趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

イチかバチか

今日は「勝負事の日」なんだとか

「1」と「8」で「イチかバチか」


本当なんでしょうかね〜(笑)


ちなみに
「イチかバチか」は「一か八か」と言う事で
サイコロ賭博の「丁か半か」に由来します

「丁」の漢字の上(一)と
「半」の漢字の上(八の逆字ですが)
を取ったと言われています

極道映画や時代劇でお馴染みの
サイコロ2つを使った「丁・半勝負」です


またまたちなみに・・・ですが


明日は「とんちの日」だそうです

何故って?

「1」と「9」で「一休さん」ですからね

えっ?

「一休さん」の「3(さん)」は何処に有る?

ですって?

さぁて・・・

おおかた、一休さんが
サイコロを使って双六でもやってたんじゃないですか?

「3」が出たら「一回休み」

みたいな?(笑)

なんなら
3時に双六をやってた事にします?
       ↑
(だんだん「とんち」から
 離れて行ってるような・・・気が?(笑))


ともあれ
(都合が悪くなると話を変える達人(笑))


7日正月も過ぎて
いよいよこれからが今年も本番と言う8日目が
「イチかバチか」じゃ縁起も何も無いって気もしますが

「今年は勝負をしようか? どうしようか?」
と、迷っている人にとっては
背中を押してくれる日かも知れません

人間って
キッカケは何であれ
大義名分をいつも何処かに捜しているものです

「イチかバチか」なんて
聞きようによっては
自棄になっているようにも
投げやりになっているようにも聞こえますが
「清水の舞台かた飛び降りる」って昔から言います

覚悟をする

決して自棄じゃなくて腹を据える

その覚悟を決める決心になるなら
悪い言葉じゃないと思います

元来
勝負事って言うのは
いかさまは別にすれば
結果がどっちに転ぶかは時の運です

でも
土俵に上がって勝負をしなければ
何も始りません

確率だとか可能性なんかを
ただ考えているだけでは
勝負なんていつまでも出来ません

だからこその
「イチかバチか」

決して自棄じゃなくて
決して投げやりじゃなくて

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」

そんな意味での「イチかバチか」だったら
それで背中を押してもらうのも良いかもしれません


人生は浮かぶも沈むも
イチかバチかの果て・・・なんてね

それもまた一興

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。