趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

ご近所さんから『アン饅頭』

休日の夜、ご近所から手作りの饅頭が届きます。

ここの家からは、いつも美味しいお菓子やおかずが届く。

先日は『グリーンピース』の佃煮だったが、これが美味しかった。

ご家庭で食べている物のお裾分けなのだろう。

毎回、違ったメニューで楽しませて呉れるのは嬉しいものだ。


お返しと言っても、我が家にはこれと言った看板メニューは無い。

そこで、信州に行けば『葡萄』、栃木に行けば『梨』と土産を返す。

九州にもよく行くので、たまに『名産』を持ち帰ってはお渡しする。

買った物では失礼かも知れないが、地方のお土産はまた別だ。

最近では家族にも買わないのに、この方にだけは買う事もある。

お歳は私よりも、数年年配なので気安く話せる。

家内にも気安く話し掛けて呉れるので、嬉しいようだ。


こちらに転勤する時は、こんなお付き合いが煩わしいと思っていた。

転勤族のそれも一時のアパート住まいには、必要ない・・・と。

いずれ帰る時を想像するのだろう。

別れは淋しいものだが、新しいお付き合いが始まると考えも変わる。

今では、孫もこちらに出来、こうした近所付き合いも増えてしまった。

きっと仕事を辞めた時には、帰りたくない気分になるのだろうか。

仕事上の付き合いも同じで、懇親会でよく言われる。

   「退職しても絶対帰るなよ!」

   「帰っても幹事は必ず呼ぶからな!」

おいおい、家族帯同では来たが、こんなはずでは・・・。

まったく嬉しい限りで涙が出そうだ。

今朝、戴いた『アン饅頭』を食べながら、人間って面白いと思う。


写真:アンのぎっしり詰まった『お饅頭』

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。