趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

kiki逝く

生後14年と半年になる柴犬のkikiが逝き、今日家族全員でペットの火葬場に行ってきました。

昨日28日の早朝(と言うよりも、深夜)の2時過ぎに家族全員が家内に起こされ死んだ事を確認しました。

半年ほど前から寝てばかりになり、1ヶ月前には足腰も立たなくなり、水も食べるものも口にしなくなっていました。

以前は吠える事もなかったのですが、最近はやたらと夜泣きも酷くなり、深夜によく起こされてもいました。

午前中に火葬も無事に終え、帰る途中に家族でお清めの食事をしながら戻り、今は小さな骨壺だけが花や写真を飾った棚の上に乗っています。

「kiki」は私がSNS上で盛んに使っている名前の一部です。
kiki姫、きき姫、kiki妃、姫貴、kikihime など、すべて逝った犬の名前から取っています。

私は高校生の頃から一眼レフカメラで写真を写していました。
そんな私が現在の営業所に転勤になった頃、同じく写真が好きな同僚にブログ開設を勧められました。

その時にニックネームを何にするかで迷い、「ペットの名前は?」と同僚から聞かれて付けたのがこの名前でした。
これは今から14年前の事ですが、その時に参加したブログサイトはサイト自体が既に閉鎖されています。



kikiと言う名前、初めは女性みたくてとても嫌でした。
まるで意図的に女性をかたっている様に思われそうな気がして嫌でした。

しかし色々な方々と交流するに連れ、変更する方に抵抗感が出て来てしまい、今では自分自身でも馴染んでしまいました。

以前のブログサイトが閉鎖になる事を知った頃、何人かの交流仲間とこのサイトに引っ越しました。

仲間同士で探し合えるように「同じ名前のままで」と言う約束の元、kikiと言う名前を引きずったまま、今も使い続けているのがkiki(きき)です。

kikiの本名は「姫貴」で、血統書上の正式名は「秋桜姫」です。
日本犬の血統書には、メスは姫、オスは号と言う称号を付けるのが多いようです。
「秋桜姫」はコスモスが好きな家内が選んだ正式名です。

kikiが逝ってしまった今、SNSのニックネームを変更すべきかを再び迷っています。

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。