趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

逆算してしまう自分。

50代までは考えても見なかったこと、60代になっても直ぐには考えなかったことで、62歳頃から徐々に考え始めたこと。

それは、自分に残された「人生の時間」です。男性は女性よりも寿命が短いので、仮に平均年齢の約80歳とすると、65歳の場合、残りは15年。 
ということは、今まで生きてきた年数の4分の1くらいしかないのです。

63歳を過ぎて、結構頭をかすめることは、このことです。

65歳を過ぎても、まだ必要とされ仕事をしているのは良いけれど、このままだと人生の一部分だけを体験して、多くの部分を経験しないまま遠い世界へ旅立つことになるかもしれないと、一抹の淋しさを感じるのです。

しかし、また一方で、ささやかながら職場という環境で、脚光を浴びながら仕事をやれるということは、違う幸せを得ているのではないのかなとも感じるのです。

ただ、この「逆算」で残りの命を数える感覚は、僕自身のネガティブな性格が明確に出ていて、何となく自分自身でイヤになることが多いのです。

これからの人生、自分自身の意識改革が絶対に必要だと思っているので、
     もう、○○ 年しかない。  ではなく、

     まだ、○○ 年もある。   という意識で

ポジティブに考えて生きていきたいと思っています。

もうやめた。! 逆算をするのは、本当にやめたよ〜。!

来年は、自分で自分が惚れるような自分にしてしまうぞ。!


うさぎが言っています。 「うさ」言うな。! ^0^

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。