趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

歌舞伎を楽しむには、どんな予備知識を備えたら良いでしょうか?

初めまして、歌舞伎に興味を持っているが、一度も観劇したことのないmatyooです。セリフや表現、背景となる物語など、難しいところがいっぱいありそうですが、意味を理解して歌舞伎をより楽しめるようにするためには、どんな予備知識を備えたら良いでしょうか?古典文学や民俗事典などである程度昔の文化の基本をインプットした方が良いでしょうか?皆さんのご経験も教えていただければ幸いです。

コメント

matyooさん

2019年03月16日 12:28

悠月ゆりかさん、コメントありがとうございます。歌舞伎ガイドの本を買いました。とても勉強になります。

悠月ゆりかさん

2019年03月15日 00:24

プログラム(番附)でざっくりと粗筋を確認されてから、ご覧になると良いかと思います。
イヤホンガイドの使用はおススメしません。
まずは、舞台のみに集中されてご覧になれば、役者の動きや台詞、音曲の良さで楽しめるはずです。
イヤホンガイドを使用すると、舞台本来の良さや魅力を味わう事は出来ません。

また、歌舞伎には時代物、世話物と様々な演目があります。
一口に歌舞伎と言っても、かなり幅広く多様な演目がありますので、歌舞伎ガイド本などで、ご覧になる前に下調べされるのも良いかもしれません。

matyooさん

2019年03月13日 10:47

バーバラさん、あつしさん、コメントありがとうございます。大変参考になります。

あつしさん

2019年03月12日 23:56

劇場で売っているプログラム(番付)を買って、芝居が始まる前に粗筋を読んでおかれることをお勧めします。
歌舞伎は長い物語の一部だけを上演することも多い為、物語の前後を知らないと訳が分からないということになりかねません。
皆さんがお薦めになるイヤホンガイドも良いですが、番付は後で何度も読み返せますし、上演されるお芝居のことだけでなく、イヤホンガイドでは触れられない色々なことが載っています。
また観劇の記念やお土産として買われる方もいらっしゃいます。
歌舞伎を決して難しくお考えになる必要はありません。
江戸時代の普通の庶民が楽しめる娯楽です。

バーバラさん

2019年03月12日 21:04

イヤホーンガイドをお勧めします(*^^*)

matyooさん

2019年03月12日 11:15

ikunakさん、ボンジュール-パパさん、コメントありがとうございます。皆様のおっしゃる通り、まず一度観てみます。その感想を皆様に共有します。ありがとうございます。

ボンジュール・パパさん

2019年03月12日 08:01

私は専ら、国立劇場です。値段もお手頃です。3階席で2800円。私もイヤホンガイド利用しています。あとは、ネットでチケット買えるように登録しておいたらいかがでしょうか。

ikunakさん

2019年03月12日 06:08

一度幕見席でご覧になってはいかがでしょうか?
一幕、一幕選んで観ることが出来、お値段もお手頃です。
それから、私はイヤホンガイドのご使用をお勧めします。
何の予備知識も無いままに観ても、良く理解できないのはもったいないと思うからです。
その後で、イヤホンガイド無しで全幕観るのも良いかもしれません。

matyooさん

2019年03月11日 22:25

まっちゃんさん、清五郎さん、コメントありがとうございます!どうやら私難しく考えすぎたようですね。最初から万全な準備なんて、素人には所詮できないし、そうする必要もないのですね。気軽にまず一回観に行きます。

清五郎さん

2019年03月11日 21:45

最初私も、なんの予備知識も持たずに 元禄忠臣蔵 を見ました。最後の幕「大石最後の一日」では、想定外に心を揺さぶられ、涙が止まりませんでした。自分でも歌舞伎を見て泣くとは思いも寄らず、驚きました。私も歌舞伎の先輩から言われたのですが、歌舞伎とは高尚なものでも、難しいものでもなく、娯楽だから気軽に楽しめば良いようです。

まっちゃんさん

2019年03月11日 20:56

まず観てください。予備知識は要りません。理屈で観るのでなく,感性を鋭くして感じてください。綺麗!(色、俳優の個性)、声が素晴らしい!何でも良いのです。観る前にガイドを読み、同時進行のイヤホンガイドは使わず、疑問は観た後に調べることです。事前にストーリーは知っておき、そのストーリーをどう表現するかを楽しんでください。勉強でなく、娯楽であるのをお忘れなく!。