趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

人生の一冊を書きたい

1日の日記が一度に書き切れない 目が悪いから休み休み書いてるケド
文章を長く書く工夫を若い頃に勉強した 今は勉強した事を全部忘れているケド
考えが老化して短く物事を纏められなくなっている 困った
21日に二男が修学旅行から帰るのが6時半頃だった 中学生の時にも修学旅行が有ったが
今回が二度目の旅行 帰った二男を見ると見るからに疲れてた
しばらくして食事となったが味が薄いと言い出した ほとんどの日に作る
レッドソースとニンニクの擦り降ろしを付けて焼いた今日は牛肉だったんですが
味が薄いって初めて言われたと思う

疲れて味が分からないのか その日の味付けが悪かったのか  うん

夕食が済んでから 修学旅行のお土産と言って
箱入り物をくれた 出かけて行って二男からお土産を貰ったのが初めてや  なんか嬉しい

翌日の昨日 旅行に履いて行った靴が濡れてるから干しといてって同居人に言われた 青い色の靴やって事で
青い靴を触るが濡れて無い 乾いてる
それでも同居人に言われているし テラスに干した

青い靴は信号の青色だったんです

同居人が干してる青色の靴を見て怒り出した 干す靴が違う
青い靴やと言って口一杯文句を言っている 叩かれる前に
どの靴やって聞き直してみた
玄関の処で この靴やと指を差したのは紺色の靴だった

この色は紺色やって言ってみたら
靴を触って濡れてる方の靴を干すんやと屁理屈を言われ

それから畑へ行く準備を始めるが何かと忘れ水筒とかサングラスとか 一通り忘れ物が無い事を確認して畑へと行ったが帽子を忘れてた

炎天下の中では帽子が必需品

この間から畑に行ってる目的の一つは
同居人の実家に置いてる耕運機を運んで来る事
耕運機を車に乗せる二枚の渡瀬板を草の中から探して持って来る事なんです草が山のように生えてて渡瀬板を置いた場所を探すんですが難儀してたんです帽子も無い事やし
ステンの渡瀬板を探すことにした

草の中記憶と50cmズレても探せない事が分かった
でも何とか探せて持って帰って来た
ステンレスだから錆びない道から見える処に置くと
ぶっそな人もいるから持って行かれてしまうから
分かり良いとこへ隠して置いてたんです

これで何とかなりそうな気がします


目が悪いからコメントへの御礼の返信が出来ません
ごめんなさい
コメントは嬉しいです
ありがとう

カテゴリ:不動産・投資運用

コメント