趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

「再稼働支持」は九州電力のやらせであった

玄海原発(佐賀県玄海町)の2,3号機の再稼働に理解を得るため6月26日経済産業省が主催した県民向け「説明番組」(ケーブルテレビとインターネットで生中継)について、関係会社が事前に社員らに対し一般市民を装って運転再開を支持する意見を寄せるように指示していたことが明らかになった。公平性が担保されるべき説明会で、当事者である九州電力が偏った意見形成を意図していたのだ。 九州電力社長は6日の記者会見で「投稿をお願いしたのは間違いない。国の説明会の信頼を損ねて申し訳ない」と陳謝した。(以上7月7日東京新聞朝刊より)

 福島原発事故の収束が見えず、国民生活の安全と安心が危険に曝されている現在、原子力発電そのものの必要性が問われているのに、一私企業の利益確保の視点のみで問題を捉えている九州電力の姿勢に疑問を持たざるを得ない。

 一方読売新聞(オンライン)によれば、佐賀県玄海町の岸本町長は7日の記者会見で、4日に九州電力に了承を伝えた九電玄海原子力発電所2、3号機の再稼働について、了承を撤回することを正式に表明した。撤回は、政府が6日にすべての原発でストレステスト(耐性検査)を行う方針を表明したことを受けてのことである。 岸本町長は「ストレステストをやるならば、もっと早く伝えてほしかった。国を信用できない気持ちが強い。菅首相には早く辞めてもらった方がいい」と怒りをあらわにした。また、九電の「やらせメール」問題についても「言語道断。九電にはヒューマンエラーがないように強く要請していたのに、できていなかった。九電との信頼関係に亀裂が入った」と述べ、今後については、テストの結果を見て再度判断するとした。

  これらの経緯を見ていても、関係者全体が国民の安全と安心を念頭に熟慮に熟慮を重ねて検討ガ進められているとは到底私には思えない。原発に対する危惧はますます深まるばかりだ。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。