回答受付は終了しました
ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

要介護4の母のおむつ交換

[その他]

私の母は85歳、痴呆が進み要介護4の状態です。
施設に入れるのが嫌で、ショートやディサービスを使いながら在宅介護いたしております。
当然おむつで排便の処理をしておりますが、在宅の間朝夜に4,5回交換いたします。
 妻が少し腰を痛めてから、私も補助をしながら手伝っております。
私はその間中、目を閉じたまま妻の言うとおり母の体を交換しやすいように移動させています。
どうしても目が開けられないのです。つまり母の下半身が見れないのです。
別にオイディプスコンプレックスがある訳ではありませんが、見たくないから見れません。
皆さんはどうでしょうか。女性の方、息子さんにおむつを替えさせられますか。
男性の方、私と同じような立場になったらどうでしょうか。
皺くちゃになった母の体のその他の部分は、見ること出来ても下半身だけは目が開けれないのです。
自虐的な心で、暗くなってしまうこともあって質問させてもらいました。

閲覧数
3212
拍手数
0
回答数
42

回答 42件

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護ヘルパーをしています。
認知症の方はとても敏感でこちらの態度や言葉で表情や行動が変わります。
気になったのは お母さんが貴方に受け入れられていないと感じていらっしゃるように思えました。
便の件、歯磨き拒否は介護側がゆったりとした態度で対応しないとひどくなることが多いようです。
赤ちゃんや幼児をあやすように声掛をして「わあ綺麗になった。うれしいわ」とかオムツ交換のときは熱い蒸しタオルを2〜3本用意しておいて背中を拭こうね、気持ち良い?と言いながらさっぱりしたねと臀部まで清潔にするようにしてみてはいかがでしょう。
嫌がられていると感じられていると介護は負担になるだけでスムーズに気持ちよくできません。
是非 ケアマネージャーさんにも相談して(今のケアマネさんと意思疎通がうまくいってないのなら変えてもらうことも可能)
納得いく介護の日々を過ごしてください。
 在宅の日は訪問ヘルパーさんに助けてもらって奥さんに休んでもらってください。
 結局は貴方が今のお母さんに優しくしてあげること、間違ったこと言っても「そうだねえ、でもボクはこう思うよ」なんてね。
 ゆっくり関係を作ってください。
今認知症はアリセプトという薬しか認可されてませんが「河野メソッド」という治療方法を取り入れて個人に対応した漢方薬やサプリメントで落ち着かせる方法も研究成果発表されていると講演でききました。
 参考になりますかどうかわかりませんが 私の訪問対象者さんはとても落ち着いておられます。

 伝えたいことが十分でないかもしれませんし、的が外れて回答になっていないかもしれませんが 心地よい在宅生活が
お母さんにとって一番だと信じています。

優しく受け入れてあげてください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
細かいところまでお教えいただき感謝いたします。
母とうまくいっていない面も、少しは残っていると思います。
今の介護にそれが現れているから、自分を責める気持ちも生じます。
生活相談員を妻はいたしておりました。その前は老健で介護に直接携わっておりました。
周りの方から、母の性格を見て在宅で介護するのは無理だと、言われた上で(承知して)看ております。
問題は私の蟠りです。
何と阿呆なと言われましょうね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

自分の経験のみで意見を書かせていただいてしまいました。お許しください。
ラクシュミーさんの優しさが奥様を支えて頑張っておられるのですね。
 苦しみが伝わってくるようです。
どうぞ ショートステイ、デイケア介護保険ではいっぱいで自費負担も出てくることになるでしょう。オムツ換えや朝のお世話など奥様でないと拒否されますか?在宅訪問ヘルパーさんは拒否されますか?
 どうぞご自分を責めないで 今奥様を助けてあげて感謝の気持ちを表してあげてください。(いくら以前介護のプロだったとしてもお一人に負担が重なってはきついと思います。
 一考として 環境を変えて利用施設を変わってみるとお母様にも合ったところが見つかるかもしれません。

 1日何回かのオムツ換えだけの30分訪問のお気に入りの在宅訪問ヘルパーさんに出会えることもできたらいいのにと お祈りいたします。

 助けは色々と多くの方に依頼することが 長く続く秘訣。

 介護保険に任せっぱなしのご家族が多い中 一生懸命頑張っておられること きっと後悔しないと思います。
 どうぞくれぐれもラクシュミーさん御夫婦の御身体を大切にしてください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

大変な介護をご夫婦がんばっていらっしゃるのですね。
私が寝たきりの姑を介護した時私の夫は
貴方とまったく同じでした。
義母も痴呆があまり進んでいなかった頃はお風呂に入れるにも親子で見たくない見られたくないで大騒ぎ!
ヘルパーさんもあきれ返っていました。
当然オシメ換えなどは8年の介護の間一度もやっていません。
私より10センチも身長の高い母を1日3回ベッドから車椅子に下ろすのも全て私の仕事でした。
結果は?3年目で私の腰 肘ダメになり在宅介護リタイアです。
介護施設へやむなくお願いしましたが
これまた貴方のお母様と一緒で暴れる騒ぐ暴力を振るう
受け入れ拒否で何箇所の施設、老人病院を転々としたことか!
施設から電話が入るたびにぞっとしたものです。
最終的に私は離婚しました。
母一人子一人のマザコンにあきれ返ってしまったからです。
貴方はまだ良く協力していると思いますよ。
でも奥様は今はよくなったとはいえ一度でも腰を痛めると
ちょっとのことでまた腰痛が起きる可能性があることを覚えておいてください。
見たくない見れないものはどうしようもないのですから
その時は施設にお任せする事も視野の中に入れておかれることです。
施設はプロですからお母様のような方を専門に預かってくれる病院があるはずです。
奥様は介護のプロとのことですが仕事なら休みもあれば24時間勤務はありえないことなんですよ!
全てをご家庭で抱え込まずあらゆる可能性を検討されたらいかがでしょうか?
下の世話だけが介護ではないんですから。
お金で解決できる事が山ほどありますよ。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
貴重なご回答いただき有難うございました。
 在宅介護と申しましても、介護保険を限度いっぱい使わせてもらった上での介護でございます。
 車椅子から車椅子への移動、ベッドへの移し替え本当に大変ですね。
今回、腰を痛めましたのは勿論介護も原因ですが、孫の抱き過ぎもありました。
 お書きいただいた中で、受け入れ拒否の施設、病院を、転々としたとの件、私たちの一番恐れていますことです。
施設の長の方の中には、扱いにくい痴呆の場合、直ぐに精神病院系の施設に移動させると、お考えの方も御有りです。 
職員の確保といった点からのお考えでしょうが。
そういった施設を見学しましたが、家族の目に耐えられるものではありませんでした。
無理をせずに出来るだけ最後まで介護すること、これが願いです。今後とも宜しくお教え下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

迅速なお返事にラクシュミーさんの真摯な姿勢が伺えます。
我々団塊の世代がお母様の年齢になった時のことを考えると背筋に寒いものが走ります。

私は義母の介護を経験して我が子に同じ思いをさせたくない
私自身が最後まで尊厳を保てる生き方を模索しました。
出した結論は
『薬に頼らない人生 生涯現役 ピンピンコロリ』
呆けない 半身不随にならない。
自分の下の世話が出来 物が食べられ 自分の足で移動が出来る。
その為の生活習慣に留意しております。

どうぞご自身 奥様 お体ご自愛下さい。
貴方様ご夫婦にはお子様 お孫さんがいらっしゃるではないですか!
同じ思いをさせないためにご夫婦の全精力を使い切ってしまわぬよう
お二人が倒れてしまわぬよう!
あまりがんばらないでください。

出来ない物は出来ないと開き直る精神も必要かと思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
何度も有難うございます。
妻とよく話をします。
“先に死んだ者が勝ち!!”
お金では解決できないことですものね。
先のことを想って苦しんでおれませんから、今を大事に生きていこうと思っております。
幸い、妻の腰痛完治致しました。が、一昨日には
母が尿路感染による高熱を出しまして、てんやわんや致しました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護の仕事をしている一人として申し上げます。私自身も自分がお母様のような状態になれば肉親ではなく、第三者に介護をお願いしたいと思います。介護の仕事をしていて、男女問わず下半身を見ざるを得ないことがままありますが、相手はさほど気にしていないように思えるのです。それは、肉親ではなく第三者であるヘルパーだからではないでしょうか。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
 そのように、私も思います。
手術の時、否応なしにそうなりますが、私ですら当然のように思え、見られる羞恥心など無くなりますね。
 お医者さんの場合、見慣れているから、ご自身の母でもどうってことないのでしょうか。
 思っていなかったこと教わりました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お気持ちお察し致します。私は4年前に72歳の母を病院で看取りました。体調を崩して入院しその3ヵ月後の他界です。
たった3ヶ月でしたのですべて病院側がやってくれました。しかしその後考えてみました。もし退院して私が母の介護をしなければならなかったとしたらどうであったろうと。私の母への愛情がピークの時点での他界でしたのでもしかしたら私自身何の苦労もしないで見送れた事は私にとっては幸せだったのかもしれません。一昨年父も1ヶ月の入院の後、他界しました。母の時と同じ様な状況でした。私は亡くなった両親に子供孝行してくれたと感謝しています。冷たいようですけど・・・。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
 冷たくないですよ。
私は、その反対を思っておりました。
介護とは、人間の尊厳とは、恥じらいとはなどいろいろ子供に思わせてくれて子供孝行やなぁ。って。
普段ぼんやりとただ過ごす毎日ですから。
でも今は、格闘です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

見たくない物は見なくても良いと、私は思います。自宅介護をしている方々には、大変なご苦労があると察します。特に、認知症を伴っている両親どちらかを看護・介護なさっている子供側にとって、健在だった頃の思い出が存在します。親の老化を受けいれ、尊敬を持って接する事とは、人間の感情の問題であると考えています。自分が元気でいないと、だめだと思います。自分が介護することに疲れたら、他人に任せてみる。オムツ交換を訪問看護の会社に委託してみるとか、介護度4で受けられるサービスを相談するとか、したくないことは無理にしないのも、在宅介護を長く続ける方法なのではないでしょうか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
おっしゃるとおりですね。
痴呆の母を見るのは、まるで地獄のように思えるときがありました。
また、どうしようもない憐憫でいっぱいになりました。
無理をしないように致します。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は介護の仕事をしています。それと主人の介護、介護度4です。あけてもくれても介護の真っ最中、。おむつ交換ですが、すべてがお母様の体であり、顔や手や足と変わりないと思ってください。
特にきれいにしておかなければならない場所です、清拭したり、保温に努めたり、オムツかぶれなども確認しなくてはなりません。お母様の体をきれいにしてあげましょう、特別な場所ではないと思ってくださいね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

この問題は昔経過済み。もう話もしたくない。今はホッとしてる。次は自分の問題だ。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私の場合、自宅で母がベッドから降りられなくなってから亡くなるまで2年以上介護(私は介護とは思っていませんが)状態が続きました。 
どなたかがタオルと言ってられますが、私はバスタオルを使いました。 これだと、パンツであれ、紙おむつであれ、問題なく交換でき、又、汚れていたら下からお尻を拭いてあげることもできました。 まったく問題ありませんでした。 母もバスタオルを掛けると安心して交換 や お湯につけて絞ったタオル で拭かせてくれました。  なぜこの方法が一般的になっていないのかが不思議なくらいです。
それと、我が家では、シーツは使わず、タオルケットを敷き、その下に、防水シートを敷いていました。 これだと、万一濡れても、これらを交換するだけでとくに手間もかかりません。
タオルやバスタオルやタオルケットや防水シート(ベッド全面サイズ)は、何枚も用意し、頻繁に洗濯・交換していました。
介護という言葉は 好きではありません。 我々が子供の時、親にしたいただいたことは 介護 だったのでしょうか ?
                            以上

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
 良い方法を教えていただきました。
 今までは、棄てても良い(使い古しの衣類を裁いた)ウエスを用意し、清拭に使っていました。
 妻が交換しています時、母は少しも恥ずかしい素振りを見せません。
どちらかと言いますとお手伝いさんが綺麗にしてくれているといった様子です。
 羞恥心は完全になくなっていませんが、便が出たかどうかも分からないと思います。
言葉の上では大便を恥ずかしいものととらえているみたいですが。
 介護という言葉をそのように思ったことありません。
赤子や子供に対する母の愛は、無償の愛だと思います。見返りを期待しないという意味で。
観音様に信心からお布施を差し上げるに近いかな。
 母の在宅介護は愛でなくても出来ると思います。
育ててもらった恩返しで、母から布施をもらったから、母へ布施でお返しをするに近いと感じております。
 ややこしいこと書きました。
これからも宜しくお教え下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護的に見ると、目をつむってするのは、2点問題があります。

1.素早く 正確にすることが困難

2.おむつ交換時に、発見できる、皮膚の炎症 かぶれなどの、発見が遅れる

対策です。
出来ればですか、目を開けた方が、当然作業がやりやすい。

そこで
最初は、濃いめのサングラスを使用されてはいかがでしょうか?

慣れられてから、少し薄めのサングラスにされ、
最終的には、サングラスなしになればよいし、そのままサングラス着用でもOK。

目をつむってよりは、遙かに、お母様もされる方も、楽です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
 一人でおむつ交換をするようになれば、母の下半身を見れるかもしれませんが、今のところ妻の補助役で母の手を押さえたり、体の移動を手伝っております。
幸い、その後妻の腰痛も治り、より簡単な補助で済ませています。
母の下半身が見れないのは、なかなか解消できないでおります。またお教え下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ご自分を大分責めておいでですね。

介護とは全てを自分で完璧に行うものと思わなくて良いのではないでしょうか?
出来ないことを無理して行おうとするとどうしても無理が生じてしまいます。
それよりは出来ることを確実に行い、出来ないことは出来る方にお任せする。
最初はそんな気持ちでいて、出来る人の動きを見なれることだと思います。
見慣れていれば、いざと言う時には出来なかった事が案外出来るものだと
私は思います。

やらなければならない時には何とかなるものです。

気持ちを大きくして、奥様の動きやすい様に補助をしっかりとされる事が
良いのではないでしょうか?
奥様のお気持ちをお聞きになった事がおありですか?
奥様はラクシュミーさんに、どのようにしてほしいとおっしゃっているので
しょうか?

奥様を労わるお気持ちは奥様には伝わっているとは思うのですが、
奥様にはねぎらいの言葉をかけてあげてくださいね。
無理にお母様を見ようとし、その時嫌な表情をしたとしたらお母様より
奥様の方がショックかもしれません。

私が奥様の立場だったとしたらという気持ちでコメントさせていただきました。

問題解決策ではありませんが、少し発想を転換してみてほしいと思いました。

私は介護関係の仕事をしています。
利用者が排泄された時、便であれば「今日は、色も良し、形も良し、おまけに
臭いも良し、良かったですねえ沢山出て」なんて言いながらお尻を奇麗にしてました。  本人が気持ちが良いと思ってくれる事を喜びとしていました。
現場では介護職はそう思っています。
自分が利用者の立場だったら、嫌な顔をされたくないですよね。
介護職の人に手伝ってもらう方が良い事だってあります。

長々となってしまいました。 気持ちを楽にしましょう。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護、お疲れさまです。
皆様の回答を拝読させて頂き頭が下がる思いでいっぱいです。
わたしも、ヘルパーをしているのですが、ガイドが多くてオムツ替えの経験が
少ないのですが、介護度5のお婆ちゃんのお世話をしたことがあるのですが
やはり、嫌だったです。(恥ずかしいことですが。)
私の母は要支援2で今のところ自分のことは自分で下のことは出来てますが
いずれは、そのときがくると覚悟はしているのですが、皆様の回答を見ていて
自分の至らなさや色々と考えさせられました。皆様の回答を参考にさせて頂き考えを変えこれからの仕事に生かされればと深く反省いたしまあす。
どうも、有難うございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も母を介護していますが、そんな事に拘った事はありません。
母から生まれた来たのですからね、どうでも良いこ事と思いますが。

まっ、母の方が恥ずかしい思いをしたかもとは思いますがね。
今はなれてくれていがったリはしません、親子なんですから拘るのはどうかと思います。
人それぞれと言ってしまえば、次にでる言葉もありませんが・・・。

ちなみに私は独身です、母のベッドはレンタルの介護用の高さ調整とか斜度の調整できるベッドです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

医療の療養型の病院に勤務している看護助手です。
本当のプロのオムツ替えは、二人一組でするものです。
だから貴方は奥様の補助をしタイミングよく体位変換など補助してあげたらどうでしょう。

私が寝たきりになった時・・・今から言ってます。
訪問介護ヘルパーを頼んでと
その代わり人に任せるのだから何も文句は言わないようにと

私もそうですが、身内の介護には感情が入ります。
仕方が無い事です。
施設などの他に、いろいろ方法があります。
たとえば、訪問ヘルパーかなり頼りになります。
奥様の体も休めますよ!

頑張ってください。

見れなくてもしゃないやん(^_^;)

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 幸い、妻の腰痛も良くなりました。
簡単な補助をするだけで(手を押さえておかないと便に触れますので)よくなりました。
 今回は、ヘルパーさんのことを思いませんでした。
介護保険目いっぱい使わせてもらっています。
妻の体が大事ですから、そういう状態になれば悠長なこと言っておれませんね。
 見れなくてもしゃないやん。有難うございます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は91歳で介護度5の母を面倒看ております。
デイサービスもお願いしていますが、夜は私がオムツ替えしています。
最初は同じように下半身を見るのが辛かったのですが、やっぱり慣れです。

大便のときの臭いや処理で、反吐が出そうなこともありましたが、それも慣れで、時間が解決してくれます。

最後は、やっぱり自分を産んで育ててくれたことに感謝する気持ちが生まれてくると、苦も軽くなってまいります。
お互い頑張りましょう!

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。 
やはり、やっておられる人はいらっしゃるのですね。
心の隅のどこかで甘えがあります。
何で見れないんかな。便臭は何ともないのですが。
未だに、自分を産んでくれたという気持ちを持てないのです。
 真摯な回答頂きますと、自身が情けなくなるのですが、補助に入るといつもの通りで満足しています。
 これからも宜しくお願いします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は嫌です。絶対見られたくありません。

そこだけは見たくない気持ちよく解かります。
同性であれば何とも思わないでしょうけどね。
見られても平気な人はいても、見られたい女性などいないと思います。
仕方が無いから我慢して、慣れる。だけです。
見なくても出来るのであれば、見ないで良いと思います。
奥様が目となり、貴方が手となるのでしたら、何の問題も無いと思います。
目を瞑るのに罪悪感があるのなら、度の合わない眼鏡をかけるとかして、直視さえしなければいいのでは?。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 そう言っていただければ安堵いたします。
手で介助しているのだと思えばよいのですね。
 決してうまくいっていると言えない親子関係が、40年ほど続きました。今は頼られたから当然のことをしていますが、見れないということが、母を大事に思っていないということに繋がるとおっしゃる人もいらっしゃいます。
 お医者さんで、浣腸してもらうのさえ恥ずかしがった母ですから・・・・・・・。
 皆さんからたくさんの回答をいただきました。
介助の時に、そのお言葉を思い出しながらあたりたいと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

<見れないということが、母を大事に思っていないということに繋がるとおっしゃる人もいらっしゃいます。>
↑ が凄く気になっていました。

貴方がその言葉で心を痛めたのではないかと推測します。
女性同士であれば当然平気です。
男性でも介護職なら勿論平気です。
あかの他人でも平気でしょう。
医者にも見られたくない母親を、平気で見れる息子の方がよっぽど大切に思っていない。
大切に思うからこそ見れないのです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も10余年間 自宅で介護4の 義母のお世話をしてきました。息子である夫は定年後 少しは手伝ってくれましたけど、下のお世話などしなかったです。息子である夫が 義母の車椅子を押すのさえ、男のする事でないという人でした。元気な頃、「私が死ぬ時は ころっと行くから世話にはならないよ」と断言もしていました。出口の見えないトンネルが続く中、姑の行動が私の病魔を知らせてくれました。
幸い初期の乳がん、手術を受けるため施設にお願いする事に・・・。私は姑に助けられたのです。蟠りが消えて、今までの私の行動に御褒美が頂けたと思っています。神様はいますね、今後、人様から笑顔が返るような日々重ねたいです。ちなみに姑97歳、私の訪問 いつも笑顔で待っています。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 良いお話ですね。
 私事ですが、排便時に出血があったとき、色々検査を致しました。なにも原因が分かりませんでしたので、何年もしなかった胃カメラを致しました。
内科医は、異常なしと診断をしたのですが、長年主治医をしてくださっている外科医の先生が、もう一度カメラをするように内科医に手配してくれました。すると普通この位置では発生するのを見たことのない、ガン細胞が見つかったのです。
 そのご転居して新たな病院で胃カメラをしました折、先生が申されました。こんな場所のがんを見つけることも不思議だけれど、こんなに跡形もなく除去できるなんて大した技術力をお持ちだと感心されておりました。便からの出血がこれを教えてくれたというお話です。
 長々と書いてしまいました。
私も人智の及ばない力が、この宇宙を支えていると思っております。
 人間の出来ることって、大したことは出来ない。ささやかなことをしながら、これから生きていくしかありません。
 またお話お聞かせ下さいね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

MIXIのページのマイミクさんからの問いで知りました。
施設から在宅へお戻りになられたのですね。
大変素晴らしい選択ですが・・・。
やはりプロの手を借りないと共倒れになりそうですね。
介護度4ならかなり介護保険が使えます。
ショートやデイをお使いのご様子ですが、回数が不明ですので確かなことは言えません。
最低限朝と夜の30分の身体介護をケアマネージャーさんに要請されたらいかがでしょうね。
もし、介護保険オーバーも可能でしたら昼も入っていただければ幸いです。
無理は無理であり、できないことはできないのです。
むしろ在宅で看取りたいの精神を私は擁護致します。
近くにいらっしゃれば介護の仕方などご伝授いたしたく思っております。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
ショートもディも介護保険を使える限度まで使わせていただいております。 
私の書き方が悪かったようで皆さん誤解をされているみたいで申し訳ありません。
 老健施設勤務の経験ありで、介護のプロであり、ケアマネの資格もありますので、家庭相談員を妻はつい最近までいたしておりました。
 それで在宅介護を選びましたが、おむつ交換の時、母の下半身を見れない自分が不甲斐なく、皆さんはどうでしょうかという質問をさせていただきました。
 施設の良い点、悪しき点をある程度知っておりますので出来うる限り在宅で介護をして行きたいと思っております。
妻の母も、祖母も、私の祖母もみな在宅介護で送り出しました。
今は、施設が整備されていますので拘る必要なしと、思っております。
 せっかくお時間を割いて、回答いただきましたのに本当に申し訳ありません。
老老介護に向かいますので、もう駄目だと思いますれば施設を利用させてもらうように致します。
その為に、そろそろホームの申し込みも検討の時期かなと思っています。
 これからもいろいろお導きいただくことありましょう。その時はよろしくお願いいたします。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

コメント有難うございます。
私は10年間義父の在宅介護を経てこの世界に入りました。
看護師とケアマネージャー資格を持って在宅介護現場に在職中です。

ご質問の件ですが、夫は義父のオムツ交換時はさりげなくふすまを閉めて別室へ行っていましたよ。
比較対照は失礼と存じますが、夫よりは充分協力をなさっておられます。
目をつぶってしまうのも至極あたり前のことです。
可能なら何か(バスタオルとか衣類)で覆うこともお母様の自尊心の為にもよろしいでしょうね。
自分に置き換えたら・・・当然皆さん見られたくないですね。

無理は無理と開き直って、不甲斐ないなどと思わず、胸張って在宅介護を継続していただけますように。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

認知症の方の介護って本当に大変ですよね。
うちの母はもうすぐ90,2年ほど前から介護4です。
在宅看護で自分なりにはかなり頑張ったんですが、今は施設にお願いしてます。
2年前、ショートステイ中に大腿部骨折、手術して何とか手を引けば歩けるようになったので散歩は毎日の日課でした。散歩の途中では一緒におやつを食べました。
下の世話は私と妻がしました。でも、母は段々攻撃的になってホームサービスの方には暴言、叩いたりもするようになり妻にも噛みつくようになりました。妻は段々恐怖感を抱くようになり、ついに施設にお願いしました。今の施設には不満もあります。下の手当だって十分でなかったりすることもあります。でも、在宅ではもう限界。可能な限り毎日訪問して散歩などさせております。
情けないと思うこと、自分を責めることたびたびですが。食欲はまだ旺盛、全部自分の歯です。
最近、虫歯ができたようですが、歯医者の先生に噛みつきそうになったので治療はしてもらえません・・・・。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 お話を拝見させていただき、我が家と同じ状況を経験されたご様子がよく分かりました。
 妻も私も、在宅に拘ってはいません。
ゆうさんのお宅のように限界が来たら、施設にお願いするつもりでおります。
 施設の善し悪しは入所するまで分かりませんね。
それと母の性格が、対人に決して良くありませんので追い出されはしないかと、危惧いたしております。
またお話をお聞かせ下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ラクシュミーさん、おはようございます。
奥さまも、昨夜は眠れましたか?

介護の経験はありませんが、ひとこと・・・。
無理して目を開ける必要はなく、「そのうち出来るようになるかな??」くらいに気持ちを楽に持たれた方がいいのではないでしょうかね。奥さまも「目を開けてしっかり見てよ」など、おっしゃっていないようですので。

それと、お母様の性格が可愛くないとか書かれていましたが。私の娘が介護の仕事をしていた時の話です。おむつ替えなどの時に、嫌がったりたたいたりする人がいたようです。それでも「嫌だよね〜、でもただれちゃったりしたらいけないから、ちょっと我慢してくださいね。気持ちよくなると思いますから」など、常に声掛けをして接していたら、段々素直にさせてくれるようになったと話していました。

もちろん、ラクシュミーさんも奥さまも、そうしていらっっしゃるとは思いますが、今まで以上に、うるさいくらいに、話しかけながら接してあげてみてはいかがでしょうか??

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 認知症の人は、認知症を分からせたくないために、施設の人や他人に愛想を振りまくと、聞いたことあります。
母もエレベーターなどで、人に会うと色々話しかけます。
ですからご近所の親しくない方には、認知症を知らない方もいらっしゃるようです。
ところが家では女王様のようにふるまうのです。
お婆さんと呼べば、途端に機嫌が悪くなって返事もしません。こんな母ですが頼りにしているのはよく分かります。
もうここまで来たら、とことん勝負ですよ。
幸い妻の腰も良くなりました。目をつむったままでの介助?続きます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

主人は母親と一緒に、裸で抱っこしながら入浴させて居りました。日中の介護は私がやっておりました。入浴はさすが重くて出来ません。父親のオムツ換えも主人がやりました。当時は今みたいなオムツがなくて、さすが便の処理は私でした。スエーデンの女性の話を聞いてその通りだと思いました。決して両親の下の世話はしない。尊厳も含めて、専門の人がやる。同居はしないが近くに住む。施設に入ったら、どんなに遠くても、週一回の、面会は義務付けられる。私も下の世話は、肉親ではなく専門職に頼みたい。
主人の両親は主人にその気がなく、家で見ましたが、私の両親を引き取ったとき、父は近くの老人保健施設へ入所させまして、毎日見舞いに行きました。兄弟からは鬼のように言われましたが、本人にとっても、車椅子で自由が利きよかったと思います。もし主人の体が不自由になったら、迷わず入所を考えますし、私自身もそうしてほしいです。保健施設は6ヶ月ですが、次の施設見つかるまで、おいてくれます。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 個人の尊厳は、痴呆になった母の日常を、見ていますと考えさせられます。
下の世話は勿論、手掴みでの食事、喚き散らし、抵抗などを見ますと 本人はこんな状態を見せたくないのではと思ったりします。
 私の場合は、反対で兄弟は施設に入れるように思っていたのですが、母(勿論、痴呆になる前です。)の意向もあって、妻の了解を得て在宅にしました。 
 今でも、どちらが良かったか分かりません。
穏やかな表情の時は在宅で可、け飛ばされたり、鬼のような表情を見せたときはその反対に思ったりします。
 施設にも善し悪しがありまして、何年か前ショートを利用すれば必ず、床ずれやおむつかぶれを発症して帰ってきました。
 これから老老介護に向かっていきます。でも柔軟な考えでおるようにしていますので、その時その時、最善の方法を選択できると思います。
ご主人ご立派ですね。とてもとてもようしません。乳房すら見たくないマザコンです。足もとに敬礼をしなければと妻が横から申します。有難うございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ありがとうございます。ウンチコネを防ぐために後ろチャックのつなぎの洋服を着せておりました。義兄さんも義姉さんもいるのになぜ私がと、不満だらけの介護で、主人の前で、義母を怒鳴りつけたり、そんな時も決して主人は、私を怒りませんでしたが、今はどんなにつらかったろうと、心の中が思われます。義母は話せなくなる直前私に「座りなさい。今言わないといえなくなるから。ありがとう」私はショックでした。本当におばあちゃんがいとしくなりました。それから、入院しまして、そのまま1年後に召されました。もっと主人とのコミニュウケーションがあったら、兄弟への不満を取り除いてくれていたら、もっと気持ちよく義母に接することが出来たのにと思いました。その後、二人暮しの私の両親を見かねて我が家に、連れてきました。私にも近くに兄も姉も妹もいます。でも両親は我が家を選びました。本当は自分の両親でも、介護から解放されたかったのですが。主人に愛されて、両親も召されました。
後悔することばかりの私の介護でした。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
わたしの家庭もこんな環境です。
 弟がいますが、電話応対の時でも妻に礼の一言いったことがありません。
私たちが在宅介護をしているのも、私たちが望んだからとしか見ていません。
妻が、私に不満をふと漏らすとき申し訳ない気持ちになります。
弟は、そんな性格の人間だと思うように言っています。がどうしても不満は残りましょう。
介護をする立場に立たされ、一所懸命にその務めを果たしても、親族からよく見られない不条理に困惑しておられる人が多いですね。
ご主人もご立派だし、奥さんもご立派ですよ。
介護をせずに遺産だけが目当ての、欲ぼけた存在だらけですから。
 つい最近まで、
嫁姑の諍いを経ても、どんなに虐められても、みんな在宅介護で見送ったのです。最後の言葉を姑から嫁さんに残して。”有難う”って。
またお教え下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

回答になるかどうか判りませんが、私の父は八年前から寝たきりになり、介護4 となり、今月一日に亡くなったのですが、その間八年間は、ほとんど毎日 朝、夜のオムツ交換を、家内と一緒に行いました。
 思いますに、男のほうが、女性よりまだいいと思います。
女性の方は、恥ずかしいとの思いがあるとおもいますので、大変だと思います。
 下半身は見られないとの事ですが、解る気がします。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ご回答有難うございます。
 8年間も介護をなさったそうですね。
お疲れのことでしょう。
 痴呆があるかどうかは、お書きではありませんが、抱え上げるだけでも大変です。特に男の方は体重があり、また骨格も立派ですから。
妻もやっと普通に動けるようになりました。今度は私が花粉症の悪化で熱を出している様です。
 またお教え下さいますように。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は父の介護でした、同じような気持ちから母が健在だったので母に任せてしまってました。。でも今更ながらなんですがそのことから逃げてた自分をいまも責めてます、亡くなってしまえばもうできません、私のように後悔しないように・・お母様がいらっしゃる間に頑張ってください

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
痴呆が進んで、ただ食欲と睡眠欲だけになった、親を見るのはつらいことですね。
出来るだけのことをやろうと思っていますが、色々な思いが浮かんでは消えていきます。
またお目にかかれますように。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

自分のお母さんで異性だからですね。
では奥様のお父様の下のお世話はできますか?
介護施設になぜお世話にならないのですか?
奥様に甘えていると思います。
貴方は多分私と同世代の60歳台と思いますが わたしの主人も貴方と同じ様に思うとおもいます。でも施設にいれるのがいやと言う理由で妻に世話はさせません。奥様がぜひお世話したいとおっしゃっているのならべつですが。
奥様が体をこわされたらどうしますか?奥様の体をいたわってあげてください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
妻の父ならというお尋ねですが、慣れれば出来ると思います。介護を嫌がって、妻に押し付けているのではありませんから。
 皆さんは施設の利用を、盛んにおっしゃいますが、実際に施設を利用されたことありましょうか。(介護職の方、ごめんなさい。)
 家での介護は、大変であることを承知の上で、在宅介護を夫婦二人で選んだのです。
 他の介助、及び介護は出来ても、母の下半身が見られない。皆さんはどうですか?という質問なんですが。
ご理解ください。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

毎日のお母様の介護、ご苦労様です。
旦那様の中には、妻の仕事だって任せきりにしてらっしゃる
人がいる中、とても立派だと思います。
御自分ができることでいいのではないですか?

できないものは仕方がないと思いますよ、それよりも
ご自分がしないですむのは誰のおかげか〜よ〜く考えて
奥様に感謝をすることのほうが、大切だと思いますが・・・。

私は、主人の母を4年介護しています。最初の頃はなんとか
トイレに行っていましたが、今は完全にオムツになりました。
誰だって、人に下の世話になりたくないですよね。恥かしいし
悪いし、屈辱的だと思います。だからこそ、介助するほうは
「全然平気〜気にしないよ〜」って顔や態度でいないといけないって思っています。
それができないのなら、無理なさらないほうがいいと思います。奥様に感謝して、ご自分のできることを精一杯してさしあげてください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
“出来ないことは、出来ないとしなさい”
と、いうお言葉に感謝いたします。
痴呆が進んでどこまで理解しているのか、本人以外は分かりません。
が、見れないという理由が、本人を辱めないようにしようと思います。
 有難うございました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護の仕方に正しいも悪いもないと思っています、その家庭のやり方で
いいのではないですか?
それぞれのおうちで折り合いをつけて、無理なくやっていけばいいのではって
思います。

実はうちの主人は4年間の間、一度もおむつ交換などしたことがありません。
たぶん〜マザコンですね、いい意味ですが。
お母さん、大好きなんです。だから、義母が認知症になって自分のことを
忘れたり、暴れたりする姿をみてとても辛いと思っているでしょうね、
私もその気持ちがわかるので、義母の下の世話は私がしています。
私自身、それでいいと思っていますし、主人はその代わりに娘の世話や
家のこととかしてくれています(時間があったらですけどね〜)

奥様もきっと、そんな気持ちなのでは?
お母様を自宅介護されることも、お二人で相談して決めたことでしょうし、
奥様は、その覚悟でって思います。ただ、私もそうですが腰を痛めると
辛いです、ですから、介護保険で使えるだけのサービスをうけて、奥様の
負担を減らして差し上げて欲しいと思います。

奥様のそばで、日々介護の手助けを一緒にされてる〜それだけで十分に
頑張ってらっしゃると思いますよ。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
母の行為が嫌で、それに反抗ばかりしてきました。
私のはそれの裏返しのマザコンかもしれません。
痴呆になって動物のような生活になった母を、今は反抗心ではなく、労わりの気持ちでもって接しております。
一緒の道を歩んでおられるみたいですね。
これからも宜しくお教え下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も8年間自宅介護しました 主人も貴方と同じ考え方でした 自分の母は特別の思いがあるようで良く喧嘩もしました 私の考えた方法を紹介します 毎日裸にして身体を拭く事次は抱いてお風呂に入れる事おむつ交換の時は母に目隠しし好きな音楽を大きな音で聞くことから主人をてなずけました 色々な方法があると思いますが貴方があきらめる覚悟が必要だと思います 家では二男二七歳も手伝いしてくれました でも私自身家族には下の世話して貰いたく無いと思いました 正気の時母が御免ネ御免ネと手を合わす姿が今だに忘れられません 後悔しないように今頑張って下さいネ奥さんも大切にしてあげてください

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
 良いお話を、聞かせていただきました。
子育てと同じように、痴呆老人の介護も日々新たな発見があるようです。
 お陰様で家内の腰の具合も良くなり、また、前に戻っています。つまり、横で少しだけ介助しています。
皆さんが教えて下さったことや、経験なさったこと本当に感謝の気持ちで読ませていただきました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

目をつむろうが 目を開けようが おむつ替えをされているのに変わりません。立派ですよ。
私はヘルパーをしていますが 家族が全く看ないおむつひとつ替えたこともない家族もいます。全部ヘルパーがするものと思っているみたいです。だからその方のおむつはいつも大変な状態です。

下の世話は嫌ですねえ。

でも地位があろうが 何であろうが 人間みんなこうなるのですよね。ころっと逝くのが一番ですが。

「こういうことをしている自分て偉いなあ」と褒めてあげて下さいね。貴方のことは 子供さんがちゃんと見ていますよ。

いつか目をあけて出来るときもくるでしょう。

貴方は優しい人ですね。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
優しい回答有難うございました。
自分の我儘を、温かく諭してくださって感謝いたしております。
マザコンも大きな原因でしょう。
 手掴みで、漁るように食べる様子を、穏やかな気持ちで見ていることが出来ません。
それと同じように、下半身が見れません。
 生き物ですから、食すれば排泄は当たり前です。
歯磨きの介助などもっと汚く見えます。それは何ともないのです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も介護3の認知症の母を兄と2人で介護しています。
おかあさんのおしめが替えれないと言ってはるですよね
一度介護施設に行って見てはいかがですかキツイいいかたかも知れませんが思うんですが若い介護士の人は使命感を持って仕事に頑張っておられますお母様がいくら認知症でも完全に気持ちがない事はないと思います私達もいずれ介護を受ける立場になったときにイヤと思って介護してもらうのと
気持ち良く介護されるのでわ自分の気持ちに正直になってください自分の優しさを信じてください。
私と一緒に頑張りましょう。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございました。
おむつ交換だけが介助ではないと思います。
 それ以外の介助は出来ても、下半身が見れないジレンマがあるのです。
 そのことに拘る訳です。
異性の息子や娘に、下半身を拘りなく見せれるでしょうか。をお訊ねしたかったのですが。
 見れなかったら、介助にならないというのは
当然のことですが、・・・・・・。
 ご親切に回答いただいたのに申し訳ございません。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ラクシュミーさん、こんにちは。

最初に読んだ時、 母上へのご自身の拘る訳が透けて見えたような気がしました。

母上の下半身をみることができないジレンマに苦しみ、日々その想いに自らを責めていられるのではないでしょうか?

私は40台後半に両親と義父を送り、 義母はだいぶおかしくなってきましたが義弟3人が交互にで看ております。  それ故現実の辛さを基にしてのコメントはできません。

心優しいが故に、 女性を女性として認めているからこその「目をつぶって・・・」ではないか感じます。

奥さんの腰を揉む、 食事、風呂、洗濯など
奥さんの負担を少しでも、 いや 全てを代わってあげて 負担を限りなくゼロにしてあげてください。  「チームラクシュー」のマネジャー 兼 雑役夫として奥さんと2人で力を合わせ 乗り切ってください。  母上の下半身のみ奥さんにお願いしてそれ以外を全て受け持ってみたら少しは気が楽になるかもしれません。

くれぐれも「自虐的な心」にならずに、奥様を大切に そして 生んでくれたお母さんには悔いの残らない介護をしてあげてください。

大切にしてあげ、腰も何でもなくなった奥様と
澄み切った青空の下でのんびりと過ごせる時が来ますことを祈ります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

プライドの高いお母様に似てプライドの高い息子さんなんですね。
介護は綺麗ごとじゃ出来ません。
今のままでは奥様が可哀想です。
ヘルパー講習で2級を取得され、訪問介護でオムツ交換を経験されては?
見る見ないの問題ではなく、最初から最後まで一人でオムツを交換する事がどれだけ大変かを経験されるべきだと思います。
腰痛があるのにオムツ交換をするのは本当にきつい仕事です。
期限付きでもいつまで続くかは誰にもわかりません。
その前に奥様の腰痛が悪化して全く介護出来ない状態になってしまったらどうするつもりなのでしょう。
24時間体制でヘルパーさんに来ていただきますか?
見れない見れないと逃げてばかりいては何も解決しません。
ここで激励されても叱咤されても「それでも見れない」では何も前進しません。
私は介護職ですが独身で昼間仕事をしている息子さんが毎日仕事が終わると面会に来られ深夜まで一緒に過ごして帰られますがその間のオムツ交換は自分でされてます。
肉親が居るのだから自分がやるとおっしゃって。
とても仲の良い親子で羨ましいくらいです。
施設に入れないと決めていらっしゃるのですから3回に1回位は交換してあげて下さい。
本当に腰痛でのオムツ替えはつらいですよ。
大切なお母様を介護してくださる奥様ですから、もっと大切にしてあげて下さい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
るじゅらさん、回答有難うございます。
あなたのおっしゃる通りで、私は自分の甘さから弁護ばかりしているのです。
 腰痛があるとき、普通の介護でも豪いのに、母は抵抗をします。おむつ交換の時だけじゃなく、すべての介助行為に対してです。着替えもそうですが、外用の車椅子から室内用に移動するときでも体を硬くして、本当のところつっかい棒みたいにします。ですから腰痛の有るときは大変です。
大声を出しますし、抵抗のついでに足や手で自分の思いを出してきます。
だからと言って、どう仕様もありません。
 施設、勿論考えにあります。でも母は、抵抗をしながらも痴呆がありながらも、私たち夫婦に介護してもらっている喜びを、表すのです。
施設にお勤めだそうですね。ざっくばらんに申しますが施設にとって一番扱いにくい痴ほう症なのです。
妻が務めていた老健の施設長が、在宅介護すると申しましたとき、同情をこめて、大変ねと言ってくださったくらいの母なのです。(幸い今利用しております施設はよくやってくださっています。)
こんなこと申しましても言い訳でしかありません。
ご意見本当にありがとうございます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護をしている80%は女性です。介護の仕事をしているのも多くは女性です。女性には当たり前に求められてきたことを、求められているに過ぎません。赤ん坊の下の世話だって、好きでやっているのではありませんよ。汚いのは同じですし、見たくないのも同じだと思います。ただ、義務だと思うから立ち向かっているのです。ましてや奥さんのお母さんではないんでしょう?おかあさんは貴方をどんな風に育ててくれましたか?今、恩返しの気持ちにはなれませんか?何か昔問題があったのでしょうか。年取った今のお母さんが好きになれませんか?だとしたら施設へ預けるしかありませんが・・・。見たくないのはどこから来ているのか、自分の気持ちを見つめ直してください。でも、多くの母、妻、娘は、やっていることです。立ち向かって頂きたいと思う次第です。暗くなる問題については、同じ介護家族の会などに参加しストレスを開放し、介護自体もショートステイなどを利用して、疲れ切らないように工夫してください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
私としましては、介護は妻(女性)の仕事として、お座成りにしていたのではありませんが、みなさんから見られたら、甘えているととられるでしょうね。
介護の他の面、例えば歯磨きや洗面、話し相手などは出来るのですが、母の女性の部分が見れないのです。
拘るな、ふざけるなとおっしゃられたら何も言えません。
母であろうと他の女性であろうと介護で、その部分は見れないと思います。
 そんなのでは介護の仕事も無理ですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

相手が奥さんでも無理ですか?奥さんの女性器も見たことがありませんか?自分と違うことへの違和感でしょうか?それは私も職業人ではありますが、理解できます。私も最初は衝撃的でした。でも、仕事である以上しなければならないことなので、全力を尽くしましたよ。仕事と思ってしてみたらいかがですか?解剖や生理学から、学問的に詰めて衝撃を紛らわすこともいいかも知れません。でも、人(この場合実のお母さん)の幸せをつむぐ価値の高い仕事だと思います。その為に自分の人生の幸せを秤にかける部分もあるでしょうが、社会サービスを利用して上手くバランスを取ってください。女性に負けないで^^!ファイト!!

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

父が3年前に亡くなりました
 なぜ もっと 自分で介護が出来なかったのか 2軒目の施設が 悪かったのでは
もっと 病院へ行って上げれば・・・

そのころは 精一杯やったつもりでしたが 亡くなって
自問自答 の 一年でした 優しさだけが思い出に残り
父と旅行した場所を もう一度 行きました
亡くしてから 後悔しても遅いのです
全てがお母さんです 下半身は嫌 はだめですよ
父の下の世話が嫌で逃げていた 私が言えた言葉では
有りませんが 腹の立つこと 悔しいことは このページに吐き出して お母さんを大切にね

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
過去を追っても、後悔と苦しさだけですから、今を精一杯やって行きます。
 薄情な人間かもしれませんが、生きている間だけの関係だよと、妻や娘たちに言い聞かせています。
 肉体がある間が全てです。何とか出来るようになります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ハイ、
甘えるんじゃない。あなたをこの世に生み落としたのは私です、最後まできっちり、見送っておくれでないかい。

と、私なら愛する息子に言うでしょう。

と、書くところでした。

失礼ながら今のあなたはただの役立たず、

母上へのあなたの大切な思いは、何を目にしようがしまいが、不変です。

父を介護した時に、同じ思いで、その覚悟を持ちました。その必要がありましたから。それでも、後悔が残ります。

母上に、あなたの助けが「必要」だと思われた時には、どうぞ目をお開け下さい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 あなたがおっしゃるように、何をしても後悔みたいなものは残ると思います。それは過去を振り返ったとき常に人に起こるものです。過去を追いかけるのはそういうことだと思います。誰が後悔や感傷なしに過去を思い出せるでしょうか。 
 私は今が大事なのです。将来のことは将来に任せます。将来になって過去を悔いても、今更どうしようもないでしょう。
 その時は完全だと思っても、何かの折に、ああこれも出来たのにと思うのは至極当然でしょう。
 私は弁解するようですが、ただ下半身が見れないのを嘆いているのであって、それ以外の介護については自分の出来る範囲でいたしております。
照れからか、そのものに対する拘りからか見れないのです。
 ですから申し訳ありませんが、“役立たず”と言われる覚えはありません。きつい言葉すぎます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お母様の介護本当に御苦労さまです。あまり考え込まない様お願いします。介護職7年、実母の最後を看取った経験から下のお世話は誰でも出来ることでは無いと考えます。在宅で伺っていたお宅でも、私たちヘルパーが対応したほうがうまくいっておりました。お母様も心の負担になっているかと思うのですが?私自身一人息子にそこまではさせたくありません。手位握ってもらえれば十分です。息子とはいえ全部理解などして欲しくなく若くて綺麗だった?母親の思い出だけ残したい本音です。見れないという貴方の正直な気持ち・・・相手に対する配慮と受け止めました。お母様に対する気遣いで十分今のままで良いです。奥様の負担を考えヘルパーの助けを・・・上手に受けてはどうでしょうか?

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
愚痴や自己弁護で質問いたしましたのに、お心遣い申し訳ありません。
色々な制度を利用するように、また自分達だけで背負い込まないように、親戚や経験者からよく言われておりました。
今回、妻が他の原因も加わって腰痛に苦しみ、初めてと言ってよいくらいの、おむつ交換の介助の経験を致しました。
其れゆえの質問でした。
見れない、見たくないという私の叫びは今も私から消えません。
他の介護面での協力は当然のこととして出来ますが
(排泄物、汚物に対する嫌悪感で出来ないのではありません) 。
変な拘りです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護現場で働いている人たちは、お年寄の人のおむつ交換は汚れから身を守る大切な仕事でいい加減は許されない事なのです。かぶれ、床ずれは出来ていないか?観察せねばならないし目を閉じてなど出来ません。
それを考えたらこれからもこだわることなくこれは私に無理!!でよろしいのです。私の息子も優しいですが僕は出来ないのでよろしくお願いしますと言うと思います。お嫁さんでも出来ないシタクナイ人いっぱいいます。それでよいのです。。期限なしの介護です見守りで行きましょう。奥様にお願いして他の家事のヘルプに回りましょう。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ダンちゃんさん、コメント有難うございます。
母の痴呆がなかったら私も、そう伝えたいです。
自虐的な質問に、お応えいただいて感謝いたしております。 またお教え下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

普通だと、 思いますよ、 親子でも やはり 異性ですから、 気になさることは ありません。 でも 仮に 奥様なら、 どうでしょう?。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 その時にならないと分かりませんが、踏ん切りがすぐに付くと思います。
 でも、妻の場合は施設を利用すると思います。
何故なら、私の介護は介護に値しないと、妻は思っていますから。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護お疲れ様です。
色々事情もあるでしょうし、気持ちはわからなくもないですが、言葉は悪いですが、割り切る気持ちも必要ではないのでしょうか。 

目をつぶりながらと言うのは、お母様に失礼ではないかと思いますが・・・。
誰がオムツを替えようが介護しようが、羞恥心というものは、なくなるものではないと思います。 
他の人がしたほうが気が楽とも言えないと思います。  
奥様が介護に携われなくなったらその先はどうするのでしょうか?

オムツ交換の時に、タオルをかけてあげたりするだけで、お互い接しやすくなったりしますよ。
そんなちょっとした心遣いもとても大切なことですよ^^

顔や口に出さなくても、介護者の気持ちや行動は伝わるものです。

何もアドバイスにはなってませんが、何かしら解決策はあると思います。
頑張ってください。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
もぐさん、回答有難うございます。
おっしゃる通りですね。
介護者の気持ちが伝わるから、母は体を硬くしたり抵抗をするのだと。
 妻はずっと看護の仕事を務めてきました。
直近では、介護施設での勤務も致しました。
色々な痴呆老人や、家族を見てきたそうですが、
これだけプライドの高い人は見たことがないと言っております。
 その妻の介護の様子は、これ以上のものはないと思えるくらい、頭の下がる働きをしてくれています。
施設に頼らなかったのは、そんな妻を母が頼りにしていたものですから。
 妻がこんなに扱いにくい(語弊がある言い回しですが)痴呆老人はいないと申します。
 でも、そんなことは私が在命中は何でもありません。
介護に不平や不満はありません。
ただ、見れない私が居るだけです。
いくら、どう思っても見れないのです。その叫び声なんです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

他の方が言うとおり、プライドが強い人は沢山いると思います。
奥様が色んな経験してきてるなら、それなりにラクシュミーさんも知識はあるんだろうと思います。
見れない自分がいるだけと言うのもわかります。 でも、その壁をぶち破るのは自分次第ですよね。
なんとか壁を乗り越えられるといいですね。
頑張ってくださいね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

目を開けられないで、奥様に負担を掛けているのに
施設に入れるのが嫌な理由はなんですか?
プロに任せた方が、ご本人にも楽なのかもしれません。

あなたが嫌なら、あなたが責任をもって介護すべきでは
ないでしょうか?それができないなら入所(院)させた方が
奥様の為にも宜しいかと思います。

施設では夜中のオムツ替えの後、温かいタオルで拭いて
くれるのだそうです。大の場合は、500ml のペットボトルに、
お湯を入れて、ウォシュレットの様に流してくれるそうです。
それがとても気持ちがいいらしいです。悪い事ばかりでは
ないですよ。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
施設に入れない理由。
 母が痴呆状態になる前から、老後を看取るのは私たち夫婦(というより、妻)を希望しておりました。
、また今回引き取ったとき同じ希望を、(少し痴呆がありましたが)まず最初に話しましたので、可能な限り在宅介護をしようと決めたのです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

では、看取る時期になったら、引き取ったら如何ですか?
奥様の腰痛がとても気になります。

せめて、腰痛が全快するまで、お預けになりませんか?
それが、お母様を裏切る事にはならないと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

在宅でみると決めたのなら 腹をくくって積極的におむつ替えをするべきです。それでなかったら奥様がお気の毒です。介護が終わったと思ったら離婚を申し出られるというケースもよくある事ですよ。妻に甘えすぎです。きちんと現実を受け入れるべきです。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
風の詩さん、離婚のことまで心配いただいて有難うございます。質問の趣旨をよくお読みください。
下半身が見られないけれど、あなたはどうでしょうか?

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

人間の生理現象に対し貴方が対応してあげる気持ちがあるか無いか、
自分の理想を妻にだけ強いるか自分も分担するかの問題だけです。
私は職業柄そういう夫婦をよく目にするからつい書いてしまいましたが、
男性だから母親の下半身が見られない と言うのは単なる甘えです。
だったら妻がいなかったら貴方は施設に預けるのですか?
言っていることが可笑しくないですか? 誰のための介護ですか?
貴方の要求を満たす為だけの、在宅介護なのですね。
「妻に甘えすぎです。きちんと現実を受け入れるべきです。」←ここが重要

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お気持ち分かります…
兄弟で交代しながらの在宅介護です。
母が嫌がるのでは…と思い、戸惑いもありました。
しかし、母は家にいられる喜びと感謝の方が大きい為、私達が考える程
抵抗はないようです。
みな、始めての経験です。親も子も悩みながら現実を受け止めるしかありません。親の気持ちに沿って、最後まで見守りたいと思います。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お母さんを嫌いになったわけでもないし、一生懸命面倒を見て見えるのですから、そんなにご自分を責められなくてもいいと思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 本来なら、“甘えるな”と叱咤されるべきところを。
 お心づかいに感謝いたしております。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

以前 ある お婆さんの看護を 知的障害のある 息子さんが しておられました。
汗を流しながら一生懸命でした。

すまないねぇ と言いながらその母親はされるがままでした。

素晴らしい ご家族だと思いました。
そういう優しい息子さんを育てたお母様
そして ソレが当たり前に思える息子さん。
質問者様もお母様の気持ちを思いやってイヤだと感じるのでしょうが 

初めはイヤでも 奥様がお腰を痛めているのであれば、 今日は私が全てやるからお前は休んでと 言ってあげてはどうでしょう。

質問者さんの場合は自分よりも先ず 相手の気持ちを考えれば どうでしょう
恥ずかしいと思いながらも 懸命に変えれ下さる息子さんの方が お母様は喜ばれると思いますが・・

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 妻が冗談めかして “この母にしてこの子あり”とよく言います。
 介護されても感謝の言葉が言えない(痴呆だけではありません。)母と、目を明けられない息子なのです。
 実際問題ではありませんが、私が余命を宣告されたら母を道連れに と、ふと思ったりもします。
 下半身を見れない、私の心が不純だと分かっているのですが。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私が看護の勉強をした時に 全国でも有名な 講師の方が話しておられましたが 「うちの子供たちは私のことを全然見てくれない」と よく言われますが そのように育てたのは貴方でしょうと 良いとか悪いとかではなく そのように育ったのでしょ たぶん見識の高い プライドっをもたれたお母様なのでしょう 男子がするものではないとの信念なのかも知れません。
余命を宣告されたら云々 相当心の疲れが覗えます。
自分だけではなく 兄妹や 支援団体をお願いして 家族だけで抱え込まないで下さい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ごめんなさい、心配かけるような書き方を致しました。
多くの思いの中での、本の一かけらの思いです。
親戚との確執はありませんが、弟と少しありました。私の死後、妻には母を見る義務(?)はありません。弟夫婦にも在宅介護する気持ちがありません。愛嬌のある母でしたら、施設に入ってもやっていけるでしょうが、みんなの嫌われ者ですから・・・・・。ふと、本のふと、思ったりするのです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

(父88歳明治39年生 母91歳42年生)家族全員で、やりましたよその時私50代子供高校生。妻 息子 娘 私 あの時は家中 『くそまみれ しょんべんだらけ   生きるとはよくわかりませんが、そおいう事だと思います、』母も最初の頃は妻 娘をよびました。便通もメチャクチャ最後のほうは、本人も苦しいのでしょう、私でも息子でもよびました。ビニール手袋でかきだしました、   父もおーい くそ取れ!!                               <<<「くそなんて汚くない」>>>思い出すとなつかしい

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 私には、環男前さんに較べるべきもの、何もなしです。
便まみれは当たり前、ベッド、ベッドの柵、布団、シーツから本人の指や身体の其処らじゅうに便を、付け回していることも度々なんです。
 食べるときは手掴み、痴呆が進めば当たり前なんでしょうが、人とは言えない母の姿を見るにつけ、色々な感情が私を過ぎっていきます。
 そんなことはみんなご経験なさったことでしょうね。
 何とかそういう日常には慣れましたが、見れないんです。 見なくては介助にならないのに、です。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

家庭で介護なさるのが理想です。
それは家族全員の理解と協力の上に成り立ちます。
最も従事する人に負担がかかり過ぎないことも考慮する必要があります。
腰を痛めた奥様の補助って、奥様が「貴方にはやらせない」と云うのですか?
理想と現実は違うのです。
奥様の健康は金では買えないのですから
貴方に出来ないのだったらヘルパーということも考えてください。お母さんの全てを受け入れてください。まだ奥様に甘えている段階です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
妻の腰痛が回復しなかったり、入院といった不測の事態が起きた時は、おっしゃるような段取りを致すつもりでおりました。
妻に甘えている状態はよく分かっています。
腰痛が無ければ、おむつ交換を妻に任せて、自分では何もしていないままだと思います。
 私が腹を立てているのは自分の不甲斐なさにです。
 見れない、のに怒っています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

おはようございます。
私が、まだ小学6年生だったころの祖母の介護を思い出しました。
父方の祖母でとても気品のある方でした。
ずっと、同居いていて母は母なりに苦労がありましたが、。
その祖母がたおれて・・・、母の願いで自宅で最後まで・・・・。
下のお世話大変でした。ある日、母がいないときに祖母が
もよおして私に言った言葉が、
「お父さんには、決して下の世話は、させれないの・・・。だから、あなたがして・・・・。わたしのプライド・・・。お願い。」って病の床にあって、素敵だと思いました。
でも、お世話した私は、涙がでました、怖いと思いました(もっと他に表現があると思いますが)。投稿者さんと多分同じような思いでした。今でも、人が枯れるという表現で思い出すことができます。

お母様は、痴呆がおありで分からないかも知れませんが・・・。

わたしが、万が一の時は、息子にも主人にもしてほしくありません。娘にたのむか、妹に頼めればうれしいです。
その前に施設に入りたいですが・・・。

あまりお役に立てずにごめんなさい。
お気持ちは、共有できると思いますが・・・。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 お優しい文章でほっといたしました。
 私が変な拘りを持っているから、なのですよね。
私は全然似ていないですが、母はそれはそれ、本当に美人でいわゆる才色兼備の女性でした。
 自慢の母だったのです。
それがこんな痴呆状態になって、犬以下の食べ方をし、怒りや恐れの感情を露わにし、まるで本に書いてあるような畜生道そのものになってしまっています。
 そんな母でも、かっては人が褒めそやすほどの女性だったのです。
 マザコンかもしれませんね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私は、ファザコンかもしれません。実は、父が、今介護5です。やはり自宅で母と妹(働いているので夜だけ)が介護していますが・・・・。多くの方に助けて頂いていると感謝する母の姿をみると夫婦の不思議さを感じます。
尊敬していた強い父が、嫁いでいる私に会いたい会いたいと無理を言います。
会うと昔を思い出しては、泣きます。そんな姿が、悲しくて・・実家に帰るのも辛かったときもありました。でも、母の姿をみていると、娘でよかったと思います。今でも、実家でおしめをかえたり、そそうしたシーツを洗うと、涙がでます。でも、母と妹、たくさんの方のお心に支えられ父は、幸せです。限られた時間、出来るだけ傍にいたいと思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
生病老死の四苦を滅すること出来ません。
“人生は苦であると、母は教えてくれているのだ” と思いなさいといわれたことがあります。
先を見るから苦しいので、今だけを見つめ、必要なことをしなさいとも教えていただいたのですが。
 母の裸形を見れない甘えを感じています。
妹さんはお父さんの介護をされていらっしゃるのですね。
 女性はそんな甘えを持っておれない。
こんな時だけ男女の区別を言うのは卑怯ですね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私の両親は健在で衰えたとはいえ自分の事は自分で出来る程度の元気が残っています。 お話や皆様のコメントを読ませて頂きながら、両親が元気に健在であることがどんなに有り難いことかしみじみ感じさせられました。

介護の経験もない私が書くのも、「何も知らない者が」と言われそうですが、コメントを読ませて頂いた限りの感想を書かせていただこうと思いました。

私は二人の息子が居りますが、二人にはどんな迷惑も面倒も掛けたくありません。 ですので、もしも自分が介護が必要な状態になったら、躊躇なく即施設に入れるように、と常々二人に申しております。 それは私の場合恥じらいやプライドではなく、単純に介護に費やす労力時間精神的苦痛を子供達に負担させたくないからです。 

ラクシュミーさんの「見られない」というお気持ちは、お母様を愛して居られるからでしょう。 マザコンと言ってしまえばそうですし、ラクシュミーさんの心の中では今だ大切な女性の一人で、神聖かつ冒すべからざる存在なのではないでしょうか。
目の前の現実は現実として頭の中では理性的に理解納得は出来ても、心の中のお母様を壊したくないという感情なのではないかと思います。

これを無理矢理壊さなければならない時が来なければいいなと思います。
奥様が介護してくださっていて(腰痛が心配ですが)見ずに済むのでしたら、奥様に正直にお気持ちをお話して、目を閉じて居られたらいいと思います。 
先々の事をご心配になるのは無駄なことだと思います。
もしかしたら、不謹慎ですが、明朝はお母様は旅立たれているかもしれないのです。 それならば、ラクシュミーさんは、心の中に大切な美しいお母様を残したままで居られます。 お母様にしても、そんな息子だったら見られないで済むのなら見ないで貰いたいと思っておられるのではないでしょうか。

奥様のご負担が重く、腰痛で介護が侭ならなくなった時には、その時にまた考えたら良いことではないでしょうか。

ラクシュミーさんにとって、お母様は一人の大切な愛すべき女性であり続けて欲しいという存在なのだろうと思います。

奥様に感謝して、出来るだけ別の面で奥様をサポートし負担を少なくするようにしながら、ラクシュミーさんは見られないものを見ないで居られていいと思います。 そんな感想を持ちました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私がヘルパーの資格を取るとき 50歳くらいの 飛行機の操縦士さんと言われていましたが 職場から休暇を頂いて 受講に来ておられました。

母の介護の為だそうです。
私はその時 若いと言うこともあったのですが え?男性が?と 思いました。

おむつ交換は 手順を習えば 腰痛になることもなく簡単に換えられるのです。

奥様は少し講習を受けられた方が楽に介護できるかもしれません。

私の訪問してる所でも 男性がおむつ交換をしているところは余りありません 口には出しませんが 質問者さんと同じ気持ちかもしれません

私の訪問先にも ウンちをわざと擦り付けたり つねったり 帰れと言ったり していましたが 2年経った今は  ありがとうが口癖で、穏やかに成りました。すべて いつか終わりは来るのです。

最後は穏やかに成られると思いますよ。
一番つらいのは誰であろう お母様本人なのです。

私は奥様に頭が下がります。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お疲れ様です。

私は一年前に母を自宅で看取りました。
2年前、両親がほぼ同時期に余命宣告を受け
母は入院中に寝たきりになりました。
母の希望も有り自宅に引き取り看取る事を決意し
20数年振りに同居しました。

病院に通い在宅介護のレクチャーを受け
勿論おむつ交換、陰部の清拭も私がしました。
家内にはさせませんでした。
腰痛持ちですが痛みを我慢して介護しました。
当初、母も恥ずかしがって居ましたが
毎日繰り返していればお互い慣れてしまうものです。
実際、介護をするまでは
「母の下の世話が出来るだろうか?」
と、考えた事も有りました。
でも、考えてみて下さい。
「母」が有ればこその我々です。
介護が終わった時に後悔の無いように感謝の気持ちを込め
ご自身が出来る事を少しでも多くして差し上げたらどうでしょう?

私は自分でも良く頑張った。。。
そう思って居ます。
それでも、母を看取り一年経った今でも
「もっと何かしてあげられる事があったのでは?」
と考えてしまう事が有ります。


父は昨年末に亡くなりました。
不本意でしたが事情が有り施設に入っていました。
母と同じように自宅で看取ってあげたかったと
後悔の念で一杯です。

在宅介護は本当に大変です。

御自身に御無理の無いように頑張って下さい。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
頭の下がる思いで読ませていただきました。
自己弁護の気持ちがあっての質問でしたのに、少しの批判も無く本当にお礼申し上げます。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お父様、亡くなったんですね。知りませんでした。
ご冥福をお祈り申し上げます。

…そして、長い間、お疲れ様でした。
天使ちゃんにも、最高の情操教育になったと思います。

自分にご褒美あげてくださいね。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ラクシュミーさん

両親も其々の両親をそれは大切にしており
その姿を見て育ちました。
男の子(いい歳ですがw)ですから
小さな時から母親にはずっと心配ばかり掛けていました。
何一つ親孝行、恩返し等出来て居ませんでした。
母が生涯でたった一つだけ私に伝えた希望
それが温泉の有るところに移住して
子供と孫に見守られて逝きたい・・・
それだけは叶えてあげたくて必死なだけでした
折角この世に出して貰えたのに心配ばかり掛けていた
出来の悪い息子・・・
そんな私の最初で最後の恩返しでした


ラクシュミーさん、ページお借りします。

fiorreta さん

ありがとうございます
父には申し訳なく思って居ます
天使の七五三の姿
着付けが終わって真っ先に父に見せに行きました
その一月後でした・・・

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私の場合、父親のは出来ませんでした。
父は病院に入っていたのですが、見舞いに行くと看護助手の女性は当然娘のわたしがすると思っていたようでしたが、「すみません。お願いします」といってしてもらいました。
したくない、というより、父も他人の看護助手にしてもらう方が気楽でいいだろうと思ったからです。
質問者さんは自宅なので違いますが・・
もし、将来の自分の事を想像したら、やっぱり息子にはして欲しくないです。恥ずかしくてイヤです。
質問者のお母様も、「いいも、いやも言える立場じゃない」と思って我慢してるかもしれませんので、「目つぶってるからね」と教えてあげて下さいね。
性格により違うとは思いますが、昔から恥ずかしがりやだった私なら泣きたいくらいイヤだと思います。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 母の痴呆も進んでいますので、私たち夫婦は、今では召使とお手伝いさんぐらいに思われているでしょう。
恥を感じる感情、少しは残っていると思いますが、欲望から離れて、食欲と睡眠欲だけになると人は幸せなんでしょうね。
いやなことをされていないときは、穏やかな顔をしてぼやっとしています。
私が変な感情を持つから見れないのであって、痴呆の母には排便や恥部を見られる恥じらいはもうないと思います。
 拘りを無くせないのが可笑しい。無くせるでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

つれあいの父と私の父 私の目や手を気にしたのは 二人とも最初のうちだけでした・・自分では動けなくなりましたら 一番に私を呼ぶようになりました。 私もきれいにしてあげたくてとんでいきました。 
 私は、どちらかというと、下(便)より 歯磨きのあとのすすぎ水・吐き戻しのほうがつらかったです・・それも 急な吐きもどしだと シーツ汚されるより(洗濯大変なので)と思うと自分の手で受けたりするようになりました。 
 自分のしてきたことばかりで・・なんの回答にもなってないかもしれませんが・・介護にも夢中になれた という経験談として。

 けれど便をお母様がさわれるというのは 対策は拘束になりますね・・つらいですね 
 やさしかった 母親(父)の思いもよらない 言葉やしぐさ行動・・これもつらいです
 奥様をラクシュミーさんが 今以上にしっかり見てあげてください 「一人じゃない」これは心の支えになりました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お母様の介護ご苦労様です。私も介護の仕事をしていますが、やはり息子にオムツを替えてもらう事を想像すると・・・・
やっぱり 抵抗が有りますね。
しかし 清潔に保つ為には目をつぶっていては出来ませんよ。臀部の状態なども良く見ないとかぶれていたりすると、ご本人にとってとっても不快ですから・・・・・・
私も他人のオムツは毎日仕事上換えていますが、父のオムツは始め本人の気持ちを考えると嫌ではないのかなと思って遠慮していましたが、一度すると父も全然何の抵抗も無くかえってナースにしてもらうよりいいと言うので、私がいる時は換えていましたよ。その父も昨年亡くなりましたが、少しでもお世話が出来て良かったと思っています。
介護の仕事をしている私がそうでしたから、そう思うのは当然ですよ。
これからもお母様のお世話大変でしょうけど頑張ってくださいね。
追伸 頑張っては本当は駄目なんですよ。両方の負担になりますからね。自然体で愛情を持っておおらかな気持ちで接してあげてください。貴方の優しい気持ち判ってくれていますから・・・・ヽ(^。^)ノ

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

>清潔に保つ為には目をつぶっていては出来ませんよ。
・・質問者の息子さんは、≪腰を痛めた奥さんの代わりに体を持ち上げる役割をし、清拭は奥様がしている≫と読み取れましたが。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
介護のお仕事をなさっていたら良くお分かりでしょうね。
 母の性格でしょうが、プライドが高く、施設の職員さんにもおむつ交換や、歯磨きなど本人の嫌なことには、様々な抵抗を致します。
たたく、蹴る、睨み付けるなど嫌われるタイプなのです。
今、利用させてもらっています施設の方々は本当によくしてくださいます。
お仕事の上ですから何もおっしゃいませんが、相等手を焼かれていると思います。
 そういう性格が分かっておりましたので在宅にしました。妻はよくやってくれています。
が、不肖の息子の踏ん切りがつかないのです。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

私も施設職員です。ご利用者は皆さん認知症の方ばかりです。

在宅介護の方たちは、本当に頑張っていますね。頭が下がる思いです。最近は「頑張らない介護。」という言葉が言われますが、在宅介護の方にとっては「頑張らざるを得ない介護。」ですよね。

お母様は今は介護拒否があると思いますが、いつまでもその状態は続かないですし、しばらくすると必ず落ち着く時がきます。
介護は生活すべてに関わるものです。
でも無理は禁物です。できないことを無理にすると逆に共倒れになってしまいます。今は無理をせず、施設をうまく利用して下さい。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

ひょんなことから この書き込みを目にし大変な思いで生活をなさっておられる様子が目に浮かびます。
私は在宅ヘルパーを仕事にして足掛け10年です。
 今お母様に対し複雑な思いがあるにしても、今の現状を受け入れなければラクシュミーさん自身も後悔なさると思います。
認知症は嫌なことをされると拒否反応は必ずといっていいほど出ますので無理にさせないで気持ちを別のところに持っていくようにしてみてはいかがでしょう?お話ししながら幼児を扱うようにどうしたいかを聞いたり「してくれるとうれしいなあ!!」と介護者が必死にならず良い加減で「絶対」を押し付けないこと。オムツや便の事でも全くの寝たきりでなければお母さんに腰を浮かせてもらったりしてしてくれたら「ありがとう!!助かるわ」と声をかけるようにしたり・・・なんだかラクシュミーさんが今のお母さんを受け入れられないでいる事が、お母さんに伝わっているような気がしてしまいます。
スキンシップもしながら とにかくまずは身体の清拭(レンジで熱く80度くらいしたタオルを3本くらい用意して)今から背中を拭くよと声掛けしながら気持ち良いか感想を聞いてコミニュニケーションをとってみて下さい。流れでお尻も拭いてあげたり・・・

認知症の症状で苛立ち症状があるのでしたら、そういった症状を抑えるサプリメントを研究なさっている医師の講演も先日聴いてきました。

 ご家族ですと 当面の作業に追われ大変難しいことでお疲れかもしれませんが ヘルパーさんを在宅中も利用なさってご自身の気持ちにゆとりをもつことが 大切に感じました。

 まだまだ 何年続くかわからない時間です。
是非苦痛を感じている時間を 最小限にケアマネさんに相談してみたりしてください。
 在宅介護が認知症の方には一番の方法だと 私は信じています。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

お気持ちは重々お察しします。
息子さんとしてはお辛いですよね。

私も息子にお願いしなくてはならない日が来たらと思うと、胸中は複雑です。

ですので、他人の独り言として聞いて頂きたいのですが・・・。

女性は子供を産むときに、10ヶ月もあなたをお腹に入れて、出産時は命がけで子供を世に送り出します。
それはもう、男性には想像もできない痛みです。

お母様はそうやってあなたを産み落としたのです。
命がけで長時間の痛みに耐え、その下半身から、あなたはこの世に生まれたのです。

どうかお母様のどの部分も、愛おしく思える日がきてくれるといいなと、同じ息子を持つ母として願ってしまいました。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

あの、勝新太郎さんが、お母様が亡くなられた時、
自分を生み出してくれた場所にキスされたそうです。
今のわたしも息子にオムツ交換されるのは抵抗がありますが、
とても素敵な話だと思いました。
自分が赤ちゃんの時にオムツを換えてもらったお返し、
そう考えられる日が来ることを祈っております。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

皆様のコメントを読んで涙が出ました。
本当にどのかたも,優しくて暖かいコメントですね。

私は18年前に父を亡くしました。
胃ガンで抗ガン剤を打った後は,ほとんど動けなくなって,ポータブルトイレをベットの横に置いておりました。
病院には母や姉が付き添っていて,私は東京から週一回福岡の病院に通っていました。

父が排泄をしたいと言ったので,母と二人でポータブルトイレに父を座らせました。
終わったら手を貸すために側に立って居た私に,父が「でていかんか!」と怒鳴りました。
「たまにしか看護ができないので何でもやりたい。下の世話だって平気だ」と思っていた私は,病室の外の廊下で涙が出ました。
でも,今ならわかります。父のプライドが。
介護される人のプライドを大切に思うことから始め,そして,大事だからこそ自分の手でやってあげたい。その交流があってこそ本当の介護ができるのだと思います。

お母様はどうして欲しいのでしょう?もう意思表示はなさいませんか?でも,貴方の気持ちは心の交流を重ねながらゆっくりと進むことできるのではないでしょうか。

男の人は本当に優しいです。介護しながらこんな悩みをお持ちになるなんて・・私も息子を生んで良かったです(^_^)v

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
Lucyさん、回答有難うございます。
母のように優しい文章を見せていただき、感謝の気持ちで一杯です。(ふざけんなと言われても仕方ないのに。)
 何でこんな拘りを持つのか、母への色々な思いが交差して複雑です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
舞夢さん、素敵な話を書いていただき、有難うございます。
 排泄物とか、汚れには慣れました。
でも、何故、拘ってしまうのか。妻はマザコンだと笑いますが。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
ありんこさん、コメント有難うございます。
 他でも書かせていただきましたが、
もう召使とお手伝いさんとしか思っていないでしょう。
 介護に、拘りや悲鳴を上げているのは母の方かもしれないと思わなければいけないかもしれません。
 母と思うから下半身が見れないのであって、単に困っている人を看ていると思えば出来ますでしょうか。

ペンネーム:回答者 (匿名希望)さん

介護、ご苦労様です。
意見できる立場にありませんが。

それぞれ思いはあるのでしょうが、
奥さんが腰を痛めている様子から、近い将来、その「壁」を打ち破る時が必ずやってきますが・・・。
考えるゆとりもなく。

経験者です。

ペンネーム:質問者 (匿名希望)さん

相談者
回答有難うございます。
 おかげさまで妻の腰痛も軽くなってきました。
母だけでなく、孫を事情があって預かっていた時に、痛めたのが中々治らなかったのです。
 問題は、私の甘えと自己弁護の気持ちです。
 皆さんの回答を拝見しながら、この質問をさせていただけたことを 感謝させてもらっています。
 あとは私だけです。

関連するお悩みはこちら

回答受付は終了しました
回答数 1

googleマップで、消したい。

googleマップで、邪魔な二つを消したいのですが、 その方法を教えて下さい。

回答受付は終了しました
回答数 5

スマホが3000円なら

ガラケーの携帯を5年ほど使っています。経済的で一ヶ月料金2000円ほどです。このたび、スマホでも料金3000円ほどのものが出たと聞いたのですが、PCで見ても今一つわかりにくくって〜どんなものか、ご存知の方教えて下さいませんか〜?

回答受付は終了しました
回答数 4

近視について教えてください

近く運転免許の更新ですが、視力が落ちてきて通るかどうかきわどいところです。 試験のときだけよく見えるような方法は無いでしょうか。 (目薬とか) もともと近視ですが白内障です。 日常は何の不便も無いのですが、免許の更新が出来ないとたいへんです。

回答受付は終了しました
回答数 13

いじめについて

いじめ問題が大きな問題になっています。 いじめって子供だけの問題ですかね。 私の場合、学校でいじめられたり、いじめたり、いじめを見たという記憶はありません。 ところが勤めだしてからのいじめ?は離職するまでありましたよ。 原因はわかりませんが、自殺した同僚も何人もい...

回答受付は終了しました
回答数 6

ねこのフンで困っています!

毎朝、庭の芝生にネコのフンがあります。 良い対処方がありましたら、教えて下さい?

回答受付は終了しました
回答数 8

公務員のイレズミ〜

大阪市職員の入れ墨 110人 大阪市職員は 他市と比べて、特別ですか?  橋下市長 「入れるなら民間にいって」 公務員に入れ墨はいけませんか? ファッションですか?  やってるのは、ごみ収集の環境局・交通局、底辺の人間は心も荒んでるのか・・・・

お悩みQカテゴリ一覧