趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

つばめ

玄関軒下で孵った4羽の一番子たちも、やっと飛べるようになった。
 親鳥が餌を運んできて与えるさまを写そうと、右目でフアインダ―を覗きながら、左目で親鳥の接近を探ってシャッタ―を切るが間に合わない。
 相手も用心しているからその動きは素早く、遅れてしまう。


 話かわって
 今までにも朝日、毎日、読売、産経、日経そして神戸と、少ない時でも2紙の新聞は購読してきた。
 最近、手にして真っ先に目を通すのは読売の1面、「編集手帳」欄である。

 ここに掲げるものは 6月8日付のものである。

 【 この短い手紙を毎日書いていると、取り上げた出来事や書き留めた言葉をすべて記憶していては身がもたない。
 忘れ去るのが仕事のようなところがある。
 それでも胸に刻まれて、そらで言える言葉が幾つかある。
 ◆たとえば、3年前の北京パラリンピック・車いすで2種目目を制した伊藤智也選手が、金メダルの喜びを語った言葉。
 「生きてきた人生のなかで5番目にうれしい。子供が4人いるので」
 ◆たとえば両親を津波にさらわれた昆愛海(まなみ)ちゃん(5)が母親にあてた手紙。
 「ままへ。いきてるといいね。おげんきですか」
 ◆殺傷事件のあと、大阪教育大附属池田小学校を訪ねたことがある。
 祭壇の設けられた正門に手紙が供えてあった。
 近所に住む子供だろうか、5歳の男の子のたどたどしい字である。
 「8人のおにいちゃん おねえちゃんへ つよくなってわるいひととたたかいます」。
 心を凍らせた朝から、きょうで10年になる。 
 三つの言葉を結ぶひとつの糸があるとすれば<命>だろう。
 大人たちも、あの坊やにならって誓うしかない。
 命を脅かす天災にも、凶悪な犯罪にも、「つよくなってたたかいます」と。 】 

 腹が立って、購読契約を破棄しようかと何度も思う読売新聞であるけれど。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。