趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ロペス、区間初優勝

 ツール・ド・フランス第17ステージは、グルノーブルからスキーリゾートのメリベルにある超級ローズ山山頂までの170キロ。

 後半に超級山岳2つ、今大会のクイーンステージだ。1つ目の超級は平均斜度8.4%で登坂距離は17.1キロと長い。

  === 最大斜度24% ===

 山頂ゴールとなる超級は平均斜度7.8%、登坂距離はさらに長く21.5キロ。最大斜度はなんと24%とか。

  === 独走、逃げ切る ===

 超級ゴールを制したのは、コロンビアのミゲルアンヘル・ロペス(アスタナプロチーム)。独走で区間初優勝を果たした。

 プリモシュ・ログリッチ(チームユンボ・ビスマ)は、15秒遅れの区間2位でゴールし、総合首位の座を守った。

 ログリッチはこのステージで総合2位で区間3位のタデイ・ポガチャル(UAEチーム・エミレーツ)に15秒のタイム差を付けた。

 さらに6秒のボーナスタイムも獲得して、ポガチャルとの総合でのタイム差を57秒にまで広げた。

  === 残り2.9キロで逃げを吸収 ===

 マイヨ・ジョーヌ集団は、単独で先頭を走っていたリチャル・カラパス(イネオス・グレナディアズ)を残り2.9キロで吸収。

 集団にはロペス、ログリッチ、ポガチャル、セップ・クース(チームユンボ・ビスマ)、リッチー・ポート(トレック・セガフレード)の5人。

 集団が追いついた直後、クースが飛び出しロペスが反応。ロペスが交わし先頭に立つ。残り2.4キロからロペスが独走逃げ切った。

  === ロペス総合3位に ===

 ロペスはツール初出場で初区間優勝を果たし、総合も4位から3位とアップ。このままキープすれば表彰台に乗れる。

 ポガチャルは66得点で山岳賞でトップに立ちマイヨ・アポワに袖を通すことになった。なお2位は3点差でログリッチ。

  === ベルナル出走せず ===

 またディフェンディングチャンピオンのエガン・ベルナル(イネオス・グレナディアズ)がスタートしなかった。

 ベルナルは前日、グルペットでゴールし27分27秒遅れだった。そもそもベルナルがグルペットで走るなんて異常事態だよね。

カテゴリ:スポーツ・アウトドア・レジャー

コメント