趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

優しい涙

今日は、久しぶりに、
家内が元気な頃、
二人でよく行った珈琲店に出かけた。

そのお店に、
今まで私が一人で行くことはなかったので、
家内と気のあったお店の女の子が、
「奥様は?」と訊ねた。

どう返事すればいいのか、しばらく迷ったが、
「うん、家内は亡くなりました」と、
正直に答えた。

女の子は、
「えっ」と言い、
その場に立ったまま、しばらく無言。

目には涙がいっぱい、今にもこぼれそうだ。

そして、
「いい方は、早く亡くなるのですね」
と言って、走るように厨房へ入った。

二人でこのお店のコーヒーを飲むことは、
もうできないが、
その子の優ししさに、心がやすらいだ。


亡き人が 遺せし願い
受け止めて
ともに歩まん 闘いの道

家内が遺した願いのバトンを、
しっかり握りしめて、
闘わなければならない。

そんなことを思いながら飲む珈琲は、
いつもの味ではないような気がした。

カテゴリ:日常・住まい

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。