趣味でつながる、仲間ができる、大人世代のSNS、趣味人倶楽部(しゅみーとくらぶ)

よくあるご質問

折り合い

先日「心の比重」の中でいろいろな人間関係を
並べたが、中でも一番難しく、計ることが出来ない
のは「親子」の関係かもしれない。
だから、今いろいろな事件が世の中ではびこっている
ような気がする。

親と子の「心の比重」はかけ離れているものなのだ。

例えば、親とくに母親は、
    
    「私はあなたのために夢中でしたいことも
    しないで、一生懸命生きてきたのよ。
    我慢に我慢を重ねて頑張ってきたの。」

そんな事を言いがちである。

ずっと母親を見てきた子供の方は、そんな事言われなくとも
分かっている。
だから、子供の方にとっては、その言葉は最も聞きたくない言葉
なのである。
 
    「それが一番嫌だった。」

そういう細かい問題が重なっていく。
面倒くさい事だしどうしようもない事なのだが、「心」とはそういう
ものなのだ。

親と子には「折り合いをつける」などということは出来ない。
年を重ねれば「あの頃は何をしていたんんだろう。」と思うほど
簡単に分かる事が、その時々には、目の前の事で精一杯で
それだけの許容範囲しかなく、折り合いなどつけられない。

「良い按排」も「良い加減」も、多分誰にも分からない。
まして「折り合い」などつけることは出来ない。

ここまで書いて、「人生」そのものも、「折り合い」などつけられない
ものではないかと気付く。

今まで、手探りでも一生懸命に生きてきた自分を信じて、これからも、
真っ直ぐ前を向いて、命果てるまで「あるがまま」に生きて行くより他
ないのであろう。

コメント

コメントはログインすると見られるようになります。