趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

希望の轍

猛暑が続いている。

夏と言えばサザンである。
そして我が家ではサザンといえば、
「希望の轍」である。

息子がイギリスに留学していた頃の
夏休みに車の免許を取った。
私をドライヴに誘ってくれた時、おっかな
ビックリで隣の席に座ったのを今でも
ハッキリ覚えている。
その時、車の中で流れていたのが「希望の轍」
であった。
急に大人びた彼の隣で私は幸せの絶頂だった。
たしかワ−ゲンを乗っていて、それが又彼に
ピッタリで嬉しかった。


主人はいつも成田までの送り迎えをしていた。
息子を送っての帰り道、いつも「希望の轍」を
聴きながら、時には涙で前がかすんで見えなく
なったこともあったといつか話していた。

たった一人きりの息子を遠い異国に旅立たせる
のは並大抵の思いではなかった。
淋しがりやで子煩悩な主人には、どれほどの
思いだったろう。

満ち満ちた希望を胸に旅立つ息子を親は黙って
笑って送り出すより他なかった。

昨日、久しぶりに「希望の轍」を聴いて遠い昔の
思い出が脳裏に甦った。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。