趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

誇り高い輸入店の主人

その店に久しぶりに入った時に、主人から
「そのコートはその後、支障がありませんか」と声を掛けられた。

2年前の夏に横浜の輸入ユーズド品の店に入って、英国製のアクアスキュータムのコートを見つけた。着てみたるとサイズがぴったりと合って購入した。ところが冬を迎え着始めて数週間が経った頃に、襟の後ろがほころんで口を開けている事に気がついた。

店に電話をすると「申し訳ありません。送ってください。修理をしてお返りします」との返事があった。予想していたよりも淡々とした応対に少し不満を感じたが、数日後に繕われて送り返されて来た。

しかし考えてみると、購入した時には不具合は無く、もともと古着であって縫い糸のほころびが生ずるのはありうる事だ。店が2年もたってその事を覚えてくれていた事に感動した。

「生地も仕立てもいい品なのですが、向こうの地で長く着られていますと時々あるものです」との言葉に改めて納得した。
横浜の海岸通りで営む輸入商のなんと正しい店なのだろう。

冬の寒さの中で今年もこの誇りに包まれたコートを着続けたい。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。