回答受付は終了しました
ペンネーム:はまかぜコタロー☆杉さん

硬膜ブロック注射というのは

[趣味人倶楽部の使い方]

毎日続けてやってはいけないんですか?

閲覧数
103
拍手数
0
回答数
3

回答 3件

ペンネーム:ペインクリニックとは!?参考までにさん


>ペインクリニックというのは、頸椎ブロックをする医師、麻酔医のことでしょうか?

以下参照!
https://www.jspc.gr.jp/igakusei/igakusei_about.html
https://www.jfcr.or.jp/hospital/cancer/treatment/acha/except_cancer_pain.html

ペンネーム:はまかぜコタロー☆杉さん

相談者
有明の説明、良くわかりました。
ありがとうございました。

ペンネーム:ペインクリニックとは!?参考までにさん


でも、ペインクリニックがどんな病院なのか?知らずに診療を受けるとは・・・
しかも検査もしないで、ブロック注射を受けるとは・・・・・

単なる痛み止めの注射じゃなかったの!?

ブロック注射は、検査なしで簡単にしてもらえるもんじゃないよ。

ペンネーム:はまかぜコタロー☆杉さん

相談者
いえ、2時間にわたる検査をしました、、、、。

ペンネーム:ペインクリニックとは!?参考までにさん


検査して即時に施術されたんですか?
暇なクリニックですね?

通常は、後日施術するのが普通だと思っていました!

私は診断されてから3日後の施術でした。
その後も取り敢えず、市販品の痛み止めではなく、医療用の痛み止めの投薬を
処方してもらい、後日ブロック注射を受けています。

私の診断された病名は、椎間板ヘルニアと、脊柱管狭窄症です。

ペンネーム:ペインクリニックとは!?参考までにさん


ブロック注射は、感ではできませんよね?
幹部の透視画像を見ながら、ぎりぎりのところの注射します。

万が一、注射針が深く入ると、半身不随になり、一生車椅子生活に
なりますからね。
また、他の方がおっしゃっているように、死に至ることも往々にしてあり・・・
だから、保険適用も手術として扱われているんです。

ペンネーム:はまかぜコタロー☆杉さん

相談者
ヘルニアなら6っヶ月は入院ですよね。

それで、治りました?

ペンネーム:ペインクリニックとは!?参考までにさん


手術を覚悟し、術前検査のため3日入院し、2日目に神経根ブロック注射を
して貰ったところ、激痛が嘘のように治まり退院、それ以降は主治医から
ウォーキングやストレッチ体操で、腰の筋肉を強化する指導を受け、3ヶ月程
励行したところ、痛みの再発はなく・・・・・

現在もウォーキング前後のストレッチ体操と毎日1万歩の速歩での
ウォーキングを実行しています。
寒暖の酷い時や悪天候の際は、イオンモールでウォーキングをしています。

ペンネーム:ペインクリニックとは!?参考までにさん


「読書中」さんのおっしゃる通り、医師の腕次第ですね(^^♪

整形外科の専門医に見てもらうことをお勧めします。
整形外科医のブロック注射の効果は、間違いないと確信しています。

消化器の専門医が片手間にされるペインクリニックは、消化器系の
ペインクリニックではありませんか?

ペンネーム:読書中さん

 ブロック注射は、一週間に 1~2回。

 医者によって、注射液の濃度が違う。 
 医者によって、注射液に入れる薬の種類が異なります。

 注射液の強い副作用で・・・失明したり、亡くなったり←たまに~こうなる。

 健康保険適用で 医師に頼んで 十全大補湯を安く出してもらって、1日2回飲めば、副作用が危険でも、うまうまと~無事に助かります。

 お大事になさってください。

ペンネーム:はまかぜコタロー☆杉さん

相談者
確かね、知られた痛みどめはききませんね。

ペンネーム:ご参考になれば。。さん

ブロック注射ができる医師の数は多くありません。加えて難易度の高いブロック注射ができる医師の数はもっと少なくなります。その理由はブロック注射をすることに重い責任があるからと言えます。それはミスをしたときの責任が極めて重く医師一人にのしかかるからです。手術ミスは病院が責任を負いますが、ブロックミスはほぼ医師個人に全責任がかかります。よって医師にとっては手術を行うよりもブロックを行う方がリスクが高いといえます。リスクが高いにもかかわらず、ブロックをどれほど行っても医師の給料は同じですから見合わないのです。見合わないのに医師がブロックを続ける理由は「他のどんな治療よりもブロックは患者を幸せにすることができる」ことを知っているからです。つまり、ブロックは「ハイリスク、ハイリターン」です。そのリスクの部分を全て医師が責任を負い、ハイリターンだけを患者に捧げる。そうやって患者を幸せにすることを第一に考えてきた医師は「高い技術のブロック」を身につけられるようになります。よって、医師がブロックを患者に勧めるとき、それはお金儲けの商売根性ではなく、「目の前の患者を幸せにして差し上げよう」という心意気で勧めているわけです。真実を言うと、ブロックせずに患者を何度も通院させたほうが医者は楽してお金を儲けることができます。それでも患者の幸せを考える医師はブロックを患者に勧めるわけですから、ブロックを行う医師に敬意を払いましょう。もちろん、そうだとしても医師からブロックを勧められた際に断ってもかまいません。断る自由は保証されています。
--------------------------------------------------------------------------------

ブロック効果よりも安全性を重視
ブロック注射は深い箇所の主要部分に薬液を注入しますのでどこまで行っても危険行為であることに変わりありません。手技的には手術と同じ扱いになります。手術と異なるところはブロックは何度も繰り返し行えるということ。よって回数を重ねるほど事故に遭う確率が高くなっていきます。ですからブロック治療を受けるときは、「早く的確にできる」ことよりも「極めて安全に注意深く慎重にできる」ことを最優先にして医師を選ぶことをお勧めします。「この先生は乱暴だなあ」と感じるようであれば避けたほうがいいでしょう。あくまで私意見ですが、注射の痛さでていねいさがある程度わかると思われます。

ブロック治療の回数と期間
治療に要するブロックの回数や期間は「症状によって全く異なる!」ことを大半の患者様は知りません。

ペンネーム:はまかぜコタロー☆杉さん

相談者
実は、あまりのたみを訴えましたら、即、施術してくださいました。
専門は胃のようですが、総合医とおっしゃってまして、かなり年配の先生ですが、手技は経験がものをいいますから、感謝しております。

ペインクリニックというのは、頸椎ブロックをする医師、麻酔医のことでしょうか?

ペンネーム:はまかぜコタロー☆杉さん

相談者
実は、看板に「ペインクリニック」とありましたので、行ったのですが、あまりの痛みを訴えましたら、即、施術してくださいました。
専門は胃のようですが、総合医とおっしゃってまして、かなり年配の先生ですが、手技は経験がものをいいますから、感謝しております。

ペインクリニックと、ブロックをする医師、麻酔医のことでしょうか?

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 2

日記のアラートについて

以前は日記を非公開で1度保存し、 後ほど公開すると お気に入りさんにアラートを付けないで 日記を公開することが出来ました。 今は、同じ事をしてもお気に入りさんにアラートが付いてしまいました。 アラートを付けずに ひっそりと日記を書きたくて でもいつか気が付いて 見...

回答受付は終了しました
回答数 9

消します

上から目線で、「削除します」と質問する人を どう思いますか。 もう少し何か違った書き方があると思うけどーーー。

回答受付は終了しました
回答数 3

音声を文字に変換

音声を文字に変換してくれるスマホ会社があるそうですが、ならば、普通に、音声を文字かし、プリントアウトできるマシン、あるでしょうか?

回答受付は終了しました
回答数 6

過去の日記の簡単検索法

自分の過去の日記を、カテゴリー別や日付別などで検索し、簡単に呼び出すことが出来る機能が有ると助かります。 過去のものを見たいことがたまにあるのですが、ずっと遡っていくのは手間も時間もかかるので、いくつかの検索方法で呼び出すことが出来れば助かります。 我がまま要...

回答受付は終了しました
回答数 9

半島人、入国ご辞退申し上げまする

島動乱と半島人の避難入国 朝鮮半島に動乱がおきると、半島人の避難入国が難民としてどっと押し寄せるんじゃないでしょうか? 慰安婦像を盾に、入国拒否をするべきじゃないでしょうか?

回答受付は終了しました
回答数 9

英語を趣味として共に楽しもうという人はこの倶楽部にはいないのでしょうか?

趣味人倶楽部に入会して以来、英語関連の3コミュに登録し、書き込みもしましたが誰ひとり応答する人はいませんでした。 さらに英語関連の日記は何回書いてもまともに応答されることはありませんでした。それどころか最近は閲覧すらされません。 ごく少数ですが英語関連の日記を...

お悩みQカテゴリ一覧