趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

アンパンマン

昨日帰宅しました。


高知県の香南市にある龍河温泉で、
息子夫婦と孫たちと合流し、
先ずは、6歳の孫の希望で、
香美市立やなせたかしさん記念館が併設されている

http://www.anpanman-museum.net/poem/index.html

「アンパンマンミュージアム」に行った。

http://www.anpanman-museum.net/

私はもちろん、息子夫婦も18歳の孫娘も、
「幼い孫のために」
という思いで行ったのだが、
どうしてどうして、幼い孫をはじめ
全員が半日、はしゃぎまくった。

やなせさんの絵の原画が素晴らしかった。
ありきたりの漫画家ではなく、
強い志を持った魅力的な人であることを知ることができた。

近所で、偶然見つけたレストランも素敵だった。
お値段もよかった。(笑)


全員満足、
旅はきわめて幸先の良いスタートとなった。


ごあいさつ


ここは、やなせたかし記念館アンパンマンミュージアムです。
たくさんの人の協力で完成しました。

ちいさいながらも洗練された建築で、
ぼくごときものには身分不相応の壮麗さです。

この町はぼくの故郷の町ですが、アンパンマンを愛してくださる人は
みんなここが心の故郷の町。

このミュージアムは自分のミュージアムと思ってください。
幸いにして自然はとても美しい。

山峡の細長い空を旅する雲はぼくの子どもの時とおんなじだ。
物部川にのんきそうな影をおとしている。
ああ、なんていいんだ。この平和な風景。

ぼくはすこしもえらくない。吹けばとぶような漫画家です。
決して高級な芸術家ではなく生涯を大衆の中で生きています。
だから、このミュージアムも小さな子どもでも年とった人も
わからない絵はありません。

世界中でたったひとつのごく気軽なミュージアム。

ぼくはみんなと遊びたい。たとえこの世がつらいとしても
うなだれてるのは好きじゃない。

ぼくの絵の具はいつも明るい。ごく子どもっぽい絵を描いて
ほとんど尊敬されることもなくここが人生の終点と覚悟しています。

それではどうぞごゆっくり。またお逢いできる日を楽しみに。


香美市立やなせたかし記念館
アンパンマンミュージアム

名誉館長 やなせたかし

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。