趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

6/26 テレビドラマ「JINー仁」最終回に涙・涙

見ました。
丁寧な作り方のおかげで、タイムスリップの辻褄は納得でした。
というより、そんな辻褄はどうでもよくなった、と。

それ以上に感動しました。
見終わったときは、橘咲の生き方に感動していました。
仁先生そっちのけで。

今朝は朝からまだ余韻に浸っていて、涙に咽んでおります。
あの抱擁で、彼女の思いは報われた、成就しました。
だからこそ、少し哀しい。

このドラマで学んだのは、日本人の生き方。
どんなに功績を残しても、残さずとも、そこに生きていたという証しが残らなくても、多くの人間が生き抜いたからこその現代であると。

私は立派な両親の元で育てられましたが、その恩返しに値するような功績を残せないまま今を生きています。
その事で不甲斐なさを噛み締めてもいました。
でも、このドラマを見て、ささやかに生き抜く事もいいではないかと今感じています。
歴史の中に埋もれる事を悔しがったり嘆いたりする事はいらないのだと。

だって、このドラマの中の人たちはみな、精一杯生きていたと伝わったから。
精一杯生きるって素晴らしい、今そんな純粋な感慨に浸っています。

カテゴリ:エンタメ・ホビー

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。