趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

突然倒れたおばあさん

相撲中継終わってから歩きに行き8時前帰りかけると道の真ん中におばあさんが座り込んでいる
通りすがりの若い男性が声掛けしていてくれるのに出会った「青年の目の前でばったり倒れた」

私どもも近ずいた。
手がかり掴もうとやさしく問いかけて下さるが、要領が得ない。
人通りもなく暗い場所で困ってしまう。

私の携帯電話に交番所の電話番号を登録していましたので連絡を取る。
交番所は近い場所にありすぐ来てくれると思ったが、若い青年の警官は
土地不慣れで入って来る道が分からずバイクは見えるが到着できない。
手を叩いて進入口教えたどりつけた。

おばあさんの年齢は大正5年生まれというので95歳
杖も持たずよろよろ出かけて来られたようで

同居の娘さんは勤務先から帰っていなく連絡もつかない。

本署と連絡取りパトカー回して欲しいと依頼されても出動不可。
タクシーも入ってこれない住区で警官もこまってしまう。

近くに車椅子貸出してくれるような施設があればたすかるのだが・・・

警官一人のこされたのではおばあさんの扱い困ってしまうだろうと

若い青年と私共夫婦ともう一人通りすがりのご婦人とで家人が迎えに来るまでおばあさんを起こしベンチ迄運び
一緒にまつことにした。

暗い場所で書類に目を通さねばならない事も有るので

ペンシル型のライト。ノートエンピツ、携帯電話、非常連絡住所。家の鍵

保険証,診察券 杖 現金 これは老人が出かけるときの必需品と改めて我が身に置き換え
学んだことです。

9時ころ娘さんが迎えにこられたので帰宅できた。

カテゴリ:ニュース・その他

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。