちで法事を開い
ています。

マナーがわからないと、通夜、告別式に参加しているだけのこころのル
ールしかわかりませんが、それを主として行う方のとてつもない目立た
ないが重大な重さが感じるのをはじめてしりました。

年代関係なく、とても無礼な方はなぜ集まるのかの意味を知る事で
観る感覚が変わってきます。私も現在いたらない点がとても多く法事
だけでなく、月命日を欠かさずに行っています。
80代50代が連続で他界してしまうと聞くこともなにもできません
目上の方が法事をする経験もなかったことでマナーは知る機会もなく
現在世代を越えて法事を何度も行っていますがかなり辛口で年長者
からやり方が違うなどのことでやり直しもきかない事ですので3回忌ま
では親族に声をかけるつもりです。

ルールは本のだけではまったく意味がないことを実際に行ってわかる
こともあります。
大変、お心苦しいと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

回答有難うございます。この世の中何がよくて何が悪いかははっきり決められないと思います。時や場所、国によって、また宗教宗派によって正しい場合も不正な場合もあります。葬式仏教も良し。心から信心するも良しです。施主の考えがメーンなのです。どんなふうにやっても批判や誹りは出るもの。褒められるも良し、貶されるも良しです。自信を持ってやれるだけの信念をお持ちください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私達夫婦は70歳代、そろそろ死支度を考える年となりました。私達二人の考えは、葬儀は、子供とそのつれあい、孫達だけの密葬で行い、法事は、特に集まってする必要はない、命日に心の中で、故人を思い出し偲んで貰えれば、それでよし、命日にそれを忘れていれば、それはそれでよし、ということです。
お墓も作ることは考えていません。ロッカー式のお墓に納めてもらい、都合のつくときに気が向けば拝めばよい。50年後くらいに廃棄して結構、と子供達に伝えています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

さみしいですね。
気持ちがあるなら態度に表れるものです。
逆に形の無い人は心がありません。
世の中形を受け継いでいくことによって心の受け継ぎがうまくいくのではないでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

野菊さんの回答に共感を覚えます。葬儀は儀式であってそれ以上でもそれ以下でもないと考えてます。両親からもらった命をありがたく感じ感謝して人生を全うすることが一番重要で、子供達にもそのように教えでます。心でいかに感じるかがより重要ではないでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

昨日、義母の3回忌を行いました。
同居の義母で私にとっては実母より長く過ごした人でした。

夫と息子が菩提寺にお布施と塔婆料と持って行き拝んでいただきました。

夫の姉妹夫婦。いとこ。実家の母。そして子ども達夫婦。

総勢14名、自宅に集まって、お墓参りし、供養膳を囲みました。
自宅の仏壇にお花を供え、その前で義母、義父の昔話をしました。

子ども達連れ合いが来てくださった人にお茶を入れてくれて助かりました。

自然、ご先祖様を供養する過程で、親戚、兄弟親子のつながりを大切にしてくれる様になると思います。

きょうは昨日、無事に終わり安堵しているところです。

人それぞれの考えだと思いますが、ご先祖様がいて今があるんだとやはり私は思ってしまいます。豪華にお金をかけてすることはありませんが、節目節目は大切にしたいと思います

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私にとって、法事は日ごろ顔を合わせる事が少ない兄弟が(主に主人の方ですが、遠く離れているので)勢ぞろいできる貴重な機会となっています。

お金も時間もかかり大変ですが、やめようと思ったことはありません。
なくなった人を偲んでひとしきり語り合う、兄弟、親戚の近況を確かめ合う
いい機会です。
人間一人では生きていけませんものね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ありがとうございます、bellaさん。

我が家は皆、近隣です。お正月、お盆には集まります。

今回、3回忌ということで親戚の人数を減らしてしまいました。
いつもの方を呼びますと30人以上になりますので・・・・。
近年まで組合の人もという慣わしもありましたね。
それはご近所の人に迷惑もかけてしまうのでだんだん簡素化されています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

こんにちは。

  恵さんやbellaさんのコメントでホッとしています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

bellaさんに拍手します。
私も、母の13回忌、父の7回忌を済ませました、姉を去年の10月亡くし
その席で、今度はお祝の席でお会いしましょうと約束して別れました、そこで3月1日亡き母の生誕100年祭企画しました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

なんでも省略化する日本人、いつからこんな日本人になったのでしょう〜
省略していいものと悪いものがあると思います。
簡素化なら私的な事情で止む負えないこともありますが、削除はできない行事だと思います。
現在生あるものは全て先祖のお陰です。苦労して継承してきた先祖に心静かに手を合わせ感謝すると同時に先祖の有り難味を再認識するいい機会ではないでしょうか。
無宗派だとか言う人がいますが、信じられません
初詣にしかり、心のどこかで宗教をうやまっていると思います。
他国を見ると、先祖を粗末にしてる国はありません
どんなに文明が発達しようが、先祖の供養は無くしたくないものです。
質問者さんの「世間とのかかわりを絶ちたい・・・」とありますが、人間一人で生きていけるのでしょうか?単に面倒なだけじゃないですか?
生きていく限り生活していく限り世間とのかかわりは絶てません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「先祖ありて自分がある」とのことは忘れてはいけないです。だからお祭りは豪華にする必要はないが、自分をこの世に送り出してくれた先祖に対して感謝し、墓前に或いは仏壇に礼拝することが大事なことと思います。可愛い子供たちが、また孫たちがはしゃいで走りまわるのも御先祖の喜びのしるしと受け止めてやればいいことです。拝んでくれる僧の話を聞くのが苦痛なら来てもらわなくても良いようにせめて自分で般若心経を唱えてやれるくらいのことはしてあげなさい。僧でも話しの下手な人も居ます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ある方にこのような文章を頂きました。
私は、お逮夜と言う言葉が分からずに小さい時から接してきました。
逮がどうして逮捕の逮なのか、やっと分かったような気がしました。
それは、人が死ぬと7日目ごとに順次13ヶ所の裁判所を巡り生前の善悪を厳重に審判されるのだそうです。
人が生まれて死ぬまで2人の神が(検事と弁護士)影のごとく付いてきて、一方は良い事を、片方は悪い事を詳細に記録して、7日目毎に裁判をします。
その時に、故人が、今日は何番目の裁判所で審判されるのだというので、遺族や、友人があいより、寺に布施して善を追加することを、追善供養といい、故人のマイナス面を少しでもカバーし、裁判のおり情状酌量をしてもうらおうという仏事だそうです。
そう思うと、いかに生きている時が大切かが良く分かります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

☆ふしみさん

おしえていただきありがとうございました。

49日までは霊が私達の回りをこちらの世界と向こうの世界を漂っていると聞きました。間違いなく仏様となれるよう遺族が一七日、二七日、・・・・・・・・七七日までお墓参りをしてきました。ふしみさんのいう追善供養となるんですね。
遺族や残された人に迷惑をかけないためにも心して生活しましょう。

(まだまだ30年は元気で生活するつもりです・・・・・・・・)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お言葉ですが
くだらん坊主・・・貴方は 何故 そうおっしゃるのでしょうか?
確かに そういう僧侶もいるかもしれません
しかし すべての僧侶がそうとも 限らないと思います。

法事に参加したくない事と 僧侶とは別ものかと思います。
気持ちが無い方に 手を合わされても 嬉しくありませんね。
タクシーででもいけるでしょうし 送って帰る事も選択出来ると思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

輪廻観を前提とした話しですが…。

すべての魂は初七日までに転生を完了させている、という一説を聞いた事があります。


拠れば…原始仏教での法要は七日までであった、しかし日本での仏教は弔いを主として浸透した為に、七日まででは仏教寺院の糧を得るのもままならない。
そこで、年季法要というのが発明された。


つまり、初七日以降はすべて、寺院の稼業として差し上げているに過ぎない。
…との一説でした。


生憎…この世に生ある身として、その真偽を確かめる・確認する術はありませんが…。
^^;

寺院の食い扶持としてそのくらいはお付き合いしても…なんても思いますが、昨今の寺院の放蕩ぶりには呆れるばかり。
一部の事なのかもしれませんが…。


私の親は律儀に年季法要しています、私の目が黒いうちは私もそれを受け継いで行くつもりです。
暗黙のうちに…親もそれを期待し、望んでいると思います。

ですがそれも私まで。
散骨希望・法要不要、いずれ私も遺言として残したいと思っています。
^^v

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

原始仏教というのが何を指しているのか分かりませんが、
そもそも仏教では「魂」という存在を認めていないのではないですか?
大乗仏教でいうところの「魂」なら理解できますが。

私は寺院の関係者ではありませんが、腐っているのは社会も同様です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

皐月さん
コメントありがとうございます。^^

宗教論にも絡みますが、言語化した時点で、…矛盾が伴う事…それはやむを得ないことなのだろうと思います。

確か…数年前のNHKスペシャルでした、その中で件を聞いたように思います。

大乗・小乗…それぞれに、魂とその存在の肯定・否定。無責任発言でしょうが、どちらでも構わないと思っています。
そもそもは…現世に生きる者への教えです。「生きるとは?」…その純粋な疑問への回答、それが一つに限られるわけも無く。
そしてそこは、いずれ誰もが通る道です。その時に納得すればよい事だと。

腐る=酸化する、それもまた、新陳代謝に必要な事なのかもしれませんね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ご勝手に。

何故、ここに書かれたのでしょうか。

自分が今、ここに存在するのはご先祖様がいたから存在していると思います。

そういう気持ちになれない方には、それなりのことが起こるかもね。

ご用心下さいませ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

同感です。
人間一人、そんなに偉くできないと思います。
まっ、人生は必ず波がありますからー。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

基本的に俺は執拗無いと思う、あっはじめまして そもそも法事とは、ひとつの区切であって、その人の命日にその人を思い出して上げる、そして在りし日を偲んで、であるから行く行かないはカラスの勝手、でも心の中でも法事はせきる・けど
1回ぐらいは顔を合わせるのも良いのではないだろうか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

それは個人的な思考でしょうね。
ご本人が故人とどの様に係わっていたかで気持ちも違うと思いますので?。
故人とどれだけ深く付き合っていたのかの問題ですね。
いやいや行っても相手方に迷惑を掛けるだけのよううに感じます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

それを貴方はじっと見ているだけでしたか?。
何故注意をされなかったのでしょうかね疑問に思います。
それが身内の義務でもあると思いますがね。
法話は聞くほうの気持ちでいかようにも取れますので一概にろくな話ではなかったと言うのも変です。
それと世間との係わりを絶つなど出来ません。
周りにかかわって生活が出来ている事を考えて見てください。
貴方一人で絶対に生きている訳ではないのですから。
以後参加するしないは自由です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

故人を慕って止まない人たちが、命日などに定期に呼びあい、偲びあうのが○○回忌の意味か、と思っています。

 ですから、今の坊主が○○回忌に必需であるとは思いません。

 ですから、命日が近づいても一向に○○回忌の話が聞こえてこないこともありますし、逆に、「一切行わないよう」遺言された方なのに、自然発生的に○○回忌が行われることもあるようです。

 結局、その人たちしだい、なのでしょう。

 ちなみに来年は、義母の3回忌にあたります。
 生前お世話になった方や親しかった方にお声かけし、家族葬でささやかにではありますが、是非に執り行いたいと思っております。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

あなたが主でなければ行かなくてもいいですよ。
それぞれの個人観がありますが、あなたにとってその方が大事な方であったか、いやな方であったかどちらにせよ、その方の生き様を通して自分を振り返る時間でもあると思います。坊さんがどうのこうのというよりあなたが今迄歩んできた家族間の問題だと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>これから叔母の一回忌ですが。

一回忌って、お葬式のこと?

>私は一切行わないように、遺言します。

あなたがそう思われるなら、そうなさったら良いんじゃないですか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

一回忌=一周忌 なくなってから1年めの命日に行う法事です。

お葬式ではありません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>一回忌=一周忌 なくなってから1年めの命日に行う法事です。

そうなんですか。
一回忌という言い方はあまり聞きませんよね。
一年目を一周忌と言い、二年目を三回忌と言いますので、一回忌はてっきりお葬式に当たるのだと思ってしまいました (^_^;)
だとすると、二年目は二回忌じゃないとつじつまが・・・
ま、良いか (^_^;)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私もよう知らんのですが、1周忌以降は数えで数えるみたいですね。
仏式も神式も。
ま、気にせんときましょう。^^

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

葬儀そのものが一回目の法要になるから、一回忌に当たりますが、普通その呼び方はしません。
二年目は二回忌になりますが、偶数は使わないので、一周年たったということで一周忌と言い、三回目以降は三回忌、七回忌てー具合に奇数年期に法事を営むものです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

簡単に考えて下さい。葬儀から満一周年で一回忌です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ちなみに満二年目は三回忌になるようです。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 2

要望はどこに?

この度のリニューアルについて、要望があるのですが、 どこに送信したらいいのでしょうか?

回答受付は終了しました
回答数 6

物理的な 振り子の原理

別に悩み事では無いのですが~😊 子ども達 相手の ボランティア活動してます 子供から質問を受けまして回答に困ってます 質問 一メートル(固定)の先にボールを括り付けて 時計の振り子の様に動かしているときのボールの速さ①と その同じボールを動かしている最中に50セン...

回答受付は終了しました
回答数 5

「日本大好き」と口で云うことと、心の奥底で無意識に思っていることはどう違うのか?

「経験的に、正面きって、「日本大好き」とか言う人は軽薄か無教養な方に思えて仕方ないのですが・・・。」 上記のQが大変反響が大きかったので、別な角度から、この問題を見てみたいと思います。 口に出して云うことと、こころの奥底で無意識に思うこととはどう違うのか、ある...

回答受付は終了しました
回答数 3

原価管理からかけ離れた、経営…幸之助はんどない思います。

仕入れ原価、45円 売値27円。 太陽光発電やるんやったら、今しかおまへんで。 原発事故の負債一兆円超の東京電力と大手7電力会社の太陽光買電の状況です。 個人で太陽光売ってる方は設備投資のめんからそんなに多くはないです。 多くは、公共団体や企業が省エネしとるぞと...

回答受付は終了しました
回答数 1

山の名前の読み方

「Wickersham Dome」を日本語で書くと? よろしくです。

お悩みQカテゴリ一覧