趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ママの魂は生きています。

今日は孫娘の高校の卒業式なので、
メールを送った。



卒業、おめでとう。
あいの頑張りに拍手します。

パパは今、
49年前の自分の高校卒業を思い出しています。


大学の入学試験が2月の始めだったので、
試験の日に合わせて上京し、
そのまま故郷へは帰れず(お金がなかったので)
卒業式には出ることができませんでした。

上京した翌日から、
日本経済新聞の配達のアルバイトを始め、
新聞配達所の二階にある三段ベットの最上段に住みました。

高校を卒業したら、貧しい我が家のために、
就職して欲しかったおばあちゃんの希望を無視して、
大学に進学しました。

どうしても知りたいことがあったからです。

大学で学問をすれば、
その知りたいことがわかると考えました。


はじめての夏休み、
授業のない50日間全部、
アルバイトを休むことができませんので、
一週間だけ故郷に帰りました。

いやでいやでたまらなかった故郷が、
素晴らしいところのよに思えました。

再び上京するのが嫌になり、
おじいちゃんに「大学をやめて就職する」と言ったら、
こっぴどく叱られました。

おじいちゃんの迫力に負け、
しかたなくまた上京したのです。

人生の岐路にたった時、
誰でも多くの場合、楽な道を選ぼうとしますが、
もし人生が、
「自分磨きによって、自分自身の成長や発展を目指すもの」
とすれば、やはりもっとも険しい道を選ぶべきです。


今回のあいの選択は、
もっとも厳しい道だろうと思います。

厳しい日々を闘うのは、
自分磨きのためなのです。

四年間、このことを忘れないでください。

それとあいの成長を願いながら亡くなったママへ
時々は、報告をしてやってください。

お父さんやお母さんと同じように、あいの成長を願い、
あいを愛してくれたママの肉体は消えてしまいましたが、
魂は今も生きています。

ママはいつも、あいの成長を見守ってくれています。

卒業おめでとう!


旅立ちの日に

http://www.youtube.com/watch?v=2GtVO9sdCaA

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。