趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

やっと責任問題が

見事な負けっぷりで、拍手喝采で。
テレビ中継があってから全く見たことも聞いたjこともない。
開票0%で大村県知事候補、河村名古屋知事候補共
他の候補の追従を許さずに当確だって。

民放の開票結果放映が始まる前にですよ。
出口調査出だそうです。
結果は両氏とも民主党、自民党票を大幅に獲得して、
大村氏が過去2番目の得票数、
河村氏は過去最大の獲得票数で、圧勝でしょう。

先の衆議院小選挙区制では愛知県15選挙区で
全勝の民主党の地盤ではなかったですか。
それが自民党候補にも後塵を浴びる結果になった。
誰が責任を取るの。取る人いないのでしょう。

またまたスケープゴードを用意したのですか。
余り聞いたことの無い石井選対委員長だって。
選対責任者は岡田幹事長ではなかったの。
4回も愛知県まで出向いて応援したのでしょ。
自らの力不足を感じたでしょうね。

それとも擁立した候補者が悪かったのかな。
それは幾らなんでも無いでしょうね。
県連が中央政権の指示通りに動かなかったって。
責任の所在をはっきりとすることでしょ。

小さな記事で、小沢元幹事長の地元でも(陸前高田市長選)
小沢のと幹事長の推す候補が敗退して、
確実なる有権者の民主党離れです。
こちらの民主党絶対の選挙区です。

この地方選挙の積み重ねが国会議員選挙で有れば、
民主党の凋落ぶりは目を見張るが、
これも総て鳩山前首相、菅首相の2代続いた統率力、
指導力の無さ、政策の無策でしょう。
もうマニフェストにも騙されませんよ。

このままではこれからの地方統一地方選は
雪崩現象で一気に民主党離れが確実な状態でしょう。
一度流れが起こると堰き止めることは出来ないでしょうね。

誰も責任を取らずに、
傷を甞め合って、同情相哀れんで、
結局何もすること無く匍匐前進でしょうね。
さて次の焦点は東京都知事の作戦でしょうね。

蛇足
ほらほら蜥蜴の尻尾を切って中興の幹部が責任逃れ、
やることは分かっているね。
牧義夫民主党県連快調に詰め腹切らせはいそれまでよだって。
そして盛んにマスコミを使って、
河村新党の批判を始めたよ。
市長の権限で議会政治を牛耳ることは許さないだって。
38人が公認候補で、定員75名ですから、
全員当選で過半数ですが、

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。