趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

嘘も方便

インチキ・アカタンの大好きな言葉です(^_-)-☆。

 仏さまの言われた言葉で、自分が本当の事を言うと人様が不幸になる。
 嘘をついて救われる人はいるけど、困る人がいなければ嘘をついても良いよってな意味です。
 ネットで調べたら随分 辞書で違いました。

嘘も方便.
Circumstances may justify a lie. - 研究社 新和英中辞典

嘘も方便

A necessary lie is harmless - 斎藤和英大辞典

嘘も方便。

The end justifies the means. - Tanaka Corpus

 研究社は何か逃げ腰ですね...NHK見たい..
 斎藤が一番近いような。
 Tanakaは目的のためには手段を選ばないってな感じでちと違うと思います。

 大家の翻訳でもいろいろあるから、皆さん自分で考えて騙されないようにしましょう(^_-)-☆。

コメント

初音町のえんまさん

2013年10月30日 00:37

イギリスネタで盛り上がってますね。
もう一度行ってみたいです。

アカタンさん

2013年10月21日 23:28

Dear Koma-chan

That is the question. The risk to be kidnaped by traveling with only girls is high or low(^_-)-☆.

Anyway you were so lucky to get taxi in a rural area.

As for me I intended to drive around The Lake Windermere from Bowness through Ambleside and Hawkshead in anticlockwise. But it's getting around six though the sun is shining at the opposite side of Bowness, so I decided to take ferry.
Fortunately I found that to use ferry is a very easy way to trip through this Lake District.

Traveling alone is also an adventure even for a foreign old man (^_-)-☆。

きょうこまさん

2013年10月21日 13:45

Hello, Akatan-san^^
yesterday, you didn't appear theTea Lesson.

I remembered! 6 pounds was maybe round-trip tiket. Because the picture of the boat
is almost the same type one I took!! From the opposite side, we walked and walked
through so beautiful and traditional scenery.
At around 16:30, we missed the last bus, but miracrously we could catch a taxi running around. (There seemed to be no taxies unless you call them from far distance.) Thanks to it, we could safely go back to the hotel we had at Windamia.
But traveling with just girls are always full of adventure^^

アカタンさん

2013年10月19日 22:26

Koma-chan

Thank you very much for you comment.

I also love UK and want to visit again.

Probably we visuted nearly same places. In Lake District I also got ferry boat with my rent-a-car on Lake Windermere. It took about 15minutes to the oppsite side of the lake. The price is 4.3GBP becouse I took the shortest course.

I stayed almost 3stars class hotels that meant without bell boys and ordinary breakfast though buildings and gardens was like manor. The prices are reasonable.

So I spent unforgettable days in UK.

 The picture is ferry I took.

きょうこまさん

2013年10月19日 12:09

Wow! How interesting this topic is!! I missed it until now.

Yes!! England is one of my favorite foreign countries.
I just once visited there with my friend about 15 years ago. So long long ago^^
We were free all the way, so we used free tickets for foreigner, and traveled by train
and on foot. I started from London, Stratfort Upon Avon , Cotswolds , Lake District
, and Stone henge. We used 6days free tickets fully.
At Lake District, we rode an ordinary ferry (not gorgeous boats) , so it only cost 6 pounds.
We picked up B&Bs on the spot. Every of them was clean and cozy.
It was unforgettable memory.

According to roads, I was also surprised by round-abouts. It seemed as if cars were
to crush!! I was also surprised by cars which also stopped their engines when they stopped at a junction.

Someday, I want to visit the UK again. Hopefully, Ireland, too!!

アカタンさん

2013年10月03日 00:21

Enma-san

It's very nice to drive in UK compared to Continetal Europe because the trafic system is as same as Japan. Yes, that is left side trafic.
When I visit there I used a rent-a-car and drove from Edinbrugh,through Lake-District, Manchester, Cotswolds and Oxford. Because of inconvenience of traveling rural towns.

In a first time I thought it was easy to drive in UK, I had to to change my thought since I found that the philosophy of roads is quite different from that of Japan.
For example speed limit in a town is 30 or 40 miles and in high way is nearly unlimit,probably 80 miles that means 130km/h.
Even a old lady passing through my right side seems as Bousouzoku of Japan.

Next example is Motor Way. They don't have toll road without rare exceptions.Almost any high is free so there are not any signs to differanciate high way from general raod.

And next one is crossing system. They set many Round About as crossing rather than signals. In rural area it is used very functionally.

The car of photo is Skoda I borrowed and the building is Manor House I stayed in Stratford upon Avon.



crossing system. They set Round About

初音町のえんまさん

2013年10月02日 18:55

イギリス話題で盛り上がってますね。

I also visited England in the summer of 2010.
I visited an elderly Englishman friend who used to live in Tokyo.
He lives in Settle, a small town made stone in North Yorkshire.
He so welcomed me as to prepare dinners himself using vegetables in his garden
and drive many hours to show me great scenery.

He also drove to Cambridge where his brother lives.
The brother showed me inside the Cambridge University where he used to work.
It was a great great travel.

ジギーさん

2013年09月30日 23:23

アカタンさん、このオードリーは若いですね!
何かのパーティかしら?
それとも、生き人形モデル撮影・・・?

アカタンさん

2013年09月30日 22:33

そのMy Fair Ladyの主役とデートしてきました(^_-)-☆。
でも、彼女の出で立ちは、Bearkfast at Tiffany's でしたが...

ジギーさん

2013年09月30日 22:06

アカタンさん、
酷にー、)^o^( パチパチパチ
My Fair Lady では、小ヴェントガーデンでオードリーが花を売っていましたね。
お礼にトラファルガー広場の写真を。
ロンドンオリンピックまでの日数が表示されてます。

アカタンさん

2013年09月29日 15:29

ジギーさん

 東北弁はあまり口を開かずに喋れるようですね。
 2−3年前に、トヨタのCMで津軽弁とフランス語をごっちゃにして、笑いをとってました。
 
 コヴェント・ガーデンはMy Fair Ladyの舞台にもなってましたね。
 「ザ ライン イン スパイン スタイズ マインリー イン ザ プライン」
  (The rain in Spain stays mainly in the plain.)なんて、コクニーが出てくるのもこの辺りでしょうか。
  聴いてる日本人 「酷にー」なんてね(^_-)-☆

  日本人の英語って、われわれ日本人から見て綺麗に聞こえる英語はやはり、あちらさんから見ても綺麗に聞こえるようですから、自信を持って良いかもです。

  写真はコヴェント・ガーデンにあるSt Paul's Churchです。

ジギーさん

2013年09月29日 14:00

アカタンさん、
同じロンドンでも、コヴェント・ガーデンなどのあやしい地域に行くと、
何言っているのかさっぱりわからないですね。
私も昨年、個人旅行でロンドンに行きまして、一度足を踏み入れただけなのですが。

地方の言葉で、スコットランド訛りがありますよね。
テレビドラマの字幕や小説などで、
スコティッシュ訛りを東北弁に翻訳していることが多いんですよ。
これ、感じが出ていて楽しい♪

インド人の英語もつらいですか・・・私たちの英語も日本人訛りに聞こえているのかな?

アカタンさん

2013年09月28日 00:52

実は此間、イギリスへ行ってきたんですが、兎に角分からなかった...
 こちらの英語力も悪いけど...ロンドンから離れて地方へ行くともっと分からないですね...

 現地のツアーに入って、フロリダから来たっていうアメリカ人のオバちゃんと話したら、結構良く通じたんで安心しました。

 アジアの英語もインドは分からないですね...兎に角自信をもって訛るから(/_;)。

ジギーさん

2013年09月27日 23:37

えんまさま、Bull shit! ですか。想像もしませんでした。
開拓時代のアメリカで生まれたスラング?かしら。
そういえば、イギリス映画では言わないかも。

イギリス人の英語もわかりにくいですよね。
(って、こっちがわかってないのですが(^_^;)))

タクシーの運転手さんとか、話しかけられてもまったくわかりませんでした。
それに、人間なら誰でも英語がわかるはずだ、みたいな感じでべらべらしゃべる人もいますよね。

アメリカの方のほうが、下手な英語にもやさしく対応してくれたような記憶があります。
一番通じやすいのは、アジアの方の英語、お互いに片言なもんで。
カタカナで理解(^_^;)

アカタンさん

2013年09月27日 22:13

そうですね。でも映画俳優って結構発声練習しているので、未だ聴きやすいかも。
 実際に現地へ行くと、3回ぐらい聞き返して漸く分かることもしばしばです(/_;)。現地の人って訛ってても、自分の英語に自信があるからでしょうか(^_-)-☆。 まあ、こっちの耳も悪いんでしょうが(?_?)。

初音町のえんまさん

2013年09月27日 15:07

それは恐らく、Bull shit.ではないでしょうか?映画はスラングが多いし、発音が汚いのでなかなか理解するのが大変ですよね。

ジギーさん

2013年09月27日 14:36

Hi,gentlemen, it's Ziggy.

嘘も方便、たしかに斉藤和英の訳が、いちばんわかりやすいですね。
他のは考えすぎというか、スッとわかりづらい感じがします。

真っ赤な嘘、で思い出すのは、私よく映画や海外ドラマを見るのですが、
登場人物が、「そんなの真っ赤なウソだ!」と言うときに
よく「ボーシェ!」と叫びますね。
あれ、綴りもわからないし、どんな由来の言葉なんだろう?
と、前から気になっていたんです。

Are you kidding?

は、「人をからかってるの?」、的な意味で、辞書にも載っていますけど。

アカタンさん

2013年09月26日 22:22

Enma-san

 Obandesu.
Phony がインチキって言うのは何処となく、「講釈師見てきたような...」で音の世界って言うのはどうもインチキだよってことでしょうか。
 逆にSeeing is believing 見えるものには嘘はないでしょうかねー(^O^)/。

 真っ赤なうそ は英語にはないのかな?