趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

「13人ばかり、・・」、とひとくくりに違和感。

[その他]

「13人ばかり、・・」、と死刑執行したことを言っている大臣をニュースで見ました。

いくらなんでも、"13人ばかり、・・"、と、ひとくくりにされては、たまったものではないなぁ、と思いました。

死刑を言い渡された人でも、等しく世に送り出された、多くの人と同じく、一個の命の尊厳は最後まであるもののと信じます。

笑いを誘うネタにされた、ご遺族のお心を、お察しするにあまりあります。

皆さん。
違和感を感じませんでしたか?

(2月28日 12:57 追記:)
発言内容は、あるパーティでの鳩山邦夫氏の挨拶から飛び出しました。

「昨年は法務大臣をいたしまして、13人ばかり死刑を執行いたしましたので、

朝日新聞から『死神』という称号を与えていただきましたが、現在はかんぽの

宿の守り神として仕事をしておる鳩山邦夫でございます」

(鳩山邦夫 総務相)(25日20:49) 」

(3月2日 2:26 追記:)
私は、命というものへの、単純な感受性から、”ばかり”、発言に、違和感を持ち、質問を致しました。

ですが、寄せられた回答の多くは、被害者感情、加害者感情、死刑制度論、などなどが、多々、寄せられました。

”ばかり”、発言への適切か不適切化には焦点が合っていないのに、大いに戸惑ってしまいました。

再び、考えますに、まったく私の文章力の未熟さ、背景を抜きに語れないこと、私の軽々しさをなどを悟り、ようやく皆さんに大変なご迷惑をお掛けしたことに気付きました。

ここに、深く、お詫びいたします。

本当に申し訳けありませんでした。

閲覧数
2805
拍手数
0
回答数
24

回答する

回答受付は終了しました

回答 24件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさんの質問意図に同感しますし、また、「軽々しさ」「文章の未熟」など、お詫びする必要もないと思います。

確かにいろんな意見が出ていますが、のぞみさんの質問意図に関する直接の回答ではなく、(曲解とまでは言いませんが)それぞれの立場に引きつけての意見を述べられており、本来別問題として論ずるべき内容が多いと感じます。

私もあの冗談ネタに死刑執行を持出した鳩山邦夫の態度、品性に、激しい嫌悪感と怒りを感じる者の一人です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

それをよい方にとってみたらどうでしょう?

どちらかというと、暗い言いたくないことなので、
はっきり言いたくなかったと。

そうすれば、13人ばかり、を理解することができるのでは・・・?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

人を殺したら、死刑にすると、決めれば簡単明瞭だとおもいます。 それでしたら、交通事故で、結果的人をあやめても死刑になると道路交通法で決めたらとおもいます。
いかがでしょうか。
憲法では、主権は国民にあるとしていますが、ぼくはそうでない気がします、 国を支配しているものが、統治しやすくするため、刑事事件を処理しています。
なので、加害者、被害者をどのように扱うかは、国の裁量に任せざるをえない。  その証拠に国が殺人を犯したばあい、殺人罪による死刑は実行されない、また、この様な法律もありません。国は一つの人格ではあるが、自然人でないので、実効不可能となります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>交通事故で、結果的人をあやめても死刑になると道路交通法で決めたらとおもいます。
事件と事故は明らかに違います。(交通事故でも飲酒や暴走であれば殺人罪を適用することに何ら言うことはありませんが。)

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ご回答ありがとうございます。 確かに、事件と事故では内容がちがいます。しかし、人を殺めたということには、違いはありません。
どこの国だったか、はっきりと覚えていませんが、たしか、中近東のくにだったとおもいます。 交通事故で人に怪我をさせた場合、おにじように、被害者は、加害者に対し、ケガをさせることができるという法律があったのを
おもいだしました。 基本は、イスラム経典から起用の法律と記憶しています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

Golgo13juniorさん、ありがとうございます。

中東どうのこうの・・・これは具体的にどこの国のどういう法律か?ということを書かなければ迫力がありません。

具体的な事例を申し上げます、あなたはどう思われますか?
◆遮断機が下りかけていた踏切なのに高齢の女性が渡ろうと無理に踏切に入りました。躓いて転び、起き上がるとそこには電車が・・・電車は急ブレーキをかけて警笛を鳴らすが、女性は脚がすくんでうごかない。電車が女性を引き殺す。
これで、電車の運転手を死刑にしますか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

すばらしい発想の展開ありがとうございます。
このように、問題が広がって、考えていくことに、このサイトの有意義をかんじます。 電車の運転手を死刑にする、これも正しい見解とおもいます。
他方、レールの敷地は、私有地なので、ここを横断する際は、命がけで
わたるを、わたる本人に課せられていると判断するも、正しいとおもいます。  事件による死亡にもどります。
    ナイフという凶器をもって、殺意をもってA言う人物を殺そうとするが
    怪我をおわすでおわった。
他方、ナイフという凶器をもって、殺意はなく、悪ふざけでナイフをふりかわしていると、結果てき、Aをころしてしまった。
    事件による殺人と、事故による殺人は、あまり差異のない状況とおも    います。
今の若者、あるいは、、、、。テレビゲームで、殺人のゲームがあります。
任天堂は、このソフトで、莫大な利益をえています。
女性への強姦シーンもありれます。 テレビケーム、テレビの報道などで
人を射やめることを、無意識に行う神経を育成されつつあります。
なぜ殺人を犯す心境がいともたやすくなりつつあるかが問題とおもいます。  であるので、イロハのイの議論として、乱暴な一例をうちあげました
このことを、経済に振り向けますと。まず、企業は、利益をえることが最重要課題と、論じています。 であるので、経費節約で人件費削減が当たり前、しかし、人間が生きて行くためには、経済の利益を優先的に考慮すべきかが、今問われているとおもいます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

違和感は感じません。
あえて言えば、死刑囚の家族に対して「ご遺族」という表現、これに違和感を感じました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

大臣の発言に対してではなく、
死刑そのものについて、こちらのQ&Aを読んでいて、
ひとつおたずねしたいことがあります。
(別に質問をすべきだったかもしれませんが
 ご了承ください)

一度や二度、死刑について、
誰かと話したことはあると思うのですが、
私はいつも、どうしても納得できないことがあります。

「死刑にすべきだ」と多くの方が言われるのですが、
その方は、ご自分が実際に死刑を行えるのでしょうか。

犯罪をおかした人に対する怒りは、わかります。
被害者の家族のみなさまの悲しみもわかる気がします。

ですが、私は死刑を行いたいとは思いません。
というより、したくないです。
どんな理由であれ、自分の手を汚したくないです。

憲法や法律が、
国民の創意と近似であることが正しいとするなら、
やはり、死刑はよくないんじゃないでしょうか。

いや、「自分と直接関係のない人」を傷つけた人間を、
この手で死刑にすることができる。
そのような方たちばかりなのでしょうか。

なんというか、死刑を行うことに対する心の痛みや傷を、
国民の意見という形でぼやけさせる部分があるのではないか、
と思うことがあります。

ただの私情ですし、論点もずれてるかと思いますが、
死刑そのものが私情のかたまりとするなら、
わたしの私情としては、
「許せないという感情はあるかもしれないが、
自分の手を汚してまで命を奪うほどではない」
というのが本当のところです。

「十二人の怒れる男」という映画があります。
陪審員として、事件にかかわり合いになったとき、
陪審員自身の過去の怒りや悲しみが、
被害者に投影されたり、
加害者に投影されたりすることで、
意見(有罪/無罪)が決まっていく様が描かれています。

この映画を見た時、
私は恐ろしいなと正直思いました。
私も誰かに傷つけられたことがあります。
そして、怒りを覚えたこともあります。

第三者の事件というものを目にしたとき、
過去が思い出されて、
加害者への怒りを増幅させていたとしたら、
それって正しいのでしょうか。

そのときこのやろう、と思うべき相手は、
別の人かもしれないんです。
その相手への怒りの八つ当たりになっているかもしれないんです。

「罪を憎んで人を憎まず」、という言葉は、
「その人に自分の過去の怒りを投影しているかもしれないよ」
という意味かもしれないな、と思ったりします。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
私には、命があります。

命をもって、喜怒哀楽もありますが、四季の移り変わりを感じ、花鳥風月を愛でることに感謝しています。

ウツ病という、奈落の底に落ちたこともありますし、自傷もあります。
生老病死に理不尽を感じたことも多々ありました。

しかし、そこから復活して、余計に浮き世の捨てたものではないことを知りました。

私の手で、というよりも、私の意志で、命を左右するなんて、とんでもないことです。

命の意志は神ならぬ身の知るところです。
私は弱い人間かも知れません。
でも、命の存在の前には、まったく、謙虚であるのが私自身の生きる拠り所でもあります。

ウルトラ7QPさんに共感するところがたくさんあります。

いろんな異論があるのを、私は、今回、あらためて承知しましたが、それでも、命への畏敬とか畏怖の念には、変わることはありませんでした。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさん、コメントありがとうございます。

のぞみさんは、ご自身の体験により、
他の方への命の尊さを想うところまで、
思いが広がっていらっしゃるようにお見受けします。
頭が下がります。

命の前には謙虚というのは、まだまだ実感はできませんが、
わかる気がします。
神道が好きでして、「美しく魂を磨いて、かみ(?)さまに御返しする」、
という感じで生きていけたらなあ、と思ったりしています。
(実践できているかどうかはわかりませんが(笑))

のぞみさんと重なる部分はあるかもしれませんが、
私は命の尊さへの想いもありますが、
違和感というか、むしろ怒り(?)でもって、おかしい、と思っています。

死刑を執行するということは、誰かを死に追いやるということは、
ある意味、復讐と同じだと思ったりします。
私自身が殺されてみないとわからないのかもしれませんが(汗)、
少なくとも、私は殺されたからといって、
家族に復讐してほしいとは思わないです。
自分の手ならしたいかな、と思うかもしれませんが(さすがに)。
家族に手を汚してほしくないです。

また、死刑は必ず誰かの手によって行われています。
執行者の心の痛みの責任は、誰がとるんでしょうか。
その点にも納得がいきません。

情状すべき点はどうあれ、殺害は必ず罪だ、という法律があるのに…。
死刑というものは、第三者を介在させることによる、
復讐制度の面もあるんじゃないか、などと考えたりします。
極論、被害者の家族に死刑執行をさせたとしたら、
加害者の家族がその場面を見たとしたら、
どうしたって、被害者の家族に恨みを持つこともあるんじゃないでしょうか。
たとえば、かたや快楽殺人、かたや死刑執行という、
理由やプロセスに天と地ほどの差があろうとも、
わが子や家族を殺される悲しみは、同じかもしれません。
法学には無知ですけど、無知だからこそ、単純に不思議です。

冷静になれるはずの第三者だからこそ、
感情の制御ができるはずだと、私は思います。
悲しみや怒りによって人を傷つけることで、世の中、うまくいくんでしょうか。
死刑執行されたからといって、
被害者の家族の心の痛みは癒えないというようなレポートも、
あったように思います。

いろんな理由により、死刑制度が成り立っているとは思うのですが、
単純に、一個人の感情論として、納得がいかないんです。

単純に考えすぎだとはよく言われるので、
もしかすると、かなりズレた意見なのかもしれませんけど(苦笑)
そして当然のことながら、被害者のご家族の心情は、
察することはできますが、察することしかできません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさんへ
このQ&Aに対しての貴方は実名でされて、且つ回答者に対して数々のコメントをされて、全て読みました。
中にははてなとと思う回答もありましたし、又素晴らしい回答もありました。
あえて私も回答するなら、二世議員のおぼっちゃま議員の、受けを狙った発言はつつしむべきです。
でも今回のQ&Aでのぞみさんもかなり人生のプラスになったと思います。
又貴方の取組姿勢は素敵でした。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさん

鳩山大臣の発言には、違和感どころか、発言撤回を求めたいくらいです。
ただ何人かの方々も、コメントしているように、処刑された人の側のことにしか、言及してませんね。
そして、朝開さんへのコメントの中に、Q&Aの真意を理解してもらえないのが、ご不満のようですが、どのように理解して欲しかったのですか。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
茶目20061さん、私へのお心配り感謝します。

私は、死刑制度や、被害者、被害者のご家族、死刑囚、そのご家族へ対して、というよりも、”13人ばかり・・”、とひとくくりで発言された、一国の大臣としての、その言葉の使い方の是非をお聞きしたかったのです。

皆さん、まるで、被害者とそのご家族の感情を、私が、ないがしろにされているような調子で書き込みされたので意気消沈しました。

今は、ようやく立ち直れましたが、中には、ひどい中傷もあって、無防備で臨んだ私は散々に砕かれました。

不満というよりも、今は、これも自業自得の為せる業と考え、自重してしばらくひっそりとしていようと思っています。

言葉の剣は怖いです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

茶目20061さん、すみませんが、ちょっと書き込みする事を
お許し下さい。

のぞみさん、私の書き込みでも傷つけてしまったでしょうか。
普通は罪を犯したのだから罰するのは当然と言う考え方のところで
留まってそれ以上深くは考えない。
大臣ですらそれを考えたとは思えない様な発言をした、
「命の尊厳を傷つける」というところまで掘り下げた考え方を出来る
のぞみさんに深い敬意を表したいと思います。

のぞみさんの言葉で今回はいろいろな事を考えさせて頂けました。
ありがとうございました。
お気持ちお大事になさって下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

他のQ&Aでもそうですが、自分の意に会わなければ、明らかに攻撃的なコメントを寄せる人がいますよ。
趣味人倶楽部は「仲良し倶楽部」とは思ってはいませんが、“ちょっと”と思うことがあります、でもそんなことは気にしないで、意見は、意見として言うべきだと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

被害者や加害者の立場によって感じ方が違いますね!
100歩譲って 大臣が 言いにくいことを 何気なく
伝えるために ・・・ばかしと 表現されてたと思いたいですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>被害者や加害者の立場によって感じ方が違いますね!

見方をそこへもっていくとのぞみさんの言われている事の真意が
伝わらなくなってしまう様に思うんですよ。

のぞみさんは被害者であるとか、加害者であるとか言う事を超越した部分での、
「人の死」という厳粛な事実を語るのに、聞く人の笑いを誘う様な表現を
した事に違和感を感じたと言っている訳なのです。

>大臣が 言いにくいことを 何気なく
伝えるために ・・・ばかしと 表現されてたと思いたいですね。

私もそう受け止めたいと思っています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさんが感じられたのは、法務大臣の「人の死」に対する
向き合い方に違和感を感じられたのだろうと思います。

死刑というのは犯した罪に対する究極の刑罰であって、それを執行される事は
仕方がないものと考えるしかないのかもしれません。

けれども、死刑は法の下に行われるとはいっても、人が人の命を奪う事には
殺人と同じ事をする訳ですから、それを執行する決断をすることには
苦渋の選択といいますか、心に深い葛藤のある事だろうと思います。
であるからこそ、
これまでの法務大臣はその決断を避けてきた経緯があるのでしょう。

今回の鳩山法相の発言の仕方に、本来ある筈のそういう心の中の
人の生と死に対する深い思いというのが感じられない様な、
発言の仕方に違和感というか不快感を感じ取ったのだろうと思います。

本当の法相の心の中はどうなのか、13人の人の命を自分の手で
決定したのですから、もしかしたら夜な夜なうなされていないとも
限りませんね。
それ位、死刑執行の決断を下すのは大臣としては重い仕事だろうと
思います。でも、それが与えられた仕事なのですよね。

もう少し、それが感じられる表現が出来ていたら、のぞみさんが
そんな風には感じなかったのにと思います。

そんな訳で、私はのぞみさんの受け止め方は非常識という事では
なくて人としての感性が感じる常識だと思います。

ただ、人は表面上の一瞬ですべてが見通せる訳ではないので、
法相の真実の心の中まではわからないのではないですか。
表現の仕方にはもうちょっと気をつけてほしいですよね。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
「人としての感性が感じる常識」
ありがとうございます。
ほっとして救われた気がします。

確かに、法相の真実の心の中までは分かりません。
ただただ、葬られた命に、”ばかり”、という雑な数え方は、生理的に受け付けない自分の胸の内を不用意に披瀝した私の軽率です。

実は法相の苦悩も余りあるものならば、Q&Aでこんな事を書いた私も迂闊ですよね。
もっとよく考えるべきでした。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさん
人は自分一人の考え方では、どうしても一本道の考え方しか出来ないかも知れませんので、
こうして他の人の考え方に接する事が出来るのはとても、良い事なのではないでしょうか。
私ものぞみさんの質問のおかげで、他の人の考えにも触れ、自分はどう考えるかと、自問する
機会に恵まれました。
他のいろいろな回答を寄せられている方達もそれぞれまた、ご自分の考えに
付け加えるものがあったのではないでしょうか。
とても私には有用な質問だったと思います。

実社会の中ではなかなかこんな問題を率直に意見の交換ができる場は
少ないですから、反対意見というのも貴重なものです。
あまりご自分の責任ばかり感じて、ご自分を責めないで、自分が感じたものを
大切にして日々を送られます様に…… ^^。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

大いに違和感を感じます。
死刑囚といえどもその生命に尊厳はあると思っております。
死刑が確定した囚人はもはや人間扱いする必要も無いのでしょうか?
いっそ畜獣にも劣る扱いをして、刑場に立たせる前に人としての意識を喪失
せしめてしまっても差支えが無いのでしょうか?
そんなことはありませんよね。法律における建前、というより寧ろ文明における建前として、死刑囚にはその最後の瞬間まで人間としての人生を全うしてもらう必要があるのではないでしょうか?
そうでないと、社会がそれを構成する個人を殺すことの大儀名分が立ちませんよね。
死刑推進派にしたって、死刑囚が尊厳ある自己の生命を提供することによって己の罪業を償うという事にこの制度の意義を見出して、文明社会が個人を殺すことを(積極的に)容認しているのでしょう。だって蛇蝎ほどの価値も無い生命を奪ったとしても、そんな事に何の意味があるのでしょう。そんな理念も無く、唯々西部劇の私刑ごとく死刑囚を吊るすことに熱狂する人たちもいるでしょうが、彼らは実は人間全体の尊厳をも否定しているのだと私は思います。

さてもう一つ、この法務大臣がこの発言をした時、この13人方々は既に処刑が終わっていたはずです。つまり、己の生命をもって罪の償いをした後です。13人は現世での罪を清算し、社会秩序の為にその責任をとり終えたのです。この段階で、刑務官は勿論、凡そ司法関係者であるならば死刑囚の死を冒涜・侮辱するような言動は出来ないはずです。それは法律という荘厳なる建前を自ら汚すことになるからだと思います。
死刑囚が人間として出来る最大限の償いをした後でも、さらに粗略に扱われたとしたら、逆に司法関係者の方が自分たちの非人間性と直面しなくてはなりません。死刑を求刑したとしても、死刑の判決を下したとしても、死刑を執行したとしても、死刑囚は己の罪をしっかり見据えた上で、人間の尊厳を持ちつつ死んでいったのであって、自分たちは個人を抹殺したのではない、と確信できるような建前は絶対に必要なのだと思います。
その上で、今回のこの法務大臣の発言ですが、司法における責任者の一人としてはなんと馬鹿なものの言い方をしたものだと思います。
13人の方々の魂魄は、刑期を終えて出所した人達と同様に、大手を振って黄泉の国に旅立ったという、必要不可欠な共同幻想を彼は立場も弁えずにぶち壊したわけです。
勿論被害者のご遺族の方達は、たとえ犯人が処刑された後でも怨讐の念から解放されることが無いかもしれません。殺しても飽き足らないという感情は癒える事が無いのかもしれません。ただ、個人が怨讐に囚われることは止むを得ませんが、社会が怨讐に囚われることはあってはならないでしょう。処刑された死刑囚の方々に対して、社会としては他の死者の方々と同じ敬意を払うのは妥当なことだと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

所詮世間を知らない2世3世議員ですからね。
(私もひとくくりにしますが・笑)
馬脚を現しただけの話でしょう。

この世界的危機に
そんな愚にもつかない政治家ばかりを
いただいている国民は不幸ですが、

国民が今まで選挙で選び続けてきた結果でもあります。
第2次大戦後の焼け野原からも立ち直った日本人です。

あきらめずに
これから作り直ししましょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

違和感を感じませんか
と問うているのですから
死刑囚に同情的なのかなと思われます
しかし、人を殺せば(なんの落ち度のない人間を一人でも)死刑です。
13人ばかり
ひとくくり
たまったものではないなあ
と違和感を感じているのですねえ。
良い事だと思いますよ
どんどん言って下さい
あなたにはあなたの言論の自由があります
また、あなたの考えに違和感を感じている人の言論の自由も必要です
私はあなたに対して非常に違和感を持っています
?これは私個人の考えで一般的かどうかは分かりません
ご遺族の心中お察しいたします。
?犯人に対しては当然死刑

私は裁判は犯人への敵討ちの場でなくてはならないと思っています

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

一言だけ
裁判は犯人への敵討ちの場
ではなく事実関係を精査するのが第一目的です。
その結果
犯人かどうかが決まり、その刑が決まるのです。

あなたが裁判を誤解して言っているのか
或いは理解しているがそれが違うと言っているのか
分かりませんので、
前者であればあなたの意図する言論の自由とは違うことになりますし、
後者であれば、それはあなたの意見です。
私はその意見には反対ですが・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

JBLさん
伝言あリがとうございました。
>くじらさんの書き込みは私にとって参考になる物ばかりです
>今回の件この後どのようにすればよろしいのか教えて下さい
私は教えるなどとおこがましいことはできません。

解らないことは調べあるいは質問し、
信じることは言うだけです。

私が
「質問者の意図に沿うだろう」と考えての
私の答えが書き込んでありました。
私も忘れていたので興味つつでしたが
見つけました。
今も同じ意見です

再表記します。

回答者 くじらさん 2009年2月27日 2:34

所詮世間を知らない2世3世議員ですからね。
(私もひとくくりにしますが・笑)
馬脚を現しただけの話でしょう。

この世界的危機に
そんな愚にもつかない政治家ばかりを
いただいている国民は不幸ですが、

国民が今まで選挙で選び続けてきた結果でもあります。
第2次大戦後の焼け野原からも立ち直った日本人です。

あきらめずに
これから作り直ししましょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私はこの発言は被害者の家族にも不愉快なものだと思います。
前後のコメントが抜けていますが、自分の大切な人の敵討ちとしての死刑とかんぽの宿を同一路線に並べてギャグにされたら、私だったら怒ります!!
しかも13人ばかり??
「私の大切な人はそのうちの一人に殺されました。その人間は私にとっては誰とも並べられないくらい憎いひとです。それを他の人と人括りで語らないでほしい!」
そういう気持ちになります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

はじめまして。私も若&暁子さんとまったく同じことを考えていました。

「13人ばかり」という表現は被害者とそのご遺族の命と人生を軽視する表現だとまず感じました。

質問者が問題にされているのは「命の尊厳」だと思います。
「命の尊厳」を考えることと、死刑囚の犯した行為をどう考えるかとは同列には語れないのではないでしょうか。

犯罪を犯した人の命は軽視していいという考え方は死刑囚が被害者の命へ向けた視線と同じように感じます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

殺人者であっても・・・死刑囚であっても・・・殺人をしなければならなかった加害者をも哀れだと思いますし・・・たとえ死刑囚であろうと命の尊厳は最後まであるものでしょう。
13人ばかり・・・では命が軽んじられているように感じます。
被害者よりもむしろ加害者に同情する事すらあります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>殺人をしなければならなかった加害者をも哀れだと思いますし
えっ、これどういう意味ですか?
「殺人をしなければならなかった」、殺人犯は誰かに殺人を強いられたのですか?

>被害者よりもむしろ加害者に同情する事すらあります。
どんな場合ですか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かずやさんの言葉には仏の「慈悲の心」が感じられ、拍手させて頂きました。

人は誰でも、良い星の下に生まれ、愛情を注がれ、適切な教育を授けられて、
良き友人にも恵まれ、心を育てられ、幸せな人生を全うしたいと思うものでは
ないのでしょうか。
願ってもそれが出来なかったのであろうかと思われる人達に向けての
『慈悲の心』 考えさせられますね。

人には頭で考える事と、心で感じる事の両方がある様に思います。
忙しいという字は心を亡くすると書くのですが、現代は忙しすぎるせいか
人の心がないがしろにされる事も多い様に思います。
かずやさんの心、素敵です^^。

あちこちで書き込みをしましたので、いささか出過ぎと感じられ、
気が引けるのですが、思った事は書いて表現しなければ、他の人には
伝わらないと思っているので書き込んで見ました^^;

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

Q&Aでの回答へのコメントありがとうございます。やはり女性の感性は素晴らしいです・・・これからは女性の時代、感性の時代だと師から教わっております。 感謝・・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かずやさん、
再度教えてください。

>殺人をしなければならなかった加害者をも哀れだと思いますし
えっ、これどういう意味ですか?
「殺人をしなければならなかった」、殺人犯は誰かに殺人を強いられたのですか?

>被害者よりもむしろ加害者に同情する事すらあります。
どんな場合ですか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

殺人をするのは・・・何か原因がありますよね・・・。例えば粘着質で嫌がらせの強い男に殺意を持ったとしますよね・・・その男が嫌がらせをしなかったなら
殺意を抱かなくてすんでたわけですよね・・・もし殺人を犯しても加害者は・・
ある意味では被害者でもあるわけです・・ここにもかなりねちっこいのが来ますがね(^_-)-☆こういう場合は加害者に同情しますね・・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かずやさん、
>殺人をするのは・・・何か原因がありますよね
(事故を除いて)当然理由はあります。
殺人は主にこういうことで行われるのではないでしょうか。
(1)怨恨によるもの
(2)組織の抗争(やくざ屋)
(3)自分の物欲を満たすため(強奪)
(4)自分の性欲をみたすため(強姦)
(5)自分の快楽のため(放火殺人)

>殺人を犯しても加害者は・・ある意味では被害者でもあるわけです
百歩譲って(1)〜(2)はそれなりの「理由」はあるかもしれません。

しかし、(3)〜(5)これはどんな理由があるのでしょう?
かずやさんの言い分はこうなります。
ーーーーーーーーーーーーー
(1)強盗に入って時に気づいたからわるいのや、黙って寝ていれば俺は何も殺すことはしていない。起きたお前が悪い。
(2)抵抗したからや、声をだしたからや。大人しくしていたら、何も殺すことはしなかったのに、おれは被害者や。
(3)おれは火を見たかっただけや、お前が気づかずに寝ているからわういのや、俺は被害者や。
ーーーーーーーーーーーーー
こういうのが「師から教わった感性」でしょうか?
ばかばかしいヨタ話です。
私のコメントについて、言い訳はありますか?
何も言えないでしょう。
想像力というか現実認識力がないとしかいいようがありません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ほっとひといきさんのこじつけ・・・アホらしくて笑ってしまいますが・・・
加害者に同情する事すらある・・・この意味が理解出来ないくらいの能力の人と会話をしても・・・会話にならないでしょう・・・理解力がないのですから・・・。
同情する事すらある・・・小学生くらいの理解力でも十分・・・これは全てを同情するのでなくて・・場合によってはという意味なんだってわかるでしょう。
これを全てととるのは小学生にも満たない理解力・・・もしくはだれが見ても
因縁つけるだけの馬鹿にしか見えないと思いますがいかがかな・・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かずやさん、
今回の死刑になった13人について、過失ではない「自分の意思」で殺した殺人犯でしょう。これを前提してこのQ&Aですよ。
こういうことも理解できずにいるあなたは<小学生にも満たない理解慮力・・・もしくは馬鹿にしか見えないとおもいますが、いかがかな>

まぁ、かずやさんは(かつてのQ&Aで)受けてもいない著名人、上野千鶴子さんの講義を受けた受けたと主張されていましたが、私は「嘘つき」と思っていましたが、単なる健忘症だったのかもしれませんね。そりゃ深刻です。ご愁傷様です・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

人間誰しも生まれ育った環境で人間形成されていくものだと思います。13人の殺人犯についての内容までは調べていませんし・・・どんな事件の犯人なのかを全く存じておりません・・・。ほっとひといきさんはそんな事まで精査されておられるのでしたらたいへんお疲れの事と思います・・・。なるほどHNのほっとひといきは他人に対してでなくて・・・自分自身がほっと一息したいな・・
その欲求ですね(^^♪ 13人の犯した罪の内容まで全て知っているなら・・・僕からしたら偏執狂かそういったマニアなのか・・・そのようにしか思えません。
13人がとてもいい事をした人であって感激でもした人であれば知っているかも知れませんが・・・暗い事はあれこれ考えませんから・・・楽しい明るい事が大好きで日々それを実践している僕にとっては・・・あまり関係のないことですから・・・。ありさんのように足元ばかり見ていないで・・・もっと見晴らしのいいところから周囲を眺めれば見えていないものも見えてきますよ(^_-)-☆

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かずやさん、
あのですね。死刑になるのは故意犯です。戦後では過失で死刑になった人はいません。こんなこと調べるまでもありません。
社会人としての常識です。

常識を涵養して<もっと見晴らしのいいところから周囲を眺めれば見えていないものも見えてきますよ(^_-)-☆>

ところで、上野千鶴子さんの<MLMを正当化した講義>を、あなたはどこで受けられたのですか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

故意に至るまでのいきさつですね・・・ねちねちと粘着質な人間に対して不快感を持つ人は多いでしょうし・・・中には殺意にまで発展する事だってあるでしょう・・・。そこで殺人が起こってしまった・・・××さえいなければ殺意を持つ事はなかったでしょうから・・・犯人に同情いたしますよ(^^♪
ここでは上野千鶴子さんは無関係でしょう場所をわきまえなさい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

かずやさん、

>ここでは上野千鶴子さんは無関係でしょう場所をわきまえなさい。
上野千鶴子さんは名前を使われて迷惑だとお怒りなのですよ。
常識をわきまえなさい!

>××さえいなければ殺意を持つ事はなかったでしょうから・・・犯人に同情いたしますよ(^^♪
なるほどね!
ワケガワカラナイ・・・ということがわかってなるほどね!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

人の上げ足をとったり・・・十数年前にいろいろな人の講義を聴いて・・・誰がどういう内容の講義だったか?ただあの頃に誰の講義を聴講したのか?
その頃には年間30回以上聴講していますから・・・誰がどういう内容だったのかさだかでない事もあります・・・。ほっとひといきさんのしている事は正常な人間のする事からそれているように思います。上野千鶴子さんがお怒りになっているのなら、上野さんと僕の事であってほっとひといきさんには無関係ですから・・・。こんな場所でこんな事をしていても仕方有りません・・お会いしてきっちりお話ししましょうか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私もあの発言、あの表情を見て大きな違和感がありました。

のぞみさんの意見に反対されている人たちの多くは、質問を正確に理解していないように思います。
法治国家である日本で審議が尽くされた上での死刑判決、その執行はやむをえないところです。
のぞみさんも同じ考えでしょう。
しかしあの軽いタッチで“いのち"を語ることは、たとえ死刑囚がどんな犯罪を犯したとしても決して頷けるものではありません。
ましてや死刑囚の遺族だからといって、彼らに罪があるわけではないのです。
親子、兄弟、親族の死を悲しむのは人として自然でしょう。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ナッシィングさん。
ありがとうございます。
あなたの言葉で救われます。

私は、ここで、文章で伝えられる限界というものを、嫌というほど悟りました。

そして、いつも身構えながら生きている人たちの如何に多いかということを。

私のように無防備に問いかけることは、自傷行為にも等しいことを感じました。

質問の真意を汲み取ってくださいました事に深く感謝致します。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

うん。
わかります。この、回答へのコメントにも重みを感じます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

法律上の役目です。死刑囚は何百人居るらしい
話がちがうが、中国では姦通罪は死刑らしいこれどう思う
正しい解答している人に詫びろ

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
正しい解答している人、本当にごめんなさい。
でも、Q&A での真意を如何に分かってくれない人たち。
まったく驚きました。

また、”詫びろ”、にもビビリました。
詫びなさい。、なら、大いに納得しますが・・。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

そうですか姦通罪は中国では死刑らしいのですか。
もし、死刑ならこの点に関してのみ中国を見直しました。
すばらしいことです。情報ありがとうございます。
電車のトイレで強姦した男も中国では死刑。
これを支持しないのは男性かなあ
女性の方は支持してくれるのかなあ
意見聞きたいなあ。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

朝開けさん
ししまるさん

私は、のぞみさんのほうに、より意見が近いです。

死刑制度により、犯人の命を絶ったからといって、
被害者の家族がいやされるとは思いません。
復讐の連鎖とどう違うんでしょうか。

簡潔に申し上げますと、
死刑制度によって、少なくとも、さらに二つの被害がでると、
私は思います。

1.死刑執行者の心の痛み
2.執行された人のご家族の心の痛み

私が被害者の立場であれば、犯人に復讐したいと思うでしょうけど、
これ以上、悲しみを増やしてほしくないとも思います。

死刑執行の直前、どのような状況になるか想像されたことはありますか?
仮に、加害者が罪を悔いて、泣いて死にたくないといったとしても、
仕事ですから、死刑執行者は、
泣いて嘆いている人の命を断つことになります。
加害者が全員、死刑直前も不敵に笑っていたり、
自分の殺害を自慢してたりしていたのなら、
私だって、死刑に賛成になるかもしれませんが…。
人を殺してしまう心の弱さがありながら、
そこまで肝の据わった人ばかりではないでしょう。

人の命を奪うことの反作用(罪悪感、後味の悪さ)は、
いかほどのものなんでしょう。
死体の処理は、誰がするんでしょう。私は御免です。

加害者の人権とは関係なく、
私は死刑制度に、どちらかというと反対です。

また、実利的な面を言うと冷たいかもしれませんが、
なぜそのような精神状態になってしまったか、
生い立ちから、成長過程など、綿密に調べて、
二度と起こらないように対策を立てることができるかもしれません。

加害者に死の恐怖ではなく、あえて生の安堵を与えることで、
情報が引き出しやすくなり、
次の被害を防ぐことの土台になるかもしれません。

犯罪は、社会の根源にある歪みが表面化したものだと私は考えます。

皮膚に湿疹がでました。
湿疹をしらみつぶしにしました。
湿疹はもう出てこないんでしょうか。

犯罪にも、同じことが言えるのではないでしょうか。

最後になりましたが、
のぞみさんは立派な人間だと、私は思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ししまるさん

私の意見に回答されたものでないことは承知しております。

のぞみさんのご意見に対する、ご発言ではなかったのですか。
それは失礼いたしました。

私も、いろいろな価値観があって当然だと思っております。
ただ、のぞみさんのような考えや、
私のような考えの人間もいるので、
死刑に賛成しない人間が、
人でなしではないことはご理解くださると有り難いです。

失礼いたしました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

■死刑執行された人間は何をしたのでしょう。
(1)殺した人の人生を無にしてしまった。
(2)殺された人の妻子供など、何人の人の人生を奈落の底につきおとしたのでしょう。
■あなたは、殺された人、家族のことをどう思うのでしょう。
死刑囚のご遺族の心?笑わせないでください、殺された人のご遺族の心が先でしょう。
殺した人間の「人権」を言う人を先に言う人は、人間の命の大切さが理解できないバランス感覚を失した人です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
<死刑囚のご遺族の心?笑わせないでください、殺された人のご遺族の心が先でしょう。>

あなたの、その辛辣さに、脱帽します。

私、もちろん、殺された人のご遺族には言葉もありません。
しかし、死刑囚の家族の過ごし方に心が痛むのも事実です。
ただ、後、先、の順番を問うのは的外れかなぁ、と感じます。

ご指摘のように、私は、命のバランス感覚を失っているようなので、我が身の未熟を鑑み、原点に戻ります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさん、
 多くの殺すー殺されるという関係においての場合ですが、
(1)殺された人のご遺族は何らの過ちも責任もありまえせん。また、多くの場合に「突然」奈落の底に落とされてしまいます。
(2)死刑囚の遺族特に親にとっては、殺人犯に育ててしまったことに対しての思いはあることもあります。何より、雑人事件から判決、収監、死刑までには長期にわたる時間がありました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

思いません。
なぜ判決確定後すぐに死刑にせずに、大事な税金を
使って、何年も刑務所で飼い殺しにするのか、それが
疑問です。
死刑囚が毎日、今日か明日かと恐怖におののいて過ごす
事のほうが残酷だと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

不用意発言に違和感感じますね。

「不用意な発言を非難」にとどめるのならわかりますが、

「死刑執行」された方を巻き込む論点に
持っていくのは行きすぎではないでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

Qを読む限りは、全くその通りだと思います。
上っ面で、「ばかり」を「方々」と言いさえすれば
このQは無かったのでは?とさえ思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
「ばかり」を「方々」と言いさえすれば、このQは無かったのでは?とさえ思います。


  ∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

その通りです。

私の問いかけの焦点が、どんどんズレた方へ行っているので、我ながら戸惑っています。

というよりも、正確には、問いかけの文章力が無かった、ということでしょうね。

それにしても、言葉とは、如何に読む人の目下の感情に訴え、容易ならざる方向へ行きやすいか、痛感しました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

違和感を感じて当たり前と思います。
13人ばかり、じゃ無くて、13人の方々を、ですよね。被害者と遺族の方々にとってはどんなに憎い人たちでも、死刑執行という重大な行為をたとえ言葉の上でも軽々しく扱って欲しくないと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

全く同感です。

最も重い刑だけにその認識をしっかりして欲しいですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

「13人ばかり、・・」の当事者が行なった行為は、多少でも同情する行為だったのでしょうか?
その者たちによって犠牲になった方々の想いは いかばかりだったのか。。。

一つの表現だけでそれを批判するのは、何か違う。
ワタシがもし被害者の家族だったら、「クソ13人」と思っても思いは晴れない。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ここは、Q&A の場ですよね。
既に批判していると、決めつけられているのは、まったく意外でした。
分からないから、皆さんに、聞いていたつもりでしたが・・。

あなたが、「クソ13人」、と言うのと、大臣が、「クソ13人」、と言うのは、大いなる差があるように思います。

なんとなれば、大臣の言葉には、一国の法を代表すべく立場にあり、軽々に発せられることは、自らをさげすむに等しい行為だと感じるからです。

<一つの表現だけ>
これには、確かに、そうかも知れないと思いました。
反省します。
表現だけではなく、真意を汲むように心がけます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

☆のぞみさん。
今の大臣がどのようなニュアンスで口にしたか、詳しくは存じ上げませんが、その会見での口調はある程度想像できます。
のぞみさんは それをご指摘になったと推測します。
その観点からするとワタシの書き方が不適切だったと、今になって反省するところです。

それとは別の視点で、死刑を宣告された方に対する見方・思いで書かせていただきました。
受け取り方が違ってたようで、その点は失礼しました。

昨今の、政権にいる者の発言に関しては、同じ思いでいることを付け加えさせていただきます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

死刑制度の是非論はおいておきます。死刑は、遺族に代わって国家が法に基づき加害者を死に至らしめる制度です。昔のあだ討ちは、現行法の下では許されていませんので法によって裁かれた人達が執行されるのです。
ここでは鳩山前法相の発言を取り上げていますが、私は時の法相によって死刑執行率が異なることに違和感を覚えます。人間である以上、いくら法的に問題がないとしても死刑執行の印鑑を押すのにはためらいを持って当然だと思うのですが、鳩山氏はそうではない人のようですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

最近の言葉尻を捉えて次々にやり玉にあげる風潮に、うんざりしています。本質を読み取りたいと思いました。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
単なる、言葉尻をとらえて、クローズアップする風潮には、私もウンザリです。
でも、ふとした事で漏らした、命への軽々な感性には、ゾッとするものがあります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

green118さん、
>うんざりしています。本質を読み取りたいと思いました。
なんだか思慮深そうな言葉ですが、ではお伺いします。
あなたの言われる本質とは何でしょう?
正々堂々とお答えください。逃げないでくださいね。あなたが「本質」について発言されたのですから。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ほっとひといきさんへお答えします。

何か、攻撃的な発言に驚きを感じますが・・・。
今回の件について云えば、死刑執行された人を笑いの種にして発言したものではなく、野党の先の国会での質問やマスコミの死神発言に対する批判に対する、皮肉を込めたコメントとして受け止めました。

法律で下された判決に従うのは当然のことであり、死刑反対論者と法務大臣の業務とを同一視線で見ることは誤りだと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

green118さん 、

すみません、green118さんの言葉を私が取り違えておりました。お気を悪くさせてしまい、申し訳ございませんでした!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ほっとひといきさん、ご理解頂けて良かったです。
私は未熟者ですから、今後ともによろしくご指導お願いします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

死刑囚が何をして「死刑」の判決を受けたのか・・・?、

質問者の常識を疑います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
「死刑」に値する判決を受けるのが真っ当だとしても、"13人ばかり・・"、の表現への違和感は消えません。
これは、「常識」、の問題とは、次元の違う感覚だと思います。
ですが、例え、常識が無い、と言われても、常識から感受性の変わる要素はないので、私は、非常識者と言われても構いません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

死刑囚が何もしなければ死刑囚になる事は有りません、

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

追伸

 死刑囚が「問題」を起こさなければ大臣の発言も無かった、この発言を作ったのは・・・?、と思う。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

追伸の追伸・・・

 人の言葉尻をとらえて 「どうこう」 とは無理が有るようです、
始めが有り終わりが有る、流れをみて 「どうこう」 の判断を、
始まりが無ければ終わりは無いのだから。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

死刑囚に、殺された、家族のことも、考えてみては、どうですか、自分が、被害者の、家族だったら、そのようまことが言えますか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
はい。
言えます。
私は言えます。
例え、私の家族であっても、人の命は、たった一つのものだから、死刑は望みません。
死を、死で、償うことに何の意味も見いだせません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

のぞみさん個人が死刑を望まなくても、我が国の法律に従い下された判決です。それを法務大臣が決裁するのは、業務上当然であり非難するのは筋違いと云うものです。
誰でも人の命を絶つことは気持ちの進む事ではありませんが、決裁する人の
事も察するべきではと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

死刑について賛否を述べるつもりはありませんが
死刑囚の命を「たったひとつのもの」と言い尊ぶのなら
身勝手に奪われた被害者の命も「たったひとつのもの」ですよ?
命の尊さと問う割りには、「笑いを誘うネタ」なんて言葉もお粗末です。

被害者とご遺族に失礼です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
確かに、法律だから、と言われると、一切の反論を封じられてしまいます。

でも、"死という極刑をもって・・"、と断言するのにも、割り切れないものがあります。

なぜなら、死よりも、生の方が、辛い場合も多々ありますから。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ゼーフェルトさんへ

わたしは読解力がないので、命は全て尊いものですが、どうしても「死刑囚の命」に傾いた話しだと感じてしまいます。ならば殺された命はどうなのか?と、思った、それまでです。
「笑いのネタ」に関しては、何処かで笑いのネタにされていたのか、それとも違う意味なのか、自分にはわからないので。
「13人ばかり」の言葉は、言葉尻を捕まえて単なる大臣のバカっぷりを露呈した話だと思います。
人間は誰も殺されたくて生まれてきたわけでもないと思います。どちらにしても人を殺めるのは悪しき事です。それが無くなれば良いと思います。
わたしも回答者側ですが、参考になる回答、ありがとうございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

人の命は 死をもって 死に値する
目には目を 歯には歯をとか 言う言葉
聖書にあったような??
13人ばかり??の死刑になった命も死をもって
報いたのでは ないでしょうか?
死刑廃止賛成云々それぞれ。。。。
笑いを誘うネタって 誰が言ったのですか?
そう思われたきっかけの報道?事態に問題があると思います

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 2

ネコの粗相で困っています

23年目を迎える猫の事なんですが、最近猫のトイレに入っても、お尻がはみ出て周りにおしっこを飛ばしていました。 それで、少し離れたお風呂場にトイレを移動したところ、そこでは用を足さず、以前トイレがあった床にするようになってしまいました。 トイレを元に戻したのです...

回答受付は終了しました
回答数 8

仕事のストレスでEDに・・・・・・

55歳の中年男です。 ご主人がEDになってしまったという奥様の質問を拝見し、恥ずかしながらお知恵をいただければと思い、質問させていただきます。 5年前に人事担当部署の責任者(部長職)になり、いきなり人員整理をする羽目になりました。 自己申告(家族構成、家庭状況など...

回答受付は終了しました
回答数 1

田舎の家を誰かに住んでもらいたい

高知県の土佐山田町(高知空港から車で15分ほど山側にいった所)に百数十坪の土地と一戸建ての古い家を所有しています。 私自身は奈良県に住んでおり高知の家をどうすべきか悩んでいます。 高知の家の、母屋の屋根は10年ほど前に吹き替えたのですが隣の納屋は崩れる寸前。 土蔵...

回答受付は終了しました
回答数 6

どうして引退せんの?

息子が大臣になった、  羽田元首相、国会の自席に 人の援助(介護)を受けないと 席にたどり着けない。 はたから見ても、痛々しくてお気の毒、 とても、国政をになう気力もない、 血税の大変なな無駄、一刻も早く引退して欲しい、 引退できない理由はなんなんでしょう?

回答受付は終了しました
回答数 8

自爆した人は、1英雄ですか?・・・

最近、「自爆テロ」の報道をみかけなくなりました。  そこで、Q です。 自爆した人は、1英雄ですか?2英霊ですか?3犬死ですか? (5月19日 12:28 追記:) 多くの方にご回答いただきまして、有難うございました。 拍手を持って、お礼させていただきます。

回答受付は終了しました
回答数 1

花の名前

花の名前

お悩みQカテゴリ一覧